Your Cart

掘り出し物と活気に満ちたオランダのフリーマーケット

オランダのフリーマーケット

アンティークから掘り出し物まで

オランダの蚤の市では、中古品、骨董品、収集品、古着、家具、美術品、書籍、レコードなど、ありとあらゆるものが販売されています。まるでタイムスリップしたかのような感覚で、歴史を感じさせるアイテムから、現代的な掘り出し物まで、幅広い品揃えを楽しむことができます。

さらに、オランダの蚤の市はリーズナブルな価格で知られています。値札がついていない商品も多く、交渉次第で思わぬ掘り出し物を見つけられるかもしれません。

オランダ旅行の必須体験

オランダの蚤の市の多くは非常に大規模で、数百の露店が軒を連ねています。中でも有名なのが、アムステルダムにあるIJ-Hallenです。750以上の露店が並ぶヨーロッパ最大の蚤の市として知られ、まさに宝探しの冒険に出かけたような気分を味わえます。

活気あふれる雰囲気もオランダの蚤の魅力の一つです。地元の人々や観光客が入り混じり、活発な会話や交渉が飛び交う様子は、まるでバザールのような異国情緒を感じさせてくれます。

屋内・屋外問わず楽しめる

天候に左右されず一年中楽しめる屋内蚤の市と、歴史的な街の広場で開催される屋外蚤の市があります。IJ-HallenやWaterlooplein Flea Marketは屋内開催で、ヌーダーマルクト蚤の市は屋外開催の代表例です。

また、ほとんどの蚤の市は毎週または毎月定期的に開催されており、観光客も旅行計画に合わせて訪れることができます。

アムステルダムだけじゃない!各地の魅力的なマーケット

アムステルダム以外にも、ロッテルダム、ハーグ、マーストリヒトなど、オランダ各地には魅力的な蚤の市が開催されています。それぞれの街の個性や文化が反映された品揃えを楽しめるのも、オランダの蚤の市巡りの醍醐味です。

ユニークな発見の宝庫

オランダの蚤の市は、一点物のアイテムや隠れた宝物が眠っている場所です。掘り出し物を見つけるスリルは、まさしく宝探しそのもの。ここでは、オランダで訪れるべき最高の蚤の市をいくつかご紹介します。

コレクターズ・フェア・ユトレヒト

コレクターズ・フェア・ユトレヒトは、オランダで開催されるヨーロッパ最大級のコレクター見本市です。年に2回、ユトレヒトの中心部にある巨大な展示場は、ユニークなヴィンテージ、アンティーク、珍品で埋め尽くされた1000もの露店で、コレクターの楽園へと変貌を遂げます。

アイ・ハーレン(アムステルダムノールト)

アムステルダム・ノールトに位置するIJ-Hallenは、ヨーロッパ最大の蚤の市です。毎月開催され、750のベンダーがビンテージ衣類、靴、アンティーク、ジュエリー、本、家具など様々な中古品をバーゲン価格で販売しています。規模が大きいため、需要と供給のバランスが絶妙で、訪れる人々にとって魅力的なショッピング体験を提供しています。

ヴライマルクト(王の日のフリーマーケット)

ヴライマルクトは、毎年4月27日の国王の日に開催される全国規模の大規模なフリーマーケットです。この日は、国中の通りが青空市場に変わり、誰でも許可なく中古品を売ることができる特別な日となっています。特にアムステルダム、ユトレヒト、レーワルデン、ナイメーヘンなどの都市では、このイベントが非常に有名で、多くの人々が参加します。

デ・バザール(ベヴァーヴァイク)

デ・バザールは、ヨーロッパ最大の屋根付き市場で、ベヴァーワイクに位置しています。1,200以上の店舗や屋台が広がり、40以上の異なる文化的背景からの商品が並び、多様なショッピング体験ができます。特に、モロッコのスークを思わせる雰囲気、手頃な価格のファッションアイテム、ビンテージ商品、さまざまな屋台などが特徴です。

アルバート・カイプ・マーケット(アムステルダム)

アムステルダムのアルバート・カイプ・マーケットは、オランダ最大かつ最も賑やかなストリートマーケット。多彩な商品が並ぶ約1kmの露店エリアで、生鮮食品から衣類まで豊富。活気ある雰囲気の中、オランダの伝統料理や多国籍料理を楽しめます。デ・パイプ地区のトレンディな雰囲気を満喫しつつ、近隣の観光スポットも訪れよう。アムステルダムのアルバート・カイプは、ストリートフードが充実しており、オランダの名物料理から多国籍料理まで幅広い選択肢があります。

ワーテルロープレン・フリーマーケット(アムステルダム)

ワーテルロープレイン・フリーマーケットは、アムステルダムで最も古い蚤の市の一つであり、1893年にユダヤ人コミュニティによって設立されました。アムステルダム市庁舎の隣に位置し、月曜日から土曜日まで営業しており、約300の露店が様々な中古品を販売しています。

ヴィンテージ品やアンティーク、衣類、宝石、書籍、家具などが並び、買い手と売り手が価格交渉を行う独特の雰囲気が特徴です。市場はトラムや地下鉄で簡単にアクセスでき、蚤の市好きにとっては魅力的な場所ですが、混雑には注意が必要です。

フィールグッドマーケット(アイントホーフェン)

アイントホーフェンのFeelGood Marketは、毎月第3日曜日に開催されるライフスタイル・マーケットです。健康的で持続可能なライフスタイルを促進し、ハンドメイドやオーガニック、エコフレンドリーな製品に焦点を当てています。

アクティビティやエンターテイメントも豊富で、地元のアーティストによる音楽ライブやワークショップ、ウェルネス・トリートメントなどが楽しめます。フードトラックや屋台も多く、ヘルシーでオーガニックなフードやドリンクを提供しています。リラックスした雰囲気の中で、地元の人々と観光客が交流し、日曜日の午後を楽しむことができます。

ヌーダーマルクト(アムステルダム)

ヌーダーマルクトは、アムステルダムのトレンディなヨルダーン地区にある人気のマーケットです。月曜日にはフリーマーケット、土曜日にはファーマーズマーケットが開催され、活気ある雰囲気とユニークな商品が特徴です。フリーマーケットでは約200の露店があり、アンティークや古着などが販売され、値切り交渉も楽しめます。

土曜日のファーマーズマーケットでは地元で採れた新鮮な農産物やオーガニック食品が豊富に揃います。周辺地域には個人経営の店舗やカフェもあり、マーケット巡りと地元の雰囲気を楽しむことができます。混雑を避けるためには早めの訪問がおすすめで、現金を持参して値切り交渉を楽しんだり、売り手との交流を楽しんだりしましょう。

アンティーク・センター・アムステルダム

アムステルダムのヨルダーン地区に位置し、以前はDe Looierとして知られていました。この屋内アンティークマーケットは、約40年以上の歴史があり、元ガレージだった1750平方メートルのスペースを利用しています。55の専門業者が出店し、1万点以上のアンティークやヴィンテージ品が取り揃えられています。

マーケット内は迷路のようなレイアウトで、約73のスタンドと95の展示ケースがあります。さまざまな時代や様式のユニークなコレクターズ・アイテムや珍品がラベル付きで販売されており、価格交渉も一般的です。

また、55のアンティーク専門店が常設ブースを構え、水曜、土曜、日曜には個人でも小さなテーブルを借りてコレクションを販売することもできます。マーケット内には小さなカフェがあり、隣接するブラッスリー「Brasz」では食事も楽しめます。

水上フラワーマーケット(ブルーメンマルクト)

ブルーメンマルクトはアムステルダムのシンゲル運河に位置し、世界で唯一の水上花市場です。1862年に花の商人たちが艀船を浮かべたのが始まりで、現在は常設の浮き船/屋台で構成されています。

球根や生花、観葉植物などが豊富に揃い、特にチューリップの球根は見応えがあります。歴史的でカラフルで香り豊かな市場で、運河沿いの美しい環境が特徴です。

観光客や地元の人々にとって人気のスポットで、毎日営業しています。特に球根は輸出用なので、観光客が購入して持ち帰ることができます。周辺には観光スポットも多く、訪れる価値があります。

ライデン・ストリートマーケット

ライデン・ストリート・マーケットは、オランダの南ホラント州ライデン市で毎週土曜日に開催される人気のマーケットです。地元の農産物、手作りの工芸品、ヴィンテージ品、屋台料理、花など、多様な品揃えがあります。

観光客は、活気ある雰囲気と地元業者を支援する機会を楽しんでいます。このマーケットは、ライデンの文化やコミュニティを体験できるお勧めのアトラクションです。

マーストリヒト・マーケット

マーストリヒトの市場は、この街でのショッピングや文化体験の中心です。毎週水曜日と金曜日には、市庁舎前のメイン・マーケット広場で大規模なマーケットが開催されます。さらに、ウィック地区やBoschstraatでもオーガニック、ヴィンテージ、アンティークのマーケットが開催されています。

マーケット周辺には、Stokstraatkwartierやウィックなどの人気のショッピングエリアもあり、地元の人々や観光客が幅広くショッピングを楽しむことができます。

ダッパーマルクト(アムステルダム)

ダッパーマルクトは、アムステルダム東部のDapperbuurt地区にある活気あるストリートマーケットです。100年以上の歴史を持ち、多文化な市場として知られています。250以上の露店があり、37,000平方フィートの売り場面積を誇ります。

多様な商品が揃い、世界中の特産品が楽しめます。市場の周囲には、エキゾチックな食品店やカフェが並び、19世紀の歴史的な建築も見どころです。アムステルダム中心部からアクセスしやすく、毎日約15,000人の訪問者がいます。営業時間は月曜から土曜の9:00から17:00までで、特別日曜市も年に4回開催されます。

デルフト骨董市

デルフト骨董市は、デルフトで毎週土曜日に開催される人気の骨董市です。多彩な品揃えが特徴で、青と白の陶器やアンティーク品、中古品、書籍などが販売されています。活気に満ちた雰囲気で、地元の人々や観光客に人気があります。

また、値段もリーズナブルで、バーゲン交渉が奨励されています。デルフト骨董市は、デルフトの美しい運河沿いの街の一部であり、近隣の観光スポットとしても人気があります。

デ・ハーグ・マルクト

デ・ハーグ・マルクトは、ハーグに位置するヨーロッパ最大級の多文化市場で、500以上の露店があります。週4日開催され、35,000人以上の来場者が訪れます。特にエキゾチックな商品や生鮮食品、衣料品などが幅広く取り扱われており、リニューアルオープン後はより豪華で革新的なビジネスが増えました。

営業時間は月曜日から土曜日の午前9時から午後5時までで、公共交通機関や自転車でのアクセスが便利です。デ・ハーグ・マルクトは、その規模や多様性、活気ある雰囲気から、地元の人々や観光客にとって魅力的な場所となっています。

まとめ

オランダの蚤の市は、豊富な品揃え、手頃な価格、大規模なマーケット、活気ある雰囲気、多様な場所、ユニークな発見の機会という、6つの魅力が詰まった場所です。バーゲンハンター、ヴィンテージ愛好家、そしてオランダの真髄ともいえるショッピング体験を求める人々にとって、蚤の市は人気のアトラクションと言えるでしょう。

アムステルダム観光名所トップ20



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

デ・バザール(ベヴァーヴァイク)/ ヨーロッパ最大の屋内マーケット
オランダで最高のローカルマーケット デ・バザールは、アムステルダムの北西約20kmに位置するベヴァーワイクにあるヨーロッパ最大の屋内闇市です。 バザールには、出店のあるホール、2つの屋外マーケット、カー・ブーツ・マーケット、22の宝石店が出店するGoudsouk、フード・マーケットがあり、フード・ホールでは美味しい料理を楽しむことができます。 [editorial-rating ...
アムステルダム・キングスデーの蚤の市 / Vrijmarkt Amsterdam
キングス・デイは1日限りのパーティー キングスデーは、オランダのすべての都市や町がお祭りムードに包まれます。街の中心部の大部分が閉鎖され、大規模なフリーマーケットが開催されます。キングス・デイはオランダの銀行休業日で、毎年4月27日にウィレム=アレクサンダー国王の誕生日にちなんで祝われます。アムステルダムでの祝祭のハイライトは、街が巨大な蚤の市に変わるフリーマーケットです。 [editorial-rating ...
オランダ最古の日替わり市場!アルバート・カイプ・マーケット
観光ルートから外れた場所にあるマーケット アルバート・カイプ・マーケットは、アムステルダムの活気あるデ・パイプ地区にある賑やかなストリートマーケットです。通常のは週6日開かれており、3ブロックにわたって260の露店が軒を連ねています。 [editorial-rating ...
ハーグ・マルクト / De Haagse Markt
ヨーロッパ最大の青空市場 ハーグのトランスヴァール地区にあるハーマン・コスター通りで開かれるマーケット。衣料品、果物、野菜、スパイスの品揃えが豊富です。75年もの間、雰囲気のある露店を楽しみながら自由に散策できる場所として親しまれてきました。 [editorial-rating ...
コレクターズ・フェア・ユトレヒト
ヨーロッパ最大級のヴィンテージ・フェア コレクターズ・フェア・ユトレヒトとしても知られるフェルサム・ヤールバイユース・ユトレヒトは、オランダのユトレヒトにあるヤールビュールス・エキシビションセンターで年2回開催されるヨーロッパ最大のヴィンテージ・コレクターズ・フェアです。 [editorial-rating ...