Your Cart

アムステルダム・キングスデーの蚤の市 / Vrijmarkt Amsterdam

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

キングス・デイは1日限りのパーティー

キングスデーは、オランダのすべての都市や町がお祭りムードに包まれます。街の中心部の大部分が閉鎖され、大規模なフリーマーケットが開催されます。キングス・デイはオランダの銀行休業日で、毎年4月27日にウィレム=アレクサンダー国王の誕生日にちなんで祝われます。アムステルダムでの祝祭のハイライトは、街が巨大な蚤の市に変わるフリーマーケットです。

9.6 TOTAL SCORE

キングスデーのフリーマーケット

facebook

誰でもこのマーケットに参加することができるキングス・デイの蚤の市では、3,500以上のベンダーが集まり、アンティーク品の掘り出し物を手に入れることができます。


出店数 10
満足度 10
滞在時間 10
お宝発見度 8
リピート率 10
良い点
  • 3500以上のベンダー
  • 子供向けのマーケットもあり
  • オランダ全土のお祭り
注意点
  • トイレが少ない
  • 1日限りのイベント
  • 値段はピンキリ

 

キングスデーのフリーマーケットは、市や町の中心部に多く、道路が車の通行止めになり、お祭りのような雰囲気になります。毎年、約100万人の観光客がKoningsdagの期間中にアムステルダムにやってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hans(@land_van_hans)がシェアした投稿

バーゲンハンターにとっては、ユニークなアイテムを見つける絶好の機会です。キングスデーは、一年中欲しかったものを手に入れる日と言っていいでしょう。

公開イベントは、市内のさまざまな場所で見ることができます。アムステルダムの市街地は、お店から運河まで、再び完全にオレンジ色に染まります。初めての方は、たとえば、アムステルダム・ズイドのアポローランやベートーベンストラートを訪れてみてください。あるいはジョルダーンやワーテルグラーフスメールに飛び込んでみてください。きっと素敵な時間を過ごせるはずです。

もちろん、キングス・デイに街を散策するのもいいでしょう。どの広場や街角でも、何かお祭りのようなことが行われています。キングス・デーを体験できる素敵な通りや広場は、ジョルダーンにあるウェスター通りやヌーダーマルクト、ユトレヒト通りです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matot Hernandez(@halfvision26)がシェアした投稿

アムステルダム

4月27日、アムステルダムは楽しいフェアーでいっぱいです。珠玉の商品をゲットしたいなら、朝6時から始まるので、早めの行動が必要です。

アムステルダムのフリーマーケットは、街の中心部全体が、人々が中古のものを売る露店や敷物で埋め尽くされます。服や本から骨董品や手工芸品まで何でもあります。王家の色であるオレンジ色の服を着た人も多く、華やかな雰囲気が漂います。

フリーマーケットはジョルダーンとフォンデル公園で最も賑わいますが、市内の他の場所でも屋台を見つけることができます。ちなみにフォンデルパークでは、16歳までの子供しか立ちません。

美しいビンテージのインテリアや、ビンテージのカメラやミュラーやヴァン・セヴェレンの椅子など、質の高い商品を求めるなら、アムステルダム・ズィード(Amsterdam-Zuid)がおすすめです。アポローラン(Apollolaan)やベートーベン通り(Beethovenstraat)周辺のフリーマーケットは、たいていクオリティが高いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aroundfriends(@aroundfriends)がシェアした投稿

 

アポローラン – アムステルダム南

高級住宅街アムステルダム・サウスのアポローランにある蚤の市は、長い間知られていないスポットでした。富裕層がワイングラスを片手に古いものを売っているのだとか。彼らは高価なものをリサイクルショップに持ち込まず、年に一度、デザイナーズアイテムを少額で売るのだそうです。

 

ベートーベンストラート(Beethovenstraat)

ウード・ズィッド(Oud-Zuid)で最も長い通りのひとつがベートーベン通りです。ここでは、人気のある良い中古品を売る業者がたくさんいます。質のいいものを売っていることで知られています。早い者勝ちなので、お早めに。この通りには、物を載せたラグや食べ物の屋台、ギターを弾きながら小銭を稼ごうとする子供たちが並んでいます。一日中楽しめる素敵なフリーマーケットです。

 

エラスムスパーク(Erasmuspark)

レゲエ、ファンク、サルサの音楽イベント「Terrasmus」とともに、フリーマーケットが開催される場所です。

 

ウォーターグラーフスメア (Watergraafsmeer)

毎年ブレーデフェスト(Bredewegfestival)が開催され、中古品だけでなく、演劇などのパフォーマンスも楽しめる近隣のお祭りが開催されます。

 

フォンデルパークの蚤の市

フォンデル公園は、散歩や運動、ピクニックに最適な、市内で最も有名な場所のひとつです。キングスデーの間、フォンデル公園はおもちゃや服を売るための巨大なフリーマーケットとなり、子供たちのための大きな舞台となります。雰囲気もよく、値段も非常に手頃です。その他にも、アムステルフェルト、ノーダーパーク、エラスムスパーク、レンブラント広場、ウェスターパークなど、子どものフリーマーケットが許可されているエリアが市内にあります。

 

NDSMの波止場で開催される蚤の市

NDSMも小さなお子さんを連れて行くには最適な場所です。アムステルダムの混乱から逃れたいなら、NDSMの波止場にあるNDSM Vrijhavenで、お祭りのようなオレンジの雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょう。子供向けのフリーマーケットのほか、音楽、アート、カラオケが一日中楽しめます。

 

ヨルダーン地区の蚤の市

居心地の良さとヴィンテージを求めるなら、ヨルダーンに向かうべきでしょう。ヨルダーン地区には、露店やステージがたくさんありますが混雑しています。

 

リヴィーレンブールト(Rivierenbuurt)

リヴィーレンブールトは、品揃えが豊富で、隠れた宝物を見つけることができる屋台や敷物でいっぱいです。

 

ヴァン・イーゲンストラート (Van Eeghenstraat)

洋服をお探しの方は、フォンデル公園(Het Vondelpark)の南端へお越しください。美しいヴァン・イーゲンストラートでは、主に洋服がフリーマーケットで売られています。中古品でも新品でも、ここでなら間違いないでしょう。

 

アムステルダムのフリーマーケットは9:00に始まりますが、12:00を過ぎるとパーティが本格的に始まります。この時間帯になると、街中の野外ステージやビールタップがオープンします。混雑を避けたいなら、その前にフリーマーケットを覗いておくとよいでしょう。

キングス・デーに静かに見て回りたいなら、アムステルダム市街地以外のフリーマーケットがおすすめです。キングスデー期間中に訪れる価値のある都市をピックアップしてみました。

 

■オランダ全土のフリーマーケット

アペルドールン(Apeldoorn)

伝統的なストリートマーケットをお探しなら、アペルドールンはいかがでしょうか。アペルドールンの中心部には、コレクターやバーゲンハンターのためのものがたくさんあります。Nieuwstraat、Vosselmanstraat、Roggestraat、Paslaan、Beekparkのルート上に設置されています。マーケットのほか、オレンジバザールも開催されます。露店の合間にはパフォーマンスも行われますし、居心地の良いケータリングスクエアで一休みすることもできます。

 

ハーグ(Den Haag)

ハーグのフリーマーケットは、オランダで最も古く、大規模なフリーマーケットの一つです。市内の様々な通りで開催されます。Reinkensstraat、Archipelbuurt、Bosjes van Pex付近、Boekhorststraat、Stevenstraatのベルギー広場などに何百もの露店や敷物が並び、人々が中古品を売っています。また、子ども向けのアクティビティもたくさん用意されています。中古品を売る屋台のほかにも、オランダの典型的な料理を楽しめる食べ物や飲み物の屋台もたくさんあります。

 

アイントホーフェン(Eindhoven)

少し南下すると、アイントホーフェンには居心地の良いフリーマーケットがあります。緑豊かなシティウォーキング公園(Stadswandelpark)には、家具や洋服、おもちゃなどの様々な屋台が並んでいます。クロスストリート(Kruisstraat)とウエンセルマーケット(Woenselse Markt)には300以上の屋台が並び、パーティータイムになります。子供向けのアクティビティも充実していますし、おいしい食べ物や飲み物の屋台も出ています。この街の利点は、早起きする必要がないことです。マーケットは午前10時に始まり、午後6時に終了します。

 

フローニンゲン(Groningen)

フローニンゲンでは学生の街です。午前9時から午後5時まで、フローニンゲンの運河沿いで開催される何百ものラグマーケットに足を運んでみてはいかがでしょうか。芝生の上でも、舗道の上でも、中古品好きにはたまらないものがたくさんあります。例えば、子どもはおもちゃを売り、大人は処分したいものを何でも売っています。ヌーダープランツォーン、レリーシンゲル、クルイシンゲル、レリーシンゲルとオランヘシンゲルの間の小道がおすすめです。屋台のほかにも、地元のバンドによる演奏やストリートシアターなど、さまざまな催しが行われます。

 

ハールレム(Haarlem)

ハールレムの中心部のいたるところに、ラグや中古品でいっぱいの屋台があります。とても素敵な中古品を手に入れることができ、物の質が高いだけでなく、雰囲気もいいのが特長です。例えば、生演奏があったり、フードトラックがあったりするので、交流の場が用意されています。Vijfhoekの周辺やRaamvest沿いの通りを覗いてみてください。また、ハールレマー広場では、たくさんの子供たちが集まる大きなフリーマーケットがあり、ステージが設けられることもあります。

 

マーストリヒト(Maastricht)

マーストリヒトのStadsparkは、オランダで最も楽しいフリーマーケットのひとつにふさわしい場所です。古い本やおもちゃ、洋服などが売られ、ライブバンドがお祭り気分を盛り上げてくれます。マーストリヒトのラグマーケットの大きな利点は、比較的静かであることです。大都市では、非常に混雑することがあります。

 

ユトレヒト(Utrecht)

ユトレヒトのフリーマーケットは、おそらくオランダで一番大きなマーケットです。特別なものがあるわけではありませんが、他の多くのフリーマーケットとは異なり、ユトレヒトのフリーマーケットは、前日の午後6時に早くも始まり一晩中続きます。イベントは歴史的な街の中心部で行われ、絵のように美しい運河や古い建物を背景に、アンティークや珍品、手作りの芸術品、自家製料理など、何百もの屋台が並びます。この街で中古の良いものを探すことができます。Plometorengracht、Breedstraat、Weerdsingel、Waterstraatの運河沿いには、ほとんどの屋台が並んでいます。ユトレヒトでは、子供向けの特別なフェアも数多く開催されています。

 

ロッテルダム(Rotterdam)

ロッテルダムでは、街の中心部で大きなフリーマーケットが開かれます。毎年、BinnenrotteからMeent、Aert van Nesstraat、Karel Doormanstraat、Westersingel、Eendrachtspleinに至るまで、数百から数千の露店が並び、あらゆる種類の中古品が売られています。古着やレコードから家具やおもちゃまで、あらゆるものが手に入ります。また、フェイスペインティングやゲームなど、子供向けのアクティビティもたくさんあります。

 

ナイメーヘン(Nijmegen)

フリーマーケットとしてもう一つ有名なのが、ナイメーヘンのものです。このマーケットはゴッフェルトパーク(Goffertpark)で開催されます。期間中、草原全体がラグで埋め尽くされます。ブロカントや家具はもちろん、デザイナーズ服や子供のおもちゃまで。実に多彩な品揃えです。オランダのフリーマーケットの中では、かなり良い部類に入ります。屋台のほかにも、オランダの代表的な料理が味わえる飲食店もたくさんあります。また、インフレータブル・ストームバンク、クライミングウォール、パペットキャッスル、メリーゴーランドなど、子どもたちが楽しめるものがたくさんあります。

 

ズヴォレ(Zwolle)

ズヴォレの中心部といくつかの公園では、毎年、朝7時からフリーマーケットが開催され、老若男女が中古の品物を出品します。朝8時からアッセンドルパープレイン(Assendorperplein)周辺を散策すると、素敵なものが手ごろな値段で手に入ることがあります。また、ディーザー・プロメナーデ(Diezerpromenade)のブリックアブラックマーケットも一見の価値があります。

 

ワーンスヴェルド(Warnsveld)

たくさんのアンティークやレトロをわずかな金額で販売しているのが、ウォーンズフェルトのラグマーケットです。このマーケットは住宅街で開催され、家族が家財道具を丸ごと売りに出すこともあり、銀のスプーンから磁器まで、たくさんのアンティークが売られているマーケットです。

 

ハーダーウェイク(Harderwijk)

このフリーマーケットの大きな魅力は、大声で騒がず、和気あいあいとしている点です。提供されるものは、若い人たちの中古品と本当に古いアンティークが混在しています。この理由は、そこに住む人々が、屋根裏に何かいいものをまだ持っているからです。早朝6時からここで買い物をすることができます。このフリーマーケットには何千人もの人が訪れるので、混雑することもあります。

 

レーウワルデン(Leeuwarden)

フリースラント州最大のフリーマーケットです。午前8時に始まり午後5時まで続きます。レーワルデンの中心部では、古いものがたくさん並んだ屋台の前を散策することができます。中古品の他に、ブラデリーも見学できます。プリンセンチュイン(Prinsentuin)では、子供向けのフリーマーケットが開催されます。また、街のあちこちで音楽演奏も行われます。

 

ティルブルグ (Tilburg)

この街には、たくさんの魅力があります。ティルブルクでは、ハッセルト(Hasseltstraat)とコルベルセウェグ(Korvelseweg)で、いくつかのマーケットやフェアを見ることができます。どちらのマーケットも、露店やラグ、楽しさでいっぱいです。

 

デルフト(Delft)

デルフトでは、旧市街地を通ってXL蚤の市が開催されています。混雑 していますが、このフリーマーケットはアムステルダムのものよりもずっと小規模です。朝6時以降、街にはラグや最高にかわいいガラクタが並ぶ屋台がたくさん並びます。ドーレン広場の周りには小さな通りがたくさんあり、本当にいいものを売っています。居心地の良い広場には、ちょっとフランスの雰囲気が漂っています。

キングスデーのYoutube動画

これらのフリーマーケットは、キングス・デイ(Koningsdag)を過ごし、街の雰囲気を楽しむのに最適な場所ばかりです。中古品を扱う屋台も多く、子ども向けのアクティビティもたくさんあり、おいしい食べ物や飲み物もあります。オランダの文化を体験し、地元の人たちと一緒に国王の誕生日をお祝いしませんか。

キングス・デーは、2013年4月30日にウィレム=アレクサンダー国王が就任した後の最初の年である2014年から存在し、当時は「クイーンズ・デー」として知られていました。

この日のお祝いは、1885年にウィルヘルミナ女王の誕生日を毎年お祝いすることが決まったことにさかのぼります。1949年からは、ユリアナ女王の誕生日である4月30日に「女王の日」を祝うようになりました。

娘のベアトリクスが王位に就いた後もこの日を守り、ウィレム=アレクサンダーが国王になった後は、彼の誕生日を毎年4月27日に祝っています。

中古の真珠を見つけるためのコツ

どこもかしこも混んでいて、中古の逸品を一生懸命探すことになります。探索するところはたくさんあるので、何時間も屋台の前で立ち尽くし、手ぶらで帰ってしまうようなことは避けたいものです。そうならないために、地域や出店ごとに制限時間を決めておくと時間を有効に使うことができます。

留意点

  • 公衆トイレはあちこちにあるかもしれないが、数は少ないです。多くの住宅やカフェでは、トイレが開放されていますが、もちろん無料ではありません。いずれにせよ、トイレに行く時の小銭を必ず持っておくといいでしょう。
  • 最高の逸品を手に入れるには、早めにフリーマーケットに行くことです。一般的にフリーマーケットは、売り手は早朝6時にはラグを準備しています。6時半から8時半の間が一番掘り出し物があるようです。16:00を過ぎると、フリーマーケットの大半は閑散としてしまうということを知っておくとよいでしょう。
  • 自動車で市街地に移動することはほとんど不可能です。さらに、キングスデーの期間中、市街地の大部分は車や自転車が通れなくなります。街のあちこちでフリーマーケットやパーティーが開かれるため、中心部へのアクセスは徒歩のみとなります。
  • もし本当に欲しいけど持って歩きたくないものがあったとしても、気後れする必要はありません。いいものはいい のですから。後でその絵や椅子を受け取ることに同意しておけば、そんな大きなものを持ってマーケットを歩き回ることはありません。頭金を払う、あるいは代金を全額負担して、お互いの電話番号を交換することは一般的です。
  • 本当に欲しいものを見たとき、あまり興奮しないことも大切です。あなたが本当に欲しいものであることが売り手に明らかになればなるほど、値段は高くなります。
  • フリーマーケットへのアクセスは事前に確認しておきましょう。一部の通りは閉鎖されます。
  • 気に入ったアイテムがあれば、試着してみましょう。気に入ったものは遠慮なく試着してください。そして、小さすぎるよりは、大きすぎるほうが、着こなしやすいでしょう。特に古着は、ブランドによってサイズが大きく異なります。
  • レストランは開いているところもありますが、大半はいつもより早く閉まるか、完全に閉まっています。

 

基本情報

名前 アムステルダム・キングスデー / Vrijmarkt Amsterdam
開催日 毎年4月27日
時間 6 a.m. – 8 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所
詳細 公式ホームページ

電車でお越しの場合は、Amsterdam centraalで下車してください。ここからなら、市街地のすべてのフェスティバルに簡単にアクセスできます。

 



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ハーグ・マルクト / De Haagse Markt
ヨーロッパ最大の青空市場 ハーグのトランスヴァール地区にあるハーマン・コスター通りで開かれるマーケット。衣料品、果物、野菜、スパイスの品揃えが豊富です。75年もの間、雰囲気のある露店を楽しみながら自由に散策できる場所として親しまれてきました。 [editorial-rating ...
アンティーク・センター・アムステルダム / Antiekcentrum Amsterdam
オランダ最大のアンティークモール アムステルダムの中心地ヨルダーンにあるこのマーケットは、1750平方メートル(約18,800平方フィート)の敷地に72の露店と95のショーケースが迷路のように広がっています。 ほぼ一区画の家全体を使ったマーケットで、以前はデ・ルイエ(De ...
TEFAFマーストリヒト見本市 / オランダの権威あるアートフェア
オランダで最も権威のあるアートフェア マーストリヒト・アーヘン空港にアメリカやアジアから何十機ものプライベートジェットが着陸し、この地域のホテル料金が高騰しているとしたら、それはTEFAFの時期です。人口12万人の小都市マーストリヒトに、何が観光客を惹きつけるのでしょうか? [editorial-rating ...
ワーテルロープライン・マーケット / Waterloopleinmarkt
オランダで最も古い蚤の市 アムステルダムの中心部で開かれているフリーマーケット。かつてのユダヤ人街にあったことから「ユダヤ人市場」と呼ばれていました。1885年以来、地元の人たちがたくさん集まっています。現在では300以上の出店者が、古着や格安の雑貨、中古品などを中心に営業しています。 [editorial-rating ...
アムステルダム観光名所トップ20
初めてのアムステルダムガイド オランダの首都アムステルダムは、毎年何百万人もの観光客を魅了する活気と賑わいに満ちた大都市です。絵のように美しい運河、魅力的な建築物、豊かな文化遺産を持つアムステルダムが、世界中の旅行者にとって最高の目的地であるのも不思議ではありません。この美しい街への初めての旅行を計画しているなら、ぜひ訪れたい観光スポットトップ20をご紹介しましょう。 アンネ・フランクの家 アムステルダム中心部、プリンセングラハト263-267番地にあるアンネ・フランクの家は、現在博物館として公開されており、第二次世界大戦中のナチスによる迫害から隠れるためにフランク一家が使用した場所です。1942年7月から1944年8月にかけて、アンネを含む8人のユダヤ人がこの家の秘密の別館に潜伏しました。この別館は可動式の本棚の後ろに隠されており、オットー・フランクの事務所スタッフが生活の支援を行っていました。 博物館に訪れると、オットー・フランクの意向により家具は置かれていないものの、潜伏時の雰囲気が感じられるように保たれています。アンネの日記や写真、映像などを通じて、当時の生活がどのようなものだったかが伝わります。また、アンネの思考や経験を深く理解できるよう、彼女のオリジナルの日記や文章も展示されています。 アクセスには階段が急で通路が狭いため、障害を持つ人には不便かもしれませんが、訪問者全員が体験できるよう努力がされています。入場はオンライン予約制で、事前にチケットを購入する必要があります。体験の厳粛さを保つため、写真撮影は禁止されています。 アンネ・フランクの家は、ホロコーストを象徴する場所として、また、寛容や理解、希望の大切さを訴える教育の場として重要な役割を果たしています。アンネの日記は、困難な時代における希望の象徴として今も多くの人々に影響を与えています。 ...
アイ・ハーレン・フリーマーケット / IJ-Hallen Flea Market
オランダ、アムステルダムで開かれるヨーロッパ最大のフリーマーケット。アマスターダム・フリーマーケット(Amasterdam ...
デルフト骨董市 / Antiekmarkt Delft
オランダ西部の観光スポット いくつかの通りにまたがる素敵な広大なマーケット。中古品やオランダの古い骨董品を物色するのが好きな人は見逃せないイベントです。 [editorial-rating ...