Your Cart

アムステルダム観光名所トップ20

アムステルダムの観光名所

初めてのアムステルダムガイド

オランダの首都アムステルダムは、毎年何百万人もの観光客を魅了する活気と賑わいに満ちた大都市です。絵のように美しい運河、魅力的な建築物、豊かな文化遺産を持つアムステルダムが、世界中の旅行者にとって最高の目的地であるのも不思議ではありません。この美しい街への初めての旅行を計画しているなら、ぜひ訪れたい観光スポットトップ20をご紹介しましょう。

アンネ・フランクの家


アムステルダム中心部、プリンセングラハト263-267番地にあるアンネ・フランクの家は、現在博物館として公開されており、第二次世界大戦中のナチスによる迫害から隠れるためにフランク一家が使用した場所です。1942年7月から1944年8月にかけて、アンネを含む8人のユダヤ人がこの家の秘密の別館に潜伏しました。この別館は可動式の本棚の後ろに隠されており、オットー・フランクの事務所スタッフが生活の支援を行っていました。

博物館に訪れると、オットー・フランクの意向により家具は置かれていないものの、潜伏時の雰囲気が感じられるように保たれています。アンネの日記や写真、映像などを通じて、当時の生活がどのようなものだったかが伝わります。また、アンネの思考や経験を深く理解できるよう、彼女のオリジナルの日記や文章も展示されています。

アクセスには階段が急で通路が狭いため、障害を持つ人には不便かもしれませんが、訪問者全員が体験できるよう努力がされています。入場はオンライン予約制で、事前にチケットを購入する必要があります。体験の厳粛さを保つため、写真撮影は禁止されています。

アンネ・フランクの家は、ホロコーストを象徴する場所として、また、寛容や理解、希望の大切さを訴える教育の場として重要な役割を果たしています。アンネの日記は、困難な時代における希望の象徴として今も多くの人々に影響を与えています。

ゴッホ美術館

アムステルダムにあるゴッホ美術館は、フィンセント・ファン・ゴッホの作品を世界で最も豊富に所蔵しており、彼を敬愛する人々にとって中心的な存在です。この美術館は、ゴッホの芸術を通じて彼の生涯を紹介し、来館者に彼の芸術の旅路と個人的な苦悩を深く理解させることを目的としています。

コレクションの見どころ

  • ひまわり: ゴッホの革新的な色彩と質感を駆使した感情表現が光る一連の絵画です。
  • 寝室: アルルにあるゴッホの寝室を描いた作品で、彼の私生活や作品における色彩の意味を知ることができます。
  • アーモンドの花: 新しい生命と希望を象徴する作品で、ゴッホの甥の誕生を祝って描かれました。
  • ジャガイモを食べる人々: ゴッホの最初の大作であり、庶民の生活を描くことへの関心を反映しています。

ゴッホ美術館では、彼の作品だけでなく、彼の人生、苦悩、芸術の発展についての物語も提供しています。美術館のレイアウトは、ゴッホのキャリアを年代順にたどる旅を容易にし、彼の考えや経験に対する個人的な洞察を提供する書簡を含めることでより豊かなものとなっています。また、19世紀美術史の様々な側面を探求する企画展も開催しており、ゴッホの作品を当時の幅広い芸術運動の中でさらに文脈づけています。

ゴッホ美術館は、ゴッホの芸術と生涯を深く理解するための貴重な場所です。彼の作品と人生に興味がある方は、ぜひこの美術館を訪れてみてください。

ライクスミュージアム

アムステルダムの中心部、ミュージアム広場に堂々佇むライクス・ミュージアムは、オランダの国立美術館であり、美術と歴史の最高峰の施設として世界中から訪れる人々を魅了しています。1798年に設立されたこの美術館は、1200年から2000年までの100万点を超える膨大なコレクションを誇り、特に17世紀オランダの巨匠、レンブラント、フェルメール、ハルスなどの代表作を鑑賞することができます。

ゴシックとルネサンス建築の傑作である現在の建物は、オランダ人建築家ピエール・カイパースの設計により1885年に完成しました。国家の象徴性にも富むこの建物は、2003年から2013年にかけて大規模な改修工事を経て、カイパースの建築プランに忠実に復元されています。

ライクスミュージアムのコレクションは、絵画、彫刻、工芸品、歴史的な品々など、多岐にわたります。中でも有名なのは、レンブラントの「夜警」、フェルメールの「乳飲み子」、ハルス の「陽気な家族」など、17世紀オランダ黄金時代の巨匠たちの作品です。

アジアの美術品、家具、デッサン、絵画など、様々な外国の作品も所蔵しており、6ヶ月ごとに衣装コレクションの展示も更新されています。

フォンデル公園(Vondelpark)

アムステルダムの中心部に位置するフォンデル公園は、都会の喧騒から離れた緑豊かな隠れ家で、リラクゼーションやレジャーを楽しむための美しい環境を提供しています。この英国式公園は、111エーカーの広大な敷地を持ち、アムステルダム最大の公園として知られています。地元の人々や観光客が一年中訪れ、自然の中で静かな避暑地を求めています。

フォンデル公園はさまざまなアクティビティを楽しむ場所としてデザインされています。広々とした遊歩道やオープンスペースでピクニック、サイクリング、ジョギングを楽しむことができます。公園内には映画博物館、野外劇場、乗馬学校、湖もあり、文化的なイベントやレクリエーションの機会も提供しています。

特に6月から9月にかけては、ダンス、キャバレー、子供向け演劇、スタンドアップコメディなど、さまざまなイベントが開催されます。これらのイベントは無料で参加でき、美しい屋外の環境でライブパフォーマンスを楽しむことができます。

公園内には70種類以上のバラが咲き誇るバラ園もあり、色と香りを楽しむことができます。さらに、様々なカフェやレストランが立ち並び、食事や飲み物を楽しみながらリラックスできるスポットも提供されています。

フォンデル公園は1996年に「州の記念碑」として認定され、造園家L.D.ゾッハーによるデザインは国家遺産としても指定されています。アムステルダムの都市構造においても重要な存在であり、リラクゼーションや娯楽のための共同スペースとして、市民や観光客に愛されています。

また、ライツェ広場(Leidseplein)からのアクセスも便利で、トラム1号線と2号線で公園の南側と北側に簡単に行くことができます。

フォンデル公園はアムステルダムの緑の肺であり、美しい自然と文化が融合した場所です。リラックスやアウトドアを楽しみたい人々にとって、大切な目的地となっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sarah slavkin(@sliceofslavicakes)がシェアした投稿



ヨルダーン

17世紀に労働者向け住宅地として開発されたヨルダン地区は、現在ではアートギャラリー、ブティック、レストランなどが立ち並ぶ洗練されたエリアへと変貌を遂げています。細い路地と運河が織りなす街並みは、17世紀のアムステルダムの姿を今に伝え、かつてはレンブラントをはじめとする著名な芸術家や、ヨーロッパ各地からの移民たちが暮らしていました。

現在もその多元的な文化は受け継がれ、伝統的なカフェとモダンなレストランが共存する独特な雰囲気を作り出しています。また、中庭のある「ホフイェス」は、かつて高齢女性のための保養所として利用されていた歴史ある建造物で、現在は人気の居住空間となっています。

ヨルダン地区は、アートと音楽の街としても知られています。ジョニー・ジョルダンやタンテ・リーンといったフォークシンガーを輩出し、毎年開催されるフェスティバルでは彼らの歌声が響き渡ります。

近年では、現代アートギャラリーが続々とオープンし、創造的な表現の場としての地位を確立しています。

ヨルダン地区には、蚤の市や屋台市場など、様々なマーケットが開催されています。特に人気なのが、土曜日に開催されるリンデンマルクトやヌーダーマルクト。地元の人々や観光客でにぎわい、古着から新鮮な食材まで幅広い品物が並びます。

個性的なブティックやヴィンテージショップが立ち並ぶ「ナイン・ストリート・デ・ネーゲン・ストラートヘス」は、ヨルダン地区ならではのお買い物スポットです。大手ブランドとは一線を画す、ユニークなアイテムとの出会いがきっと見つかるでしょう。

ヨルダン地区の建築様式は、17世紀のアムステルダムを象徴するものです。美しい破風と石版が飾られた家々が立ち並び、当時の街並みを彷彿とさせてくれます。

ヨルダン地区の中でも最も有名な観光スポットは、アンネ・フランクの家です。第二次世界大戦中にアンネ・フランクが隠れ住んでいた場所として知られています。

歴史、文化、アート、そして現代的な活気が融合したヨルダン地区は、アムステルダムを深く理解したい旅行者にとって欠かせない場所と言えるでしょう。散策、ショッピング、グルメなど、様々な楽しみ方ができるこの地区で、ぜひアムステルダムの真髄を体感してください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lord Gilles B(@lord_gilleshappy)がシェアした投稿


レッド・ライト・ディストリクト(赤線地区)

アムステルダムのレッドライト地区(デ・ワレン)は、オランダの自由主義的な価値観を体現する象徴的な場所です。合法的な売春で世界的に名高い一方、倫理面での課題も抱えており、多面的な側面を持つ複雑な地域となっています。

この地区の歴史は14世紀のアムステルダム港町時代にさかのぼります。当時から海運業の発達とともに歓楽街が形成され、17世紀の黄金時代には船員向けのサービス業が栄えました。何世紀にもわたり、この地域はアムステルダムの経済的興亡と密接に関係してきたと言えます。

2000年に売春が合法化されて以降、レッドライト地区の売春はひとつの職業として認められるようになりました。売買春婦の権利保護と搾取防止が、合法化の主な目的でした。現在、この地区には約300のワンルーム・キャビンがあり、そこで独立した風俗嬢が営業しています。売春宿の従業員ではなく、自身で起業する形態が一般的です。

しかし一方で、この地区には歴史ある旧教会(Oude Kerk)をはじめ、個性的な飲食店やバー、ブティックなども軒を連ねています。売春の町といった一面的なイメージとは裏腹に、文化的要素と活気ある商業の両立が地区の魅力となっています。

ただし、この人気は過度な観光化への懸念を生み、近年では観光客への規制が強化されつつあります。地区内での風俗嬢への写真撮影は固く禁じられ、公共の場での酩酊や薬物使用には高額の罰金が課されるなど、ルール違反に対する取り締まりが厳しくなっています。

加えて、レッドライト地区は犯罪や人身売買の問題とも無縁ではありません。こうした課題への対応を求める声もあり、地区の将来に向けた議論が継続的に行われています。

アムステルダム市当局は、観光の影響緩和と労働環境改善のため、一部の活動を中心部から移転させる可能性も視野に入れた対策を検討中です。倫理面と現実面での調整が課題となっているのが現状です。

レッドライト地区を訪れる人は、sold sexやポルノ文化への単なる好奇心だけでなく、地域社会への思慮と労働者への敬意を払うことが求められます。自由を尊重する一方で、プライバシーや人権にも十分な配慮が必要不可欠だからです。

まとめると、アムステルダムのレッドライト地区は、オランダ的自由主義の象徴であり続ける一方、法と倫理のはざまで揺れ動く複雑な場所でもあります。長い歴史の中で、港町の発展や、市の経済と密接につながってきた地域です。現在も文化と商業が共存しながらも、過度の観光化や犯罪への対策が課題となっており、倫理と現実のバランスが常に問われています。自由と尊厳が両立する、途上の地域と言えるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arlina Kureta 🇦🇱🇽🇰(@arlinakureta)がシェアした投稿


アムステルダム王宮

ダム広場に堂々と佇むアムステルダム王宮は、オランダの歴史と文化を象徴する存在です。17世紀のオランダ黄金時代に市庁舎として建てられたこの建造物は、王宮へと生まれ変わり、現在も王室の公式行事やレセプションなどに使用されています。

王宮の歴史は17世紀に遡ります。建築家ヤコブ・ファン・カンペンの指導のもと、13,659本の杭の上に築かれた壮麗な姿は、当時のアムステルダムの繁栄を力強く物語っています。外観はオランダ古典主義建築様式で、バランスのとれたプロポーションと古典的な要素が特徴です。現在は風化により黒ずんだ外観も、もともとは明るい黄白色だったと言われています。

1808年、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトがオランダ王に即位すると、王宮へと改築されました。エンパイア様式の調度品や装飾が加えられ、王室の権威を象徴する存在へと変貌しました。

現在、王宮は国王の公務や王室行事などに使用されていますが、一般公開もされており、年間を通して多くの観光客が訪れます。豪華絢爛なホールを巡り、王宮の歴史や役割について学ぶことができます。2005年から2009年にかけては、大規模な修復工事も行われ、外観の白さは見事に蘇りました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Britt 👩🏼 & Teddy 🐶(@tedscollectionamsterdam)がシェアした投稿


ハイネケン・エクスペリエンス

アムステルダム中心部にあるハイネケン・エクスペリエンスは、世界的なビールブランド「ハイネケン」の歴史と製造工程を体験できる人気の観光スポットです。

この施設は、1864年に創業したハイネケン醸造所の最初の工場を活用しています。当初は地元の小さな醸造所でしたが、長年にわたり世界中に広まり、今や代表的なグローバルブランドとなりました。ハイネケン・エクスペリエンスでは、創業家の歩みや製品の変遷なども紹介されています。

約90分のインタラクティブなツアーでは、ビール製造の4つの原料や工程を詳しく学ぶことができます。歴史的な醸造設備の展示や、かつての厩舎の見学もあり、ビールの香りを嗅いだり、ミュージックビデオを撮影したりと、五感を使った体験ができます。

もちろん、ツアーの醍醐味は試飲です。スタンダードツアーでは2杯、VIPツアーでは5種類のハイネケンビールを無料で味わえます。VIPツアーではさらに製造現場の見学や専用バーでの飲み比べもできます。

ハイネケン・エクスペリエンスは観光客向けのサービスも充実しており、運河クルーズとセットになったチケットや、アムステルダム市観光パスを割引価格で購入できます。

混雑する週末や夏季には営業時間が延長されていて、18歳未満も試飲を除きツアーに参加可能です。

ハイネケンの名前と歴史に込められた想いや、世界に誇る製品の味わいを体感できるハイネケン・エクスペリエンスは、ビール好きにはたまらない観光スポットと言えるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arik Simonsen(@ariksimonsen)がシェアした投稿


シンゲルの花市場

アムステルダムのシンゲル運河に浮かぶブルーメンマルクトは、世界で唯一のフローティング・フラワー・マーケットです。1862年に開設されたこのマーケットは、以来、観光客や地元の人々を魅了し続けています。

色とりどりの花々が並ぶ水上マーケットは、まるで花の海のような美しさです。チューリップ、バラ、スイセンなど、季節ごとに様々な花が咲き誇り、訪れる人々を華やかに彩ります。市場では、花だけでなく、球根、植物、お土産なども販売されており、オランダらしいプレゼントを見つけることもできます。

ブルーメンマルクトは、単なる市場ではありません。オランダの園芸文化を象徴する存在であり、アムステルダムを訪れる際にはぜひ訪れたい場所です。水上マーケットを散策し、花々の香りに包まれながら、オランダの文化を肌で感じてみてください。

ベストシーズンは、チューリップが満開になる春の時期ですが、年間を通して様々な花を楽しむことができます。混雑を避けるために、早めの時間帯に行くことをおすすめします。

ブルーメンマルクトへのアクセスは、公共交通機関で簡単です。トラムや地下鉄の駅が近くにあるため、観光客でも安心して訪れることができます。

アムステルダムを訪れた際には、ぜひブルーメンマルクトを訪れてみてください。 花と文化が織りなす水上楽園で、忘れられない体験をしましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mads Jones(@madijones_)がシェアした投稿


アムステルダム博物館

アムステルダム・ミュージアムは、アムステルダムの歴史や文化を詳細に展示し、深く理解するための施設です。1926年に設立されたこの博物館は、かつて修道院であり、その後孤児院としても利用された歴史的な建物に位置しています。黄金時代にはヘンドリック・デ・カイザーとヤコブ・ファン・カンペンによって大幅に改築されました。1975年からは博物館としての機能を持っています。

博物館は、中世から現代に至るまでのアムステルダムの歴史を多角的に扱っており、7万点以上のアイテムが収蔵されています。その中で2万5千点以上の写真はオンラインで公開されているため、広範囲からアクセス可能です。展示は、宗教、都市民俗学、娯楽、売春やサッカー熱狂など、都市生活の多様な側面を網羅しています。特に「アムステルダムDNA」という展示では、インタラクティブな手法を通じて都市の歴史を魅力的に紹介しています。

この博物館は、アムステルダムの過去を探るだけでなく、未来の形成にも寄与する重要な文化的資源として位置づけられています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fleur Verhoek Anthony(@fleurverhoek)がシェアした投稿

ネーゲン・ストラートヘス(9つの通り)

アムステルダムの中心部に位置するネーゲン・ストラートヘス(9つの通り)は、歴史的な運河地帯に広がる魅力的なショッピングエリアです。プリンセングラハト運河とシンゲル運河の間を走る9本の狭い通りからなるこのエリアは、個性的なブティック、ヴィンテージショップ、カフェ、レストランが軒を連ね、アムステルダムならではのショッピング体験を提供しています。

ネーゲン・ストラートヘスの歴史は17世紀に遡ります。当時、アムステルダムは貿易都市として繁栄しており、この地区は皮革商や毛皮商など様々な商人が集まる活気ある場所でした。9本の狭い通りは、それぞれ異なる商品を取り扱う商人の名前が付けられ、その名残が現在も残されています。

歴史的な建物が立ち並ぶネーゲン・ストラートヘスは、まるでタイムスリップしたような雰囲気を味わえます。運河沿いの遊歩道からは、美しい景色を眺めながら散策を楽しむこともできます。

ネーゲン・ストラートヘスには、大規模なチェーン店ではなく、ユニークな商品を取り扱う個人経営のショップが数多くあります。高級古着から手作りのジュエリー、デザイナーズ家具、こだわりの食品まで、様々な商品が揃っています。

オランダのブランドだけでなく、世界各国のデザイナーの作品も見つけることができます。地元のデザイナーによる作品も多く展示されており、アムステルダムのクリエイティブな雰囲気を存分に味わえます。

ネーゲン・ストラートヘスは、ヴィンテージ好きにも人気のエリアです。古着やアクセサリー、家具など、様々なヴィンテージアイテムを見つけることができます。

特に人気なのが、EpisodeやBij Ons Vintageのようなお店です。これらの店では、厳選されたヴィンテージアイテムを販売しており、他では手に入らないようなレアなアイテムも見つけることができます。

ショッピングの後は、カフェやレストランでひと息ついてはいかがでしょうか。ネーゲン・ストラートヘスには、居心地の良いカフェやレストランが数多くあります。

運河沿いのテラス席でコーヒーを飲んだり、地元の食材を使った料理を味わったり、ゆっくりと時間を過ごすことができます。

ネーゲン・ストラートヘスは、アムステルダムの中心部に位置しており、公共交通機関でもアクセスしやすいです。トラムやバスで簡単にアクセスできます。また、アンネ・フランクの家やダム広場などの主要観光スポットからも徒歩圏内です。

ネーゲン・ストラートヘスは、歴史、文化、個性、そして美味しい料理が融合した、アムステルダムでおすすめのショッピングエリアです。大規模なショッピングモールとは一味違う、特別なショッピング体験を求めている人におすすめです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chantal Meertens(@chantalhomeandaway)がシェアした投稿

ダム広場

アムステルダムの中心部に位置するダム広場は、市の中心的存在として、歴史と活気を融合した、まさにアムステルダムの心臓部と言える場所です。王宮、ナショナル・モニュメント、Nieuwe Kerkなどの重要なランドマークに囲まれ、地元の人々や観光客にとって人気の待ち合わせスポットとなっています。

ダム広場の起源は13世紀にまで遡ります。当時、オランダの港が徐々に拡大していく中で、アムステル川沿いにダムが建設され、その周辺に人々の定住が促進されました。広場の名前にある「ダム」は、まさにこの当初の目的を反映しています。

何世紀にもわたって、ダム広場は単なる商業の中心地から、市庁舎(現在の王宮)が建設された政治権力の中心地へと発展してきました。また、1945年のカナダ軍による解放を祝う歓喜の式典や、1945年5月7日に20人以上が死亡し100人が負傷した悲惨な銃撃事件など、数々の歴史的な出来事もこの広場を舞台に繰り広げられてきました。

ダム広場には、歴史を感じさせる建造物やモニュメントが数多く存在します。

王宮(コーニンクレーク・パレイス): 1655年まで市庁舎として使用されていたが、1808年に王宮に改築されました。現在はオランダ王室の住居ではないものの、公式のレセプションや式典などに使用されています。

ナショナル・モニュメント: 1956年に建立された高さ22メートルのこの柱は、オランダで最も重要な第二次世界大戦の記念碑として機能しており、毎年5月4日の「国家追悼の日」には戦没兵士を追悼する式典が行われます。

新教会(ニューウェ・ケルク): 美しい建築で知られ、王室の儀式や注目の展示会の会場として使われるこの教会は、広場に重要な文化的側面を加えています。

今日、ダム広場は大道芸人、イベント、マーケットで賑わう活気あるエリアであり、特にクリスマスやオランダ君主制に関連する国家的な祝祭などの祝祭日には、多くの人々が集まります。

また、中心部に位置し、アムステルダムの主要なショッピングストリートであるNieuwendijkとKalverstraatに近いことから、多くのウォーキングツアーの出発点にもなっています。

活気と歴史的な重要性が融合したこの広場は、毎年追悼行事や重要なイベント、王室の行事などが開催される「国民的」広場として、アムステルダム市民にとって特別な場所となっています。

ダム広場へのアクセスは簡単です。アムステルダム中央駅からダムラック運河を通って徒歩5分ほどの距離にあります。北は中央駅、南はムントタワーやフラワーマーケットなど、市内の主要な場所と繋がっています。

トラム、歩行者、自転車、自動車が混在する活気に満ちた場所であるダム広場は、まさにアムステルダムのダイナミックな雰囲気を体感できる場所と言えるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marwa Gamal(@marwa_gamal81)がシェアした投稿

旧教会(アウデ・ケルク)

アムステルダムの中心部に位置する旧教会(Oude Kerk)は、13世紀に建てられたゴシック様式の教会で、アムステルダム最古の建物として知られています。レッドライト地区の中心にありながら、神聖な歴史と現代的なアート空間が融合したユニークな雰囲気を持つこの教会は、アムステルダムの歴史と文化を象徴する重要な存在と言えるでしょう。

旧教会は、1213年頃に木造の礼拝堂として設立されました。その後、1306年にユトレヒト司教によって聖ニコラウスに捧げられた石造りの教会に改築されました。何世紀にもわたって、教会は拡張と改修を繰り返し、現在の美しいゴシック様式の姿へと進化しました。

教会内部は、高い尖頭アーチ、リブのあるヴォールト、ステンドグラスの窓など、ゴシック建築の特徴を色濃く残しています。床は全て墓石で覆われており、10,000人以上のアムステルダム市民がここに眠っています。

旧教会は、ヨーロッパで最も優れたバロック・オルガンのひとつとされるヴァーター・ミュラー・オルガンを擁しており、オルガンコンサートが頻繁に開催されています。また、近年では現代アートの展示スペースとしても活用されており、歴史的な空間と現代アートが融合した独特な雰囲気を醸し出しています。

旧教会は、海軍の英雄ヤコブ・ファン・ヘームスケルク、画家・版画家のヤン・ファン・デル・ヘイデン、作曲家・オルガニストのヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンクなど、多くの著名なアムステルダム人の終の棲家となっています。特に、レンブラントの妻サスキア・ファン・オイレンブルクの墓は、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

旧教会は一般に公開されており、入場料を支払えば内部を見学することができます。教会の塔に登れば、アムステルダム旧市街の美しい景色を眺めることもできます。

また、年間を通して様々なイベントが開催されており、オルガンコンサート、現代アート展、映画上映などが楽しめます旧教会は、アムステルダム中央駅から徒歩圏内に位置しており、アクセスも良好です。

旧教会は、中世の建築様式、豊かな歴史、そして現代アートが融合した、アムステルダム必見の観光スポットです。歴史と文化に興味のある人、美しい建築物を見たい人、そしてユニークなアート体験を求める人におすすめです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dennis • Amsterdam(@dutchie)がシェアした投稿

アムステルダム・ダンジョン

アムステルダム・ダンジョンは、アムステルダムの中心部に位置し、歴史、ホラー、ユーモアが融合したインタラクティブなアトラクションです。ここでは、プロの俳優によるライブショーで、ペストやスペイン異端審問、オランダ東インド会社の時代など、アムステルダムの過去500年の歴史を再現しています。

ショーは80分間の体験で、特殊効果や趣向を凝らしたセットが特徴です。主要なアトラクションには、中世のエレベーター「ディセント」やスリル満点のライド「リーパー – ドロップ・ライド・トゥ・ドゥーム」、舞台美術が細部にわたって作りこまれた「バタビア号の地獄」があります。

言語は英語とオランダ語で提供されており、国際的な観客も楽しめます。このアトラクションは、通常の博物館体験を超えた冒険を提供し、訪問者に歴史的な背景とスリルを経験させることで、教育的かつ娯楽的な体験を提供しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Amsterdam Dungeon(@theamsterdamdungeon)がシェアした投稿

トロペンミュージアム

オランダ・アムステルダムにあるトロッペンミュージアムは、世界の文化的多様性を紹介し、探求することを目的とした施設です。1864年にコロニアル博物館として設立され、1910年にアムステルダムに移転しました。インドネシアの独立後、博物館はその焦点を世界中の広範な文化や社会に拡大しました。

コレクションは45万点以上に及び、アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカ大陸の芸術や日常生活を象徴する品々が含まれています。また、植民地時代に取得された品々の出所調査に重点を置き、倫理的な調査を行っています。

教育プログラムや文化交流を通じて、異文化間の対話や知識の共有を促進しています。特に、子供向けに設計されたトロッペンミュージアム・ジュニアでは、インタラクティブな体験を通じて異文化について学ぶことができます。博物館は、1926年に開館した美しい建物に位置し、その建築も魅力の一つです。

トロッペンミュージアムは、その広範なコレクションと教育的取り組みを通じて、世界の文化遺産を称え、保存し、理解を深めるための活動を行っています。この美しい施設は、文化的な探求と交流の場として、訪れる人々に新たな視点と知識を提供しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Prabhu Visha(@prabhuvisha)がシェアした投稿

科学技術博物館 (ネモ)

オランダのアムステルダムにあるNEMO科学博物館は、科学を体験する楽しい場所として高く評価されています。

この博物館の特徴的な建物は、著名建築家レンゾ・ピアノによるデザインで、緑色の船の形をしており、アムステルダムの海事都市としての歴史を象徴しています。1997年に現在の建物に移転して以来、年間約67万人が訪れる人気スポットとなっています。

NEMOには5フロアにわたり、エネルギー、遺伝学、テクノロジーなど、様々なテーマの体験型展示が用意されています。連鎖反応の実験、自分でジェットコースターを作る、水の実験、五感を使った体験などのアトラクションがあり、科学の不思議を遊びながら学べます。

展示はインタラクティブで教育的で、来場者が自ら実験しながら科学的概念を理解できるよう工夫されています。ワークショップやイベントなども開催され、老若男女問わず、誰もが科学を身近に感じられる魅力的な内容となっています。

また、アクセシビリティにも配慮されており、障がい者や家族連れでも快適に過ごせるよう対応されています。屋上には展示スペースやレストランもあり、アムステルダムの景色も楽しめます。

NEMOは世界的に高い評価を受けており、オランダで最も歓迎される博物館に選ばれるなど、科学の醍醐味を体感できる魅力的な施設です。展示やプログラムの工夫から、楽しみながら学ぶことのできる、理想的な科学体験ができる場所と言えるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Christian Goehler(@0711bilder)がシェアした投稿

アムステルダム運河

アムステルダムの運河は、この都市の歴史的遺産と美しい景観を体現する重要な存在です。

17世紀の黄金時代に物資輸送と水管理のために掘られた同心円状の運河網は、総合的な都市計画の賜物です。2010年にはユネスコ世界遺産にも登録され、文化的価値が認められました。運河沿いには象徴的な切妻屋根の家並みが残り、かつての倉庫建築を偲ばせます。

運河クルーズは、この独特の景観を最も良く体感できる人気の体験です。約1時間のコースで、アンネ・フランクの家などの名所が船上から眺められます。早朝から夕方が景色の良い時間帯ですが、夜の運河もロマンチックな雰囲気に包まれます。

運河クルーズは旅行者に人気で、事前予約が賢明です。天候に左右されないよう、ガラス張りのボートが多く用意されています。カメラを持ち歩けば、絵のように美しい景色を残せるでしょう。

アムステルダム市は、運河の保全と環境対策にも努めています。観光ボート規制や電気ボートへの移行、水質維持など、持続可能な運河利用を目指しています。

運河を眺めれば、アムステルダムの重厚な歴史と芸術的価値が理解でき、また現代の活気にも触れられます。建築や歴史好きはもちろん、リラックスしてこの都市の魅力に浸りたい人にも、運河クルーズは格別の体験を提供してくれるはずです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

amsterdam.canals(@amsterdam.canals)がシェアした投稿

ベギンホフ

アムステルダムのベギンホフは、市内に残る中世の雰囲気が色濃く残る貴重な場所です。

14世紀に設立されたこの中庭は、カトリック教の独身女性修道会「ベギン会」のための居住区として建てられました。修道女らは共同生活を送りながらも、結婚の自由があるユニークな会でした。1971年にベギン会が消滅するまで、ここは彼女たちの聖域として機能してきました。

中庭内には中世の家屋が現存し、木造の「ホーテン・ホイス」は1528年に遡る希少な建物です。またベギン会から引き継がれた2つの教会もあり、宗教改革の歴史を体現しています。

ベギンホフへの入り口はスプイ通りとゲデンプテ・ベギーネンスルートの2カ所あり、閑静な中庭に足を踏み入れると、まるで中世に時間遡ったかのような錯覚を覚えるでしょう。美しい家並みや小径を散策できますが、現在も住宅街であることに留意し、住民のプライバシーを尊重する必要があります。

写真撮影は基本的に許可されていますが、控えめに行うことが求められます。入場は無料で、開館時間は季節により若干変わります。

ベギンホフはアムステルダムの歴史と文化を垣間見る重要な場所です。静かで落ち着いた雰囲気の中で、都会とはまた違う中世の面影を感じられるでしょう。宗教的・建築的価値が高く評価される理由が、その風景から十分に伝わってくるはずです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Doris Elena Leon Serrano(@doriselena.leonserrano)がシェアした投稿

レンブラント・ハウス美術館

レンブラント・ハウス美術館は、17世紀の巨匠レンブラントが実際に住んでいた邸宅を再現した博物館です。

この建物は1639年から1658年までレンブラントが居住し、アトリエを構えていました。しかし財政難から競売に付されるなど運命の変転を経て、1911年に美術館として開館しました。大規模な修復を経て、レンブラントの生活していた当時の様子を再現しています。

館内では、レンブラントの寝室や大アトリエ、作品に使われた小物が展示されています。またレンブラントの銅版画や絵画の技法を紹介する実演があり、芸術的プロセスを体感できます。同時代の画家の作品なども所蔵されています。

見学の際は、多言語のオーディオガイドが付いたチケットを事前に購入しておくと便利です。レッドライト地区からも徒歩圏にあり、アクセスは良好です。

レンブラント・ハウス美術館は、単なる美術館を超えて、17世紀アムステルダムの雰囲気に浸ることのできる体験型施設です。レンブラントの生涯と芸術の分野で類まれな体験ができ、まるで時空を超えた気分を味わえるでしょう。

芸術の愛好家はもちろん、アムステルダムの文化遺産に触れたい人々にとっても、この美術館は訪れるべき貴重な場所と言えます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Erin Gentry(@egentry726)がシェアした投稿

アダム展望台

アダム展望台は、アムステルダム北部の象徴的なアダムタワーの20階にあり、都市の絶景と心躍るアトラクションが待っている注目スポットです。

中心地からは無料フェリーで簡単にアクセスでき、水上からアムステルダムの景色が楽しめます。展望台に着くと、インタラクティブな展示でまず街の歴史や文化に触れられます。

しかしメインの魅力は、ヨーロッパ最高のブランコ「オーバー・ザ・エッジ」です。地上100mの高さからアムステルダムの大パノラマが一望できる絶景と、身にしみるスリルが味わえます。

他にも、VRジェットコースターやインタラクティブな双眼鏡、景色が楽しめるスカイバーなど、様々なアトラクションがあります。夜は光と音の演出のあるエレベーターも体験できます。

営業時間は10時から22時で、事前オンラインチケット購入がおすすめです。特に夏場はかなりの混雑が予想されます。天気の良い日が景色を堪能するには適していますが、室内施設も充実しています。

無料専用アプリをダウンロードすれば、施設の見どころを楽しく解説してくれます。街めぐりの一環としても、フェリーの船上からの景色も絶景です。

アダム展望台は、アムステルダムの雄大な景観と心躍るアトラクションを同時に満喫できる、訪問者に強くおすすめの人気スポットです。絶景に酔いしれ、アドレナリンを味わいながら、街への理解を深められる最高の体験ができるでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Michael Osborne(@michael_a_osborne)がシェアした投稿

まとめ

アムステルダムの魅力は、歴史的な深みと現代的な活気が融合している点にあります。世界的に有名な美術館で名画に感嘆するもよし、フォンデル公園の緑を楽しむもよし、街のダイナミックな地区を探索するもよし、アムステルダムは訪れる人に忘れられない体験を与えてくれるでしょう。

初めての人には、ほとんどのアトラクションに徒歩で行けるコンパクトな街の中心部に宿を予約することをお勧めします。毎日早めに出発し、アトラクションのパスを購入して行列をスキップしよう。また、居心地のいい茶色のカフェで、のんびりとしたオランダの「gezelligheid」(ヘゼリヘイトはオランダ語で居心地の良さや和気あいあいとした雰囲気の意)を体験するのもお忘れなく!

アムステルダムの見どころ-YouTube動画

よくある質問

Q: アムステルダム観光のベストシーズンは?

アムステルダムを初めて訪れるには、春の4月から5月と秋の9月から11月が理想的です。これらの時期には、気候が穏やかで観光客も比較的少なく、アムステルダムの文化や自然の美しさを存分に楽しむことができます。

春はチューリップが咲き誇る季節で、色とりどりの花々が街を飾ります。キューケンホフ公園での花見や、4月27日の国王の日など、多くのイベントが楽しめます。気温は2.5℃から18℃と歩きやすく、自転車での移動にも最適です。

秋は、気温が4.5℃から19℃と心地よく、紅葉が美しい景色を提供します。観光客が減少するため、よりゆっくりと街を探索でき、文化イベントやフェスティバルが充実しています。

ただし、アムステルダムの天候は変わりやすいので、雨具の準備と重ね着が推奨されます。また、宿泊施設や観光スポットは事前予約が望ましいです。

総じて、春と秋はアムステルダムを訪れるのに最適な時期で、快適な気候と少ない混雑で、美しい自然や文化イベントを楽しむことができます。これらの季節に訪れれば、忘れられない美しい思い出が作れるでしょう。

Q: レッドライト地区は安全ですか?

一般的に観光客にとって安全な場所ですが、快適でトラブルのない訪問を保証するために、いくつかの注意事項を心に留めておくことが重要です。

安全に関する注意事項

    • スリに注意: 赤線地帯は、他の賑やかな観光地と同様、スリが集まることがあります。身の安全を確保し、周囲に気を配りましょう。

    • 現地の人を尊重する: 赤線地帯で働いている女性は、他の人と同じように尊重されるべきです。窓や働いている人の写真を撮るのは厳禁で、失礼にあたります。

    • 路上販売業者は避ける: 路上で商品やサービスを売っている人は、詐欺や違法薬物である可能性があるため、近づかないことをお勧めします。

    • グループで移動する: 特に夜間は、友人やグループでその地域を探索する方が安全です。人数がいれば安全ですし、全体的な経験も深まります。

    • シラフでいること: ナイトライフを満喫するのは魅力的ですが、冷静さを保つことで、周囲の状況を把握し、より適切な判断を下すことができます。

レッドライト・ディストリクトは観光地であるだけでなく、多くの人が働く場所であり、地域コミュニティの一部でもあります。観光客は、そこで生活し、働いている人々への配慮と敬意をもって、この地域に近づくべきです。また、この地区には歴史的建造物や教会がいくつかあり、文化的意義が増しています。

法律上の注意点

アムステルダムでは、特定の行為について自由な政策が取られているため、何が合法で何が合法でないかについて、観光客の間で誤解が生じることがあります。うっかり法律を破ってしまわないよう、現地の法律や習慣をよく理解しておくことが大切です。例えば、アルコールと大麻の公共の場での消費は、レッドライト地区を含む街の多くの場所で制限されています。

訪問時間

レッド・ライト・ディストリクトにはいつでも行くことができますが、昼と夜では雰囲気が大きく変わります。昼間の訪問は、賑やかなナイトライフの人混みを避けて、地域の建築物や昼間のビジネスを鑑賞することができ、静かな経験を提供します。夕方の訪問は、この地区の有名なネオンと賑やかな雰囲気を見せますが、この地区が最も混雑する時間帯でもあります。

Q: アンネ・フランクの家は予約なしで見学できますか?

いいえ。アンネ・フランク美術館は大変人気があり、売り切れになることも多いので、事前にチケットを予約することを強くお勧めします。

    • オンライン予約のみ:アンネ・フランクの家のチケットは、公式ウェブサイトからのみ購入可能で、美術館での直接購入はできません。

    • 予約開始時期:訪問希望日の2ヶ月前からチケット販売が開始されます。限られた人数のため、早めの予約が推奨されます。

    • 当日券:毎日午前9時に限定数の当日券がオンラインで販売されますが、すぐに売り切れる可能性が高いです。

Q: アムステルダムには無料のアトラクションはありますか?

はい。アムステルダムには、無料で楽しめるアトラクションが数多くあり、街の真髄を体験することができます。ここでは、お金をかけずに楽しめるアトラクションをいくつか紹介します。

自然とリラクゼーション

フォンデル公園: アムステルダム最大の公園で、ウォーキング、サイクリング、ピクニックが楽しめます。夏には無料の野外劇場パフォーマンスもあります。
ライクスミュージアム庭園: 美術館の印象的な建築と屋外の彫刻を楽しめる自由に出入りできる庭園です。

歴史と文化

ベギンホフ:アムステルダム最古の家屋を含む歴史的建造物に囲まれた穏やかな中庭。無料で訪れることができます。
アムステルダム市文書館:様々な歴史的文書や工芸品を通して、街の過去を掘り下げることができます。ほとんどの展示が無料です。

ユニークな体験

フェリーに乗る:中央駅の裏手からIJ川を渡る無料フェリーで、アムステルダムのユニークな街並みを楽しめます。
ストリートアート:NDSMワーフやデ・ジョルダーンなどで、無料で鑑賞できる壁画があります。

その他のアトラクション

公共図書館(OBA):本だけでなく、美術展や朗読会、時折開催されるコンサートを無料で楽しめます。
クラシックやジャズのコンサート:ロイヤル・コンセルトヘボウでの無料ランチコンサートや、ビムハウスでの無料ジャズセッションなどがあります。
フリーマーケット:新鮮な農産物、魚、スパイス、チーズ、花、植物に加え、衣服、宝石、靴、自転車用アクセサリー、日用品など300以上の露店が並ぶアルベルト・カイパルクトなど、アムステルダムのマーケットでローカルな視点を無料で体験できます。

これらの無料アトラクションは、アムステルダムの文化や美しさを体験する絶好の機会を提供します。お金をかけずに、この魅力的な街を存分に楽しんでください。

Q: アムステルダム市内の移動は簡単ですか?

アムステルダムは、初めて訪れる人にとっても非常に移動しやすい街です。ヨーロッパで最も歩きやすい街の一つとして知られ、主要な観光スポットが徒歩圏内にあるコンパクトなエリアに位置しています。実際、市民の30%が徒歩を主な交通手段として利用しています。

アムステルダムは、トラム、バス、地下鉄、フェリーを含む広範囲にわたる公共交通網を誇っています。これらはGVBによって運営され、清潔で頻度が高く、時間に正確なサービスを提供しています。特に地下鉄は近代的で効率的であり、市内の主要エリアを網羅しています。トラムは市内で人気のある交通手段で、異なる地域間の移動に便利です。また、無料のフェリーがセントラール駅の裏手から出発し、IJ川を渡っているため、市内観光やトレンディなノール地区へのアクセスにユニークな方法を提供しています。

観光客には、24時間、48時間、または72時間、GVB公共交通機関を無制限に利用できるIアムステルダム・シティ・カードがあります。このカードは、市内を移動する費用対効果の高い方法となり、70を超える人気観光スポットやアクティビティを無料や割引料金で利用できます。アムステルダムの公共交通機関はキャッシュレスなので、デビットカードやクレジットカードで支払えるように準備しておくことが重要です[7]。

アムステルダムは、徒歩でも公共交通機関を利用しても、初めて訪れる人にとって移動しやすい都市です。さまざまな好みに合った選択肢を提供し、ストレスのない快適な体験を約束してくれます。歩きやすい街並みと効率的な公共交通網を活用して、アムステルダムの魅力を存分に楽しんでください。



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ハーグ・マルクト / De Haagse Markt
ヨーロッパ最大の青空市場 ハーグのトランスヴァール地区にあるハーマン・コスター通りで開かれるマーケット。衣料品、果物、野菜、スパイスの品揃えが豊富です。75年もの間、雰囲気のある露店を楽しみながら自由に散策できる場所として親しまれてきました。 [editorial-rating ...
ワーテルロープライン・マーケット / Waterloopleinmarkt
オランダで最も古い蚤の市 アムステルダムの中心部で開かれているフリーマーケット。かつてのユダヤ人街にあったことから「ユダヤ人市場」と呼ばれていました。1885年以来、地元の人たちがたくさん集まっています。現在では300以上の出店者が、古着や格安の雑貨、中古品などを中心に営業しています。 [editorial-rating ...
アムステルダム・キングスデーの蚤の市 / Vrijmarkt Amsterdam
キングス・デイは1日限りのパーティー キングスデーは、オランダのすべての都市や町がお祭りムードに包まれます。街の中心部の大部分が閉鎖され、大規模なフリーマーケットが開催されます。キングス・デイはオランダの銀行休業日で、毎年4月27日にウィレム=アレクサンダー国王の誕生日にちなんで祝われます。アムステルダムでの祝祭のハイライトは、街が巨大な蚤の市に変わるフリーマーケットです。 [editorial-rating ...
コレクターズ・フェア・ユトレヒト
ヨーロッパ最大級のヴィンテージ・フェア コレクターズ・フェア・ユトレヒトとしても知られるフェルサム・ヤールバイユース・ユトレヒトは、オランダのユトレヒトにあるヤールビュールス・エキシビションセンターで年2回開催されるヨーロッパ最大のヴィンテージ・コレクターズ・フェアです。 [editorial-rating ...
オランダ最古の日替わり市場!アルバート・カイプ・マーケット
観光ルートから外れた場所にあるマーケット アルバート・カイプ・マーケットは、アムステルダムの活気あるデ・パイプ地区にある賑やかなストリートマーケットです。通常のは週6日開かれており、3ブロックにわたって260の露店が軒を連ねています。 [editorial-rating ...