Your Cart

TEFAFマーストリヒト見本市 / オランダの権威あるアートフェア

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

オランダで最も権威のあるアートフェア

マーストリヒト・アーヘン空港にアメリカやアジアから何十機ものプライベートジェットが着陸し、この地域のホテル料金が高騰しているとしたら、それはTEFAFの時期です。人口12万人の小都市マーストリヒトに、何が観光客を惹きつけるのでしょうか?

10.0 TOTAL SCORE

TEFAF マーストリヒト

インスタグラム

TEFAFは、世界有数のアートディーラーが一堂に会して作品を展示する場です。古典古美術に特化したこのフェアのセクションは、どのフェアよりも厳しい審査基準を設けていると言われています。


出展数 10
満足度 10
滞在時間 10
リピート率 10
お宝発見度 10
良い点
  • 35,000点を超える美術品
  • 275以上のアートディーラーが参加
  • 30億〜40億ドル相当の美術品
注意点
  • 体力に自信のない人には向かない

 

1988年に創設されたヨーロピアンファインアートフェア(TEFAF)は、ヨーロッパ美術財団(The European Fine Art Foundation)の略で、3月にオランダのマーストリヒトで、5月にニューヨークで開催される年2回のアートフェアです。

ファイン・アート、アンティーク、デザインの最高峰を集めた見本市で、高級な美術品と骨董品の見本市として世界的に知られています。世界中のトップディーラーによる分かりやすい展示は、熟練のコレクターにも初めてのバイヤーにも、様々な時代や文化から集められた優れた作品を鑑賞するまたとない機会となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fleur Folmer(@fleur_folmer)がシェアした投稿

TEFAFマーストリヒト(オランダ)

オランダ南部のこの街の会議場は、世界で最も高級なオークションハウスに変身し、ヨーロッパ全土のギャラリーやアーティストが一堂に会します。20カ国以上から275以上のアートディーラーが参加。35,000点を超える美術品が展示され、美術愛好家の目を楽しませてくれます。10日間の会期中に10万人以上の来場者を集めます。

フェアの約半分を占めるオールドマスター絵画、アンティーク、古典古美術といった伝統的な分野に加え、モダンアート、コンテンポラリーアート、写真、ジュエリー、20世紀デザイン、紙細工なども見ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Walter Padovani(@walterpadovani)がシェアした投稿

30億ドルから40億ドル相当の美術品が一つの会場に集められ、一般公開されるため、買い手にとっては、最も注目されている現代美術作品や定評のある作品を目にする絶好の機会です。

美術愛好家が安心して作品を購入できるよう、フェアに出品される作品はすべて、真正性を保証され、販売が合法であることを確認するために、15カ国以上から集まった約190人の専門家によって審査されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Marjanovic(@marjanovictom)がシェアした投稿

TEFAFの展示品は、その真正性をさらに保証するため、行方不明、盗難、略奪された骨董品や美術品に関する世界最大の民間データベースであるArt Loss Register (ALR)と照合されます。

最初の2日間は招待客のみが入場可能

TEFAFの伝統として、プレビューの日には、花束でできた泡立つ雲が天井まで舞い上がり、シーフードのおつまみとともにシャンパンが流れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lorenza Rotti(@studiolorenzarotti)がシェアした投稿

多くのアートフェアが、次の偉大なアーティストを探し求める人々の目を楽しませるために開催されるのに対し、TEFAFマーストリヒトでは、世界最高峰の美術品や骨董品が展示されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anne Giscard DE(@annegiscarde)がシェアした投稿

TEFAFでの注目すべき美術品販売には、ゴッホの「農家の前の農婦」(1885年7月)があり、2020年にロンドンのギャラリーが約1200万~1500万ユーロで落札しました。

7,000年以上にわたる美術の歴史を展示

何トンもの大理石とポルフィリーを使った、ヴェルサイユ宮殿のような驚くほど豪華なセッティングまで、贅を尽くしたブースが目白押しです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cédric Mora(@cedricmora18)がシェアした投稿

毎年開催されるこのアートフェアでは、美術品と骨董品のコレクションを融合させながら、7,000年以上にわたる美術の歴史を展示しています。TEFAFマーストリヒトの展覧会に出品された作品には、エドヴァルド・ムンクの「叫び」や、尊敬するディエゴ・ベラスケスの肖像画などがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Galerie Léage(@galerieleage)がシェアした投稿

テーマ別の展示室は、美術品や骨董品だけでなく、その作品が作られた背景をより深く理解しながら、初期のレンブラントからサルバドール・ダリの指輪細工まで、参加者は美術史のさまざまな時代を堪能できます。

真剣なコレクターだけでなく、お金に余裕のあるすべての主要美術館のキュレーターも集まり、MECCマーストリヒト・コンベンションセンターの何キロも続く通路を歩き回ります。すべてを見ることは不可能で、事前の計画が不可欠です。

世界中の裕福な美術愛好家にとって巡礼の地

アート、写真、ジュエリー、アンティークのコレクションは、挑発したり衝撃を与えたりするのではなく、むしろエレガントで洗練されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ariane Mellink(@arianemellink)がシェアした投稿

1988年に設立されたTEFAFマーストリヒトは、 1975年に 「ヨーロッパ初のファインアートフェア 」として開幕したピクトゥーラと、1978年にデビューした「アンティーク専門のフェア、アンティカ・マーストリヒト」2つの専門見本市の統合から生まれました。このフェアに出店できるのは、ギャラリーの中でも最も規模が大きく、専門性の高い業者だけでした。

TEFAFマーストリヒトのYoutube動画

今日、美術館関係者を含む55カ国から多くの来場者が訪れています。マーストリヒトは今や、高額な個人コレクション用の美術品を求める超富裕層の巡礼地となっています。

基本情報

名前 ヨーロピアンファインアートフェア(TEFAF)
開催日 毎年3月(10日間)
入場料 € 45 ~ € 150
取り扱い商品 宝飾品、絨毯、家具、磁器、絵画など
住所 MECC – Maastricht Exhibition & Congress Centre
6229 GV Maastricht, Netherlands
詳細 公式ホームページ

地図

TEFAFはMECC(マーストリヒト・エキシビション&コンファレンス・センター)で開催されます。



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • うれしいリピーター特典
  • 安心のエクスペディア・グループ
ホテルズドットコムでお得に予約

関連記事

デルフト骨董市 / Antiekmarkt Delft
オランダ西部の観光スポット いくつかの通りにまたがる素敵な広大なマーケット。中古品やオランダの古い骨董品を物色するのが好きな人は見逃せないイベントです。 [editorial-rating ...
アムステルダム観光名所トップ20
初めてのアムステルダムガイド オランダの首都アムステルダムは、毎年何百万人もの観光客を魅了する活気と賑わいに満ちた大都市です。絵のように美しい運河、魅力的な建築物、豊かな文化遺産を持つアムステルダムが、世界中の旅行者にとって最高の目的地であるのも不思議ではありません。この美しい街への初めての旅行を計画しているなら、ぜひ訪れたい観光スポットトップ20をご紹介しましょう。 アンネ・フランクの家 アムステルダム中心部、プリンセングラハト263-267番地にあるアンネ・フランクの家は、現在博物館として公開されており、第二次世界大戦中のナチスによる迫害から隠れるためにフランク一家が使用した場所です。1942年7月から1944年8月にかけて、アンネを含む8人のユダヤ人がこの家の秘密の別館に潜伏しました。この別館は可動式の本棚の後ろに隠されており、オットー・フランクの事務所スタッフが生活の支援を行っていました。 博物館に訪れると、オットー・フランクの意向により家具は置かれていないものの、潜伏時の雰囲気が感じられるように保たれています。アンネの日記や写真、映像などを通じて、当時の生活がどのようなものだったかが伝わります。また、アンネの思考や経験を深く理解できるよう、彼女のオリジナルの日記や文章も展示されています。 アクセスには階段が急で通路が狭いため、障害を持つ人には不便かもしれませんが、訪問者全員が体験できるよう努力がされています。入場はオンライン予約制で、事前にチケットを購入する必要があります。体験の厳粛さを保つため、写真撮影は禁止されています。 アンネ・フランクの家は、ホロコーストを象徴する場所として、また、寛容や理解、希望の大切さを訴える教育の場として重要な役割を果たしています。アンネの日記は、困難な時代における希望の象徴として今も多くの人々に影響を与えています。 ...
アムステルダムのダッパーマルクト
アムステルダムで最も古いマーケットのひとつ 観光コースから外れて、アムステルダムの真の庶民の市場 ...
ワーテルロープライン・マーケット / Waterloopleinmarkt
オランダで最も古い蚤の市 アムステルダムの中心部で開かれているフリーマーケット。かつてのユダヤ人街にあったことから「ユダヤ人市場」と呼ばれていました。1885年以来、地元の人たちがたくさん集まっています。現在では300以上の出店者が、古着や格安の雑貨、中古品などを中心に営業しています。 [editorial-rating ...
アンティーク・センター・アムステルダム / Antiekcentrum Amsterdam
オランダ最大のアンティークモール アムステルダムの中心地ヨルダーンにあるこのマーケットは、1750平方メートル(約18,800平方フィート)の敷地に72の露店と95のショーケースが迷路のように広がっています。 ほぼ一区画の家全体を使ったマーケットで、以前はデ・ルイエ(De ...
アムステルダム・キングスデーの蚤の市 / Vrijmarkt Amsterdam
キングス・デイは1日限りのパーティー キングスデーは、オランダのすべての都市や町がお祭りムードに包まれます。街の中心部の大部分が閉鎖され、大規模なフリーマーケットが開催されます。キングス・デイはオランダの銀行休業日で、毎年4月27日にウィレム=アレクサンダー国王の誕生日にちなんで祝われます。アムステルダムでの祝祭のハイライトは、街が巨大な蚤の市に変わるフリーマーケットです。 [editorial-rating ...
ハーグ・マルクト / De Haagse Markt
ヨーロッパ最大の青空市場 ハーグのトランスヴァール地区にあるハーマン・コスター通りで開かれるマーケット。衣料品、果物、野菜、スパイスの品揃えが豊富です。75年もの間、雰囲気のある露店を楽しみながら自由に散策できる場所として親しまれてきました。 [editorial-rating ...