Your Cart

ルーブル美術館-Musée du Louvre

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

芸術と歴史が織りなす感動の体験

パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。


美術館は、絵画、彫刻、工芸品など約38万点の作品を所蔵しており、セーヌ川に沿って700メートルにわたって伸びています。その中には、「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」、「サモトラケのニケ」などの世界的に有名な作品も含まれています。古代エジプト、ギリシャ・ローマ、中近東、ヨーロッパ絵画に至るまで、幅広い時代とジャンルの作品を鑑賞することができます。

また、美術館内には、イタリア・ルネサンス、フランドル、フランス等の絵画が展示されている絵画展示室や、古代ギリシャ・ローマの大理石彫刻が展示されている彫刻展示室など、見どころがたくさんあります。さらに、建築物自体も見所の一つで、その美しい内外装を楽しむことができます。

実際にすべての作品を見ようと思ったら、9ヶ月はかかると言われています。一日で全てを見学するのは難しいので、興味のある作品を調べておくと効率よく回れます。

主な見どころ

美術館で最も人気のある2つの美術品はモナ・リザとミロのヴィーナスです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」

「モナリザ」は、イタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画です。1503年から1506年頃に制作されたと考えられています。フィレンツェの実業家フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻リザを描いたとされています。モデルの微笑と視線のはっきりしない不可解さが、永遠の謎として人々を魅了し続けています。モナリザの大きさは、77cm×53cmと比較的小振りな作品です。防弾ガラスで保護されているので、遠くから見るよりも近くで見ると細部まで楽しめます。

ミロのヴィーナス

古代ギリシャの女神アフロディーテ(ローマ神話ではヴィーナス)を象った大理石彫刻です。紀元前130年頃に制作されたと考えられています。1820年、ギリシャのミロス島の農夫によって地中から発見されました。理想の女性美を具現化した傑作として、世界中から高く評価されています。頭部がないため表情は分かりませんが、神々しいイデア像とされています。

この投稿をInstagramで見る

Rizky P. Tanrian(@gogoki)がシェアした投稿

サモトラケのニケ

サモトラケの翼の勝利像は、ルーヴル美術館で最も有名な彫像のひとつです。古代ギリシャ彫刻を代表する傑作の一つで、古代ギリシャの勝利の女神ニケを象った大理石彫刻です。力強い翼と優美な姿で、勝利を祝う様子が表現されています。巨大な翼を広げ、船の艫に乗る女神の勝利の姿が印象的です。突風の中を疾走するような、ダイナミックでスリルのある構図が評価されています。紀元前2世紀頃に制作されたと考えられています。1863年にギリシャのサモトラケ島で発見されました。

ハンムラビ法典

紀元前18世紀頃にバビロニア王ハンムラビによって制定された法典です。1901年にイランのスーサで発見されました。楔形文字と呼ばれる古代メソポタミアの文字で刻まれています。古代メソポタミアの社会や文化を知る上で貴重な資料です。ハンムラビ法典には、刑法、家族法、財産法、商法など、様々な法律が記されています。人類最古の成文法典の一つとして、その存在価値は計り知れません。

ナポレオン1世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドが描いた油彩画です。この絵画は、1804年12月2日にノートルダム大聖堂で行われたナポレオン1世の戴冠式を壮大に描いています。ナポレオン1世の家族や、フランスの政治家、軍人、聖職者など、戴冠式に列席した約150人が描かれています。この絵画は、新古典主義と呼ばれる芸術様式で描かれています。新古典主義は、古代ギリシャやローマの芸術を模倣した様式で、当時のフランスで流行していました。

ヴェロネーゼの「カナの婚宴」

パオロ・ヴェロネーゼの「カナの婚宴」は、1563年に制作されたイタリア・ルネサンス期のヴェネツィア派の代表的な絵画です。この作品は、新約聖書「ヨハネの福音書」に記されたイエス・キリストが水をぶどう酒に変えたという奇跡を描いています。絵画は非常に大きく、6.77m x 9.94mの寸法を誇り、ルーヴル美術館で最も大きな絵画の一つとして知られています。

ヴェロネーゼは、この絵画を通じて、マニエリスム様式の特徴である非対称でありながらエレガントな配置や、色彩におけるルネサンスの理想を誇張して表現しています。また、絵画にはイエスと聖母マリアが中心に描かれ、その周囲には当時のヴェネツィア社会の豪華な食事と音楽の饗宴を楽しむ人々が描かれており、過去と現在、聖と俗が混在する様子が見て取れます。

この絵画は、フランス文化の深い歴史と芸術的伝統を感じさせる作品であり、パリを訪れる多くの人々にとって必見のアートワークと言えるでしょう。ルーヴル美術館に展示されている「カナの婚宴」を前に立つと、その壮大なスケールと細部にわたる緻密な描写に圧倒されることでしょう。

この投稿をInstagramで見る

@ms.cuevaがシェアした投稿

民衆を率いる自由の女神

フランス・ロマン主義を代表する作品の1つです。フランスの画家ウジェーヌ・ドラクロワが描いた油彩画です。自由の女神が民衆を率いて街路の立ち往生をかき分けて進む様子が表現されています。民衆の自由への願いが込められたこの作品は、フランス近代絵画の最高傑作の一つとして知られています。

フェルメールの「レースを編む女」

オランダの画家ヨハネス・フェルメールが描いた油彩画です。オランダ黄金時代の実在風景画の傑作です。絵画は、レース編みに集中する女性と、それを静かに見守る少女を描いています。余計なものが描かれていない静寂な空間は、見る者に深い安らぎを与えてくれます。レース編みに集中する女性の表情は、どこか謎めいています。その背後にあるストーリーを想像するのも楽しみの一つです。

まとめ

ルーヴル美術館は、古代エジプト美術、近東古代美術、ギリシア・エトルリア・ローマ古代美術、イスラム美術、彫刻、装飾美術、絵画、版画、素描の8つの部門に分かれています。お気に入りの場所を見逃さないよう、事前に見学する場所を決めておくことが大切です。

名前 ルーブル美術館
Musée du Louvre(ミュゼ・デュ・ルーヴル)
開催日 土 – 日
開館時間 月・木・土・日:9:00-18:00
水・金:9:00-21:45
定休日:火
入場料 大人:€22
18歳未満:無料
所蔵数 30万点
古代から19世紀頃までの絵画、彫刻、家具、工芸品
住所 Rue de Rivoli, 75001 Paris,
詳細 公式ホームページ

地図

地下鉄1番線または7番線に乗り、Palais Royal-Musee du Louvre駅(パレ・ロワイヤル/ミュゼ・デュ・ルーヴル駅)で下車。徒歩1分。

パリ・ミュージアム・パスの長所と短所

ルーブル美術館
  • 展示数
  • 満足度
  • 滞在時間
  • お宝発見度
  • リピート率
5

総評

ルーブル美術館は、パリを代表する世界最大級の美術館です。1793年に開館し、38万点以上の作品を収蔵しています。古代文明から19世紀までの西洋美術作品を中心に、絵画、彫刻、工芸品など、様々なジャンルの作品を見ることができます。



関連記事

ヴァンヴの蚤の市 / Marché aux Puces de la Porte de Vanves
ヴァンヴの蚤の市は、古いものから現代的なものまで、さまざまなものを見つけることができるので、週末にぜひ出かけたい場所です。サン・トゥアンの蚤の市に次いで、この蚤の市はパリ地区で最大規模です。また、ヴァンヴの蚤の市は、パリ市内で開催される唯一のブロカント(魅惑的な中古品)蚤の市でもあります。 [editorial-rating ...
パリ・ミュージアム・パスの長所と短所
エッフェル塔だけじゃない!パリが誇る文化遺産 パリは年間約3,230万人の観光客を魅了しており、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館などの名所がその理由です。これらの観光地は、フランスが長年にわたって文化生産を育ててきた歴史を映し出しています。 王政時代には、宮廷で培われた芸術と知識がフランスの富と地位を世界に示す手段でした。革命後は、国家の財産と見なされる文化財の保存に重点が置かれ、破壊されたり老朽化したりした記念碑の修復が行われました。 19世紀には、フランスは工業生産や科学的知識の面でイギリスやドイツに遅れを取りながらも、文化的・芸術的伝統を前面に押し出して国の優位性を宣伝しました。フランス文化は過去の伝統を祝うことに根ざしており、それが観光客を引き寄せ、国際的な評価を形成する要因となっています。 [editorial-rating ...
ニース・サレヤ広場の蚤の市 / Cours Saleya
世界中のコレクターが集まるホットスポット ニース旧市街のサレヤ広場で開催されるフリーマーケット。古い物やブロカントの雰囲気が好きな人には見逃せない場所です。 [editorial-rating ...
アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
フランス西部最大級の蚤の市 ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。 [editorial-rating ...
ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。 [editorial-rating ...