Your Cart

ルエンネ蚤の市 / Puces Rouennaises

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

西フランス最大のアンティーク市場

展示会場の5つのホールを3日間かけて散策する展示会。フランス、ベルギー、オランダ各地から中古品ディーラーが集結。フランスで最も美しい蚤の市と称されています。約1万5000人が訪れる中古品好きにはたまらないイベントです。

4.4 TOTAL SCORE

ルエンネ蚤の市

facebook

この巨大な蚤の市には、フランス全土からプロの骨董商200人が4日間にわたって出店します(初日はプロ専用)。5つのホールがすべて埋まっているので、たくさんの発見があるはずです。


出店数 2
満足度 5
滞在時間 5
お宝発見度 5
リピート率 5
良い点
  • 200近い中古販売店
  • 専門家チームが無料で常駐
  • 無料駐車場あり
注意点
  • 会場内ケータリングあり
  • 年2回のみ

 

中古品、アンティーク、ビンテージ家具、装飾品、”当時のまま “の品々、修復された品々、レトロシックな品々、歴史や過去、魂のこもった本物の品々や家具を愛する人々が集う場所です。

200軒近い中古品・アンティーク商が、専門家が品質を保証した質の高い品物を販売。その歴史や商品について時間をかけて説明します。

レトロ、デザイン、インダストリアルスタイルの家具、コレクターズブック、素朴な木材、小物、時計、宝飾品、魅力的な装飾品(時計、鏡、花瓶など)、ビンテージファッション、古着、アクセサリー、ガラス製品などが、迷路のような通路に展示されます。

約12,000平方メートルの会場に、出店者はフランス全土から集まり、評判の高さから、イギリス、ベルギー、オランダ、ドイツなど遠方から足を運ぶ人もいます。そのため、さまざまなテイストが混ざり合い、多種多様なコレクターズ・アイテムが見つかります。

しかし、もしあなたがプロのアンティーク・ハンターでないとしても、心配する必要はありません。蚤の市では、買い物をサポートするため、専門家チームが常駐しています。各時代に精通した専門家が、お気に入りの品物の価値を見極め、修復、価値、歴史などに関するご質問に答えてくれます。

また、実家や自宅で見つけたオブジェを持ち込むこともできます。専門家が、あなたの発見物の希少性、真正性、価値を確認します。

蚤の市はルーアン展示場の屋根付きの5つのホールで開催されます。

また、レコード・ファンのためのレコード・フェアも開催。ノルマンディー・ヴィンテージ・フェアでは、ピンナップ・ファッション・ショー、レトロなブティック、ロックとチャールストンの実演、ナイツ・キャットのコンサートなどで、50年代と60年代にタイムスリップできます。

パリから1時間半足らずのルーアンは、観光にもおすすめです。モネによって描かれた大聖堂、石畳の道、タウンハウス、ハーフティンバー様式の家々など、ノルマンディーの首都であるこの街は、一見の価値があります。

ビンテージやアンティークがお好きな方は、日程をチェックして、この年に一度のお祭りを見逃さないようにしましょう。

基本情報

名前 ピュッシュ・ルエナイズ / Puces Rouennaises
開催日 毎年1月と10月
時間 金曜日:10:00 – 20:00
土曜日:10:00 – 19:00
日曜日:10:00 – 18:00
入場料 入場料:6.80ユーロ/割引料金:5.80ユーロ/12歳未満は無料
取り扱い商品 家具、宝飾品、洋服、小物、おもちゃ、絵画、装飾品など
住所 46, avenue des Canadiens, Le Grand-Quevilly Seine-Maritime Normandie
詳細 公式ホームページ

地図

ルーアン(セーヌ=マリティーム県)

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

アヌシーの蚤の市 / Marché de la Vieille Ville d’Annecy
フランスのアヌシーとその周辺では、一年を通して多くのマーケットが開催されています。アヌシーでの休暇中は、アヌシーとその湖畔にある様々なマーケットを発見してください。 [editorial-rating ...
リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
フランス西部最大級の蚤の市 ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。 [editorial-rating ...
リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市 / L’Isle-sur-la-Sorgue
フランスのアンティークの首都 プロヴァンス地方にある小さな町で、毎週日曜日、巨大な屋外アンティーク市が開かれます。食品市場、蚤の市、骨董市がひとつになったもので、オリーブから美術品まで何でもここで買うことができます。パリ以外でフランスのアンティークの品揃えが豊富な町で、アンティーク愛好家にとっては夢のような街です。 [editorial-rating ...
マルセイユ・プラージュの蚤の市
エロー地方で最高の蚤の市 蚤の市と中古品を抜きにしてマルセイユを語ることはできません。一年中、カート場裏のレジャーエリアで開催され、毎週水曜、土曜、日曜、祝日の午前7時半から海岸線に活気をもたらしています。 [editorial-rating ...
ヨーロッパ最大のフリーマーケット「ブラッドリー・ドゥ・リール」Braderie de Lille
フランスの北部のリールで行われるヨーロッパ最大のフリーマーケット。毎年9月の第一週末に開催されます。その歴史は12世紀にまで遡ります。ブラデリーは単なる市場ではなく、音楽演奏、大道芸人、その他の文化的イベントも含まれるお祭り騒ぎで、地元の人々にとっても観光客にとっても賑やかな週末となります。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
マロイユの蚤の市 / Brocante de Maroilles
年に一度開かれる骨董市「ブロカント・ド・マロイユ」は、リールの蚤の市に次いで北フランスで最大の蚤の市と言われています。フランス全土はもとより、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツからも8万人の人々が集まります。 [editorial-rating ...