Your Cart

レンヌの蚤の市「サン・マルタン運河のブラデリー」

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

レンヌ最大のガレージセール

毎年9月中旬にブルターニュ地方レンヌのサン・マルタン運河で開催されるフリーマーケット。リールの蚤の市に次いでフランスで2番目に大きな蚤の市だと言われています。3,000以上の出店者が、約20万人の来場者を魅了します。

9.6 TOTAL SCORE

サン・マルタン運河のブラデリー

ホームページ

リールに次いでフランス最大のブラデリー。掘り出し物探し、ガレージセール好きには見逃せないイベントです。レンヌのサン・マルタン地区で6キロにわたって開催されます。


出店数 10
満足度 9
滞在時間 10
お宝発見度 9
リピート率 10
良い点
  • フランス第2位のガレージセール
  • 3,000店の出店者
  • 6kmに及ぶブース
注意点
  • 年1回のみ
  • 混雑する

 

アルマン・ルビヨン通り、グロ・マルホン通り、そしてシメティエール・デュ・ノール周辺に隣接する通りには、全部で6km近い露店が並びます。この日のために、サン・マルタン地区とサン・マルタン運河は通行止めとなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Micky(@micky.mike.88)がシェアした投稿

切手コレクション、古銭、珍しい装飾品、古い木製玩具、洋服、ファッション小物などを求めて来場者がやってきます。買い物客は、シャルトル(ウール=エ=ロワール県)からブレスト(フィニステール県)まで、グラン・ウエスト全域から、時にはさらに遠方からもやってきます。

古い木製玩具のコレクション、衣料品、古銭、切手、珍しい装飾品、さらにはファッション・アクセサリーなどを扱う3,000人以上のアマチュア、プロの出店者が集まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Micky(@micky.mike.88)がシェアした投稿

出店者は、フランス全土から、主にフランス西部から集まります。リラックスした気分で、交渉と値切りの対象となる品々の迷路に飛び込んでみてください。

珍しい切手をお探しの切手収集家も、コインを仕入れたいコレクターも、お探しのものがきっと見つかるはずです。

家族連れが夏の最後の数日間を満喫

ノール/サン・マルタン地区委員会が主催するこのイベントには、交通、設営、ケータリングなど120人のボランティアが参加します。

1960年代末に始まったこのイベントは、当初「ブラデリー・ジュネス」と呼ばれ、地元の子供たちがおもちゃを売ることを目的としていました。

今では、屋台に置かれたラジオのスピーカーから流れる音楽のリズムに合わせて、来場者は何時間も屋台を覗いて回ります。

様々な品々や珍しい品々で構成されるブラデリー・サン・マルタンは、新学期を迎える子供たちの服装をバーゲン価格で揃えたり、家のインテリアをおしゃれにしたりする絶好の機会となっています。

基本情報

名前 サン・マルタン運河のブラデリー / Braderie du Canal Saint-Martin
開催日 毎年9月の第3土曜日と日曜日
時間 8 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 衣類、装飾品、玩具、家電製品、骨董品、写真、DIY
住所
35000 Canal Saint-Martin, Rennes, France
詳細 ホームページ

地図

場所は、レンヌの北に位置するサン・マルタン運河地区。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...
パリ・ミュージアム・パスの長所と短所
エッフェル塔だけじゃない!パリが誇る文化遺産 パリは年間約3,230万人の観光客を魅了しており、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館などの名所がその理由です。これらの観光地は、フランスが長年にわたって文化生産を育ててきた歴史を映し出しています。 王政時代には、宮廷で培われた芸術と知識がフランスの富と地位を世界に示す手段でした。革命後は、国家の財産と見なされる文化財の保存に重点が置かれ、破壊されたり老朽化したりした記念碑の修復が行われました。 19世紀には、フランスは工業生産や科学的知識の面でイギリスやドイツに遅れを取りながらも、文化的・芸術的伝統を前面に押し出して国の優位性を宣伝しました。フランス文化は過去の伝統を祝うことに根ざしており、それが観光客を引き寄せ、国際的な評価を形成する要因となっています。 [editorial-rating ...
ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。 [editorial-rating ...
マルセイユ・プラージュの蚤の市
エロー地方で最高の蚤の市 蚤の市と中古品を抜きにしてマルセイユを語ることはできません。一年中、カート場裏のレジャーエリアで開催され、毎週水曜、土曜、日曜、祝日の午前7時半から海岸線に活気をもたらしています。 [editorial-rating ...
ヴィラージュ・スイス・パリ / Village Suisse Paris
スイス村は今も生き続けている ここは、かつて1900年の万国博覧会の展示会場でした。もしあなたが上質なものを求めるのなら、パリの中心部、エッフェル塔からほど近い、シャン・ド・マルス通りの端にひっそりと佇む複合施設に行ってみましょう。18世紀のフランス家具やアフリカのプリミティブ・アートを得意としています。 [editorial-rating ...
パリ旅行者必見のセーヌ川クルーズ
パリの歴史を巡る船旅 光の都パリは、そのロマンチックな雰囲気、見事な建築物、豊かな歴史で有名です。パリの美しさを体験する最高の方法のひとつが、セーヌ川クルーズです。この象徴的な川は、街の中心を縫うように流れ、旅行者にパリのランドマークやアトラクションのユニークな視点を提供してくれます。この記事では、セーヌ川クルーズの魅力を探りしていきます。 ...