Your Cart

シャンボール蚤の市 / Grande Brocante de Chambord

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランス最大級の蚤の市

16世紀初頭にフランス王フランソワ1世によって建てられたシャンボール城の芝生で開催されるフリーマーケット。1995年から開催されているこのイベントは、フランス最大の蚤の市のひとつとなっています。

6.8 TOTAL SCORE

グラン・ブロカント・ド・シャンボール

facebook

フランスで10本の指に入る規模を誇る蚤の市。午前4時から午後6時まで、約5万人のバーゲンハンターが掘り出し物を求めて城の路地を闊歩します。芝生や村の通りには、500の出展者、専門家、個人が出店し、地元の農産物市も開かれます。


出店数 5
満足度 7
滞在時間 8
お宝発見度 6
リピート率 8
良い点
  • 数千人の来場者
  • 500の出展者
  • ロワール・エ・シェール地方で最も素晴らしいイベント
注意点
  • アンティークやコレクターズアイテムのみ。
  • 年に一度の蚤の市
  • 個人と同じくらい多くのプロが参加

 

村の通りやシャンボール城の南庭で開かれるグラン・ブロカント・ド・シャンボールは、年に一度、メーデーに開催され、プロの骨董商や蚤の市愛好家にとって、荘厳で特別な舞台となります。

フランス全土およびベルギー、ドイツ、中国からの多くの外国人を含む3万人以上の来場者が蚤の市を訪れます。500近い出展者が、5キロメートル以上の路地に広がります。すべてを見るには、1日歩く必要があります。

アンティーク家具や家宝級の油絵から、蓄音機、台所用品、古道具、古着、蓄音機、アンティークカメラ、小物に至るまで、この蚤の市は掘り出し物ハンターやアンティーク愛好家にとってパラダイスです。

フランス全土から集まった数百人のプロの古物商

19世紀後半から1990年代までの品々が並ぶこの蚤の市は、タイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。値段は他の蚤の市より高いですが、質はそこそこで、中古業者と交渉もできます。

衣類、おもちゃ、新品など、特定の種類の品物の出品は禁止されています。

100人のボランティアが3日間、会場の目印をつけ、出展者と来場者のために屋台を設置します。出展者は早朝4時から荷ほどきができるので、早起きバーゲンハンターにはありがたい環境です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@memoirecpiaがシェアした投稿

城や馬のショーを見に来た観光客も含め、来場者のパレードが繰り広げられ、その音楽が近くから聞こえてきます。

シャンボールの蚤の市は、壮麗なシャンボール城を別の角度から鑑賞する機会でもあります。シャンボール城は、ロワール渓谷を代表するモニュメントのひとつで、世界で最も有名なフランスのシャトーのひとつとして有名です。ルネッサンス建築の真の宝石であり、世界中にその名を知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marie Prugnot(@salomeantoinetteprune)がシェアした投稿

シャンボール城はロワール地方最大の城で、16世紀にヨーロッパ最大の森林公園内に建てられました。その敷地はおよそ5,500ヘクタールに及び、そのうち1,000ヘクタールが一般公開されています。おそらくレオナルド・ダ・ヴィンチの作品にインスパイアされたと思われる建物には、400の部屋、77の階段、282の暖炉があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

n o v e m b r e(@novembre_curios)がシェアした投稿

ここでは食べ物にも焦点が当てられており、地方料理やフランス料理がお腹を空かせた掘り出し物ハンターたちに振る舞われます。特別な楽しみは、散歩の後、シャトーを眺めながらコミテ・デ・フェットのフライドポテトを食べることです。

シャンボール蚤の市のYoutube動画

午前7時の正式オープンと同時に来場者が通路に殺到します。一番の掘り出し物が見つかるのは午前6時頃ですが、早起きが苦手な人でも、500もの中古品の出展者があるので、足を運ぶ価値はあります。

基本情報

名前 グラン・ブロカント・ド・シャンボール / Grande Brocante de Chambord
開催日 毎年5月1日
時間 4 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、ダイニングテーブル、大型調理器具、アクセサリー、ヘアアクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所
Château, 41250, Chambord
詳細 公式ホームページ

地図

シャトー周辺に無料駐車場あり。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

ニース・サレヤ広場の蚤の市 / Cours Saleya
世界中のコレクターが集まるホットスポット ニース旧市街のサレヤ広場で開催されるフリーマーケット。古い物やブロカントの雰囲気が好きな人には見逃せない場所です。 [editorial-rating ...
パリ旅行者必見のセーヌ川クルーズ
パリの歴史を巡る船旅 光の都パリは、そのロマンチックな雰囲気、見事な建築物、豊かな歴史で有名です。パリの美しさを体験する最高の方法のひとつが、セーヌ川クルーズです。この象徴的な川は、街の中心を縫うように流れ、旅行者にパリのランドマークやアトラクションのユニークな視点を提供してくれます。この記事では、セーヌ川クルーズの魅力を探りしていきます。 ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...
マルシェ・ア・ラ・ブロカント / Marché à la brocante
フランス屈指のアンティーク・マーケット この蚤の市は、地元の人々にも観光客にも人気があり、様々な趣味や嗜好に応える幅広い品揃えが魅力です。この蚤の市は、賑やかな雰囲気と品揃えの良さで知られており、スペイン、イタリア、ベルギー、ドイツ、イギリス、そしてアメリカからも、何千人もの蚤の市ファンが訪れます。 [editorial-rating ...
アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。 [editorial-rating ...