Your Cart

ジョセフィーヌ・ボナパルトが歩んだ波乱万丈な人生

ジョセフィーヌ・ボナパルト

美貌と気品でナポレオンを虜にしたカリブの宝石

フランス革命の波乱万丈な時代を駆け抜け、皇帝ナポレオンの心を射止めたジョゼフィーヌ・ボナパルト。

類稀なる美貌と洗練された社交術、そして政治的野望を兼ね備えた彼女は、どのようにして皇后の座に上り詰めたのか?この記事では、ジョゼフィーヌの波乱に満ちた人生と、その魅力を紐解いていきます。

歴史ファン、女性史に興味のある方、そして人間ドラマに心を奪われる方におすすめの記事です。

魅惑的な肖像画、華麗な宮廷生活、そして知られざる素顔

ナポレオン・ボナパルトの最初の妻ジョゼフィーヌ・ボナパルトは、驚くべき魅力と気品を備えた女性でした。比較的質素な生い立ちにもかかわらず、魅惑的な存在感を放ち、夫だけでなく当時の宮廷や社交界をも魅了しました。

ジョセフィーヌ・ボナパルトは、美貌、優雅さ、そして洗練された魅力で人々を魅了した女性でした。また、自然を愛し、園芸に情熱を注いだ人物としても知られています。ナポレオンとの波乱に満ちた恋愛関係は、歴史上最も有名なロマンスの一つとして語り継がれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hilario Duarte(@hilariojorgereisduarte)がシェアした投稿

ジョセフィーヌ・ボナパルトが愛された理由

ジョセフィーヌは、その比類なき美貌で有名でした。背が高く、すらりとした体型を持ち、黒い髪と青い目をしていたと言われています。そしてファッションにお金を惜しまないことで有名でした。その洗練されたスタイルは、多くの人々を魅了しました。

ジョセフィーヌは、身体的な特徴だけでなく、温かさと優しさを持っていました。彼女は他人を安心させる才能があり、自分の存在が心地よく、大切にされていると感じさせました。

ジョセフィーヌは、美貌だけでなく、知性と教養も兼ね備えていました。彼女は活発な会話好きで、幅広い知識を持っていました。また、芸術や文化にも造詣が深く、多くの芸術家や知識人と交流していました。

マルメゾンの庭園

ジョセフィーヌは、自然をこよなく愛していました。特に、珍しい植物や動物に深い関心を持っていました。皇后となった後、彼女はマルメゾン城に広大な庭園を造営し、世界中から珍しい植物を集めました。また、モクレン、パイナップル、カンガルー、エミュー、黒鳥など、エキゾチックな動物も飼育していました。

質素な生い立ちからフランス皇后へ

ジョゼフィーヌは裕福な貴族の家庭に生まれ、幼少期から家族の死別や革命期の動乱に見舞われました。しかし、彼女は逆境に負けずに生き、後にナポレオンとの出会いを経て、フランス史上重要な女性の一人となりました。彼女の人生は波乱万丈でありながらも、その運命を切り開き、国家の歴史に深い足跡を残しました。

1. 生い立ち

ジョゼフィーヌ1763623、カリブ海のマルティニーク島で奴隷のいる砂糖農園を所有する裕福な家庭に¥生まれました。彼女の本名はマリー・ジョゼフ・ローズ・タシェ・ド・ラ・パジェリー(Marie Josèphe Rose Tascher de la Pagerie)です。彼女は上品な育ちと教育を受け、それが彼女の洗練されたマナーと優雅さにつながりました。

2. 最初の結婚

1779年、16歳でフランス貴族アレクサンドル・ド・ボーアルネと結婚し、2人の子供をもうけましたが、1794年にボーアルネが処刑されると、ジョゼフィーヌは窮地に立たされます。

3. ナポレオンとの出会い

ジョゼフィーヌは1795年、テロールの治世で未亡人となった後、パリの上流社交界でナポレオンと出会います。ナポレオンは彼女より6歳年下でした。

4. ナポレオンとの結婚

– 1796年、ナポレオンは貴族出身のジョゼフィーヌの魅力、優雅さ、社交的な気品にほれ込み、結婚しました。彼女はナポレオンからジョゼフィーヌという名前をもらいました。ナポレオンは彼女の裕福さに惹かれたが、それは誇張でした。

5. フランス皇后

1804年にナポレオンが皇帝になると、ジョゼフィーヌはノートルダム大聖堂で皇后の戴冠式を行いました。ジャックルイダヴィッド有名絵画ナポレオン戴冠ナポレオン戴冠する従順ひざまずく彼女姿います。

ナポレオンのラブレター
  • ナポレオンはジョゼフィーヌに多くのラブレターを書きました。これらの手紙は、彼らの愛の深さと情熱を示しています。
  • ナポレオンはジョゼフィーヌを「比類なき美しさ」と讃え、彼女の魅力に夢中になっていました。

6. 世継ぎができない

ジョゼフィーヌがナポレオンの跡継ぎを作れなかったことが大きな問題となり、1809年に離婚に至りました。

7. 失意の晩年と、永遠に残る伝説

彼女はマルマゾン城で静かな余生を過ごしました。ナポレオンは1810年にオーストリアのマリー・ルイーズと再婚し、1811年に息子をもうけました。

しかし、ナポレオンはジョゼフィーヌを愛し続け、1814年にジョゼフィーヌが亡くなるまで頻繁に彼女を訪れていました 。ナポレオンは彼女の死後も彼女を思い続け、彼女の名前を最後の言葉として呼びました。1821年にナポレオンが死の床で残した最後の言葉は「フランス、軍隊、ジョゼフィーヌ」でした。

フランス文化に光をもたらした皇后

ジョゼフィーヌの影響力は個人的な魅力にとどまりませんでした。ナポレオンとして彼女フランス宮廷社会文化生活形成重要役割しました彼女は豪華な晩餐会を催し、芸術を奨励し、帝政期のフランス文化の復活と洗練に貢献しました。

ナポレオンと離婚した後も、ジョゼフィーヌはフランス社交界の重鎮であり続け、その魅力と気品で愛された。彼女の遺産は、フランス史の洗練された優雅な時代の象徴として語り継がれ、その魅力は歴史家や崇拝者たちを魅了し続けています。



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

レンヌの蚤の市「サン・マルタン運河のブラデリー」
レンヌ最大のガレージセール 毎年9月中旬にブルターニュ地方レンヌのサン・マルタン運河で開催されるフリーマーケット。リールの蚤の市に次いでフランスで2番目に大きな蚤の市だと言われています。3,000以上の出店者が、約20万人の来場者を魅了します。 [editorial-rating ...
シャトゥーの蚤の市 / Foire de Chatou
フランス最大のアンティークフェア パリの西側で開催される人気のイベント。50年以上にわたり、最高級のアンティーク・ディーラー、アート・ギャラリー、中古品のプロフェッショナルが歴史に彩られた多彩なブースで一堂に会します。この見本市に来れば、現在のトレンドがすべてわかります。 [editorial-rating ...
リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市 / L’Isle-sur-la-Sorgue
フランスのアンティークの首都 プロヴァンス地方にある小さな町で、毎週日曜日、巨大な屋外アンティーク市が開かれます。食品市場、蚤の市、骨董市がひとつになったもので、オリーブから美術品まで何でもここで買うことができます。パリ以外でフランスのアンティークの品揃えが豊富な町で、アンティーク愛好家にとっては夢のような街です。 [editorial-rating ...
ペゼナス・アンティーク・フェア / Grande Foire à la brocante de Pézenas
ビンテージや蚤の市が好きな人なら必見 モリエールの町の中心で、1キロに渡って繰り広げられる蚤の市。5月の第1日曜日と10月の第2日曜日には、国道113号線沿いの約1キロにわたってアンティークフェア「グラン・デバラージュ」が開催されます。200以上の専門業者が終日出店。世界中からバイヤーたちが、貴重な宝物や不思議を発掘するためにここにやってきます。 [editorial-rating ...
ヴィラージュ・スイス・パリ / Village Suisse Paris
スイス村は今も生き続けている ここは、かつて1900年の万国博覧会の展示会場でした。もしあなたが上質なものを求めるのなら、パリの中心部、エッフェル塔からほど近い、シャン・ド・マルス通りの端にひっそりと佇む複合施設に行ってみましょう。18世紀のフランス家具やアフリカのプリミティブ・アートを得意としています。 [editorial-rating ...