Your Cart

レ・アール蚤の市 / Brocante des Allées

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランス南西部最大の中古市場

毎月トゥールーズのフランソワ・ヴェルディエ通り(Allées François Verdier)で開催される蚤の市。100を超える出展者が、3日間にわたり、あらゆる予算に応じた珍しい品々を販売します。

5.0 TOTAL SCORE

レ・アール蚤の市

facebook

質の高い中古品やアンティークが豊富に揃う人気の蚤の市。アンティーク、家具、衣料品などを安心して買うことができます。このトゥールーズの蚤の市には、オート=ガロンヌ県をはじめ、オクシタニー地方全域から多くの関係者が訪れます。


出店数 1
満足度 6
滞在時間 5
お宝発見度 5
リピート率 8
良い点
  • 3日間連続で開催
  • 100を超える出展者
  • 土曜日と日曜日には専門家が常駐
注意点
  • 月に1回しか開催されない

 

フランス南西部最大級の蚤の市として多くの人に知られています。その評判は高く、トゥールーズ市民、特にアンティークや掘り出し物のファンがこぞって参加するイベントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

レ・アールの名で親しまれているこの骨董市は、30年前に創設され、樹齢100年を超えるプラタナスの木陰で、戦争記念館からグラン・ロンド庭園まで露店が並びます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

アール・ヌーヴォー、アール・デコ、50年代、古典的な家具など、お目当てのものがきっと見つかるはずです。また、貨幣愛好家、切手収集家、レコード愛好家、古書愛好家、彫刻愛好家、美術品愛好家も、探していたユニークな作品を見つけることができるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

出店者の中には、籐の家具、ルイ15世の椅子、ルイ・フィリップのリネン棚など、こだわりの強い専門家もいれば、あちこちから集めたオブジェを無造作に積み上げている人もいます。

素朴なものよりも装飾的なものに重点が置かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

ビンテージのデザイン・オブジェや家具が集まる場所

オート=ガロンヌ地方とフランス南西部のアンティーク・古物商組合が主催するブロカント・デ・アレは、この地方最大の定期的な蚤の市で、150人近くのプロの出店者、アンティーク・古物商が集まります。

出品される品々は、主にオークション会場や個人からのもので、専門家向けの市場もあります。ペイルー広場に比べると少々値が張りますが、品揃えは豊富で、質の良いものが見つかります。とは言っても、パリに比べれば非常に手頃な値段にとどまっています。

このブロカントに参加する出展者は、美しく質の高い商品を売るプロばかり。そして、ドイツ、イギリス、オランダ、スペインのプロのアンティーク・ディーラーだけでなく、常連客もそれを知っています。

土曜日と日曜日には専門家が常駐

土日には、国立美術品・コレクターズピース専門家会議によって任命された専門家が、出店者を巡回します。専門家は客に、購入前に無料でアドバイスを行います。そして、私たちは心置きなく、そのオブジェの時代や出所、価値を確認し購入することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

歩道沿いにかなりの数の業者が出店しているので、早めに到着して、すべての業者を回る時間を確保した方がいいかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SBAHGSO(@brocantelesalleestoulouse)がシェアした投稿

会場では、ソーセージも売っています。素敵なバーが2軒あり、そこでしばらく座って休憩することができます。

レ・アール蚤の市のYoutube動画

個性的な家具でご自宅を模様替えしてみてはいかがでしょうか。トゥールーズで最も美しい 2 つの公園とフランソワ ヴェルディエの凱旋門にも近いため、観光客にもおすすめです。

基本情報

名前 Brocante des Allées François Verdier
ブロカント・デ・アレ・フランソワ・ヴェルディエ
開催日 毎月第一金曜日から日曜日まで
時間 9 a.m. – 7 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 食器、アンティーク家具、絵画、小物、家庭用リネン
住所 All. Forain-François Verdier, 31000 Toulouse, France
詳細 公式ホームページ

地図

地下鉄で簡単にアクセスでき、特に天気の良い日にはトゥールーズの人々に人気の待ち合わせ場所となっています。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

レンヌの蚤の市「サン・マルタン運河のブラデリー」
レンヌ最大のガレージセール 毎年9月中旬にブルターニュ地方レンヌのサン・マルタン運河で開催されるフリーマーケット。リールの蚤の市に次いでフランスで2番目に大きな蚤の市だと言われています。3,000以上の出店者が、約20万人の来場者を魅了します。 [editorial-rating ...
ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。 [editorial-rating ...
ルーブル美術館-Musée du Louvre
芸術と歴史が織りなす感動の体験 パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。 この投稿をInstagramで見る Musée ...
カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras
プロヴァンスで最高の蚤の市 カルパントラの「蚤の市」は2000年から毎週日曜日、町の中心部にあるプラタナスの木の駐車場で開かれています。1日平均180の出展者と、多くのバイヤー、バーゲンハンター、コレクター、観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...