Your Cart

北京潘家園古物市場 / 中国最大級のフリーマーケット

No review found!

中国最大のヤードセール「潘家園」

中国最大の骨董市である潘家園骨董市は、北京の骨董市の代名詞ともいえる場所です。 商品の入った箱を引きずる人、古いものを集めるのが好きな外国人観光客など、様々な人が市場に溢れています。

 

平日はアンティーク家具エリア、書画骨董エリア、骨董エリアなどの店しか開いていません。 週末になると、露店が出て、玉の彫刻、ペンダント、クルミの工芸品、香仏の数珠とブレスレットから海南菩提樹の種まで、合計3,000以上、24省、自治区、漢民族、回族など十数民族の人々が露店を出します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hellomikisan(@hellomikisan)がシェアした投稿

長い歴史を持つ博物館のようだとも言われ、床の出店エリア、古民家エリア、古典家具エリア、現代コレクションエリア、石彫エリアなどに分かれています。

国内最大かつ最も総合的な文化市場である潘家園は、中国伝統文化における民俗学や民間伝承のエッセンスを集約した場所であり、無数の文人たちの精神、歴史、文化の情緒を乗せています。

主な取扱品目は、アンティーク家具、文芸宝物、古書・絵画、古書・雑誌、オニキスや玉翠、陶磁器、中国・外国の貨幣、竹・木骨彫刻、影絵・顔彩、仏教遺品、民族衣装、文化大革命遺品などです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みどり(@midori.beijing)がシェアした投稿

潘家園には、ターコイズ、アゲート、ヘティアンジェード、ジェダイトなど、さまざまなジュエリーや翡翠があふれています。ターコイズの色は青と緑が多く、色が純粋で均一なものほど価値が高くなります。例えばスカイブルー、ダークブルー、ブルーグリーンは品質が良いので、価格も高くなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kihoon Kim(@soulartistkim)がシェアした投稿

主な取扱品目は、宝石・玉、アンティーク家具、四宝、古書・絵画、古書・定期刊行物、日用品などです。本物と偽物の区別がつかない人は、やみくもに買わずに、目で見て、耳で聞いて楽しんで下さい。

北京で早朝に開かれる「幽霊市場」

潘家園の「幽霊市場」は、活気ある都市の中で古風な面白さを維持し、北京の見どころとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annie Yeung(@annie.sept)がシェアした投稿

潘家園の幽霊市場の伝説は、その起源を清朝末期にさかのぼります。皇室の骨董品や絵画が民衆に多く流出し、衰退した貴族の多くがここに骨董品を売りに来ていました。

これらの取引は品位を落とすだけでなく、骨董品の中には秘密裏に取引しなければならないものもあり、夜明け前に行わなければならなかったため、「幽霊市場」と呼ばれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yeungji(@travellife_yahtbun)がシェアした投稿

潘家園が骨董品やビンテージ品の市場になったのは、90年代前半のことです。 しかし、1980年代後半、華為橋の骨董品屋台や金城百貨店の北にある工事現場の屋台が、潘家園の地上屋台の始まりだったそうです。

1992年末、現在の潘家園骨董城の場所に2、3エーカーのレンガ壁の空き地ができ、業者が簡単な店を建てて、潘家園市場の原型ができあがりました。

そこから知名度が上がり、次第に北京だけでなく中国最大の中古品市場になり、北京の商人だけでなく、海外の商人も訪れるようになりました。 潘家園という名前も、さまざまな映画やテレビドラマで国内外に知れ渡るようになりました。

北京で2つの古着を買うなら、潘家園と柳里荘で間違いないでしょう。 両者の違いとしては、柳里荘は「文化街」的な雰囲気で、潘家園はもう少し「屋台」的な雰囲気で、「幽霊市場」伝説や古物拾いの伝説で多くの中国人や外国人観光客を引きつけています。

今は観光客向けの文化的な場所という感じですが、中には楽しい小物がたくさんあるので、行ってみる価値はあると思います。

北京潘家園古物市場のYoutube動画

基本情報

名前 北京潘家園古物市場(潘家园旧货市场)
開催日 木 – 日
時間 月~金:8:30~18:00
土・日:4:30~18:00
コロナの影響で営業時間が変わっている場合もあります。
入場料 無料
取り扱い商品 骨董品、宝石、玉、文房具、書画、陶磁器、手工芸品
住所 北京市朝陽区潘家園路1号
詳細 公式ホームページ

地図

地下鉄10号線「潘家園」駅下車、AまたはC出口よりすぐ。



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

中国茶の魅力を徹底解剖!6つの種類の特徴と選び方
中国茶の6つの種類!奥深い世界への扉を開く お茶の文化が3000年以上続く中国。中国茶は、その長い歴史と文化の中で育まれた、奥深い魅力を持つ飲み物です。世界中で愛される中国茶には、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶という6つの種類があります。それぞれが持つ独特な香り、味わい、そして効能は、まさに中国茶の多様性を表しています。 緑茶は爽やかな香り、白茶は繊細な香り、黄茶は独特な香り、青茶は幅広い味わい、紅茶は華麗な香り、黒茶は深遠な香り。それぞれの個性を知り、奥深い中国茶の世界を存分に楽しみましょう。この記事では、6つの中国茶それぞれの個性にスポットを当て、それぞれの魅力を深く掘り下げていきます。   この投稿をInstagramで見る   中国茶 ...
琉璃厂古玩市場 / 北京市にある中国屈指の古董市場
清朝時代に詩人や学者が集まっていた場所 琉璃厂古玩市場は、約200軒の店舗が軒を連ねる、北京最大級の古董市場です。明代以前は宮殿建築の瑠璃瓦を焼いていた琉璃廠があった場所で、街の名前の由来にもなっています。 [editorial-rating ...
食欲そそる!中国八大料理の魅力を徹底解剖
中国グルメ旅へ出かけよう!知られざる地方料理の魅力 「医食同源」という言葉があるように、中国では食事は健康を保つための大切な要素と考えられてきました。その長い歴史の中で育まれてきた中国料理は、世界三大料理の一つに数えられ、その奥深さと多様性は、まさに食の宝庫と言えるでしょう。 中国は広大な国土を持ち、地域によって気候や風土、文化が大きく異なるため、各地で独自の食文化が発展してきました。その中でも代表的なものが「中国八大料理」です。四川料理の刺激的な辛さ、広東料理の繊細な味わい、山東料理の豪快な海鮮料理、江蘇料理の芸術的な盛り付けなど、それぞれが個性的な魅力を放っています。 例えば、四川料理の麻婆豆腐は、山椒の痺れるような辛さと唐辛子の刺激的な辛さが食欲をそそります。一方、広東料理の点心は、繊細な味わいと美しい見た目が特徴で、飲茶文化とともに世界中で愛されています。また、山東料理の北京ダックは、皮はパリパリ、肉はジューシーで、一度食べたら忘れられない美味しさです。 本記事では、中国八大料理の魅力を余すところなくご紹介します。それぞれの料理の特徴や歴史、代表的な料理はもちろん、知られざる裏話やおすすめの食べ方まで、詳しく解説していきます。 この記事を読めば、きっとあなたも中国料理の奥深さに魅了され、その多様な味を体験してみたくなるはずです。さあ、五感を刺激する中国料理の世界へ、一緒に旅立ちましょう。   この投稿をInstagramで見る   ALBERTO_DELUNA(@alberto_deluna)がシェアした投稿 広東料理 広東料理は、中国南部、広東省を中心とした地域で発展した料理です。温暖な気候と豊かな海に恵まれた地域性から、新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使った、繊細で奥深い味わいが特徴です。 特徴 ...
上海で絶対に外せない観光スポット20選
上海観光ガイド:歴史と未来が交差する20の必見スポット 中国最大の都市で、世界的な金融の中心地である上海は、近未来的なスカイラインと豊かな文化遺産が融合したユニークな街です。このダイナミックな大都市は現代中国の縮図であり、そびえ立つ高層ビルや賑やかな街並みと、古刹や静かな庭園が共存しています。 歴史愛好者にとっては、古い建築や博物館で中国の過去を感じ取ることができ、買い物好きにはナンキンロードや田子坊といったエリアで最新のファッションやユニークなアイテムを楽しむことができます。 さらに、グルメな方々には、世界各地の料理が楽しめるレストランや地元の美食が待っています。そんな活気溢れる上海を満喫するために、訪れるべきベスト20のスポットを厳選してご紹介します。 これらのスポットは、上海の魅力を余すことなく体験できる場所ばかりです。歴史と未来が交錯するこの街で、あなたの旅が素晴らしいものになるよう、ぜひ参考にしてみてください。   この投稿をInstagramで見る   MeetinShanghai(@meetinshanghai)がシェアした投稿 外灘(ワイタン) 上海を代表する観光地、外灘(ワイタン)。黄浦江沿いに広がる歴史的なウォーターフロントエリアは、古き良き時代の面影を残す建築物と現代的な洗練さが融合した、魅力あふれる場所です。 外灘は、新古典主義、ゴシック、バロック、アール・デコなど、様々な西洋建築様式を取り入れた52の歴史的建造物が立ち並ぶエリアです。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、上海が国際貿易の中心地として栄えた時代の面影を残しています。 代表的な建物としては、アジア・ビルディング、ユニオン・ビルディング、旧HSBCビルディングなどがあります。これらの重厚な建物は、上海の植民地時代の歴史と、国際金融都市としての発展を今に伝えています。 外灘は、上海のシンボルとして広く知られています。外灘の歴史的な建造物と、対岸の浦東にそびえ立つ近代的な高層ビル群の対比は、上海の伝統と現代が見事に融合した、圧巻の景観を生み出しています。 特に夜は、ライトアップされた外灘と浦東の夜景は、訪れる者を魅了してやまないでしょう。この象徴的な景色は、写真家にとっても人気撮影スポットとなっています。 外灘の魅力のひとつは、黄浦江沿いに整備されたリバーサイド・プロムナードです。ここから眺める黄浦江と浦東の景色は、まさに絶景です。 日中は、上海の活気あふれる街並みを眺めながら散策を楽しむことができます。夜はライトアップされた景色がロマンチックな雰囲気を醸し出し、カップルにも人気のスポットです。 外灘は、古くから上海の文化・社交の中心地として栄えてきました。1920年代から1930年代にかけては、社交場、ナイトクラブ、ジャズクラブなどが立ち並び、華やかな時代を過ごしました。 現在も、外灘には高級ホテル、レストラン、バーなどが軒を連ね、洗練された雰囲気を漂わせています。また、様々な文化イベントやフェスティバルも開催され、活気あふれる場所となっています。 外灘の歴史や建築について詳しく知りたい方には、ガイド付きツアーがおすすめです。ツアーでは、外灘橋から和平飯店、税関、上海浦東発展銀行の建物など、主要な建造物を巡りながら、それぞれの歴史や背景について解説してくれます。 歴史を感じながら散策することで、外灘の魅力をより深く味わうことができます。 外灘は、上海の中心部に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、周辺には南京路、豫園、上海博物館などの人気観光スポットも徒歩圏内にあり、観光拠点としても便利です。 外灘には、歴史的な建造物を改装したレストランやバー、高級ホテルなども立ち並んでいます。歴史を感じながら食事を楽しんだり、優雅な時間を過ごしたりすることもできます。 歴史、文化、建築、そして現代的な魅力が融合した外灘は、上海を訪れるならぜひ訪れたい場所です。 散策、観光、グルメ、ショッピングなど、様々な楽しみ方ができる外灘は、上海の魅力を凝縮した場所と言えるでしょう。 外灘を訪れて、上海の過去、現在、そして未来を感じてみてはいかがでしょうか。   この投稿をInstagramで見る   Мария ...
西安古玩城(朱雀路古玩城)/ 陝西省の蚤の市
西安は、古代中国文明の最も重要で凝縮された発祥の地のひとつで、中国北西部最大の都市です。 ...