Your Cart

北京潘家園古物市場 / 中国最大級のフリーマーケット

APACの中国担当 at フリーマーケット情報

ツアーガイドのメイです。好きな言葉は「極限の集中力と優れたチームが組み合わさったとき魔法が起こる」

中国最大のヤードセール「潘家園」

中国最大の骨董市である潘家園骨董市は、北京の骨董市の代名詞ともいえる場所です。 商品の入った箱を引きずる人、古いものを集めるのが好きな外国人観光客など、様々な人が市場に溢れています。

10.0 TOTAL SCORE

北京潘家園古物市場

インスタグラム

北京潘家園古物市場は、北京の三環路の東南角に位置し、国内最大級の古物市場です。また、喧嘩の博物館のようだとも言われ、北京で最も安い中古品市場の一つとして、多くの中国人や外国人観光客を集めています。


出店数 10
満足度 10
滞在時間 10
お宝発見度 10
リピート率 10
良い点
  • 3,000以上の露店
  • 国内最大級の古物市場
  • 北京で最も安い古物市場
注意点
  • 偽物に注意

 

平日はアンティーク家具エリア、書画骨董エリア、骨董エリアなどの店しか開いていません。 週末になると、露店が出て、玉の彫刻、ペンダント、クルミの工芸品、香仏の数珠とブレスレットから海南菩提樹の種まで、合計3,000以上、24省、自治区、漢民族、回族など十数民族の人々が露店を出します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hellomikisan(@hellomikisan)がシェアした投稿

長い歴史を持つ博物館のようだとも言われ、床の出店エリア、古民家エリア、古典家具エリア、現代コレクションエリア、石彫エリアなどに分かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@manabe1122)がシェアした投稿

国内最大かつ最も総合的な文化市場である潘家園は、中国伝統文化における民俗学や民間伝承のエッセンスを集約した場所であり、無数の文人たちの精神、歴史、文化の情緒を乗せています。

主な取扱品目は、アンティーク家具、文芸宝物、古書・絵画、古書・雑誌、オニキスや玉翠、陶磁器、中国・外国の貨幣、竹・木骨彫刻、影絵・顔彩、仏教遺品、民族衣装、文化大革命遺品などです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みどり(@midori.beijing)がシェアした投稿

潘家園には、ターコイズ、アゲート、ヘティアンジェード、ジェダイトなど、さまざまなジュエリーや翡翠があふれています。ターコイズの色は青と緑が多く、色が純粋で均一なものほど価値が高くなります。例えばスカイブルー、ダークブルー、ブルーグリーンは品質が良いので、価格も高くなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kihoon Kim(@soulartistkim)がシェアした投稿

主な取扱品目は、宝石・玉、アンティーク家具、四宝、古書・絵画、古書・定期刊行物、日用品などです。本物と偽物の区別がつかない人は、やみくもに買わずに、目で見て、耳で聞いて楽しんで下さい。

北京で早朝に開かれる「幽霊市場」

潘家園の「幽霊市場」は、活気ある都市の中で古風な面白さを維持し、北京の見どころとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annie Yeung(@annie.sept)がシェアした投稿

潘家園の幽霊市場の伝説は、その起源を清朝末期にさかのぼります。皇室の骨董品や絵画が民衆に多く流出し、衰退した貴族の多くがここに骨董品を売りに来ていました。

これらの取引は品位を落とすだけでなく、骨董品の中には秘密裏に取引しなければならないものもあり、夜明け前に行わなければならなかったため、「幽霊市場」と呼ばれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yeungji(@travellife_yahtbun)がシェアした投稿

潘家園が骨董品やビンテージ品の市場になったのは、90年代前半のことです。 しかし、1980年代後半、華為橋の骨董品屋台や金城百貨店の北にある工事現場の屋台が、潘家園の地上屋台の始まりだったそうです。

1992年末、現在の潘家園骨董城の場所に2、3エーカーのレンガ壁の空き地ができ、業者が簡単な店を建てて、潘家園市場の原型ができあがりました。

そこから知名度が上がり、次第に北京だけでなく中国最大の中古品市場になり、北京の商人だけでなく、海外の商人も訪れるようになりました。 潘家園という名前も、さまざまな映画やテレビドラマで国内外に知れ渡るようになりました。

北京で2つの古着を買うなら、潘家園と柳里荘で間違いないでしょう。 両者の違いとしては、柳里荘は「文化街」的な雰囲気で、潘家園はもう少し「屋台」的な雰囲気で、「幽霊市場」伝説や古物拾いの伝説で多くの中国人や外国人観光客を引きつけています。

今は観光客向けの文化的な場所という感じですが、中には楽しい小物がたくさんあるので、行ってみる価値はあると思います。

北京潘家園古物市場のYoutube動画

基本情報

名前 北京潘家園古物市場(潘家园旧货市场)
開催日 木 – 日
時間 月~金:8:30~18:00
土・日:4:30~18:00
コロナの影響で営業時間が変わっている場合もあります。
入場料 無料
取り扱い商品 骨董品、宝石、玉、文房具、書画、陶磁器、手工芸品
住所 北京市朝陽区潘家園路1号
詳細 公式ホームページ

地図

地下鉄10号線「潘家園」駅下車、AまたはC出口よりすぐ。