Your Cart

広州を存分に満喫!地元ナビゲーター推薦の観光スポット20選

広州のおすすめ観光スポット

中国・広州の人気観光スポット20選

広州は中国第3の都市で、都会のイメージが強い一方で、2,000年以上の歴史を持つ古代の都市でもあります。

広州塔の壮大なパノラマビューから、長隆観光リゾートのスリル満点のアトラクション、珠江のナイトクルーズでの幻想的な夜景まで、広州には誰もが楽しめるアクティビティが満載です。

歴史と文化に興味がある方には、陳氏祖廟や南越王陵博物館、六榕寺などの歴史的な名所が訪れる価値があります。これらの場所では、広州の豊かな歴史と伝統を深く理解することができます。また、沙面島や越秀公園のような風光明媚なエリアでのんびりとした時間を過ごすこともおすすめです。

ショッピングやグルメを楽しみたい方には、北京路歩行者天国や白馬服装卸売市場、そして広州飯店での飲茶が絶対に外せません。これらの場所では、広州の現代的な側面と伝統的な味覚を同時に楽しむことができます。

さらに、広東博物館や広州博物館で地域の歴史を学び、聖心大聖堂や孫文記念館で歴史的な建築物を堪能することもできます。現代アートやデザインに興味がある方には、レッドトリー・アート&デザイン・ファクトリーがぴったりです。

広州の魅力はこれだけにとどまりません。長隆国際サーカスや長隆楽園テーマパークでのエンターテイメント、白雲山公園での自然散策、華城広場での近代建築の鑑賞など、多岐にわたるアクティビティが訪れる人々を待っています。

そして、佛山への日帰り旅行で佛山祖廟と南風古窯を訪れることで、広州周辺のさらなる魅力を発見することができます。

この記事では、中国・広州の見どころトップ20をご紹介します。広州の多面的な魅力を存分に楽しんでください。さあ、荷物をまとめて広州の魅力を発見する準備をしよう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Guangzhou📍(@expat.guangzhou)がシェアした投稿

 広州タワー

中国広州のシンボル、広州タワーは、高さ600メートル、中国で最も高く、世界で3番目に高いテレビ塔です。毎年何百万人もの観光客を魅了するこのタワーは、その建築美、パノラマビュー、スリル満点のアトラクション、文化・グルメ、技術革新、そして便利な立地が人気の理由です。

1. 圧倒的な存在感を放つ建築美

広州タワーのデザインは、女性の股関節の骨をヒントにしたユニークな「スリム・ウエスト」デザインが特徴です。この革新的な建築様式は、タワーに独特のシルエットを与え、他のどの建物とも一線を画しています。このデザインは、視覚的な美しさだけでなく、現代広州の象徴としても機能しています。

2. 息をのむようなパノラマビュー

広州タワーには複数の展望台があり、それぞれ異なる高さから広州の街並みや珠江を一望できます。最も高い展望台は488メートルの高さにあり、360度のパノラマビューを楽しむことができます。昼間は活気あふれる街並み、夜はきらめく夜景を堪能することができ、訪れる人々に忘れられない景色を提供します。

3. アドレナリン全開!スリル満点のアトラクション

広州タワーには、スリル満点のアトラクションが揃っています。ギネス世界記録に認定された高さ455メートルのフリーフォール「スカイドロップ」は、まさに命懸けの体験です。また、世界一高い観覧車「バブル・トラム」からは、地上460メートルの高さから広州の街並みを一望できます。さらに、タワーには世界最長の螺旋階段「スパイダー・ウォーク」もあり、168メートルから334.4メートルの高さをスリリングに登ることができます。

4. グルメも楽しめる!上質なレストラン

広州タワー内には、回転レストランや高級レストランなど、様々なレストランが揃っています。ギネス世界記録を持つ回転レストラン「TWIST Mediterranean Buffet Revolving Restaurant」では、地中海料理を堪能しながら、広州の街並みを360度のパノラマビューで楽しめます。フレンチ回転レストラン「LUTECE」や、本格的な広東料理を提供する「Colour Canton」など、様々な選択肢の中から、お好みのレストランを選ぶことができます。

5. 環境に配慮した先進技術

広州タワーは、最新の技術と持続可能な手法を取り入れています。高速エレベーターは待ち時間を最小限に抑え、スマート照明システムは最小限のエネルギー消費で魅惑的な光の演出を行います。さらに、タワーの設計と建設は、エネルギー効率と環境の持続可能性に重点を置いており、現代のグリーンビルディング基準に沿っています。

6. アクセス抜群の便利な立地

広州タワーは、広州新城中心軸と珠江の交差点という好立地にあり、地下鉄やバスなどの公共交通機関で容易にアクセスできます。中心部に位置するため、海珠湖公園、南越王陵博物館、広東博物館など、近隣の観光スポットと組み合わせて訪れることも可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

L i r r i 🥢(@heyitslirri)がシェアした投稿

長隆観光リゾート

中国広州の長隆観光リゾートは、世界最大級のテーマパーク複合施設として、国内外から年間何百万人もの観光客を魅了しています。広大な敷地には、遊園地、サファリパーク、ウォーターパーク、サーカス、鳥類園など、様々なアトラクションが揃い、老若男女すべてが楽しめる観光地となっています。

一つ屋根の下にある多様なアトラクション

長隆観光リゾートは、中国最大級の遊園地「長隆楽園」、世界最大級のサファリパーク「長隆サファリパーク」、世界最大級のウォーターパーク「長隆親水公園」、世界最大級の常設サーカス「長隆国際サーカス」など、多彩な施設を擁しています。観光客は1つの場所で様々な体験を楽しむことができます。

長隆パラダイス – 中国一の遊園地

長隆パラダイスは、リゾートの中でも特に人気の高い施設です。中国最大級の遊園地で、世界レベルのジェットコースターやファミリー向けのアトラクションが豊富です。60を超えるアトラクションを有し、10回転ジェットコースターやダイブコースターなど、スリルを求める人々に大きな魅力を提供しています。様々な年齢層の来園者を楽しませるライブショーやパレードも見逃せません。

長隆サファリパーク – 野生動物のワンダーランド

長隆サファリパークには、ジャイアントパンダ、コアラ、ホワイトタイガーなど、500種以上、20,000頭以上の動物が生息している世界最大級のサファリパークです。また、車でサファリゾーンを巡るセルフドライブツアーも人気のアクティビティです。

長隆ウォーターパーク

長隆ウォーターパークは、世界最大級のウォーターパークで、スリル満点のウォータースライダーや流れるプールなど、様々なアトラクションが楽しめます。また、子供向けのプールやウォータースライダーも充実しており、家族連れでも安心して楽しむことができます。

長隆国際サーカス

世界中から集まる才能あるパフォーマーによるアクロバット、動物演技、特殊効果など、壮大なパフォーマンスが観客を魅了します。アクロバット、動物演技、目もくらむような特殊効果など、その壮大なパフォーマンスは、訪れる人を魅了し、忘れられない体験となることでしょう。

宿泊と食事のオプション

リゾート内にはリゾートの中心部に位置する長隆ホテル、ジャイアントパンダをテーマにした可愛らしい長隆パンダホテル、広州の景色を一望できるスタイリッシュな番禺香江ホテルなどの宿泊施設があります。また、園内には様々なレストランがあり、中華料理から洋食まで、幅広い料理を楽しむことができます。

アクセスおよび利便性

長隆観光リゾートは、広州地下鉄3号線番禺南路駅から徒歩約10分の場所にあります。また、広州市内から無料シャトルバスも運行しています。

長隆熱帯植物園

長隆観光リゾートの中でも見逃せないのが、色とりどりの鳥類を観察できる鳥類園です。熱帯雨林の雰囲気を感じられる広大な園内には、珍しい植物や花々が数多く生育しています。ジャングルのような景色の中を散策するのは、リフレッシュにぴったりです。

長隆観光リゾートは、中国有数の総合エンターテインメントパークとして、国内外の観光客を魅了し続けています。多様な体験と世界トップクラスの施設が揃った、まさに中国一の観光地と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ellem Chen(@ellemchen)がシェアした投稿

珠江ナイトクルーズ

中国広州を流れる珠江クルーズは、夜になると一層魅力を増し、多くの観光客を魅了しています。煌びやかに輝く夜景、豪華な船内、そして広州の歴史と文化に触れることができる珠江ナイトクルーズは、まさに忘れられない体験となるでしょう。

1. 息をのむような夜景

高層ビルが立ち並ぶ広州の街並みは、夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。珠江クルーズでは、そんな広州の夜景を間近で楽しむことができます。特に、広州タワーや広州国際金融中心などのランドマークは、圧巻の美しさです。クルーズ船の上から眺める夜景は、まさに格別です。

2. 豊富なクルーズオプション

珠江ナイトクルーズは、様々な出発地点とルートから選ぶことができます。天字埠頭や沙面島など、複数の埠頭から出発しており、それぞれ異なる景観を楽しむことができます。また、豪華ディナー付きのクルーズや、広州の歴史をテーマにしたクルーズなど、様々なオプションが用意されています。

3. 美味しい食事とエンターテイメント

多くのクルーズでは、ビュッフェディナーや伝統的な中国料理のコース料理が提供されています。食事を楽しみながら、広州の夜景を堪能することができます。また、クルーズによっては、ライブミュージックやダンスパフォーマンスなどのエンターテイメントも楽しめます。

4. 歴史と文化に触れる

珠江クルーズは、広州の歴史と文化に触れることができる貴重な機会でもあります。クルーズ中には、沙面島のヨーロッパ風建築や、広東省博物館などの歴史的建造物を眺めることができます。また、ガイド付きのクルーズに参加すれば、広州の歴史や文化について詳しく知ることができます。

5. アクセスの良さ

珠江ナイトクルーズは、広州の中心部に位置する複数の埠頭から出発するため、アクセスが非常に便利です。地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、多くのホテルからクルーズの予約をすることもできます。

6. 環境に配慮した持続可能な観光

珠江ナイトクルーズは、環境に配慮した持続可能な観光を推進しています。クルーズ船は、エネルギー効率の高いエンジンを搭載しており、CO2排出量を削減しています。また、クルーズ中のゴミは適切に処理され、環境への影響を最小限に抑えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Christine Sia(@christinesia9343)がシェアした投稿

広州陳氏祖廟

広州の中心部に位置する陳氏祖廟は、19世紀後半に建てられた壮麗な建築物であり、現在では広東省民俗芸術博物館として一般公開されています。その歴史的意義、建築美、豊かな装飾芸術、文化的価値、アクセスの良さから、国内外から多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。

1. 歴史と文化を感じられる重厚な空間

陳氏祖廟は、清朝末期の1888年から1894年にかけて、72の陳氏一族によって建設されました。当初は一族の教育施設として利用されていましたが、現在は広東省民俗芸術博物館として、嶺南地方の伝統工芸品や民俗資料を展示しています。

一歩足を踏み入れると、重厚な木造建築と精緻な彫刻が織りなす圧倒的な空間が広がります。梁、壁、扉などには、歴史的な物語や中国古典文学の場面が描かれた木彫りが施されており、当時の文化や教育習慣を肌で感じることができます。

2. 嶺南建築の粋を集めた華麗な装飾

陳氏祖廟は、広東省の伝統建築様式である嶺南建築の代表的な例として知られています。13,200平方メートルの敷地に、9つのホールと6つの中庭を持つ19の建物が南北軸線に沿って対称的に配置されています。

これらの建物は、精緻な木彫り、石彫り、煉瓦彫り、陶器、漆喰、鉄の彫刻で飾られており、まさに建築ファン垂涎の空間と言えるでしょう。特に木彫りは、その細部と職人技で有名で、見る者を魅了します。

3. 広東省民俗芸術博物館として新たな役割

陳氏祖廟は、現在では広東省民俗芸術博物館として、広東省や中国各地の民俗工芸品を収集、研究、展示しています。陶磁器、刺繍、彫刻など、嶺南の民俗習慣や伝統を反映した工芸品が数多く展示されており、中国の豊かな文化遺産を身近に感じることができます。

4. アクセス抜群で充実した観光体験

陳氏祖廟は、地下鉄1号線「陳家祠駅」から徒歩すぐの場所に位置しており、アクセス抜群です。また、敷地内にはガイドツアーや解説資料も用意されており、観光客にとって便利で充実した体験を提供しています。

5. 国家レベルの保護文化遺産

陳氏祖廟は、その歴史的・文化的価値の高さが認められ、1988年に「国家保護重要文化財」に指定されています。この認定は、陳氏祖廟が中国にとってかけがえのない文化遺産であることを示しており、観光客の興味をさらに高めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

郑馨妤(@auroranne__)がシェアした投稿

沙面島

広州のリワン区にある沙面島は、ヨーロッパ植民地時代の面影を残す美しい島です。19世紀半ばから20世紀初頭にかけて、フランスとイギリスの租界地として栄えた沙面島は、現在では歴史的な建造物、おしゃれなカフェやレストラン、そして静かな環境で多くの観光客を魅了しています。

1. 歴史の息吹を感じる街並み

沙面島には、新古典主義、ゴシック、バロック、ロマネスクなど様々な様式のヨーロッパ建築物が約150棟現存しています。かつて領事館や銀行、商社として使われていたこれらの建物は、現在ではホテル、レストラン、博物館などに生まれ変わり、当時の面影を残しながらも新たな役割を果たしています。

中でも有名なのが、イギリス風の赤レンガ造りの「沙面島郵便局」や、フランス風の白亜の建物が並ぶ「沙面島天主教堂」です。これらの歴史的な建造物を眺めながら歩けば、まるで19世紀のヨーロッパにタイムスリップしたような感覚を味わえます。

2. 穏やかな環境でリラックス

沙面島は、広州の喧騒から離れた静かな場所です。車が少ない歩行者専用道路や、緑豊かな公園、そして珠江沿いの遊歩道が整備されており、散歩やジョギング、読書など、思い思いの時間を過ごすことができます。

特に、夕暮れ時に珠江沿いを散策すれば、美しい夕焼けと夜景を楽しむことができます。また、島内にはカフェやバーも多く、景色を楽しみながらゆっくりとくつろぐこともできます。

3. 文化や芸術に触れる

沙面島には、広東民族芸術館や沙面島博物館など、文化や芸術に関する施設も充実しています。広東民族芸術館では、広東省の伝統的な工芸品や刺繍などを展示しており、中国の文化に触れることができます。

また、沙面島博物館では、沙面島の歴史や文化に関する資料を展示しており、島をより深く理解することができます。

4. アクセス抜群

沙面島は、広州地下鉄1号線または6号線で「黄沙駅」下車、徒歩約5分の場所にあります。また、広州市内中心部からタクシーで約10分と、アクセスも抜群です。

島内には、カフェやレストラン、土産物店など、観光客向けの施設も充実しているので、安心して観光を楽しむことができます。

5. 思い出に残る滞在

沙面島には、歴史的な雰囲気を感じられるホテルや、モダンな雰囲気のホテルなど、様々な宿泊施設があります。また、島内にはレストランやカフェも多く、広東料理や西洋料理など様々な料理を楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Semakov(@niciseven)がシェアした投稿

越秀公園

広州の中心部に位置する越秀公園は、市民にとっても観光客にとっても愛されるオアシスのような存在です。その人気は、広州を訪れた際には必ず訪れたいスポットとなる、いくつかの重要な要因に起因しています。

1. 古代中国の息吹を感じさせる歴史的遺産

越秀公園の歴史は古く、秦代(紀元前221年~紀元前206年)まで遡ります。1949年に正式に公園として整備されましたが、その歴史的ルーツは遥か昔にあります。

園内には、明代の1380年に建てられた五重塔「鎮海楼」や、広州に唯一残る古代の城壁である明代城壁など、重要な史跡が数多く残されています。これらの歴史的な建造物は、当時の広州の様子を想像させてくれ、訪れる人々に感動を与えてくれます。

2. 広州のシンボル、五羊像と孫文記念碑

越秀公園で最も有名なシンボルと言えば、広州のニックネームである「五羊城」を象徴する五羊像です。伝説によると、5人の仙人が飢饉を救うために米を運ぶために雄羊に乗ってこの街にやってきたという、心温まるストーリーがあります。

1959年に建てられたこの像は、観光客を惹きつける大きな魅力であり、幸運のシンボルとしても親しまれています。

もう一つの重要なランドマークは、近代中国建国の父である孫文に捧げられた孫文記念碑です。この記念碑は高さ37メートルで、頂上からは広州の街並みを一望することができます。

3. 都会の喧騒を忘れさせてくれる自然豊かな空間

越秀公園は広州最大の公園で、69万平方メートルの広大な敷地に広がります。7つの丘と3つの人造湖、そして豊かな緑が織りなす絵のように美しい風景は、都会の喧騒から離れてリフレッシュしたい人々に癒しを与えてくれます。

園内には、散歩やジョギング、ピクニックなど、様々なアクティビティを楽しむためのスペースが整備されています。また、海員亭や光復亭など、風光明媚な景色と歴史的な見識を提供するパビリオンも数多く点在しています。

4. 広州の歴史と文化を学ぶ絶好の機会

越秀公園には、広州の歴史と文化を記録した膨大な収蔵品や展示品を誇る広州博物館があります。この博物館は、広州を訪れた人々にとって、街の歴史を深く理解できる貴重な場所です。

さらに、公園では年間を通じて様々な文化イベントや展覧会が開催されており、訪れる人々に常に新しい発見や体験を提供しています。

5. アクセス抜群で充実した観光体験

越秀公園は越秀区の中心に位置するため、公共交通機関でのアクセスが非常に便利です。広州地下鉄(2号線)や多数のバス路線が利用可能で、地元の人々にも観光客にも便利です。

園内にはカフェやレストラン、トイレ、インフォメーションセンターなどの設備も整っており、快適で充実した時間を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I S A D O R A M E I R A(@meira_isa)がシェアした投稿

南越王陵博物館

中国広州にある南越王陵博物館は、歴史愛好家、文化探求家、そして単にユニークな体験を求める人々にとって、必見の観光スポットです。この博物館は、紀元前2世紀に南越王国を統治した王たちの豪華な墓の跡地に建てられており、古代中国の生活、文化、そして芸術を垣間見ることができます。

1. 2000年の歴史を秘めた地下宮殿

南越王陵博物館は、1983年に偶然発見された南越王趙莫の墓を収容しています。この墓は、中国で最も重要な考古学的発見の一つであり、秦漢時代の南越王国の繁栄を物語っています。

博物館の地下宮殿には、金銀器、漆器、玉器、陶磁器など、1万点以上の遺物が展示されています。これらの遺物は、当時の王たちの豪華絢爛な生活ぶりを鮮明に示しており、見る者を魅了します。特に、2,291個の玉を絹糸で繋ぎ合わせた趙莫の玉葬服は、世界でも類を見ない貴重なものです。

2. 多様な文化が融合した南越王国

南越王陵博物館の展示品は、中国本土の文化だけでなく、楚、バシュ、フンなどの周辺地域、そしてペルシャやローマなどの外国の文化も反映しています。これは、南越王国が古代海上シルクロードの重要な拠点として、様々な文化が交差していたことを示しています。

博物館には、ペルシャの銀箱やアフリカ象の牙で作られた工芸品など、多彩な文化遺産が展示されています。これらの遺物は、南越王国の国際的な交易活動や文化交流の活発さを物語っています。

3. 中国の歴史と文化を学ぶ絶好の機会

南越王陵博物館は、秦漢時代の中国の歴史と文化を学ぶための貴重な機会を提供しています。博物館の展示品は、南越王国の政治、経済、そして社会生活について詳しく解説しており、当時の様子をリアルに想像することができます。

また、博物館では定期的に講演会やワークショップを開催しており、来館者がより深く理解できるようにサポートしています。

4. アクセス抜群で充実した観光体験

南越王陵博物館は、広州市中心部に位置しており、広州地下鉄2号線やバスで簡単にアクセスできます。博物館周辺には、越秀公園や孫文記念館などの観光スポットも充実しており、市内観光の拠点としても最適です。

博物館内には、カフェ、レストラン、土産物店などの施設も充実しており、快適に過ごせるようになっています。

5. 中国文化遺産の宝庫

南越王陵博物館は、1996年に国家重点古跡に指定されており、中国文化遺産における重要な役割を果たしています。博物館は、古代中国の歴史と文化を保存し、後世に伝える重要な役割を担っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kristina Romanovskaya(@about_kristy)がシェアした投稿

北京路歩行者天国

中国広州の中心部に位置する北京路歩行者天国は、世界中から観光客が訪れる活気あふれる商業の中心地です。2,000年以上の歴史を持つこの場所は、ショッピング、グルメ、文化体験など、様々な楽しみを提供しており、広州を訪れた際には必ず訪れたい場所となっています。

1. 歴史の息吹を感じる街並み

北京路の歴史は古く、秦の時代(紀元前214年)まで遡ります。かつては「番禺大道」と呼ばれ、広州の初期の番禺から現在の大都市へと発展していく様子を目の当たりにしてきました。現在も、宋代や元代の石畳が残る箇所や、太平館などの歴史的な建造物を見ることができます。これらの歴史的な要素が、近代的な商業施設と融合し、独特な魅力を生み出しています。

2. 買い物好きにはたまらないショッピングパラダイス

北京路は、広州屈指のショッピングスポットです。デパート、ショッピングモール、専門店などが軒を連ね、ファッション、コスメ、家電、雑貨など、あらゆるものが揃っています。特に、広州グランド・ショッピング・モールや天河城グランド・ショッピング・モール(TEEモール)は、高級ブランドからカジュアルなショップまで幅広い店舗が入っており、一日中ショッピングを楽しむことができます。

3. 広東料理をはじめ、世界各国のグルメを堪能

北京路には、広東料理をはじめ、中国各地の料理や世界各国の料理を楽しめるレストランや屋台が立ち並んでいます。点心で有名な「陶陶匯」、エビ餃子とガチョウのローストが人気の「新雲楼」、ソーセージビーフンの名店「銀記長芬」など、地元の人々に愛される老舗店もたくさんあります。また、広州名物の広東飲茶を味わえるお店も多く、本格的な中国料理を堪能したい方におすすめです。

4. 文化・建築遺産に触れる

北京路には、広州初の西洋料理レストランである太平館や、1895年に孫文が率いた最初の武装蜂起の司令部など、歴史的建造物や史跡がいくつかあります。これらの歴史的な建造物は、北京路の歴史と文化を伝える貴重な存在であり、観光客に当時の様子を想像させてくれます。

5. アクセス抜群で便利な立地

北京路は、地下鉄6号線で「北京路駅」まで行くことができます。また、地下鉄1号線または2号線で「権源前駅」まで行き、そこから徒歩圏内です。さらに、バス路線も充実しており、地元の人々にとっても観光客にとってもアクセスしやすい場所となっています。

6. 活気あふれるナイトライフ

夜になると、北京路はネオンライトに照らされ、活気に満ちた雰囲気に変わります。レストランやバー、クラブなどが軒を連ね、夜遅くまで賑わっています。ショッピングやグルメを楽しんだ後は、ナイトライフを満喫するのもおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arina(@rynadyana)がシェアした投稿

六榕寺

広州市中心部に位置する六榕寺は、歴史、文化、建築の宝庫ともいえる寺院です。その魅力は、単に古い寺院であるだけでなく、様々な要素が織り成す独特な雰囲気にあります。

1. 古代中国の息吹を感じさせる歴史

六榕寺の歴史は古く、南朝梁時代の537年にまで遡ります。インドから持ち帰られた仏舎利を祀るために建てられたこの寺院は、長い歴史の中で幾度となく改修や再建を繰り返してきました。その歴史は、中国仏教の発展と変遷を肌で感じさせてくれます。

2. 中国仏教の中心地としての重要性

六榕寺は、広州四大仏教寺院の一つとして、中国仏教、特に禅宗において重要な役割を果たしてきました。菩提達磨をはじめ、多くの著名な僧侶がこの寺で修行し、教えを説きました。現在も、広州仏教協会の拠点として、仏教文化の発展に貢献しています。

3. 圧倒的な存在感を放つ花の塔

六榕寺で最も目を引くのは、高さ57.6メートルの八角形のパゴダ「花の塔」です。色鮮やかな外観と複雑な彫刻が施されたこの塔は、まるで花が咲いているように見え、見る者を魅了します。宋代に建てられたこの塔は、中国建築の美しさを体現する傑作です。

4. 厳かな雰囲気漂う仏像と聖遺物

寺院内には、高さ6メートル、重さ10トンもある3体の青銅仏像が安置されています。これらの仏像は、広東省最大の古代青銅仏像であり、その威厳ある姿は見る者を圧倒します。また、元代の千仏銅柱など、貴重な歴史的遺物も数多く収蔵されています。

5. 文学との繋がりによる奥深さ

寺院の名前「六榕寺」は、北宋時代の詩人蘇東坡が名付けたものです。彼は寺の中庭で6本のガジュマルの木を見て「六榕」と名付け、それが正式名称となりました。この逸話は、六榕寺に文学的な深みを与え、中国の文化や歴史に興味を持つ人々を惹きつけています。

6. アクセス抜群で快適な参拝環境

六榕寺は、地下鉄やバスで簡単にアクセスできます。また、寺院周辺には飲食店や土産物店も多く、観光客にとって便利な立地となっています。境内は綺麗に整備されており、静寂に包まれた空間でゆっくりと参拝することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carlos Salgado Naime(@charles_oi)がシェアした投稿

広州長隆国際サーカス

中国広州にある長隆国際サーカスは、世界中から観光客が訪れる人気のエンターテイメントスポットです。

1. 世界レベルのパフォーマーと演技

長隆国際サーカスには、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ大陸の20カ国以上から集まった、300人以上の受賞歴のあるパフォーマーが出演しています。彼らは、空中バレエ、アクロバット、手品、命知らずのスタントなど、バラエティに富んだスリリングな演技を披露し、観客を魅了します。

2. 迫力満点の動物パフォーマンス

サーカスの大きな魅力の一つは、40種500頭を超える豊富な動物コレクションです。ゾウ、トラ、クマなどのエキゾチックな生き物たちが繰り広げるパフォーマンスは、観客を圧倒します。動物たちの力強さや知性を感じられる貴重な機会となるでしょう。

3. ギネス記録を持つ最先端の会場

長隆国際サーカスは、国家5A級風景区である長隆観光リゾート内にあります。このサーカスは、ギネスブックに認定された世界最大の実写サーカス舞台を誇ります。最先端の照明と音響システムを備えた会場は、観客に没入感と魅惑的な体験をもたらします。

4. 多彩な演技が織りなすエンターテイメント

サーカスは、アクロバット、アニマルアクト、マジック、コメディなど、さまざまな要素を融合させた入念に振り付けられたパフォーマンスで有名です。常に魅力的で楽しいショーが保証されています。

5. 長隆観光リゾートとの連携

長隆国際サーカスは、長隆パラダイス、長隆サファリパーク、長隆ウォーターパークなどの長隆観光リゾートの人気アトラクションの近くに位置しています。サーカス体験と他のアトラクションを組み合わせることで、充実した一日を過ごすことができます。

6. アクセス抜群の立地

広州地下鉄3号線と無料シャトルバスを利用すれば、公共交通機関でサーカスに簡単にアクセスできます。長隆観光リゾートと広州市の中心部に位置するため、国内外からの観光客にとって便利な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Mwaura(@martinmwaura36)がシェアした投稿

白雲山公園

広州の北部に位置する白雲山公園は、広大な敷地と豊かな自然、そして歴史文化を感じられる人気の観光スポットです。地元の人々からも愛されており、週末には多くの人々が訪れています。

1. 息をのむような自然の美しさ

白雲山公園は、その名の通り、白雲に包まれた美しい山々が連なる景勝地です。広大な敷地には30以上の峰があり、最高峰の慕興嶺は海抜382メートル。山頂からは、広州の街並みや珠江を一望することができます。特に、早朝や夕暮れの景色は格別で、多くの写真愛好家が訪れています。

2. 都会の喧騒を忘れて楽しめるレジャー活動

ハイキングやジョギング、サイクリングなど、自然を満喫できるアクティビティが充実しています。整備された遊歩道は、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。また、公園内には湖や庭園もあり、ピクニックやボート遊びも楽しめます。

3. 中国の歴史と文化に触れる

白雲山公園には、古刹や史跡が数多く残されています。特に有名なのが、唐代に建立された寧仁寺です。他にも、明春谷や白雲洞など、歴史を感じさせるスポットが点在しています。これらの場所で、中国の歴史や文化に触れることができます。

4. 桜とツツジの季節に訪れたい

白雲山公園は、生物多様性の宝庫です。1,400種以上の植物が生息し、多くの鳥類や昆虫も観察することができます。特に、春には桜やツツジなどの花が咲き誇り、多くの観光客を魅了します。

5. アクセス抜群の立地

白雲山公園は、広州市街地から地下鉄やバスで簡単にアクセスすることができます。また、駐車場も完備されているため、車でのアクセスも可能です。

6. 太極拳や瞑想を満喫

白雲山公園は、健康的な生活を送るための場所としても人気があります。新鮮な空気と静かな環境の中で、ウォーキングや太極拳、瞑想を楽しむことができます。また、公園内には温泉やスパもあり、リラックスして過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawanee_Choti(@sawanee_choti)がシェアした投稿

孫文記念館

広州市中心部に位置する孫文記念館は、近代中国の父と呼ばれる孫文博士を称えるために建てられた記念館です。その人気は、歴史的意義、建築美、文化的価値の豊かな融合によるものであり、広州を訪れる観光客にとって必見の場所となっています。ガイドツアーに参加すれば、孫文記念館の歴史や展示物についてより詳しく知ることができます。

1. 近代中国史を彩る歴史的意義

孫文記念館は、清朝打倒と中華民国成立に重要な役割を果たした孫文博士の生涯と功績を讃えるために建てられました。中国革命への貢献と近代中国へのビジョンを記した展示物が数多く並び、孫文博士の偉大な足跡を辿ることができます。

2. 伝統と革新が融合した建築美

有名な建築家盧彦志によって設計された孫文記念館は、中国伝統建築の要素と近代的な工学技術を融合させた独創的なデザインが特徴です。八角形の構造と支柱のない広々とした空間は、圧倒的なスケール感を生み出し、来館者に深い印象を与えます。夜間はライトアップが行われ、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

3. 中国の歴史と文化を学ぶ場

孫文記念館は、単なる記念館ではなく、中国の歴史と文化を学ぶ場としても重要な役割を果たしています。孫文博士の思想や政治活動に関する資料や、当時の中国社会の様子を伝える写真などが展示されており、近代中国の歴史を深く理解することができます。毎年11月12日は孫文記念館の記念日であり、様々なイベントが開催されます。

4. 心安らぐ美しい環境

孫文記念館は、美しい公園の中に位置しており、都会の喧騒を忘れてゆっくりと散策を楽しむことができます。広州最古のボンバックスの木や大きなミケリア・アルバの木など、貴重な植物が数多く植栽されており、自然豊かな環境が館内の雰囲気をさらに引き立てています。

5. アクセス抜群の立地

広州市越秀区に位置する孫文記念館は、地下鉄2号線の孫文記念館駅から徒歩圏内と、アクセス抜群です。館内にはトイレ、カフェ、土産物店などの設備も充実しており、快適に観光を楽しむことができます。

6. 孫文博士の理念を象徴する像

記念館の正面玄関前に立つ孫文博士の銅像は、来館者を出迎えるシンボル的な存在です。演説する姿を描いたこの像は、孫文博士の強い意志と決意を感じさせ、中国の将来に対する彼のビジョンを力強く表現しています。

孫文記念館で、近代中国の歴史と文化に触れてみてはいかがでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Helen(@helen_huang_suiquan)がシェアした投稿

広州博物館と広東博物館

中国広州には、広東省の歴史と文化を深く知ることができる2つの重要な博物館があります。それが、広東博物館と広州博物館です。それぞれ異なる特徴を持ち、相乗効果で広東省の魅力を余すところなく伝えています。

広東博物館

1. 20万点以上の膨大なコレクション

広東博物館は、古代の遺物から現代の芸術作品まで、20万点を超える膨大なコレクションを誇ります。広東省の歴史、文化、芸術を網羅的に紹介しており、まさに広東省の歴史を語る宝庫と言えるでしょう。

2. 嶺南文化の奥深さを発見

広東省と広西チワン族自治区にまたがる嶺南文化に関する展示は、特に有名です。広東オペラ、嶺南画、伝統工芸など、嶺南文化独特の風習、伝統、芸術を深く探求することができます。

3. 嶺南建築の美を堪能

博物館の建物は、著名な建築家である梁思成氏によって設計されました。伝統的な嶺南建築様式を取り入れながらも、現代的な要素も融合させた見事な建築物です。木彫りのブラケットや中庭のレイアウトなど、細部に至るまで精巧に作られており、嶺南建築の美しさを存分に味わうことができます。

4. 講演会からワークショップまで

広東博物館では、幅広い層に向けて教育プログラムや企画展を定期的に開催しています。講演会、ワークショップ、テーマ展など、様々なプログラムを通じて、広東省の歴史、文化、現代の発展について深く学ぶことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小淋(@bunyapa.puprasert)がシェアした投稿

広州博物館

1. 広州博物館が語る都市の変遷

広州博物館は、中国で最も古く、最も影響力のある都市の一つである広州の豊かな歴史に焦点を当てています。古代の起源から現代の発展まで、広州が貿易、商業、文化交流において重要な役割を果たしてきたことを知ることができます。

2. 南越王国の考古学的コレクション

博物館の目玉の一つは、前漢時代の南越王国の考古学的出土品です。特に有名なのが、南越王の翡翠の副葬品を含むコレクションです。これらの遺物は、この地域の古代の歴史と統治者の洗練された技術を目の当たりにすることができます。

3. 多文化が織りなす広州の歴史

広州は古くから様々な民族、宗教、文化の影響を受けてきた街です。博物館の展示品は、この多様性を反映しており、来館者は広州のユニークなアイデンティティを形成してきた様々な要素について学ぶことができます。

4. 体験型展示で学ぶ

広東博物館と広州博物館はどちらも、来館者の体験を高めるために、インタラクティブな展示やマルチメディア・ディスプレイを取り入れています。これらの現代的な展示手法は、特に若い世代にとって、展示内容をより魅力的で理解しやすくしています。

5. 公共交通機関で簡単アクセス

2つの博物館はどちらも広州市中心部にあり、公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、カフェ、ギフトショップ、ガイドツアーなどの充実した設備も完備されており、快適で有益な観光体験を提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

redback(@import1024)がシェアした投稿

広州聖心大聖堂(石家大教会)

中国広州市越秀区にある聖心大聖堂(石家大教会)は、その歴史的、建築的、文化的価値から、多くの観光客を魅了する人気のスポットです。19世紀に建てられたこのゴシック様式の大聖堂は、西洋と東洋の文化が融合した独特な建築様式と、壮麗なステンドグラス、そして広州のカトリックコミュニティの中心地としての役割で知られています。

1. ナポレオン3世と聖心大聖堂の物語

聖心大聖堂の建設は、1863年にフランス皇帝ナポレオン3世によって命じられました。当時、広州はヨーロッパ列強との貿易拠点として重要な役割を果たしており、この大聖堂はフランスの文化とカトリック教の影響力を示す象徴として建設されました。建築はフランス人建築家によって設計され、25年の歳月をかけて1888年に完成しました。

2. ゴシック様式の傑作

聖心大聖堂は、壁、柱、双塔に至るまで全てを花崗岩で造られた、世界でも数少ないゴシック様式の教会です。高さ58メートルもの双塔は、広州の街並みを象徴するランドマーク的存在です。大聖堂内部は高いアーチ型天井とステンドグラスで彩られ、荘厳な雰囲気を醸し出しています。

3. 戦乱を超えて輝く

聖心大聖堂のステンドグラスは、60以上の聖書の物語を鮮やかに描いたもので、大聖堂の美しさに欠かせない要素です。特に直径7メートルのバラ窓は圧巻で、訪れる人々に深い感動を与えます。これらのステンドグラスは、かつて戦乱によって損傷を受けたこともありましたが、近年修復され、かつての輝きを取り戻しました。

4. 中国の獅子が守る

ゴシック様式の建築様式を持ちながら、聖心大聖堂には中国独特の要素もいくつか取り入れられています。例えば、屋根の水口は中国の獅子の形をしており、扉は現地の技術で彫られています。また、建築には広州出身の石工が携わり、地元の材料と技術が使われています。

5. 複数の言語で行われるミサ

聖心大聖堂は、広州大司教座の役割を果たし、東南アジア最大級のカトリック教会です。広東語、北京語、英語、韓国語など複数の言語で定期的にミサが行われ、地元と海外からの信徒が集います。大聖堂は、信仰の場としてだけでなく、地域コミュニティの中心地としても重要な役割を果たしています。

6. 無料で開放

聖心大聖堂は、地下鉄2号線、6号線、バス路線など複数の公共交通機関でアクセスできます。入場は無料であり、毎日午前8時から午後5時30分まで開館しています。大聖堂内には、日本語を含む複数の言語で書かれた案内板が設置されており、観光客も安心して見学を楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kathia Rodriguez(@katagatha)がシェアした投稿

華城広場

広州の中でも特に人気の観光スポットである華城広場は、広東省の省都広州の中心地に位置する広大な都市空間です。近代的な建築物、美しい景観、文化施設などが一体となり、訪れる人々に様々な魅力を提供しています。

1. アクセス抜群の立地

華城広場は、広州地下鉄APM線4つの駅が直結しており、市内中心部からアクセスも抜群です。また、周辺には広東省博物館や広州図書館などの人気観光スポットも徒歩圏内にあり、観光の拠点としても最適な場所と言えるでしょう。

2. 圧巻の近代建築

広州オペラハウス、広東博物館、広州図書館など、周辺にはザハ・ハディド氏をはじめとする著名な建築家によって設計された近代建築が立ち並んでいます。特に、広州オペラハウスは独特なデザインで知られており、広州の新たなランドマークとして多くの人々を魅了しています。

3. 心安らぐ空間

華城広場は、車や自転車の通行が禁止された歩行者専用エリアです。園内には緑豊かな公園や池、噴水が設けられ、都会の喧騒を忘れてゆっくりと散策を楽しむことができます。特に、広東タワーやライトアップされた珠江新城の街並みを一望できる夜景は格別です。

4. 文化・娯楽の中心地

華城広場では、年間を通じて様々な文化イベントや展覧会が開催されています。また、広場の地下にはショッピングモール「モール・オブ・ザ・ワールド」があり、食事やショッピング、映画館など、様々なエンターテイメントを楽しむことができます。

5. 歴史的・文化的意義

2010年アジア大会に合わせて整備された華城広場は、広州の急速な近代化と発展を象徴する存在です。広州の文化遺産と現代的な都市空間が融合した華城広場は、まさに広州の魅力を体現する場所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lore Corti(@lorecorti)がシェアした投稿

広州白馬服装卸売市場

中国広州市越秀区にある白馬服装卸売市場は、広州駅から徒歩圏内に位置する、世界最大級の衣料品卸売市場の一つです。広大な敷地には1500以上の店舗が立ち並び、あらゆる種類のファッションアイテムを驚くほど安価な価格で購入することができます。

白馬市場が人気の理由

白馬市場が観光客や買い物客に人気を集める理由は、以下の6つが挙げられます。

1. 圧倒的な品揃え

白馬市場は、9階建て、50,000平方メートルを超える広大な敷地に、1500以上の店舗が軒を連ねています。各フロアごとに異なるスタイルやカテゴリーに特化しており、

  • 地下1階:女性用のシャツ、スカート、パンツ、ファッション小物、革製品など
  • 1階:手頃な価格のレディースファッション
  • 2階と3階:大人ファッションやシニアファッション
  • 4階と5階:上質な婦人服
  • 6階と7階:メンズファッション
  • 8階:ヨーロッパと韓国のブランド

など、まさにファッションの宝庫と言えるでしょう。

2. 高品質でトレンド感のある商品

白馬市場は、高品質でトレンド感のある商品を揃えていることで知られています。多くの店舗が卸売りと小売りの両方のオプションを提供しており、訪問者は高品質なファッションを競争力のある価格で購入することができます。

3. アクセス抜群の立地

白馬市場は、広州駅から徒歩圏内に位置し、地下鉄2号線や5号線でアクセスできます。また、周辺には他の市場やショッピングエリアも多く、一度に様々な買い物を楽しむことができます。

4. モダンで清潔な環境

白馬市場は、広々とした通路と明るい照明で、清潔で快適なショッピング環境を提供しています。

5. 値切りの楽しみ

白馬市場では、値切り交渉が一般的です。値段はすでに比較的手頃ですが、値切りの機会は買い物客に興奮と満足感を与えてくれます。

6. 多様なニーズに対応

白馬市場は、サンプル注文、大量注文、フランチャイズなど、幅広い取引方法に対応しています。個人バイヤーから企業経営者まで、あらゆるタイプの買い物客に対応できるのが魅力です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Krystal Luo(@krystalluo9)がシェアした投稿

広州飯店

広州で最も有名な伝統的レストランである広州飯店の魅力は、その豊かな歴史、本格的な広東料理、そしてユニークな食事体験にあります。1935年に創業された広州飯店は、長い歴史の中で培ってきた伝統と革新を融合させ、広州を訪れる人々に忘れられない食の体験を提供し続けています。

1. 1935年創業の伝統と誇り

広州飯店は、1935年に陳星海氏によって創業されました。当初は「西南飯店」と呼ばれ、茘湾区のランドマーク的な存在となりました。日中戦争や文化大革命などの激動の時代を乗り越え、現在もその伝統を守り続けています。

2. 本格的な広東料理

広州飯店は、広東料理の三大流派の一つである広府料理の伝統を守り、洗練された味わいの広東料理を提供しています。代表的な料理には、東郭陳翁亞湯(鴨肉とスイカのスープ)、魯水花生(ピーナッツの煮込み)、シー・バオ・チャオ・ニウ・ナイ(炒めた牛乳)、桂魚の蒸し物などがあります。

また、広州飯店の点心は、その種類と品質の高さが評価されており、地元の人々だけでなく観光客にも人気があります。

3. 料理を彩る伝統的な空間デザイン

広州飯店のレイアウトと内装は、伝統的な広東料理店の典型で、中庭、アーケードのある廊下、大小さまざまな部屋があります。このレストランの特徴の一つは、ダイニングエリアの真ん中に生えている榕樹で、そのユニークな魅力に拍車をかけています。

また、清朝時代にまでさかのぼる手作りのステンドグラスも自慢で、歴史的・文化的な雰囲気の中で食事を楽しむことができます。

4. 広州の食文化を探求

広州飯店は、単なる食事場所ではなく、広州の食の伝統を垣間見ることができる文化施設です。広東料理の保存と普及に尽力する同レストランは、食のランドマークとして高い評価を得ています。文化交流の場としても機能しており、広東料理の歴史や技術を学ぶことができます。

5. 茘湾区のランドマーク

賑やかな茘湾区に位置する広州飯店は、公共交通機関のアクセスも良く、観光客の訪問に便利です。レストランは1日に10,000人を収容でき、支店は香港やロサンゼルスまで広がっています。

6. 看板料理と名物料理

広州飯店には、レストランの代名詞となっている看板料理や名物料理があります。代表的な料理には、うなぎのバーベキュー、茹で鶏、桂魚心荘などがあります。

レッドトリー・アート&デザインファクトリー

広州の活気あふれる越秀区に位置するレッドトリー・アート&デザインファクトリーは、かつての工業団地をクリエイティブなハブへと生まれ変わらせたユニークな複合施設です。歴史、アート、デザイン、そして文化体験が融合したこの場所は、国内外の観光客から注目を集めています。

1. 広州の歴史的クリエイティブ・ハブ

1950年代に家電製品や電子機器の生産拠点として建てられたレッドトリーは、1990年代後半に放棄されました。しかし、2008年にクリエイティブ・ハブとして再生され、新旧が融合した独特な雰囲気を醸し出しています。この歴史的な背景は、レッドトリーを単なるアート空間ではなく、広州の産業史を語る貴重な場所にもしています。

2. アートとデザインの息づく場所

レッドトリーは、アーティスト、デザイナー、クリエイティブな専門家にとって活気あるコミュニティの中心地です。ギャラリー、スタジオ、ワークショップ、展示スペースが数多く立ち並び、多様な芸術作品やデザイン作品が展示されています。訪れる者は、これらの空間を探検し、アーティストと交流し、作品に込められた創造的なプロセスやインスピレーションを垣間見ることができます。

3. 鉄とレンガの調和

レンガ造りの壁、鉄骨の梁、大きな窓など、レッドトリーの建築様式は、インダストリアルな要素と現代的なデザイン要素が融合しています。これらの要素が織りなすコントラストは、視覚的に印象的で調和のとれた空間を生み出し、訪れる者にユニークな体験を提供します。

4. アートから音楽まで

レッドトリーでは、年間を通して様々な文化イベントや展示会が開催されています。美術展、デザインショー、音楽フェスティバル、ファッションショー、文化パフォーマンスなど、その内容は多岐にわたります。常に変化するイベントカレンダーは、レッドトリーを常に新しくエキサイティングな場所にし、訪れる者に飽きることのない体験を提供します。

5. 個性的なライフスタイルブランドが集結

レッドトリーは、アートや文化だけでなく、ライフスタイルやショッピングも楽しめる場所です。個性的なブティック、デザインショップ、ライフスタイルショップが立ち並び、ユニークでクリエイティブな商品が揃っています。訪れる者は、これらのショップを探索し、新しいブランドを発見し、レッドトリーのクリエイティブな精神を反映したアイテムを見つけることができます。

6. 食と楽しみの選択肢

アートやデザインだけでなく、レッドトリーは食事やエンターテイメントも充実しています。カフェ、レストラン、バーが複合施設内に点在し、訪れる者に様々な食の選択肢を提供しています。さらに、屋外スペースや中庭もあり、そこでくつろいだり、交流したり、生演奏やパフォーマンスを楽しんだりすることができます。

7. 広州観光の拠点

レッドトリー・アート&デザインファクトリーは、広州の主要観光スポットである陳氏祖廟や広州博物館の近くに位置し、公共交通機関でのアクセスも良好です。この便利な立地は、レッドトリーを観光客にとって魅力的な目的地の一つにしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BelltaTravel(@belltatravel)がシェアした投稿

佛山祖廟と南風古窯

広東省佛山市にある佛山祖廟と南風古窯は、それぞれ異なる魅力を持つ人気観光スポットです。歴史、文化、建築、そして体験型アクティビティが融合したこれらの場所は、佛山と嶺南地域の豊かな遺産と伝統を肌で感じることができます。

佛山祖廟

1. 宋代から続く古代の道教寺院

佛山祖廟は、宋代(西暦960年~1279年)に遡る道教寺院で、玄武を祀っています。広東省で最も保存状態の良い古代建築群の一つであり、国家AAAA級風景区に指定されています。佛山祖廟は、単なる寺院ではなく、佛山と嶺南地方の豊かな文化遺産を象徴する存在です。

2. 木彫りや石彫りの芸術

佛山祖廟は、嶺南伝統的な建築様式を取り入れ、木彫りや石彫り、東屋、中庭などが精巧に造られています。特に、孔子廟や黄飛鴻記念堂などの古代の建物は、建築技術の高さを見せつける傑作です。

3. 伝統を称えるパフォーマンス

佛山祖廟では、獅子舞、広東オペラ、武術演武など、佛山の活気あふれる民族文化を紹介するさまざまな文化活動やパフォーマンスが開催されています。これらの催しを通して、佛山の伝統文化を肌で感じることができます。

4. 武術の伝説をたどる

佛山祖廟の複合施設には、伝説的な武術家である黄飛鴻と葉問に捧げられた黄飛鴻記念館と葉問記念館があります。これらの記念館は、武術愛好家にとって重要な巡礼地となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gleb Shvetsov(@gleb_shvetsov)がシェアした投稿

南風古窯

1. 中国最古の窯場の一つ

南風古窯は、明代(西暦1506年~1521年)に遡る窯跡で、500年以上にわたって石湾陶磁器を焼き続けてきた、中国で最も古く有名な窯場のひとつです。南風古窯は、中国の陶磁器の歴史と文化を知る上で重要な場所です。

2. 陶磁器の奥深さを発見する

南風古窯は、石湾陶磁博物館、石湾人形街、国際陶芸村などの観光スポットを含む南風古窯文化創意区の一部です。このゾーンでは、佛山の陶磁器文化と伝統を総合的に体験することができます。

3. ガジュマルの木と南国の雰囲気

南風古窯には、樹齢400年のガジュマルの木である「古竈の木」、伝統的な嶺南様式の建物である「林家堂」、地元の民間伝承や信仰を紹介する「九福点」などのユニークな観光スポットがあります。

4. 職人の技を体感

南風古窯では、陶芸体験、陶芸実演、ガイドツアーなど、佛山市の豊かな陶芸文化に触れることができます。実際に陶芸に挑戦したり、職人の技を間近に見学したりすることで、貴重な体験をすることができます。

5. アクセスの良さ

佛山祖廟と南風古窯はいずれも佛山の中心部に位置し、公共交通機関でも簡単にアクセスできるため、観光客にとって便利な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annie Farrar(@anniefarrarartist)がシェアした投稿

まとめ

広州は、2,000年以上の歴史を持つ中国南部の活気あふれる大都市です。古代寺院、近代的な高層ビル、活気ある市場など、様々な顔を持つこの街は、訪れる人を飽きさせません。

今回ご紹介した20の見どころは、広州の魅力を存分に味わうためのほんの一例です。歴史、文化、グルメ、エンターテイメントなど、様々な興味に合わせて、自分だけの旅程を組み立ててみてください。

広州は、初めて訪れる人でも安心して楽しめる街です。公共交通機関が発達しており、英語も通じる場所が増えています。地元の人々も親切で、困ったことがあれば気軽に声をかけてみましょう。

広州を訪れた際には、ぜひこのガイドブックを参考に、自分だけの特別な旅を見つけてください。

広州のYoutube動画



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

中国茶の魅力を徹底解剖!6つの種類の特徴と選び方
中国茶の6つの種類!奥深い世界への扉を開く お茶の文化が3000年以上続く中国。中国茶は、その長い歴史と文化の中で育まれた、奥深い魅力を持つ飲み物です。世界中で愛される中国茶には、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶という6つの種類があります。それぞれが持つ独特な香り、味わい、そして効能は、まさに中国茶の多様性を表しています。 緑茶は爽やかな香り、白茶は繊細な香り、黄茶は独特な香り、青茶は幅広い味わい、紅茶は華麗な香り、黒茶は深遠な香り。それぞれの個性を知り、奥深い中国茶の世界を存分に楽しみましょう。この記事では、6つの中国茶それぞれの個性にスポットを当て、それぞれの魅力を深く掘り下げていきます。   この投稿をInstagramで見る   中国茶 ...
琉璃厂古玩市場 / 北京市にある中国屈指の古董市場
清朝時代に詩人や学者が集まっていた場所 琉璃厂古玩市場は、約200軒の店舗が軒を連ねる、北京最大級の古董市場です。明代以前は宮殿建築の瑠璃瓦を焼いていた琉璃廠があった場所で、街の名前の由来にもなっています。 [editorial-rating ...
北京潘家園古物市場 / 中国最大級のフリーマーケット
中国最大のヤードセール「潘家園」 中国最大の骨董市である潘家園骨董市は、北京の骨董市の代名詞ともいえる場所です。 ...
報国寺文化市場 / 敷居が低い北京の蚤の市
書籍、切手、硬貨を主に扱う蚤の市 北京報国寺は、遼朝初期に建てられた千年の歴史を持つ寺院で、現在は北京で有名な骨董・文化市場の一つとなっています。 この市場は、アンティーク陶磁器、宝飾品、ダイヤモンド、アンティーク家具、アンティーク絨毯、中国と外国の書画、アンティーク時計、玉骨彫刻、絨毯の錆、古書を交換販売する場所として知られています。 [editorial-rating ...
西安古玩城(朱雀路古玩城)/ 陝西省の蚤の市
西安は、古代中国文明の最も重要で凝縮された発祥の地のひとつで、中国北西部最大の都市です。 ...