Your Cart

食欲そそる!中国八大料理の魅力を徹底解剖

中国8大料理の魅力

中国グルメ旅へ出かけよう!知られざる地方料理の魅力

「医食同源」という言葉があるように、中国では食事は健康を保つための大切な要素と考えられてきました。その長い歴史の中で育まれてきた中国料理は、世界三大料理の一つに数えられ、その奥深さと多様性は、まさに食の宝庫と言えるでしょう。

中国は広大な国土を持ち、地域によって気候や風土、文化が大きく異なるため、各地で独自の食文化が発展してきました。その中でも代表的なものが「中国八大料理」です。四川料理の刺激的な辛さ、広東料理の繊細な味わい、山東料理の豪快な海鮮料理、江蘇料理の芸術的な盛り付けなど、それぞれが個性的な魅力を放っています。

例えば、四川料理の麻婆豆腐は、山椒の痺れるような辛さと唐辛子の刺激的な辛さが食欲をそそります。一方、広東料理の点心は、繊細な味わいと美しい見た目が特徴で、飲茶文化とともに世界中で愛されています。また、山東料理の北京ダックは、皮はパリパリ、肉はジューシーで、一度食べたら忘れられない美味しさです。

本記事では、中国八大料理の魅力を余すところなくご紹介します。それぞれの料理の特徴や歴史、代表的な料理はもちろん、知られざる裏話やおすすめの食べ方まで、詳しく解説していきます。

この記事を読めば、きっとあなたも中国料理の奥深さに魅了され、その多様な味を体験してみたくなるはずです。さあ、五感を刺激する中国料理の世界へ、一緒に旅立ちましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALBERTO_DELUNA(@alberto_deluna)がシェアした投稿

広東料理

広東料理は、中国南部、広東省を中心とした地域で発展した料理です。温暖な気候と豊かな海に恵まれた地域性から、新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使った、繊細で奥深い味わいが特徴です。

特徴

  • 淡白で上品な味付け:広東料理は、素材本来の味を活かすことを重視し、あっさりとした味付けが特徴です。油っこさや辛味は控えめで、素材の風味を最大限に引き出す調理法が用いられます。

  • 新鮮な魚介類を多用:広東省は海に面しているため、新鮮な魚介類が豊富に手に入ります。広東料理では、エビ、カニ、魚などを様々な調理法で楽しむことができます。高級食材であるフカヒレやアワビを使った料理も有名です。

  • 多様な調理法:広東料理は、蒸し料理、炒め物、煮込み料理、揚げ物など、様々な調理法が用いられます。中でも、蒸し料理は広東料理の真骨頂と言えるでしょう。食材を蒸すことで、栄養を逃がさず、素材本来の旨味を閉じ込めることができます。

代表的な料理

  • 点心:広東料理を代表する料理の一つである点心は、小籠包、焼売、春巻き、腸粉など、様々な種類があります。点心は、飲茶と呼ばれる中国茶と一緒に楽しむ習慣があり、広東料理の文化を象徴する存在です。

  • 広東風ローストダック:皮はパリパリ、肉はジューシーな広東風ローストダックは、世界中で愛される広東料理の代表格です。特製のタレと合わせるのが一般的で、その香ばしい味わいは一度食べたら忘れられません。

  • 酢豚:豚肉を揚げて甘酢あんかけにした酢豚は、日本でもお馴染みの広東料理です。中国では、パイナップルやリンゴなどの果物を入れることもあり、よりフルーティーな味わいが楽しめます。

  • ワンタン麺:ワンタンと細麺を合わせたワンタン麺は、広東のソウルフードと言えるでしょう。あっさりとしたスープと、つるりとした麺、そして具材の旨味が絶妙に調和した一品です。

広東料理は、その繊細な味付けと多様な調理法で、世界中の人々を魅了し続けています。ぜひ、本場の広東料理を体験し、その奥深い魅力に触れてみてください。

広東料理は、油を控えめにし、新鮮な食材を活かした調理法が多いため、比較的ヘルシーな中華料理と言えます。

広東省出身の移民によって世界中に広まった広東料理は、今や多くの国で「中華料理」の代表格として認識されています。その人気は、広東料理の美味しさだけでなく、健康的な側面も評価されている証と言えるでしょう。

四川料理

四川料理は、中国の四川省とその周辺地域で発展した料理です。その特徴は、なんといっても「麻辣(マーラー)」と呼ばれる、辛味と痺れが織りなす刺激的な味わいです。唐辛子や花椒などの香辛料をふんだんに使い、複雑で奥深い味わいを生み出しています。

特徴

  • 麻辣(マーラー):四川料理の最大の特徴である「麻辣」は、唐辛子の辛味と花椒の痺れが組み合わさった独特の味わいです。この刺激的な味わいは、食欲をそそり、一度食べたら忘れられない中毒性があります。

  • 多様な香辛料四川料理では、唐辛子や花椒だけでなく、豆板醤、甜麺醤、豆豉、生姜、ニンニク、ネギなど、様々な香辛料が使われます。これらの香辛料を巧みに組み合わせることで、複雑で奥深い味わいを生み出しています。

  • 豊富な調理法四川料理は、炒め物、煮込み料理、蒸し料理、揚げ物など、様々な調理法が用いられます。中でも、炒め物は四川料理の代表的な調理法で、高温で一気に炒めることで、素材の旨味を閉じ込め、香ばしい風味を引き出します。

代表的な料理

  • 麻婆豆腐 (マーボードーフ)豆腐とひき肉を、唐辛子や豆豉、甜麺醤などで炒めた、四川料理を代表する一品です。熱々の豆腐と、ピリッと辛い味付けが食欲をそそります。

  • 回鍋肉 (ホイコーロー)一度茹でた豚肉を、キャベツやピーマンなどの野菜と一緒に炒めた料理です。豚肉のコクと野菜のシャキシャキとした食感が絶妙にマッチし、ご飯が進む一品です。

  • 担々麺 (タンタンメン)練り胡麻やラー油を使った濃厚なスープに、ひき肉やザーサイ、ネギなどをトッピングした麺料理です。スープの濃厚な旨味と、麺のつるりとした食感が楽しめます。

  • 火鍋 (フオグオ)中国を代表する鍋料理の一つで、四川では特に辛い味付けが特徴です。唐辛子や花椒をたっぷり使ったスープに、肉や魚介類、野菜などをくぐらせて食べます。

四川料理の本場の味を体験したい方は、四川省のレストランを訪れるのがおすすめです。成都や重慶などの都市では、数多くの四川料理店があり、本格的な味を堪能できます。

山東料理

山東料理は、中国の東部に位置する山東省で発展した料理です。山東省は黄河に面し、豊富な海の幸と山の幸に恵まれた地域であり、その食材を活かしたバラエティ豊かな料理が特徴です。

特徴

  • スープを重視:山東料理は、スープを非常に重視します。鶏ガラや豚骨などを長時間煮込んで作る清湯(チンタン)や、魚介類や野菜の旨味を凝縮した白湯(パイタン)など、様々な種類のスープがあります。これらのスープは、料理のベースとなるだけでなく、単品で味わうこともできます。

  • 海鮮と野菜を多用山東省は、黄海に面しているため、新鮮な魚介類が豊富に獲れます。エビ、カニ、魚介類などを様々な調理法で楽しむことができます。また、内陸部では、野菜や穀物も豊富に栽培されており、これらの食材を組み合わせた料理も数多く存在します。

  • 濃いめの味付け山東料理は、比較的濃いめの味付けが特徴です。塩味や甘味をしっかり効かせることで、素材の旨味を引き出し、ご飯が進む味付けになっています。また、ネギやニンニク、生姜などの香味野菜も多用され、食欲をそそる香りが特徴です。

代表的な料理

  • 北京ダック (北京烤鸭)北京ダックは、北京料理として有名ですが、実は山東料理がルーツと言われています。皮はパリパリ、肉はジューシーに焼き上げられたアヒルを、薄餅に包んで甜麺醤やネギと一緒に食べるのが定番です。

  • 山東風水餃子 (山东水饺) 山東省は水餃子の発祥の地とも言われており、山東風水餃子は、皮が薄く、餡がたっぷり詰まっているのが特徴です。豚肉や白菜、ニラなどを混ぜた餡が一般的で、醤油や酢、ラー油などをつけて食べます。

  • 黄河鯉の甘酢あんかけ (糖醋鲤鱼)黄河で獲れる鯉を揚げて、甘酢あんかけにした料理です。鯉の泥臭さを消すために、揚げる前に酢に漬けるのがポイントです。甘酸っぱいあんと、カリッと揚げられた鯉の食感が絶妙な一品です。

山東料理には、地域によって様々な郷土料理があります。ぜひ、地元の人々に人気のレストランを訪れて、その土地ならではの料理に挑戦してみてください。

江蘇料理

江蘇(こうそ)料理は、中国東部の江蘇省を中心に発展した地方料理です。上海料理も江蘇料理の一部とされており、繊細な味付けと美しい盛り付けが特徴です。

特徴

  1. 淡白で上品な味付け:広東料理と同様に、素材本来の味を活かすことを重視しており、油や香辛料は控えめに使用されます。醤油や砂糖をベースにした甘めの味付けが多く、まろやかで上品な味わいが特徴です。

  2. 豊富な魚介類と野菜江蘇省は、長江や太湖などの水源に恵まれているため、魚介類が豊富です。特に淡水魚は、江蘇料理にとって欠かせない食材です。また、肥沃な土地で育った野菜も豊富で、旬の野菜を使った料理が楽しめます。

  3. 多様な調理法煮る、蒸す、炒める、揚げるなど、様々な調理法が用いられますが、特に煮込み料理や蒸し料理を得意としています。これらの調理法は、素材の旨味を最大限に引き出し、柔らかく仕上げるのに適しています。

  4. 美しい盛り付け江蘇料理は、見た目にも美しく、芸術的な盛り付けが特徴です。料理の色合いや形を工夫し、季節感を表現することもあります。

代表的な料理

  • 上海蟹味噌小籠包 (上海蟹粉小笼包):上海料理の代表格である小籠包は、薄皮の中に熱々のスープと具材が詰まった点心です。上海蟹の味噌を使った小籠包は、濃厚な味わいが特徴で、秋から冬にかけて旬を迎えます。

  • 松鼠桂魚 (松鼠桂鱼)スズキを揚げて、松ぼっくりのような形に盛り付けた料理です。甘酸っぱいあんかけソースと、カリッとした魚の食感が絶妙にマッチします。

  • 獅子頭 (狮子头)大きな肉団子を、じっくりと煮込んだ料理です。豚肉と蟹肉を混ぜた餡は、ふんわりと柔らかく、口の中でとろけるような食感が楽しめます。

江蘇料理は、その繊細な味付けと美しい盛り付けで、中国料理の中でも特に洗練された料理として知られています。ぜひ、本場の江蘇料理を体験し、その奥深い世界に触れてみてください。

浙江料理

浙江料理は、中国東部の浙江省で発展した地方料理です。浙江省は、杭州、寧波、紹興、温州などの都市を抱え、それぞれの地域で独自の食文化が育まれてきました。そのため、浙江料理は地域によって特色が異なり、多様な味わいが楽しめます。

杭州料理

浙江省の省都である杭州は、美しい自然と豊かな食材に恵まれた地域です。特に有名なのは、西湖で獲れる淡水魚を使った料理です。杭州料理は、淡白で上品な味付けが特徴で、素材本来の味を活かす調理法が用いられます。

代表的な料理

  • 西湖醋魚 (シーフー ツーユイ):西湖で獲れる草魚を甘酢あんかけにした、杭州料理を代表する一品。
  • 龍井蝦仁 (ロンジンシャーレン):龍井茶で炒めたエビの料理。茶葉の香りが食欲をそそります。
  • 東坡肉 (トンポーロー):豚の角煮を、醤油、砂糖、紹興酒などでじっくり煮込んだ料理。とろけるような柔らかさが特徴です。

紹興料理

紹興は、紹興酒の産地として有名です。紹興料理は、鶏肉や魚介類を使った料理が多く、紹興酒との相性が抜群です。また、麹や酒粕を使った発酵食品も特徴の一つです。

代表的な料理

  • 醉鸡 (ズイジー): 鶏肉を紹興酒に漬け込んだ、冷菜。紹興酒の香りが食欲をそそります。
  • 梅干菜扣肉 (メイガンツァイ コウロウ): 豚バラ肉と梅干菜(カラシナの一種)を蒸した料理。紹興酒の風味がよく合います。
  • 绍三鲜 (シャオサンスェン): エビ、イカ、豚肉などを炒め合わせた料理。紹興酒の香りが食欲をそそります。

寧波料理

寧波は、港町として栄えた歴史があり、海鮮料理が豊富です。寧波料理は、新鮮な魚介類をふんだんに使った料理が多く、塩味や甘味を効かせた濃いめの味付けが特徴です。

代表的な料理

  • 雪菜大湯黄魚 (シュエツァイ ダタン ホアンユー):雪菜(高菜の一種)と黄魚を煮込んだスープ。
  • 腐皮包黄魚 (フーピーバオ ホアンユー):油揚げで黄魚を包んで揚げた料理。
  • 寧波湯糰 (ニンポータンユェン):餅米粉で作った団子の中に、黒胡麻餡や肉餡が入った、寧波の伝統的なお菓子。

浙江料理を楽しむポイント

  • 地域ごとの特色を楽しむ:杭州、紹興、寧波のそれぞれの料理には、異なる魅力があります。食べ比べて、お気に入りの味を見つけてみましょう。
  • 旬の食材を味わう:浙江料理は、旬の食材を大切にするため、季節によってメニューが異なります。その時期ならではの美味しさを楽しみましょう。
  • 紹興酒と合わせて楽しむ:紹興料理は、紹興酒との相性が抜群です。ぜひ、一緒に楽しんでみてください。
  • 家庭料理も体験する:浙江料理には、家庭で受け継がれてきた伝統的な料理もたくさんあります。地元の人々に人気のレストランで、家庭料理を味わってみましょう。

浙江料理は、その多様性と奥深さで、中国全土でも人気が高い地方料理です。ぜひ、本場の浙江料理を体験し、その魅力を存分に味わってください。

福建料理

福建料理は、中国南東部の福建省で発展した料理です。海に面した地域ということもあり、新鮮な魚介類をふんだんに使った料理が特徴です。また、山岳地帯でもあることから、山の幸も豊富で、多様な食材を使ったバラエティ豊かな料理が楽しめます。

特徴

  1. 海の幸の宝庫:福建省は、長い海岸線を持つため、魚介類が豊富に獲れます。そのため、福建料理では、魚、エビ、カニ、貝類などを様々な調理法で楽しむことができます。新鮮な魚介類を活かした料理は、福建料理の大きな魅力の一つです。

  2. スープと煮込み料理福建料理は、スープや煮込み料理の種類が豊富です。鶏ガラや豚骨、魚介類などをじっくり煮込んだスープは、滋味深く、体の芯から温まります。また、醤油や砂糖、酒などを加えて煮込む「赤料理」と呼ばれる調理法も特徴的で、コクのある味わいが楽しめます。

  3. 「赤料理」福建料理独特の調理法である「赤料理」は、醤油や砂糖、酒などを加えて食材を赤く煮込むことからその名がつきました。この調理法により、食材に味が染み込み、コクと深みのある味わいが生まれます。代表的な赤料理には、「紅糟肉(ホンザオロウ)」や「紅燜排骨(ホンメンパイグー)」などがあります。

  4. あっさりとした味付け福建料理は、全体的にあっさりとした味付けが特徴です。しかし、その中には、甘味、酸味、塩味、旨味が複雑に絡み合い、奥深い味わいを生み出しています。

代表的な料理

  • 仏跳牆 (フォティアオチアン):高級食材をふんだんに使った、福建料理を代表するスープ料理です。アワビ、フカヒレ、ナマコ、干し貝柱、鶏肉、豚肉など、多種多様な食材を紹興酒でじっくり煮込み、濃厚な旨味が凝縮されています。

  • 牡蠣のオムレツ (海蛎煎)小ぶりの牡蠣を卵と片栗粉でとじて焼いた料理です。外はカリッと、中はとろりとした食感が楽しめます。

  • 魚のつみれスープ (鱼丸汤)魚のすり身を団子状にしたつみれを、あっさりとしたスープで煮込んだ料理です。魚の旨味が溶け込んだスープは、心も体も温まります。

福建省は、山海の幸に恵まれた地域です。地元の食材を使った料理は、その土地ならではの美味しさを楽しめます。

湖南料理

湖南料理は、中国中南部の湖南省で生まれた料理で、その辛さと奥深さで人気を博しています。四川料理と並び称される中国の二大激辛料理ですが、四川料理の「麻辣」(マーラー)とは異なり、湖南料理は「酸辣」(スワンラー)と呼ばれる酸味と辛味のバランスが特徴です。

特徴

  1. 辛さと酸味:湖南料理は、唐辛子をふんだんに使うことで知られており、その辛さは四川料理に匹敵するほどです。しかし、湖南料理はただ辛いだけでなく、酢や漬物などを使って酸味を加えることで、より複雑で奥深い味わいを生み出しています。この辛味と酸味のバランスが、湖南料理の最大の魅力と言えるでしょう。

  2. 独特の風味湖南省は、温暖湿潤な気候で、食材の保存のために燻製や漬物、発酵食品などが発達しました。湖南料理では、これらの保存食を巧みに利用することで、独特の風味と香りを加えています。例えば、臘肉(ラーロウ)と呼ばれる燻製肉や、剁椒(ドゥオジャオ)と呼ばれる唐辛子の漬物は、湖南料理に欠かせない食材です。

  3. 多様な食材湖南省は、山岳地帯と平野部が広がるため、食材の種類も豊富です。豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類はもちろん、川魚や湖の魚、野菜、キノコ、豆類など、様々な食材が使われています。これらの食材を、炒め物、煮物、蒸し物、揚げ物など、様々な調理法で楽しむことができます。

代表的な料理

  • 毛沢東スペアリブ (毛氏紅燒肉):毛沢東主席が愛したと言われるスペアリブの煮込み料理です。唐辛子と醤油をベースにした甘辛い味付けで、柔らかく煮込まれた豚肉が絶品です。

  • 剁椒魚頭 (ドゥオジャオユートウ)魚の頭を唐辛子の漬物「剁椒」で蒸した料理です。唐辛子の辛味と魚の旨味が絶妙にマッチし、ご飯が進む一品です。

  • 農家小炒肉 (ノンジャシャオチャオロウ)豚肉とピーマン、玉ねぎなどを炒めた、湖南の家庭料理です。唐辛子の辛味と、オイスターソースや醤油のコクが食欲をそそります。

湖南料理は、肉料理だけでなく、魚料理や野菜料理も豊富です。また、炒め物、煮物、蒸し物など、様々な調理法で楽しめます。本格的な湖南料理を味わいたい場合は、専門店を訪れるのがおすすめです。ぜひ、本場の湖南料理を体験し、その魅力を存分に味わってみてください。

安徽料理

安徽(あんき)料理は、中国東部の安徽省で発展した地方料理です。徽州(きしゅう)料理とも呼ばれ、徽州商人が各地に伝えたことで、その名が知られるようになりました。内陸部の山間部という地理的特徴から、山の幸を活かした素朴な料理が多く、独特の風味と調理法が魅力です。

特徴

  1. 山の幸を活かした料理:安徽省は、山岳地帯が広がるため、キノコ、タケノコ、山菜などの山の幸が豊富です。これらの食材を活かした料理が多く、素朴ながらも滋味深い味わいが特徴です。

  2. シンプルな味付け安徽料理は、素材本来の味を活かすため、味付けは比較的シンプルです。醤油、塩、砂糖などをベースに、香辛料やハーブを控えめに使い、素材の旨味を引き出す調理法が用いられます。

  3. 煮込み料理と蒸し料理安徽料理は、じっくりと時間をかけて煮込む料理や、蒸気で素材を柔らかく仕上げる蒸し料理が得意です。これらの調理法により、食材の旨味を最大限に引き出し、栄養価も損ないません。

  4. 保存食の活用山間部という地理的条件から、安徽料理では、保存食を上手に活用する技術が発達しました。塩漬け、乾燥、発酵などの方法で食材を保存し、年間を通して様々な料理を楽しめるように工夫されています。

  5. 珍しい食材安徽料理には、他の地域ではあまり見られない珍しい食材を使った料理も存在します。例えば、臭豆腐(チョウドウフ)や毛豆腐(マオドウフ)などの発酵食品、野生動物の肉を使った料理などがあります。

代表的な料理

  • 臭鳜鱼 (チョーグイユイ)塩漬けにしたケツギョを、ネギや生姜、唐辛子などの香味野菜と一緒に蒸し焼きにした料理です。独特の臭みがありますが、その奥深い味わいは一度食べたら忘れられません。

  • 毛豆腐 (マオドウフ)豆腐に麹菌を植え付けて発酵させた、白い毛が生えた豆腐です。独特の風味と食感があり、炒め物や揚げ物など、様々な料理に使われます。

  • 符離集焼鶏 (フーリジィ シャオジー)安徽省の符離集(フーリジィ)という地域で生まれた、鶏肉の丸焼きです。香ばしい皮とジューシーな肉が特徴で、地元の人々に愛されるソウルフードです。

安徽料理は、その素朴さの中に、深い歴史と文化が息づいています。ぜひ、本場の安徽料理を体験し、その魅力に触れてみてください。

まとめ

中国八大料理の旅、いかがでしたでしょうか?四川の刺激的な辛さ、広東の繊細な旨味、山東の豪快な海鮮、江蘇の芸術的な技巧、浙江の豊かな海の幸、福建の滋味深いスープ、湖南の燃えるような辛さ、安徽の素朴な味わい・・・。

各地の風土や歴史、文化が育んだ個性豊かな料理の数々は、まさに中国の食文化の奥深さを物語っています。これらの料理は、単に空腹を満たすためのものではなく、人々の生活や文化、そして歴史と深く結びついています。

例えば、四川料理の麻婆豆腐は、家庭料理として愛されるだけでなく、四川省の気候や風土、人々の気質を反映した料理と言えるでしょう。また、広東料理の点心は、家族や友人と団欒を楽しむための大切なコミュニケーションツールとして、人々の生活に深く根付いています。

そして、それぞれの料理には、それを支える職人たちの技術と情熱があります。長年受け継がれてきた伝統的な調理法や、食材へのこだわりは、まさに芸術と言えるでしょう。中国八大料理は、そんな職人たちの技と情熱が詰まった、まさに「食の芸術」なのです。

この記事を通して、少しでも中国料理の魅力を感じていただけたら幸いです。そして、もし機会があれば、ぜひ本場の中国を訪れて、五感でその魅力を体感してみてください。きっと、あなたの食の世界が広がり、忘れられない思い出となることでしょう。

中国料理は、まだまだ知られざる魅力がたくさんあります。これからも、その奥深い世界を探求し、新たな発見を楽しんでいきましょう。

中国料理のYoutube動画



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

琉璃厂古玩市場 / 北京市にある中国屈指の古董市場
清朝時代に詩人や学者が集まっていた場所 琉璃厂古玩市場は、約200軒の店舗が軒を連ねる、北京最大級の古董市場です。明代以前は宮殿建築の瑠璃瓦を焼いていた琉璃廠があった場所で、街の名前の由来にもなっています。 [editorial-rating ...
中国茶の魅力を徹底解剖!6つの種類の特徴と選び方
中国茶の6つの種類!奥深い世界への扉を開く お茶の文化が3000年以上続く中国。中国茶は、その長い歴史と文化の中で育まれた、奥深い魅力を持つ飲み物です。世界中で愛される中国茶には、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶という6つの種類があります。それぞれが持つ独特な香り、味わい、そして効能は、まさに中国茶の多様性を表しています。 緑茶は爽やかな香り、白茶は繊細な香り、黄茶は独特な香り、青茶は幅広い味わい、紅茶は華麗な香り、黒茶は深遠な香り。それぞれの個性を知り、奥深い中国茶の世界を存分に楽しみましょう。この記事では、6つの中国茶それぞれの個性にスポットを当て、それぞれの魅力を深く掘り下げていきます。   この投稿をInstagramで見る   中国茶 ...
西安古玩城(朱雀路古玩城)/ 陝西省の蚤の市
西安は、古代中国文明の最も重要で凝縮された発祥の地のひとつで、中国北西部最大の都市です。 ...
上海で絶対に外せない観光スポット20選
上海観光ガイド:歴史と未来が交差する20の必見スポット 中国最大の都市で、世界的な金融の中心地である上海は、近未来的なスカイラインと豊かな文化遺産が融合したユニークな街です。このダイナミックな大都市は現代中国の縮図であり、そびえ立つ高層ビルや賑やかな街並みと、古刹や静かな庭園が共存しています。 歴史愛好者にとっては、古い建築や博物館で中国の過去を感じ取ることができ、買い物好きにはナンキンロードや田子坊といったエリアで最新のファッションやユニークなアイテムを楽しむことができます。 さらに、グルメな方々には、世界各地の料理が楽しめるレストランや地元の美食が待っています。そんな活気溢れる上海を満喫するために、訪れるべきベスト20のスポットを厳選してご紹介します。 これらのスポットは、上海の魅力を余すことなく体験できる場所ばかりです。歴史と未来が交錯するこの街で、あなたの旅が素晴らしいものになるよう、ぜひ参考にしてみてください。   この投稿をInstagramで見る   MeetinShanghai(@meetinshanghai)がシェアした投稿 外灘(ワイタン) 上海を代表する観光地、外灘(ワイタン)。黄浦江沿いに広がる歴史的なウォーターフロントエリアは、古き良き時代の面影を残す建築物と現代的な洗練さが融合した、魅力あふれる場所です。 外灘は、新古典主義、ゴシック、バロック、アール・デコなど、様々な西洋建築様式を取り入れた52の歴史的建造物が立ち並ぶエリアです。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、上海が国際貿易の中心地として栄えた時代の面影を残しています。 代表的な建物としては、アジア・ビルディング、ユニオン・ビルディング、旧HSBCビルディングなどがあります。これらの重厚な建物は、上海の植民地時代の歴史と、国際金融都市としての発展を今に伝えています。 外灘は、上海のシンボルとして広く知られています。外灘の歴史的な建造物と、対岸の浦東にそびえ立つ近代的な高層ビル群の対比は、上海の伝統と現代が見事に融合した、圧巻の景観を生み出しています。 特に夜は、ライトアップされた外灘と浦東の夜景は、訪れる者を魅了してやまないでしょう。この象徴的な景色は、写真家にとっても人気撮影スポットとなっています。 外灘の魅力のひとつは、黄浦江沿いに整備されたリバーサイド・プロムナードです。ここから眺める黄浦江と浦東の景色は、まさに絶景です。 日中は、上海の活気あふれる街並みを眺めながら散策を楽しむことができます。夜はライトアップされた景色がロマンチックな雰囲気を醸し出し、カップルにも人気のスポットです。 外灘は、古くから上海の文化・社交の中心地として栄えてきました。1920年代から1930年代にかけては、社交場、ナイトクラブ、ジャズクラブなどが立ち並び、華やかな時代を過ごしました。 現在も、外灘には高級ホテル、レストラン、バーなどが軒を連ね、洗練された雰囲気を漂わせています。また、様々な文化イベントやフェスティバルも開催され、活気あふれる場所となっています。 外灘の歴史や建築について詳しく知りたい方には、ガイド付きツアーがおすすめです。ツアーでは、外灘橋から和平飯店、税関、上海浦東発展銀行の建物など、主要な建造物を巡りながら、それぞれの歴史や背景について解説してくれます。 歴史を感じながら散策することで、外灘の魅力をより深く味わうことができます。 外灘は、上海の中心部に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、周辺には南京路、豫園、上海博物館などの人気観光スポットも徒歩圏内にあり、観光拠点としても便利です。 外灘には、歴史的な建造物を改装したレストランやバー、高級ホテルなども立ち並んでいます。歴史を感じながら食事を楽しんだり、優雅な時間を過ごしたりすることもできます。 歴史、文化、建築、そして現代的な魅力が融合した外灘は、上海を訪れるならぜひ訪れたい場所です。 散策、観光、グルメ、ショッピングなど、様々な楽しみ方ができる外灘は、上海の魅力を凝縮した場所と言えるでしょう。 外灘を訪れて、上海の過去、現在、そして未来を感じてみてはいかがでしょうか。   この投稿をInstagramで見る   Мария ...
報国寺文化市場 / 敷居が低い北京の蚤の市
書籍、切手、硬貨を主に扱う蚤の市 北京報国寺は、遼朝初期に建てられた千年の歴史を持つ寺院で、現在は北京で有名な骨董・文化市場の一つとなっています。 この市場は、アンティーク陶磁器、宝飾品、ダイヤモンド、アンティーク家具、アンティーク絨毯、中国と外国の書画、アンティーク時計、玉骨彫刻、絨毯の錆、古書を交換販売する場所として知られています。 [editorial-rating ...