Your Cart

リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランス西部最大級の蚤の市

ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。

7.0 TOTAL SCORE

リニュロネーズ蚤の市

facebook

ユーロ移行後も一度も値上げされることなく1ユーロの入場料で、来場者が一日中会場で過ごせるように、すべてが巧みに工夫されています。


出店数 3
満足度 9
滞在時間 7
お宝発見度 7
リピート率 9
良い点
  • 本物のプロの蚤の市
  • 8ヘクタールの無料駐車場
  • 約250の業者
注意点
  • 早く店じまいするところも

 

35,000平方メートルの敷地に、アマチュアからプロまで、約200~250の古物・骨董品やビンテージ販売店が集まります。美術工芸品エリアもあります。

このイベントはガレージセールではなく、本物のプロの蚤の市です。ポストカード、食器類、古銭、ヴィンテージ玩具、古道具、宝飾品、古雑誌、80年代の家電製品、そして今流行のレトロゲームまで、見つかります。無料駐車場が近くにあります。

また、商品の値段や真贋に疑問がある場合は、この日のために任命された古物商、骨董商、職人、生産者などの専門家もいるので、受付でお尋ねください。

来場者は地元の農産物を購入することもできます。この軽食コーナーにある50ほどの屋台を散策するだけでも楽しめます。

さらに、トイレや、3歳以上のお子様を対象とした託児所があり、1時間単位または半日単位で利用できます。また、重い買い物を車まで運んでくれるポーターもいます。

サン・クリストフ・デュ・リニュロンはヴァンデ北西部のコミューンで、人口は2,500人。この小さな村の蚤の市では、いつも良い驚きを見つけることができます。

基本情報

名前 リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
開催日 毎年7月の第3日曜日と8月の第2日曜日の2回開催
時間  7 a.m. – 6 p.m.
入場料 1ユーロ – 18歳未満は無料。
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所 Terrain des Puces (suivre les fléchages), Route de Froidfond, 85670 Saint-Christophe-du-Ligneron, France
詳細 公式ホームページ

地図

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

ルエンネ蚤の市 / Puces Rouennaises
西フランス最大のアンティーク市場 展示会場の5つのホールを3日間かけて散策する展示会。フランス、ベルギー、オランダ各地から中古品ディーラーが集結。フランスで最も美しい蚤の市と称されています。約1万5000人が訪れる中古品好きにはたまらないイベントです。 [editorial-rating ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
パリ・ミュージアム・パスの長所と短所
エッフェル塔だけじゃない!パリが誇る文化遺産 パリは年間約3,230万人の観光客を魅了しており、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館などの名所がその理由です。これらの観光地は、フランスが長年にわたって文化生産を育ててきた歴史を映し出しています。 王政時代には、宮廷で培われた芸術と知識がフランスの富と地位を世界に示す手段でした。革命後は、国家の財産と見なされる文化財の保存に重点が置かれ、破壊されたり老朽化したりした記念碑の修復が行われました。 19世紀には、フランスは工業生産や科学的知識の面でイギリスやドイツに遅れを取りながらも、文化的・芸術的伝統を前面に押し出して国の優位性を宣伝しました。フランス文化は過去の伝統を祝うことに根ざしており、それが観光客を引き寄せ、国際的な評価を形成する要因となっています。 [editorial-rating ...
アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...
フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...