Your Cart

シャトゥーの蚤の市 / Foire de Chatou

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランス最大のアンティークフェア

パリの西側で開催される人気のイベント。50年以上にわたり、最高級のアンティーク・ディーラー、アート・ギャラリー、中古品のプロフェッショナルが歴史に彩られた多彩なブースで一堂に会します。この見本市に来れば、現在のトレンドがすべてわかります。

7.0 TOTAL SCORE

フォワール・ド・シャトゥ

facebook

フランス最大のアンティークフェア。10日間、4ヘクタールの展示スペースに300を超えるアンティークと中古品のディーラーが出店し、20世紀美術、アートギャラリー、地元の特産品などが展示されます。また、ハム、フォアグラ、ソーセージ、牡蠣、蜂蜜など、美食の特産品を味わうこともできます。


出店数 3
満足度 9
滞在時間 7
お宝発見度 7
リピート率 9
良い点
  • フランス最古の見本市
  • 300以上の出展者
  • 質の高さが人気
注意点
  • 年に2回のみ
  • 歩きやすい靴を用意
  • 非常に高価

 

春と秋の年2回開催され、10日間でフランス全土をはじめ、ベルギー、イギリス、オランダから300の出展者が出店。年間を通じて仲間から集めた品々や、相続の際に市場価格で買い取った品々が並びます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foire de Chatou(@foiredechatou)がシェアした投稿

この日のために作られたたくさんの路地を散策するのもお忘れなく。ヴォルテール大通り、バタクラン通り、シュマン・ヴェール通りなど、パリの中古市場街と同じような名前が付けられています。高級品から10ユーロから30ユーロという手頃な値段の小物まで何でも揃います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foire de Chatou(@foiredechatou)がシェアした投稿

通路を歩けば、1950年代の家具、オートクチュールのファッション・アクセサリー、ジュエリー、ビンテージのおもちゃなどが目に飛び込んできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foire de Chatou(@foiredechatou)がシェアした投稿

21,000平方メートルの面積を持つフォワール・ド・シャトゥには、愛好家からアマチュアまで、中国人、日本人、イギリス人、アメリカ人、ロシア人、イタリア人、ベルギー人、スペイン人.など、毎年25,000人から30,000人の来場者が訪れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@tocotoco_paris)がシェアした投稿

雰囲気は気さくでフレンドリー

アンティーク・ディーラーがセッティングした絵画で埋め尽くされたテントと、書籍、家具、食器、銀食器、時計、布地、彫刻で埋め尽くされたテントが、野外美術館のような雰囲気の中で混在しています。どのお店も価格交渉に応じてくれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foire de Chatou(@foiredechatou)がシェアした投稿

フランス各地から数十軒の農家が集まり、会場内にはたくさんの屋台が出ています。ハム、フォアグラ、ソーセージ、牡蠣、ハチミツなど、この地方の特産品を味わうことができます。

シャトゥー・フェアに足を運ぶ最大の目的は、プロが販売する希少品や魅力的な商品が見つけることです。アンティーク・クオリテ(Antiquité-Qualité)ラベルの認定を受け、バイヤーが必要とするすべての保証と無料鑑定サービスを提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Where Is The Market?(@whereisthemarket)がシェアした投稿

SNCAOとして知られるフランス国立古美術職業組合が主催するこの見本市は、その品揃えの豊富さだけでなく、客観的な品質基準に対する真摯な姿勢も高く評価されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madame Fabert(@madamefabert)がシェアした投稿

これは、会期中、認定された専門家が会場に常駐し、見本市ブースに展示された品々を鑑定し、要求に応じて鑑定書を発行することで実証されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PY Antics(@pyantics)がシェアした投稿

期間中に商品が入れ替わるので、何度か足を運ぶ価値があります。入場はメインエントランスのみで、出口はフェアの後方にあります。

以前は “鉄くずとハムの見本市 “として知られていた「フォワール・ド・シャトゥ」の起源は中世に遡り、フィリップ・オーギュスト王(1165-1223)が毎年四旬節前にパリの中心部で塩漬けの市を開催することを許可したことに始まります。1840年に「蚤の市とハムの市」となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foire de Chatou(@foiredechatou)がシェアした投稿

それ以来、見本市はパリで開催されていましたが、1970年にシャトゥに移転し、2014年に正式に「フォワール・ド・シャトゥ」となりました。今でも食べ物(豚肉やハム)、牡蠣、ワインが楽しめますが、主な目的はアンティークです。

出展者と連絡を取ると、フォワール・ド・シャトゥへの無料招待状をもらうこともできます。招待券の数が決まっているかもしれませんが、出展者リストをご覧になり、興味のあるアンティークの出展者に連絡をしてみて下さい。

フォワール・ド・シャトゥのYoutube動画

1970年、ルノワールが名画『カノティエの昼食』を描いたパリ郊外のシャトゥーにある印象派の島で開催されます。島の名前は、19世紀後半に革新的な印象派の画家たちがよく訪れていたことに由来しています。

基本情報

名前 フォワール・ド・シャトゥ / Foire de Chatou
開催日 3月と9月(年に2回)
時間 10 a.m. – 7 p.m.
入場料 € 10(15歳未満は無料)
取り扱い商品 昔ながらの家具、オブジェ、絵画、古い食器、小物、コレクターのおもちゃ
住所 Ile des Impressionnistes, Pont de Chatou, 78400 Chatou, France
詳細 公式ホームページ

地図

パリからわずか15分。シャルル・ド・ゴール・エトワール駅(Charles de gaulle-etoile)からRER A線サン・ジェルマン・アン・レイ(Saint-Germain-en-Laye)方面へ4駅。リュエイユ・マルメゾン(Rueil-Malmaison)駅で下車。駅から無料シャトルバスが出ています。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
オルセー美術館 – Musée d’Orsay(ミュゼ・ドルセー)
改装された駅舎に集う名作 オルセー美術館は、セーヌ川沿いに建つ美しい美術館です。19世紀後半から20世紀初頭のフランス美術を中心に、約5000点もの作品が展示されています。かつては駅舎として使われていた建物は、華麗な装飾が施されており、それ自体も見どころの一つです。 [editorial-rating ...
ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
オルレアンのフリーマーケット / MARCHÉ À LA BROCANTE – ORLÉANS
パリからTGVで日帰りできる蚤の市 ロワール地方への玄関口であるオルレアンの町で開かれる蚤の市。中規模ながら幅広いジャンルの商品が見つかります。地方各地から集まった約100の中古品商が掘り出し物ハンターを魅了します。 [editorial-rating ...
マロイユの蚤の市 / Brocante de Maroilles
年に一度開かれる骨董市「ブロカント・ド・マロイユ」は、リールの蚤の市に次いで北フランスで最大の蚤の市と言われています。フランス全土はもとより、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツからも8万人の人々が集まります。 [editorial-rating ...
レンヌの蚤の市「サン・マルタン運河のブラデリー」
レンヌ最大のガレージセール 毎年9月中旬にブルターニュ地方レンヌのサン・マルタン運河で開催されるフリーマーケット。リールの蚤の市に次いでフランスで2番目に大きな蚤の市だと言われています。3,000以上の出店者が、約20万人の来場者を魅了します。 [editorial-rating ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...