Your Cart

シェーネベルクの蚤の市 / Flohmarkt am Rathaus Schöneberg

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ベルリンのシェーネベルク市庁舎前の広場で開催される人気のフリーマーケット。毎週末の土曜日と日曜日、50~100の屋台が立ち並びます。

2.6 TOTAL SCORE

シェーネベルクの蚤の市

facebook

天候の良い日には、老若男女を問わず、安い服や日用品、あらゆる種類のガラクタを求めてバーゲンハンターやアンティーク愛好家が集まります。


出店数 1
満足度 4
滞在時間 3
お宝発見度 2
リピート率 3
良い点
  • 最大70のベンダー
  • 4月から10月までがおすすめ
  • 土曜日の方が面白い
注意点
  • 値段は高め
  • ガラクタが多い
  • 50%が洋服と靴

 

シェーネベルク市庁舎前の広場は、かつてジョン・F・ケネディが「私は一人のベルリン市民である」という伝説的な言葉を残した場所です。現在、このエリアは、入手困難なハードカバーや可憐な磁器、繊細なクリスタル製品などを販売する美しい週末マーケットに変貌しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

historia general(@historiasta_)がシェアした投稿

本、家庭用品、家具、おもちゃ、テクノロジー、衣類、アンティーク、おもちゃ、宝石など、日常的に使うものを売ったり買ったりする、ローカルな性格のマーケットです。この蚤の市の特徴は、リラックスした雰囲気の中で、掘り出し物を見つけることができ、ついつい長居してしまう点です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dennis Puedpien(@caesper_)がシェアした投稿

保存状態の良い価値ある品物に加え、ジャンクや使い勝手の悪い品物もたくさん売られています。中には、家庭の遺品整理や、屋根裏や地下室で見つけたものを出店する個人もいるので、運が良ければお宝が見つかるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyurim Kim(@kyurimkim)がシェアした投稿

干し草の中から針を探し出すような露店も多いので、本当に手に入れたいものがあるのなら、早めに到着することをおすすめします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Murat Meriç(@popdedik)がシェアした投稿

ティアガルテン市場よりも観光地化されていないこの蚤の市では、特に業者が荷造りを始める頃にお買い得な商品を購入することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ich rede mit(@ichredemit)がシェアした投稿

特に中古ファッションの売り場では、子供から大人まで、レトロから最新の服まで豊富に取り揃えているので、掘り出し物が見つかるかもしれません。

ここでは値切り交渉が歓迎されるので、ユーロを最大限に活用できること間違いなしです。2〜3時間で見て回れます。

シェーネベルク市庁舎前のフリーマーケットのYoutube動画

喧騒に飽きた人は、隣のルドルフ・ヴィルデ公園の軽食スタンドでブラットヴルストを食べながら休憩することもできます。

基本情報

名前 シェーネベルク市庁舎前のフリーマーケット / Flohmarkt am Rathaus Schöneberg
開催日 毎週土 – 日
時間 8 a.m. – 4 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 洋服、小型家電、陶磁器、アクセサリー、ジュエリー、日用品
住所
John-F. -Kennedy-Platz 1, 10825 Berlin, Germany
詳細 公式ホームページ

地図

最寄り駅:U4のRathaus Schöneberg駅。
所在地:ジョン・F・ケネディ・スクエア

ドイツで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ウエストブッシュ蚤の市 / Westbesuch Flohmarkt
ライプツィヒ西部で開かれるフリーマーケット。カール・ハイネ・シュトラーセ全体がアートとガラクタの大通りに変身します。 [editorial-rating ...
ニッペの蚤の市 / Flohmarkt in Nippes
ケルン・ニッペの中心部では、月一回蚤の市が開かれ、プロの業者だけでなく、個人でも約150のベンダーが集まっています。 [editorial-rating ...
アグラ・アンティークマルクト / Agra Antikmarkt
ライプツィヒのフリーマーケット。特にガラスや陶器、高品質の骨董品がたくさんあります。30年以上の歴史があり、ヨーロッパで大規模なアンティークマーケットとしてトップ10に入ります。 [editorial-rating ...
フロージン蚤の市 / FlohZinn
毎月第一日曜日、ハンブルクで最も和やかな蚤の市が、ヴィルヘルムスブルクのジンヴェルケ周辺で開催され、コレクターの心を躍らせます。 [editorial-rating ...
ボーデ・ミュージアムのアンティーク&ブックマーケット
シュプレー川沿いに位置するベルリン・ミッテ地区では、1999年にユネスコ世界遺産に登録されたボーデ・ミュージアムでアンティーク&ブックマーケットを開催をしています。1992年以来、60以上のディーラーが、安価なモダンアンティークから希少価値のあるコレクターズアイテムまで、幅広い商品を提供。愛好家の目を楽しませています。 [editorial-rating ...
6月17日通りの蚤の市 / Trödelmarkt Straße des 17. Juni
シャルロッテンブルクで開かれるベルリンで最も古く、最も有名なアンティークマーケットです。美術品や工芸品が好きな人におすすめです。原則として、新品は扱っていません。 [editorial-rating ...
マウアーパーク・フリーマーケット / Flohmarkt im Mauerpark
ベルリン最大のフリーマーケット。プレンツラウアー・ベルクの中心部にあり、約15年前に設立しました。このマーケットは公共交通機関で簡単に行くことができる立地の良い蚤の市です。コーヒーやクラブメイト、アイスクリームを片手に、ベルリンっ子や観光客、学生たちが賑やかに散策しています。 [editorial-rating ...