Your Cart

デュッセルドルフのP1蚤の市 / Trödel- & Sammlermarkt Düsseldorf P1

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ドイツでも有数の蚤の市

デュッセルドルフのP1見本市駐車場で開かれるフリーマーケット。ドイツでも有数の蚤の市で、その規模の大きさと品揃えの豊富さで知られています。1992年に設立されたこの蚤の市は、今では国内最大級の規模に成長しました。

このマーケットは、蚤の市愛好家やアンティーク・コレクターにとってのパラダイスであり、ドイツの効率性、整理整頓、清潔さの典型を体現したような、巨大でありながら驚くほどよく整理された、整然とした広大なショッピングを体験できます。

7.0 TOTAL SCORE

デュッセルドルフのP1蚤の市

facebook

ジャンク屋さんが集まる大規模なフリーマーケット。プロのディーラーはほとんどいません。このマーケットは、高級な中古ファッションの分野で特別な地位を確立しています。


出店数 5
満足度 7
滞在時間 9
お宝発見度 6
リピート率 8
良い点
  • 30年の歴史
  • 完璧に整理されている
  • 新品はほとんどない
注意点
  • 駐車場代が5ユーロ
  • トイレまでの道のりが遠い

500以上のベンダーが参加し、場所はかなり大規模ですが、掘り出し物がたくさんあります。混むので早めに行きましょう。

この投稿をInstagramで見る

miho doi(@mihodoi.de)がシェアした投稿

この壮大な蚤の市は約60,000平方メートルもの広さがあり、500以上の業者が出店しています。膨大な数の品物を見て回るには一日かかるでしょう。特定のものに目がない人は、周囲に尋ねて好みの屋台を回ることをお勧めします。

この市場は質の高い商品で知られ、さまざまな収集品に興味を持つ何千人もの観光客が訪れます。通路には、精巧なアンティーク品から風変わりなレトロ品まで、さまざまな宝物が並んでおり、特にアンティーク愛好家に喜ばれています。

美しく細工されたアンティーク家具、アンティーク絵画、ヴィンテージ&アンティーク・ジュエリー、精巧なブロンズ彫刻、ターンテーブル、豊富な品揃えのレコード、ヴィンテージ玩具、レトロな工具、ガーデニング用品、ユニークな置物、ヴィンテージ・カメラ、ポスター、コイン、絵葉書、アート作品など、バラエティに富んだ品々が並びます。

近年では、デザイナーズ・アイテムを含む古着の品揃えが豊富で、破格の値段で売られていることでも知られ、ファッショニスタやバーゲン・ハンターのホット・スポットとなっています。

もちろん、ガラクタもたくさんありますが、「人のガラクタは人の宝」と言われるように、ここで何が見つかるかはわかりません。

この投稿をInstagramで見る

Jenni(@jenni_koelle)がシェアした投稿

P1のマーケットが優れている点は、本物のジャンク品やアンティークがたくさんあり、新品の商品がほとんどないことです。

この投稿をInstagramで見る

Frank Volkmer(@fireblade.69)がシェアした投稿

P1のマーケットで特に有名なのは、高級な中古ファッションの分野です。子供用のTシャツから珍しいデザイナーズ製品まで、さまざまな服が格安で売られています。

この投稿をInstagramで見る

Ryota(@ryotakks)がシェアした投稿

特に夏の間は満席になることが多いようです。マーケット当日は早めに到着したほうがいいでしょう。11:00に開く頃には、いいものはとっくになくなっています。

この投稿をInstagramで見る

Camilla(@camillapfr)がシェアした投稿

P1では、ジャンク品だけでなく、地元の美味しいものも取り揃えています。魚のグリル、スモーク、フライ、スープ、ワイン、チーズ、エキゾチックな料理、絞りたてのジュース、さまざまな種類のコーヒーなど盛りだくさんです。特に、絞りたてのオレンジジュースとクォークボールはおすすめです。

マーケットの立地には歴史的な意味もあります。当初は旧ラインシュタディオン周辺に設立されましたが、スタジアムの取り壊しに伴い、2002年にメッセパルクプラッツP1に移転しました。この移転が功を奏し、新天地は大幅にスペースが拡大し、マーケットは年々成長しました。

居心地の良い木々と広い通路が特長で、家族みんなで楽しめます。駐車場も広く、地下鉄のMesse/Arena駅からシャトルバスで数分で、蚤の市に到着します。

基本情報

名前 デュッセルドルフ・P1コレクターズマーケット
Trödel- & Sammlermarkt Düsseldorf P1
開催日 日曜日
時間 11 a.m. – 5 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、アンティーク、ジュエリー、骨董品
住所 Messe Düsseldorf, Parkplatz P1, 40474 Düsseldorf, Germany
詳細 公式ホームページ

地図

場所:エスプリアリーナ内メッセパークプラッツP1
車でのアクセス:A44号線を利用すると便利です。ライン川沿いからのアクセスはできません。
公共交通機関:U78、U79、または809、727、730番のバスでLTU-Arenaまでアクセス。そこからイベント会場まで無料シャトルバスが運行しています。

ドイツで人気のフリーマーケット31選



関連記事

ケルン競馬場のフリーマーケット / Flohmarkt an der Kölner Galopprennbahn
ケルン北部のヴァイデンペッシュ競馬場で開催される人気の蚤の市は、1982年から開催されています。ベンダーたちが骨董品やガラクタなどの宝物を並べています。 [editorial-rating ...
オストバンホフ・アンティークマーケット / Antikmarkt am Ostbahnhof
高品質な商品が豊富に並ぶマーケット 毎週日曜日、オストバーンホフで開催されるアンティークマーケット。第二次世界大戦や旧東ドイツ時代の記念品を見つけるのに最適な場所です。切手やコインは特に種類が豊富です。 [editorial-rating ...
マルハイネケプラッツ・フリーマーケット / Flohmarkt Marheinekeplatz
地域に根付いた人気の高いイベント ベルリン・クロイツベルク地区のフリーマーケット。毎週土曜日と日曜日、クロイツベルクの中心部、マルハイネケプラッツにある有名なバーグマンキーズ内で開催されます。 [editorial-rating ...
ブレーメン・ヴェーザー蚤の市 / Bremer Weserflohmarkt
毎週土曜日にヴェーザー川のほとりで開かれるアンティーク・フリーマーケット。ブレーメンで最も有名な蚤の市のひとつです。衣料品、ゲーム、書籍、電化製品、宝飾品、食器、装飾品など、あらゆる種類のガラクタがここで見つかります。4月初旬から10月末までの毎週土曜日、8時から14時まで、天候に左右されることなく並びます。 [editorial-rating ...
ミュンヘンで必見!アルテ・ピナコテーク美術館の見どころ
世界屈指の巨匠たちの作品と新古典主義建築が織りなす芸術の殿堂 ドイツ、ミュンヘン中心部にあるアルテ・ピナコテーク美術館は、バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の所蔵品を一般市民に公開する目的で設立され、14世紀から18世紀までのヨーロッパ絵画の名作が数多く展示されています。 アルテ・ピナコテークは、世界で最も古い公共美術館の一つで、元々はバイエルン王家の芸術コレクションを公開するために作られ、その後国有化されました。その名前は「古い絵画や古典」を意味する「Arte」と、ギリシャ語の絵画保管所を意味する「Pinacoteca」から来ています。 約20,000点の西洋絵画を所蔵し、そのうち1,000点以上が常設展示されています。作品を通して、中世からルネサンス、バロック、ロココ時代にかけての芸術史を辿ることができます。   この投稿をInstagramで見る   Valeria ...
マウアーパーク・フリーマーケット / Flohmarkt im Mauerpark
ベルリン最大のフリーマーケット。プレンツラウアー・ベルクの中心部にあり、約15年前に設立しました。このマーケットは公共交通機関で簡単に行くことができる立地の良い蚤の市です。コーヒーやクラブメイト、アイスクリームを片手に、ベルリンっ子や観光客、学生たちが賑やかに散策しています。 [editorial-rating ...
旧消防署のフリーマーケット / Flohmarkt an der Alten Feuerwache
ケルンのジャンク屋で最もよく知られているのが、旧消防署で開かれる蚤の市です。夏の間、アグネスフィアテルのアルテ・フォイヤーヴァッヘの中庭では、月に1回、魅力的な蚤の市が開かれています。 [editorial-rating ...