Your Cart

アメリカで最も高級なプライベートクラブ8選

プライベートクラブ

アンティークバイヤーのノリです。好きな言葉は「人はパンのみにて生くるものにあらず」。物質的な豊かさだけではなく、精神的な充足感も大切にしています。

セレブと肩を並べる!アメリカの高級プライベートクラブで見る世界

アメリカには、富裕層や有名人が集う超高級プライベートクラブが各地に点在しています。これらのクラブは、広大な自然に囲まれた隠れ家から、豪華なオーシャンフロントの施設まで、多様な立地に存在しています。

モンタナ州のイエローストーン・クラブは、ビル・ゲイツやジャスティン・ティンバーレイクなどの億万長者やセレブに人気の、15,200エーカーにも及ぶプライベート・スキー&ゴルフ・コミュニティです。入会には数百万ドルの不動産購入が必要とされています。一方、カリフォルニアのヴィンテージ・クラブは、チャンピオンシップ・ゴルフコースやスパ、100万ドルを超える入会金といった豪華な設備で、テクノロジー業界の大物たちを魅了しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angela Di Pietro(@gracedimonacoitalia)がシェアした投稿

東海岸では、ニューヨークのコア・クラブが、ビジネスリーダーやクリントン夫妻、ジェイ・Zなどの著名人に人気を集めています。入会金は5万ドルですが、豪華なダイニングルームやイベントスペース、エリートネットワークへのアクセスが得られます。マイアミ・ビーチのバース・クラブは、地中海風の豪華な建築と、300世帯を上限とする超富裕層の会員制で知られる、オーシャンフロントの高級隠れ家です。

これらのクラブは、金持ちや有名人が詮索好きな人の目を避けて、豪華なアメニティを満喫できる場所として機能しています。会員権は厳重に管理され、この贅沢な遊び場が上流階級のものであることが保証されています。

ここでは、富裕層や有名人がよく利用するアメリカの高級プライベートクラブをご紹介します。

ザ・ユニオン・クラブ(ニューヨーク)

ユニオン・クラブは、1836年に設立されたニューヨーク市最古のプライベート・クラブです。裕福で影響力のあるニューヨーカーによって設立され、排他性と伝統主義で知られています。会員資格は極めて厳しく選別され、入会金は50,000ドル、年会費は10,000ドルと非常に高額です。

現在のクラブハウスはパーク・アベニューに位置し、1933年に建てられた石灰岩の建物です。内部には豪華なダイニングルーム、ライブラリー、ラウンジ、スカッシュコートなどの設備が備わっています。かつてはヒュミドールルームで10万本の葉巻を保管できました。

ユニオン・クラブは200年近い歴史の中で、ニューヨークのエリート実業家、政治家、社交界の著名人のみに開かれた極めて排他的な存在でした。天文学的な会費と厳しい会員審査、豪華な施設から、アメリカで最も高級なプライベートクラブの評価を得ています。

さらに、このクラブはニューヨークの社会・文化・政治にも大きな影響力を持ち続けてきました。メトロポリタン美術館や自由の女神像の設立にも関与し、19世紀後半の発展に重要な役割を果たしました。クラブ内では重要な意思決定も行われ、ニューヨークのエリート層の中心的存在として機能してきました。

このように、ユニオン・クラブはニューヨークの歴史と社会に深く根付いた、アメリカ最高級のプライベートクラブの1つです。伝統と排他性は現在も健在に保たれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lisa Fei 🌹(@lisalinfei)がシェアした投稿

イエローストーン・クラブ(モンタナ)

モンタナ州にあるイエローストーン・クラブは、超富裕層のエリートのみを対象とした、世界で最も高級なプライベート・レジデンシャル・コミュニティです。15,200エーカーの広大な敷地に、世界で唯一のプライベート・スキーリゾートが存在します。18基のリフトと64のスキーコースを備え、2,900エーカーの滑走可能エリアがあります。マウンテンビレッジ、複数のロッジやレストラン、一流のスキー&スノーボードスクールなど、充実した施設を誇ります。

会員になるためには、敷地内の数百万ドルの超高級個人住宅を購入する必要があります。住宅価格は500万ドル以上から始まり、スキーイン/アウトの豪邸では2,500万ドルを超えることもあります。さらに、入会金30万ドル、年会費約3万7,000ドルの支払いが必要です。

スキー施設以外にも、18ホールのゴルフコース、ハイキングコース、乗馬施設など多様なアメニティが整っています。24時間365日の民間警備隊が常駐し、高いプライバシーと安全性が確保されています。人里離れたビッグスカイ近郊の立地は、富裕層に求められる隠れ家的な雰囲気を演出しています。

会員にはビル・ゲイツ、ジャスティン・ティンバーレイク、グーグル創業者、ウォール街の大富豪などの一流セレブが名を連ねています。プライバシーを重視し、会員数は864家族に制限されています。

このようにイエローストーン・クラブは、広大なプライベート施設、超高級不動産、セレブリティ会員、厳しい会員制限など、プライバシーと世界最高水準のアメニティを求める超富裕層のための、極めて排他的な環境を提供する最高級コミュニティです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yellowstone Club(@yellowstoneclub)がシェアした投稿

コスモスクラブ(ワシントンD.C.)

ワシントンD.C.のコスモス・クラブは、米国の政治的・知的エリートが集うアメリカで最も権威あるプライベート社交クラブの一つです。

同クラブの名門会員名簿には、過去4人の大統領、12人の最高裁判事、30人以上のノーベル賞受賞者が名を連ねています。さらに、36人の内閣役員、13人の大使、2人の副大統領が長年在籍しており、ウォルター・クロンカイト、カール・セーガン、ボブ・ウッドワードなどの著名人も元会員です。ジャーナリズム、科学、芸術など多岐にわたる分野の権威者が所属しています。

入会資格は極めて厳しく、現会員の推薦の上で入会審査委員会による集中審査を経る必要があります。職業上の卓越した実績と業績が最重視されており、多様なエリート層を代表する人物のみが入会を許されます。毎年、推薦者の約10~15%程度しか合格できず、高い排他性が保たれています。

クラブハウスは1901年建造のタウンゼント・ハウスと呼ばれる荘厳なグレコローマン調の邸宅で、内部には複数のダイニングルーム、ラウンジ、バー、図書室、庭園が備わっています。世界200以上のプライベートクラブと相互利用できるほか、講演会やコンサートなど知的イベントが頻繁に開催されています。

コスモス・クラブは、天文学的な入会金と最高レベルの業績を持つ会員のみを受け入れる厳しい基準、そして重厚なクラブハウス環境から、ワシントンで最高の社交クラブとしての名声を確立しています。首都のエリートにとって、コスモス・クラブは成功と権力のシンボルであり最高の地位を象徴するクラブです。

バッテリー(サンフランシスコ)

バッテリーは、サンフランシスコのジャクソン・スクエア地区に位置する革新的でアバンギャルドなプライベートクラブです。元キャンディ工場の建物を活用し、インダストリアル・シックな雰囲気を醸し出すユニークな空間となっています。むき出しの煉瓦、鉄骨の梁、折衷的な装飾が特徴で、創造性とコラボレーションを重視したコンセプトが注目されています。

バッテリーの会員構成はテック、デザイン、アート、エンターテインメント、スタートアップなどクリエイティブ分野で活躍する人々が中心です。入会は既存会員からの推薦と厳しい審査を経て決まり、各界で影響力のある個々人が選ばれます。会員数は親密で厳選されたコミュニティを維持するため制限されています。

会員向けのアメニティが充実しているのも大きな魅力です。宿泊可能なホテルスイートに加え、バー、レストラン、イベントスペースが完備されています。パネルディスカッション、ワークショップ、パフォーマンスなど定期的に会員限定のプログラムが開催されるほか、フィットネスセンター、スパ施設、専用ワークスペースも揃っています。

入会金は約2,400ドル、年会費は約3,600ドルと高額とされ、入会希望者は経歴と関心事を詳述した申請書の提出が求められます。合格率は10〜15%程度と極めて厳しく、バッテリーのプレミアムな価値と排他性が窺えます。

このようにインダストリアル調の斬新な空間デザイン、多様ながら厳選されたクリエイター会員、上質なアメニティとプログラムなどが特徴的なバッテリーは、サンフランシスコのクリエイター層に最も人気の高いプライベートクラブの一つと言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andrew De Los Santos(@andrewtourssf)がシェアした投稿

コア・クラブ(ニューヨーク)

ザ・コア・クラブは、ニューヨークで最も排他的で高級なプライベート会員制クラブの一つとして知られています。

このクラブの会員には、クリントン夫妻、ジェイ・Z、ハワード・シュルツといった著名人が名を連ねていると噂されています。入会は招待制で、徹底した審査を経る必要があります。会員の平均純資産は8,300万ドルと極めて裕福な層が集まるエリートクラブです。

クラブハウスはマンハッタンのミッドタウンにあり、5万平方フィートの広大な空間に、複数のダイニングエリア、バー、ラウンジ、イベントスペースが備わっています。会員はパーソナル・ショッピングやコンシェルジュなどのサービスを利用できるほか、最新鋭のフィットネスセンター、スパ、プールなどの施設も完備しています。

さらに、ここでしか体験できない美術展、コンサート、著名人による講演会などのプレミアムイベントも数多く開催されています。

しかしその代償として、入会金は50,000ドル、年会費は17,000ドルと極めて高額です。将来的に更なる値上げが予想されているとの噂もあります。

このようにザ・コア・クラブは、著名な富裕層会員、豪華絢爛なアメニティ、高値の会費から、ニューヨークで最もエリートなプライベート・クラブの一つと評価されています。超富裕層や影響力のある人々を対象とした、極上のクラブライフを提供しているのです。

一方で近年、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなどで、Casa Cipriani、Zero Bond、Aster、Heimat、ZZ’s Clubといった新しい会員制クラブが台頭しています。これらは従来のクラブにはない洗練されたライフスタイルや会員体験を提供し、クラブ文化に変革をもたらしつつあります。

ザ・コア・クラブは伝統ある超高級クラブの代表格ですが、今後はこうした新興クラブとの競争が予想され、プライベートクラブ界の動向が注目されています。

リバーオークス・カントリークラブ(ヒューストン)

リバーオークス・カントリークラブは、ヒューストンに本拠を置く由緒あるプライベートクラブで、アメリカで最も格式高い高級クラブの一つとして知られています。

このクラブの歴史は1923年に遡ります。ウィリアム・ホッグやヒュー・ポッターといったヒューストンの著名実業家によって設立され、以来約100年の歳月を経ながら極めて厳選された会員制度を守り続けてきました。現在の会員には、業界の大物、政治家、有名人、その他の富裕層エリートが名を連ねています。噂されている入会金は75,000ドルから125,000ドル、年会費は12,000ドルから24,000ドルと、高額な会費設定からその排他性がうかがえます。

ゴルフ施設が最も評価が高く、伝説のコース設計家ドナルド・ロスによる1923年の設計で知られるチャンピオンシップコースがあります。全米男子クレーコート選手権やヒューストン・オープンなど権威あるトーナメントの開催地としても有名です。さらに2000年代にトム・ファジオによる大規模な改修が行われ、最新の挑戦的なコースに生まれ変わりました。

テニス施設も世界最高峰で、18面の屋外クレーコートと4面のインドアコートを含む環境は、1931年から1969年までATPツアーの全米男子クレーコート選手権の開催地としても使用されてきた由緒あるものです。

クラブハウスは1924年に建設され、以降数十年にわたる改修を重ねた現在の壮大な建物には、複数のダイニング、ラウンジ、フィットネス施設、プール、さらにはイベントスペースなど充実した設備が整っています。

このように、リバーオークスは完璧な施設、権威あるトーナメントの開催地、極めて富裕な会員層、ヒューストン最古の伝統的エリートクラブとしての遺産から、アメリカで最も格式高い高級プライベートクラブの一つとして名高い存在です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@motoastronautがシェアした投稿

ザ・バース・クラブ(マイアミビーチ)

マイアミ・ビーチに位置するザ・バース・クラブは、1926年に創設された伝説的なプライベートクラブです。旧世界の豪華さとグラマラスな雰囲気が色濃く残る、オーシャンフロントのこのクラブは、アメリカで最も格式高い会員制クラブの一つと評価されています。

クラブの起源は、アメリカ南東部初のプライベートビーチ&社交クラブとして遡ります。地中海リバイバル様式の建築物は、ロバート・A・テイラーによって設計されました。創設当初からヴァンダービルト家やピエール・カルティエ、ウィリアム・ボーイング、ハーバート・フーバー大統領など、著名な富裕層の隠れ家として人気を博しました。

会員数は約300世帯と極めて限定されており、入会には15万ドル以上の高額な入会金と数万ドルの年会費が課されると噂されています。入会希望者は厳しい審査と申請プロセスを経る必要があります。

敷地内には5.3エーカーのビーチフロントエリアに500フィート以上のプライベートビーチが存在します。地中海風の豪華な装飾が施された歴史的なクラブハウスが目を引き、5つのレストラン、複数のプール、カバナフィールド、クレーテニスコート、スパなどの充実した施設があります。

2000年代に不動産デベロッパーのドン・ピーブルズが800万ドルを投じてクラブを買収・改装し、2021年に再オープンしました。過去にマイノリティを排除していた歴史を改め、新たに「包括的な排他性」をモットーに掲げ、あらゆる文化を受け入れる方針を打ち出しています。

このように長年の伝統と格式、優雅な地中海調の建築とアメニティの豪華さ、そして高額な会費という超高級な権利性から、ザ・バース・クラブは、現在アメリカで最も象徴的な富裕層向けプライベートクラブの一つとしての地位を確立しています。

ヴィンテージクラブ(カリフォルニア)

カリフォルニア州インディアンウェルズにあるヴィンテージクラブは、米国で最も格式高く高級なプライベートクラブコミュニティの一つとして知られています。

同クラブが提供する豪華なアメニティには、トム・ファジオ設計の18ホールチャンピオンシップゴルフコース、ワールドクラスのテニス施設(11面のコート)、地中海風の85,000平方フィートのクラブハウス(複数のダイニング、ラウンジ、プロショップ)、15,000平方フィートのスパ&ウェルネスセンター(フィットネススタジオ、サロン、プールなど)などがあります。その他、ピックルボール、ボッチェ、ドッグパークなども完備されています。

会員になるには、同クラブコミュニティ内(712エーカー)で高級住宅を購入する必要があります。住宅はカシータやコテージから最高級の注文邸宅まで多様で、価格は200万ドルから2,000万ドル超と高額です。いずれも職人技と最上級の仕上げで設計された超高級物件です。

会員資格は非常に限られており、厳しい審査を経て招待された方のみが入会できます。ゴルフ会員の定員は過密防止のため505世帯までと制限されています。入会金は近年100万ドルを超え、年会費も45,000ドルと法外な金額だと噂されます。

同クラブの魅力は、ビル・ゲイツ、ジャスティン・ティンバーレイク、グーグル創業者など、超富裕層の著名人会員にもあります。人里離れた環境でプライバシーが確保されながら、世界最高級のアメニティが提供されるためです。

このように、ヴィンテージクラブは豪華絢爛な施設、超高級住宅、極めて高額な会費、著名人会員からなる排他的な環境を兼ね備え、超富裕層が隠れ家のように豪勢な生活を送れる砂漠の高級リゾートコミュニティと言えるでしょう。

至高の特権と名声の世界へ

アメリカのプライベートクラブは、比類なき贅沢と名声の世界を垣間見せてくれる至高の聖域です。歴史が息づくユニオン・クラブから、広大なスキー場が広がるイエローストーン・クラブまで、これらの高級クラブはエリート客をターゲットにしています。

入会の鍵は、豊かな財力と血統の純粋さ。入会金は成層圏まで高騰し、高額な年会費と相まって、超富裕層のみが快適に管理できるのです。しかし、この値段は単に豪華な環境というだけではありません。これらのクラブは、業界の大物、政治的権力者、文化的アイコンが集う人脈の温床なのです。

贅沢と同時にプライバシーを切望する人々にとって、これらのクラブは聖域となります。慎重さが最優先され、会員リストそのものが厳重に守られた秘密となっています。コスモスクラブでノーベル賞受賞者と歓談したり、ザ・コア・クラブでセレブリティと肩を並べたり、アメリカで最も高級なプライベートクラブは独自の世界を提供しているのです。

もし幸運にもベルベット・ロープの向こうに招待状を受け取ることができたら、その特権を心から味わっていただきたいと思います。

空のリムジン!プライベートジェットのメリットとデメリット



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

アメリカで評価の高いフリーマーケット17選
フリーマーケットで宝探ししよう 地元の人々の生活を垣間見ることができるフリーマーケット。アメリカには、日本ではあまり知られていないフリーマーケットがあふれています。今回、そのために旅行する価値のある卓越したフリーマーケットをとことん掘り起こしてみました。 アメリカでは毎年、1億5千万人以上の人が1,100以上のフリーマーケットに足を運び、300億ドル以上の売上をあげています。多くのマーケットが5月から10月頃まで一度限りの大規模なイベントを開催し、多くのベンダーが集まります。 [wpgmza ...
なぜマクドナルドは不動産会社とみなされるのか?
マクドナルド、実は不動産会社だった マクドナルドといえば、世界中で愛されるハンバーガーチェーンとして誰もが知っているでしょう。しかし、そのビジネスモデルはハンバーガー販売だけにとどまらず、不動産事業にも大きな力を入れていることをご存知でしょうか? 消費者はマクドナルドをハンバーガーレストランだと認識していますが、ビジネスの世界ではマクドナルドは不動産会社とみなされています。その理由は、マクドナルドが世界中の店舗の85%をフランチャイズ加盟店に所有させながら、店舗が建つ土地はマクドナルド自身が所有しているという独特なビジネスモデルにあります。   この投稿をInstagramで見る   京ウバ子(まみさん)(@ue_kyoto)がシェアした投稿 マクドナルドの創業者レイ・クロク氏は、「私の本当のビジネスはハンバーガーを売ることじゃない。不動産業だよ」と語っていたほど、不動産への投資に注力していました。 フランチャイジーは、マクドナルドのブランド名、独自の製法、商標登録されたメニューの使用料を支払います。しかし、店舗が建つ土地はマクドナルドが所有しています。つまり、マクドナルドはハンバーガー販売だけでなく、不動産賃貸ビジネスからも大きな収益を得ているのです。 マクドナルドは世界中に何千もの象徴的な不動産を所有しています。ニューヨークのタイムズ・スクエアから東京の六本木ヒルズまで、マクドナルドは世界中に進出し、一等地の不動産を買い占めています。フランチャイジーはマクドナルドに食品売上の一部を支払いますが、マクドナルドの収益の大部分は、不動産に支払われる賃料によるものです。 フランチャイズ契約と不動産収益 マクドナルドの店舗の約70~80%はフランチャイズ契約に基づいて運営されています。この契約には独自の不動産戦略が盛り込まれており、マクドナルドが一等地の土地を取得し、そこに店舗を建設します。その後、フランチャイジーにこの店舗を賃貸し、売上高に応じたロイヤリティに加えて賃料収入を得るのです。このモデルにより、マクドナルドは初期投資を抑えつつ、世界中に店舗網を拡大することができました。 安定収益源としての不動産事業 マクドナルドにとって不動産賃貸収入は、ハンバーガー販売以上の重要な収益源となっています。2021年には84億ドル以上の家賃収入があり、これは全収入の35%を占めています。フランチャイズ契約は長期的なため、マクドナルドは安定した賃料収入を見込めます。これはハンバーガー販売のような変動収入に比べ大きな利点です。 戦略的不動産投資と地域活性化 マクドナルドは単に店舗建設だけでなく、戦略的に一等地の不動産を取得し、将来の収益性を見据えた投資も行っています。近年では、店舗を単なるハンバーガー店ではなく、コミュニティの場と位置付け、周辺の土地を活用してドライブスルーや駐車場、テラス席を整備したり、地域向けイベントを開催したりしています。   この投稿をInstagramで見る   亜埜加(@ayaka_altis_)がシェアした投稿 マクドナルドの出店戦略 マクドナルドは、世界で最も成功しているハンバーガーチェーンである理由の一つは戦略的な立地選定にあります。同社は新規店舗の出店場所を決定する際に、綿密な分析と調査に基づいたアプローチを採用しており、これが顧客満足度の向上、売上増加、そして長期的な成功に繋がっています。 一等地の不動産の確保 マクドナルドは、主要な交差点、ショッピングモール、空港、高速道路の出口、市街地など、視認性が高く、アクセスが容易な交通量の多い場所をターゲットとしています。これは顧客の利便性を高めるだけでなく、ブランド認知度の向上と潜在顧客への露出を最大化するためにも重要です。 人口統計学的データに基づく分析 単に人通りの多い場所を選ぶだけでなく、マクドナルドは人口密度、所得水準、競合状況、地域の成長性などを分析し、ターゲット顧客層に合致するエリアを特定しています。このデータ主導のアプローチは、新規店舗が収益性の高いものであることを保証するのに役立ちます。 不動産の所有による収益最大化 マクドナルドは多くの場合、レストランの土地や建物を直接購入しています。この不動産所有モデルにより、フランチャイズ加盟店からの賃料収入という形で重要な収益源を確保できます。 フランチャイジーの現地知識の活用 マクドナルドは立地選定の最終決定を行いますが、各地域のフランチャイジーからの意見も積極的に取り入れています。彼らの地域知識は潜在的立地の評価において貴重な情報源となります。 交通アクセスの重視 マクドナルドは店舗へのアクセス性を重視し、交通パターン、駐車場の有無、ドライブスルーの可能性、主要道路からの視認性などを評価します。これらの要素は顧客の利便性を高め、売上増加に繋がります。 クラスター戦略の活用 マクドナルドは時に、同一エリアに複数の店舗を集積させることで、ブランド認知度の向上とマーケティング効率化を図ります。この戦略は新規参入時や競争の激しい地域で有効です。 マクドナルドの立地選定戦略は、綿密な分析、データ主導の意思決定、顧客理解に基づいています。この戦略的アプローチこそが、世界中の顧客にとって魅力的な存在であり続ける要因の一つと言えるでしょう。 まとめ マクドナルドのビジネスモデルの特徴は、不動産の「売買」ではなく、「賃貸やリース」であることです。店舗用地を自社で所有し、フランチャイジーに賃貸することで、安定した収益を得ています。さらに、フランチャイズ展開に重点を置くことで、店舗運営のリスクを最小限に抑えることができます。 このように、マクドナルドは単なるファーストフード店ではなく、不動産業も手がける複合企業なのです。この不動産重視の姿勢が、マクドナルドの収益性と長期的成功の重要な原動力となっており、単なるハンバーガー・チェーン以上の存在となっています。 マクドナルドのYouTube動画
アメリカの名門ゴルフコース10選
アメリカのトップ10のゴルフコース ゴルフは単なるスポーツではなく、戦略とスキル、そして自然との調和が試される芸術です。その芸術を最高の形で表現する場所が、世界最高のゴルフコースです。では、なぜ特定のコースが世界最高と呼ばれるのでしょうか? 世界最高のゴルフコースには、いくつかの共通点があります。まず、熟練ゴルファーにとっても手強い挑戦となる、戦略的に設計されたレイアウトです。個性豊かでチャレンジングなホールが揃い、プレイヤーはあらゆるクラブを使いこなす必要があります。 また、常に完璧なコンディションで維持されており、フェアなプレー環境を提供します。歴史と伝統も重要な要素です。多くの著名なゴルファーがプレーし、伝説が生まれた場所であることが、コースに特別な重みを与えています。   この投稿をInstagramで見る   Tiger ...
アメリカのフリーマーケット&アンティークモール
アメリカで人気の蚤の市 米国には2,500のフリーマーケットがあると推定され、その数は増え続けています。しかし世の中に出回っている日本語の情報が少なすぎます。 フリーマーケットやアンティークショップ選びで失敗すると、時間を無駄にすることはざらにあります。車で数時間かけて行ったけど期待外れだったというのは珍しいことではありません。 多様な趣味嗜好を尊重しつつ、アンティークのバイヤー目線で、旅行者にアンティークやビンテージの買い物ができる場所を見つけていただくために編集されたものです。 「誰かのゴミは誰かの宝物」という言葉がありますが、同じものを見ても、人によって評価は異なります。ひとつの選択基準として活用していただけたらと思います。 アンティークを扱っていないファーマーズマーケットやスリフトショップなどは除外しています。 地域別 ■アメリカ西部 [xili-tidy-tags ...