Your Cart

レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランスで2番目に大きな蚤の市

ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。

8.2 TOTAL SCORE

レ・ピュス・デュ・カナル

インスタグラム

古い家具やヴィンテージの装飾品、デザイナーやレトロな雰囲気のものをお探しなら、まさにうってつけの場所です。上質な製品で埋め尽くされ、そのひとつひとつに物語があり、人生のすべてが詰まっています。


出店数 6
満足度 10
滞在時間 8
お宝発見度 7
リピート率 10
良い点
  • フレンドリーな雰囲気
  • 300から600の出展者が集まる
  • 観光客はあまりいない
注意点
  • 4ユーロの駐車場
  • かなり混雑している
  • 想像しているほど安くはない

 

ルイ・フィリップの家具から、アンティークの彫刻、花瓶、銀器、珍しい切手まで、あらゆる財布に合うものがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

今ではフランスで2番目、ヨーロッパでは5番目に大きなアンティーク・マーケットで、毎週約600のフレンドリーな業者が集まり、毎日約1万人、年間延べ約50万人が訪れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

毎週約100のディーラーが参加し、他の200の常設出展者は5つの専用エリアに分かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

トラブール

トラブールは歴史的な地区で、中庭と屋根付きの通路が連なっています。蚤の市のメインとなる建物です。ここは評判のアンティーク・ディーラーが集まる場所で、16世紀から20世紀までの多種多様なアンティークが展示されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

ルイ・ラ・ブロカント会場

次に、トラブールの直角にあるルイ・ブロカント・ホールへ向かいます。この蜘蛛の巣のように張り巡らされた屋根付きの長い路地は、アンティークの食器類、布地、ペンダント付きのシャンデリア、工業用ランプ、大小さまざまなアンティークの箱、引き出し、机、テーブル、絵画、古着など、100軒ほどの店が箱ごとに並んでいます。

コンテナ

ここは蚤の市の一番新しい会場で、輸送用コンテナに出店しています。演出や装飾が好きな人にはたまらないで、アンティークの家具や装飾品が柔らかで居心地の良いインテリアの中に並べられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

校舎

旧校舎はいくつかの小さな店に改装されています。この建物はコンテナに面していて、内装は独創的で詩的でビンテージな世界が広がっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

荷解きゾーン

ルイ・ラ・ブロカント本館の向かい側と、ルイ・ラ・ブロカント会場に平行して設けられた2つのエリアは、常連の古物商のための場所です。木曜日は専門家専用。土曜日は、個人であれば場所を借りることができます。ここは、値切り交渉が散策に欠かせない場所で、個人からプロまで、あらゆる種類のオブジェ、家具、食器などを売る人でごった返しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

カードが使える場所もありますが、現金をたくさん持って来るのがベスト。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les Puces du Canal(@pucesducanal)がシェアした投稿

レ・ピュス・デュ・カナルは、美味しい食べ物の匂いに満ちています。お財布のサイズに合わせて選べる8つのレストランがあります。

週3回、木曜と土曜はプロの出店者だけが出店でき、日曜の営業時間内は一般客も出店できるのが特長。出展者が多いので、日曜日に行くことをお勧めします。

リヨンを訪れるなら一見の価値があります。リヨンはフランスで3番目に大きな都市です。パリから南へ約470キロ、ローヌ川とソーヌ川の合流点に位置するフランス中東部にあります。料理と歴史的建造物で知られ、街の一部はユネスコの世界遺産に登録されています。

小さなお子様連れの方は、Les Pucesの隣に新しくできたExaltoに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

名前  レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
開催日 木、土、日
時間 木・土: 7 a.m. – 12 p.m.(出展者数80社)
日曜日:7 a.m. – 2 p.m. (出展者数400社)
入場料 無料
取り扱い商品 アンティーク、照明、絵画、食器、デザイン、家具など
住所 Les Puces du Canal (Lyon), 5 rue Eugène Pottier, 69100 Villeurbanne
詳細 公式ホームページ

地図

リヨンの郊外、ジョナージュ運河沿いのヴィルアルバンヌ。バスで簡単に行けますが、バスの本数が少ないのが残念。

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ペゼナス・アンティーク・フェア / Grande Foire à la brocante de Pézenas
ビンテージや蚤の市が好きな人なら必見 モリエールの町の中心で、1キロに渡って繰り広げられる蚤の市。5月の第1日曜日と10月の第2日曜日には、国道113号線沿いの約1キロにわたってアンティークフェア「グラン・デバラージュ」が開催されます。200以上の専門業者が終日出店。世界中からバイヤーたちが、貴重な宝物や不思議を発掘するためにここにやってきます。 [editorial-rating ...
ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras
プロヴァンスで最高の蚤の市 カルパントラの「蚤の市」は2000年から毎週日曜日、町の中心部にあるプラタナスの木の駐車場で開かれています。1日平均180の出展者と、多くのバイヤー、バーゲンハンター、コレクター、観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
ウイユの蚤の市 / Braderie de Houilles
フランス最大の蚤の市 毎年、ウイユの中心街で開催されるマーケット。30年以上にわたって駅前から大通りまで、6マイルに及ぶ露店に1,000を超える個人・プロの出展者と30万人の来場者を迎える一大イベントです。これは町の総人口の約10倍にあたります。街はまさにバーゲンハンターのパラダイスとなります。 [editorial-rating ...
ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。 [editorial-rating ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
マロイユの蚤の市 / Brocante de Maroilles
年に一度開かれる骨董市「ブロカント・ド・マロイユ」は、リールの蚤の市に次いで北フランスで最大の蚤の市と言われています。フランス全土はもとより、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツからも8万人の人々が集まります。 [editorial-rating ...