Your Cart

マルセイユ・プラージュの蚤の市

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

エロー地方で最高の蚤の市

蚤の市と中古品を抜きにしてマルセイユを語ることはできません。一年中、カート場裏のレジャーエリアで開催され、毎週水曜、土曜、日曜、祝日の午前7時半から海岸線に活気をもたらしています。

4.8 TOTAL SCORE

マルセイユ・プラージュの蚤の市

facebook

毎年、中古品、古着、アンティーク家具、コレクターズアイテムを求めるバーゲンハンターやコレクターが大勢集まります。この地方で休暇を過ごしている人も、この町に住んでいる人も、ショッピングやレジャーが好きな人には見逃せないイベントです。


出店数 2
満足度 6
滞在時間 4
お宝発見度 6
リピート率 6
良い点
  • 約130の出展者
  • すべてが低価格
  • 屋台/ベンダーの数は非常に多い
注意点
  • 人が多すぎる
  • 駐車が難しい
  • ジャンクが多い

 

15,000平方メートルの敷地に130ほどの出店者が集まります。ここでは中古品が新品の1/2から1/3くらい安く買えます。

アンティークや小物、衣服などを求めて通路を散策するのが好きな人たちにとって、エロー地方では見逃せないものとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Barrer(@michaelbarrer)がシェアした投稿

市内中心部に加えて、徒歩圏内にマルセイランビーチもあります。ほとんどが「アマチュア」出展者。毎週土曜日と日曜日に多くの人が参加しますが、だいたい同じ出展者です。

早朝の暑さにもかかわらず、通路にはたくさんの人がいます。果物や野菜も買えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Will Peccate(@willpeccate)がシェアした投稿

南の色、香り、アクセントを目で楽しみ、五感で楽しもう!天気の良い日に、マルセイユの魅力のひとつである市場を訪れてみてはいかがでしょうか。

海沿いにはレストランがたくさんあり、シーフードを食べながら船を眺めることができます。

基本情報

名前 マルセイユ・プラージュの蚤の市 / Puces brocante de Marseillan plage
開催日 水・土、日
時間  8 a.m. – 1 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所 2 Chem. de la Colline du Prieur, Marseillan, 34340, France
詳細 facebook

地図

マルセイユは、ラングドック・ルーション地方、ベジエの東に位置するエタン・ド・タウの美しい村のひとつです。かつては活発な漁港として栄えましたが、現在はミディ運河(世界遺産)の終点に位置することを中心に発展しています。

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...
アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。 [editorial-rating ...
マロイユの蚤の市 / Brocante de Maroilles
年に一度開かれる骨董市「ブロカント・ド・マロイユ」は、リールの蚤の市に次いで北フランスで最大の蚤の市と言われています。フランス全土はもとより、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツからも8万人の人々が集まります。 [editorial-rating ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
リヨン・パリから2時間のフランス第3の都市
フランスの隠れた宝のような街 フランスは、生活の質、医療、生活費の観点から、引退するのに非常に良い場所です。今回は、パリ、マルセイユに次ぐフランス第3の都市で、約2000年前に建設されたフランス最古の都市リヨンをご紹介します。           この投稿をInstagramで見る                       Stef(@steflirot)がシェアした投稿 フランス南東部のローヌ・アルプス地方に位置するリヨンは、かつては工業都市として栄えていましたが、現在は多くの工業用地が、コンフリュアンス美術館など、文化的なランドマークに生まれ変わっています。パリのような物価を感じさせず、フランス的なライフスタイルを求める人に人気となっています。 夏の6月~8月はリヨンのピークシーズンです。9月と10月は、夏の観光客がいなくなり、さわやかで涼しい秋の気候と色とりどりの紅葉が残るベストシーズンです。           この投稿をInstagramで見る                       Mohammad ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...