Your Cart

鄭州骨董品市場(郑州古玩城)/ 河南省

APACの中国担当 at フリーマーケット情報

ツアーガイドのメイです。好きな言葉は「極限の集中力と優れたチームが組み合わさったとき魔法が起こる」

中国最大の蚤の市

中国には多くの骨董都市がありますが、その中でも有名なのが鄭州骨董都市です。 現在、鄭州骨董都市の市場も熱く、毎日多くの人が屋台を出し取引などをしています。

鄭州市大学路にある鄭州骨董城では、毎週末に4階建ての屋上マーケットが開かれ、その周辺にも屋台が出ています。土曜日は最も混雑し、500以上の屋台が出店。骨董品、手工芸品、収集品、書道、多種の古書や新聞を扱っています。

9.0 TOTAL SCORE

鄭州骨董品市場

ホームページ

鄭州骨董城は1997年に建設され、1998年2月に正式にオープンしました。 鄭州大学中路のサンセットビルの下に位置し、4階建てのショッピングモールで、アンティーク、美術工芸品、収集品などを幅広く取り揃えています。中国でも大規模な古美術市場の一つで、主に玉、秦、将棋、書画、木工、磁器などを扱っています。


出店数 5
満足度 10
滞在時間 10
お宝発見度 10
リピート率 10
良い点
  • 500以上のベンダー
  • 中国最大級の骨董市
  • 河南省文化財局から許可を得た市場
注意点
  • 偽物に注意
  • 週末が賑わう

 

500以上の商人、1000人以上の従業員、1億4000万元の資産、2万平方メートルの取引スペースを持ち、中国最大級の骨董市であり、河南省文化財局から文化財監修品の運営を認められた河南省唯一の市場です。

法律を厳密に守り誠実に運営しているため、国内外の同業者と顧客から高い評価を得ているだけでなく、全国骨董品商工会議所の主要メンバーとなっています。

鄭州骨董城のスタッフは、骨董品や文化財の経験豊富な専門家で、訪問者に専門的なサービスを提供しています。週末になると、ビルの隣にあるフリーマーケットが賑わいます。

この骨董都市は唐代の日没楼の跡地にあり、史料に基づいて修復・建設されたものだといいます。現在では、この千年の歴史を持つ街のローカルなシンボルとなっています。

現在、1階のパビリオンは骨董品、玉、石彫、木彫、民芸品に力を入れており、3階は書画芸術品、4階は高級白玉通り、玉石通り、5階は永昌磁器展示館と週末フリーマーケットとなっています。 北側は自由貿易区に属し、書画額装、大型磁器、古書・希少本を専門に扱っています。

骨董市は毎週土曜日と日曜日に開催されます。

現在では、北京の潘家園に次ぐ国内第2位の骨董品「蚤の市」となり、中国全土の省・市から毎週末、骨董品商が集まる人気スポットとなっています。

また、古物商の交流の場であり、古美術品の展示の窓口でもあります。 さまざまな地域や様式の古美術品がここでぶつかり合い、南北の商人がここで情報交換を行い、文化交流の大きなプラットフォームとなっています。

鄭州骨董品市場は近年、骨董品を扱う店のほとんどが、より専門的で正式な高級品市場に徐々に移行するようになっています。

基本情報

名前 鄭州骨董品市場(郑州古玩城)
開催日 毎週土日
時間 9 a.m. – 6:30 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 アンティーク、翡翠、木工品、骨董品・雑貨、書画・美術品など
住所 鄭州市二七区大学中路49号(郑州市二七区大学中路49号)
詳細 公式ホームページ

地図

交通手段:46番、Y2番、B60番、210番、126番、179番、20番バス、郑州古玩城駅下車。



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック