Your Cart

テレージエンヴィーゼの蚤の市 / Flohmarkt auf der Theresienwiese

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

毎年4月、ミュンヘン郊外にあるテレージエンヴィーゼで開催される大規模な蚤の市。本や洋服、アンティーク家具やジュエリーなど、バーゲンハンターやヴィンテージ好きにはたまらないイベントです。

10.0 TOTAL SCORE

テレージエンヴィーゼの蚤の市

インスタグラム

バイエルン州最大の蚤の市。中古品やヴィンテージの品々を数多く取り揃えています。その独特の雰囲気から、蚤の市ファンにとっては、春祭りの時期に必ず訪れるイベントとなっています。


出店数 10
満足度 10
滞在時間 10
お宝発見度 10
リピート率 10
良い点
  • 2,000以上のベンダー
  • 30年以上続くミュンヘンの伝統的なイベント
  • 値切り交渉が可能
注意点
  • スリに注意

 

春祭りの最初の土曜日に開催されるのが恒例で、30年以上にわたって多くの観光客だけでなく、地元の人々も安価な中古品を手に入れるために集まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Hausmann(@mucbaer_69)がシェアした投稿

バイエルンの前の広場は、色とりどりの蚤の市の屋台で埋め尽くされ、あらゆる種類の珍品や便利な中古品もたくさん売られています。ドイツ全土でおそらく最大の蚤の市として最も有名で、ヨーロッパ中から8万人以上の観光客が集まります。

年に一度、4月に開催されています。8万平方メートルを超える広さの会場に、2,000以上のベンダーが出店します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bine(@va.bine)がシェアした投稿

ビンテージの服、絵画、家具、写真、彫刻、軍用品、家電、アンティーク、本物のアクセサリー、シャネル、ディオール、ルイヴィトン、ドルチェガバナなどのブランドの服などが、低価格で手に入ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

München(@muenchen)がシェアした投稿

壊れたテープレコーダー、錆びたフォーク、期限切れの美容液など、あらゆる種類のガラクタも並んでいます。誰でも出店できるので、レコード、書籍、衣類、アンティーク家具、宝飾品など、地下室や物置に蓄積されたあらゆるものが出品されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jota Konstantinidou(@la_griega)がシェアした投稿

誰よりも早く掘り出し物を手に入れるコツは、懐中電灯を持って午前4時頃会場に行くことです。蚤の市のベテランたちは、蚤の市の正式な開場の前日に顔を出すことを勧めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Doris Piepenbrink(@dorispiepenbrink)がシェアした投稿


実際、金曜日の午後から夕方にかけて、ほとんどのプロの出店者がすでに設営し、商品を売り始めています。

バイエルン赤十字が主催するこの蚤の市の収益の多くは、赤十字のチャリティーイベントやプログラムの資金として使われます。

テレージエンヴィーゼの蚤の市のYoutube動画

毎年、このマーケットはテレージエンヴィーゼの裏側(無料エリア)に設置されるのが恒例となっています。バイエルンの下、Festwieseの南側です。是非、足を運んでみてください。

基本情報

名前 フローマルクト・アウフ・デア・テレージエンヴィーゼ / Flohmarkt auf der Theresienwiese
開催日 毎年4月下旬(土曜日)
時間  7 a.m. – 4 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 レコード、本、洋服、アンティーク家具、ジュエリー
住所
Matthias-Pschorr-Straße, 80336, München, Germany
詳細 公式ホームページ

地図

ミュンヘンの中心部にあり、公共交通機関でも行きやすいですが、自転車や車でも行けます。

最寄り駅:テレージエンヴィーゼ駅(Theresienwiese)、ハウブトバンホフ駅(Hauptbahnhof)

ドイツで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ドイツで人気のフリーマーケット31選
一点もののお宝を手頃な値段で手に入れよう ドイツのフリーマーケットの雰囲気はとても特別で、山積みになった洋服や古い家具、珍しいレコードを物色するのは楽しいものです。どの品物にも物語があり交渉もあります。しかし、どのマーケットでもコンセプトは少し違います。ここでは、独自の魅力とユニークさを備えたドイツの蚤の市をいくつかご紹介します。 蚤の市はドイツ語で、フローマルクト(Flohmarkt)や、トローデルマルクト(Trödelmarkt ...
グロースノイマルクト蚤の市 / Flohmarkt Großneumarkt
年に4回、ハンブルク、ノイシュタットの中心部で開催される比較的小さな蚤の市です。近所の人たちが自慢のアンティークや中古品を販売。40年の長い歴史と魅力に溢れています。 [editorial-rating ...
ラドシュレッガー・マルクト / Radschlägermarkt
デュッセルドルフで最も古い蚤の市 デュッセルドルフの卸売花市場の周辺で開催される日曜蚤の市です。デュッセルドルフで最も人気のある蚤の市のひとつで、アンティークと1980年代のガラクタが混在する460以上の露店が立ち並びます。 [editorial-rating ...
シャイベンホルツ競馬場の蚤の市 / Flohmarkt im Scheibenholz
ライプツィヒのシャイベンホルツ競馬場で開催されるフリーマーケットです。普段はシャイベンホルツ競馬場のレーストラックの上を馬が疾走しています。しかし、月に1回、この場所はフリーマーケットとアンティークマーケットに変身します。 [editorial-rating ...
ケルン競馬場のフリーマーケット / Flohmarkt an der Kölner Galopprennbahn
ケルン北部のヴァイデンペッシュ競馬場で開催される人気の蚤の市は、1982年から開催されています。ベンダーたちが骨董品やガラクタなどの宝物を並べています。 [editorial-rating ...
フローマルクト・カールスプラッツ / Flohmarkt Karlsplatz
カールスプラッツ蚤の市は、ドイツで最も古い蚤の市のひとつで、シュトゥットガルトの中心地、旧宮殿の真裏にあるカールスプラッツ広場で開催されています。古き良き時代の磁器、アンティーク、絵画、本、ランプ、日用品など、幅広い品揃えが魅力です。 [editorial-rating ...
アグラ・アンティークマルクト / Agra Antikmarkt
ライプツィヒのフリーマーケット。特にガラスや陶器、高品質の骨董品がたくさんあります。30年以上の歴史があり、ヨーロッパで大規模なアンティークマーケットとしてトップ10に入ります。 [editorial-rating ...