Your Cart

ブレーメン・ヴェーザー蚤の市 / Bremer Weserflohmarkt

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

毎週土曜日にヴェーザー川のほとりで開かれるアンティーク・フリーマーケット。ブレーメンで最も有名な蚤の市のひとつです。衣料品、ゲーム、書籍、電化製品、宝飾品、食器、装飾品など、あらゆる種類のガラクタがここで見つかります。4月初旬から10月末までの毎週土曜日、8時から14時まで、天候に左右されることなく並びます。

3.8 TOTAL SCORE

ブレーメン・ヴェーザー蚤の市

ホームページ

ブレーメン・ミッテ地区の長い伝統を持つヴェーザー川のほとりのアンティーク&フリーマーケット。音楽、ファッション、家庭用品、キッチン用品などが、バーゲンプライスで手に入ります。


出店数 2
満足度 6
滞在時間 2
お宝発見度 4
リピート率 5
良い点
  • 35年以上の歴史
  • 豊富な品揃え
注意点
  • 雨天決行
  • ガラクタも多い

 

天気の良い日には、ヴェーザーの蚤の市はアーケードからユースホステルまでの約1.5キロメートルの範囲に及び、シュラハテからオスターダイヒまでの区間は、人だかりができます。

家庭で使える実用的なもの、おしゃれなもの、窓や壁に飾りたいもの、読んでいてワクワクするようなものなどを求め、好奇心旺盛で熱心なバイヤーが集まります。

アンティークやジャンク品、希少品や掘り出し物、特別なコレクターズアイテムなど、運が良ければ、探しているものが見つかるはずです。

しばらくディーラーと世間話をしていると、大抵の場合、少し値引きをしてくれます。

ライブ音楽、食べ物、手工芸品はカジェンマルクトの屋台で購入できます。カジェンマルクトの営業時間は午前11時から午後6時までです。

ヴェーザー川沿いを散策してから、シュラハテにあるビアガーデンやレストラン、カフェに立ち寄るのもおすすめです。また、散策の後は、マルティニアンレーガーから船旅を楽しむこともできます。ぜひ、足を運んでみてください。

基本情報

名前 ヴェーザー河畔のアンティーク&フリーマーケット / Antik- und Trödelmarkt am Weserufer
開催日 毎週土曜日
時間 8 a.m. – 2 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 洋服、生活用品、装飾品、おもちゃ
住所 Martinistraße, 28195 Bremen, Germany
詳細 公式ホームページ

地図

ブレーメン旧市街のすぐ近く。

ドイツで人気のフリーマーケット



関連記事

ドイツで人気のフリーマーケット31選
一点もののお宝を手頃な値段で手に入れよう ドイツのフリーマーケットの雰囲気はとても特別で、山積みになった洋服や古い家具、珍しいレコードを物色するのは楽しいものです。どの品物にも物語があり交渉もあります。しかし、どのマーケットでもコンセプトは少し違います。ここでは、独自の魅力とユニークさを備えたドイツの蚤の市をいくつかご紹介します。 蚤の市はドイツ語で、フローマルクト(Flohmarkt)や、トローデルマルクト(Trödelmarkt ...
ニッペの蚤の市 / Flohmarkt in Nippes
ケルン・ニッペの中心部では、月一回蚤の市が開かれ、プロの業者だけでなく、個人でも約150のベンダーが集まっています。 [editorial-rating ...
フロージン蚤の市 / FlohZinn
毎月第一日曜日、ハンブルクで最も和やかな蚤の市が、ヴィルヘルムスブルクのジンヴェルケ周辺で開催され、コレクターの心を躍らせます。 [editorial-rating ...
シャウメイカイ&リンドリー通りのフリーマーケット
フランクフルトの蚤の市は、毎週土曜日(祝日を除く)に開催されています。年間12,000以上の業者が出店しているので、きっとあなたの好みに合ったものが見つかるはずです。 [editorial-rating ...
トレプトウの屋内蚤の市 / Hallenflohmarkt (Treptow)
トレプトウ(Treptow)のアリーナで開催されるフリーマーケット。普通の蚤の市ではないのですが、DIYが趣味の人たちやガラクタ好きにはたまらない場所です。 [editorial-rating ...
ヨーロッパの磁器発祥の地、マイセンの魅力を解き明かす旅
マイセン磁器の歴史と職人技に魅せられる旅 マイセン磁器工場見学の魅力をご紹介します。マイセンは世界で最も有名で影響力のある磁器ブランドのひとつで、その歴史は300年以上にさかのぼります。ヨーロッパ磁器発祥の地を訪れ、その遺産を肌で感じてください。 東京の喧騒から、歴史と芸術、そして穏やかな風景が織りなす魅力的な町、マイセンへの旅に出かけましょう。最高級の磁器で知られるマイセンは、その長い歴史と現在を探求する旅へとあなたを誘います。経済的な予算を守りつつ、夏の一週間を最大限に楽しむためのガイドです。 東京から時を越えた芸術の町マイセンへ マイセンは、ドイツ東部ザクセン州に位置する都市です。あなたの冒険は、東京からドレスデンへのフライトで始まります。 ドレスデンはマイセンに最も近い大都市です。マイセンの人口は約3万人で、ドレスデンから約25km離れています。着陸後、絶景の中を走る電車の旅が、石畳の街並みとバロック建築が待つザクセンの中心地へとあなたを運びます。 経済的なフライトと早期予約で最良の取引を得ることを忘れずに、夏の旅行によくある季節割引もチェックしてください。 マイセン磁器製造所:芸術と職人技の出会い マイセン磁器工房は、1710年にポーランド王でザクセン選帝侯のアウグスト2世「強王」によって創設された豊かな歴史を持ち、ヨーロッパ最古の磁器製造の世界を垣間見ることができる場所です。ここでは、何世紀にもわたる職人技、芸術性、革新性が息づく文化遺産として、訪れる人々を魅了しています。 ...
ラドシュレッガー・マルクト / Radschlägermarkt
デュッセルドルフで最も古い蚤の市 デュッセルドルフの卸売花市場の周辺で開催される日曜蚤の市です。デュッセルドルフで最も人気のある蚤の市のひとつで、アンティークと1980年代のガラクタが混在する460以上の露店が立ち並びます。 [editorial-rating ...