Your Cart

アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。

6.4 TOTAL SCORE

アリーグル蚤の市

インスタグラム

パリ12区にあるこの市場では、新鮮な野菜や果物だけでなく、アジアやアフリカの製品、素晴らしいアンティークも手に入ります。特に日曜日はおすすめです。


出店数 2
満足度 7
滞在時間 5
お宝発見度 8
リピート率 10
良い点
  • 世界中の食材が手に入る
  • 豊富な種類
注意点
  • 週末は混雑することが多い
  • 規模は小さめ

 

バスティーユ広場とナシオナル広場の間にあるボーヴォー市場は、市場のある広場の名前からアリグル市場とも呼ばれ、週6日開催されています。マーケットは、ボーヴォーのマーケットホールの屋根付き部分と、アリーグル広場、そして隣接する通りで開催されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nontage paris(@nontage)がシェアした投稿

屋根付き市場は、建築好きにはたまらない美しいホールで、花、果物、野菜、肉、チーズなど、パリで手に入るあらゆる食材が、色とりどりに並んでいます。マーケットホールでは、値段は高いですが、周辺のショップよりも洗練された商品が並びます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MaevaSoa(@maeva_soa)がシェアした投稿

青空市場は広場で開催され、アリーグル通りにも広がっています。アリグル通りは、新鮮で多様な果物や野菜を手頃な価格で売る屋台でいっぱいの通りで、世界中の食材が手に入ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KF(@kfinparis)がシェアした投稿

デリカテッセン、チーズセラー、魚屋などの食品店が軒を連ねています。あらゆる食べ物が手に入ります。肉やデリカテッセンよりも野菜や果物の方が多いのですが、値段はパリで最も安く、何でも揃います。地方の特産品も買えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joncarl Lachman(@nethernoord)がシェアした投稿

この通りを散策すれば、パリの食文化の一端に触れることができるはずです。

アリーグル市場は食べ物がメインとはいえ、広場からダリグル通りを下ったところにあるマーケットでは、食器、絵画、ランプなどのビンテージ品、古着屋、きれいな花を売る屋台など、さまざまなお店が軒を連ねています。

この市場では、インド、アジア、アフリカの製品も買うことができます。特に日曜日のランチタイムは、一番お得な商品を見つけることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paris Ma Belle(@parismabellejeux)がシェアした投稿

早い時間帯に来店すると品揃えが良く、遅い時間帯に来店すると値段の交渉がしやすいでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AntiKvida – Bazar Vintage(@antikvida)がシェアした投稿

そして、12個の美味しい牡蠣を白ワインと一緒に味わうなら、この地区の名店、バロン・ルージュに行きましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Svenja(@s.venja72)がシェアした投稿

1860年代にパリ12区に指定される以前は、フォーブール・サン・アントワーヌと呼ばれる郊外でした。フォーブールは郊外、サン・アントワーヌはこの地にあった修道院に由来します。

当時、アリグル市場はフォーブルの主要な食料供給源であると同時に、彫刻家、金箔職人、研磨職人、家具職人などの職人たちが商品を売る場所でもありました。職人たちがこの界隈に集まっていた時代は、現在もこの界隈に残る家具店にも反映されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Art Discount(@de.stockage)がシェアした投稿

その後、20世紀初頭にリヨン駅が開業すると、マルセイユから列車でやってきた北アフリカの移民たち(マグレバン)がこの地域に集まるようになりました。その中には、アリーグルに市場の屋台を構える人もいました。実際、現在のアリーグル市場の出店者のほとんどは、家業を継いだ3~4代目の出店者です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Malik Ngu(@boaz1999)がシェアした投稿

アラビア語とフランス語が混ざり合う声は、アリーグル市場のスピリットなのです。

現在では、村のようなコスモポリタンな雰囲気があり、今でもパリ中のパリジェンヌを魅了しています。

アリーグル蚤の市のYoutube動画

基本情報

名前 アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
開催日 月曜日を除く毎日
時間 8 a.m. – 1:30 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 布地、装身具、古書、絵画、古着、彫刻
住所 15 pl Aligre, 75012 Paris, France
詳細 公式ホームページ

地図

場所:アリーグル広場、アリグル通り、フォーブール・サン・アントワーヌ通りとシャラントン通りの間。地下鉄8号線「Ledru Rollin」駅で下車。

アリーグルは、クレミュー通りの近くに位置しています。リヨン駅やヴィアデュック・デ・ザールからほど近く、同名のアリグル通り(rue d’Aligre)が345メートルにわたって広がっていることでも知られています。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

水辺の蚤の市「ピュス・ド・モンソロー」Puces de Montsoreau
30年以上続く神聖なイベント ロワール川のほとりにあるこの蚤の市は、毎月第2日曜日、80軒の古物商が自慢の品々を並べます。家族連れの日曜日の散歩コースとして、また掘り出し物探しには欠かせない場所として親しまれています。 [editorial-rating ...
パリ旅行者必見のセーヌ川クルーズ
パリの歴史を巡る船旅 光の都パリは、そのロマンチックな雰囲気、見事な建築物、豊かな歴史で有名です。パリの美しさを体験する最高の方法のひとつが、セーヌ川クルーズです。この象徴的な川は、街の中心を縫うように流れ、旅行者にパリのランドマークやアトラクションのユニークな視点を提供してくれます。この記事では、セーヌ川クルーズの魅力を探りしていきます。 ...
ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。 [editorial-rating ...
マルセイユ・プラージュの蚤の市
エロー地方で最高の蚤の市 蚤の市と中古品を抜きにしてマルセイユを語ることはできません。一年中、カート場裏のレジャーエリアで開催され、毎週水曜、土曜、日曜、祝日の午前7時半から海岸線に活気をもたらしています。 [editorial-rating ...
リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市 / L’Isle-sur-la-Sorgue
フランスのアンティークの首都 プロヴァンス地方にある小さな町で、毎週日曜日、巨大な屋外アンティーク市が開かれます。食品市場、蚤の市、骨董市がひとつになったもので、オリーブから美術品まで何でもここで買うことができます。パリ以外でフランスのアンティークの品揃えが豊富な町で、アンティーク愛好家にとっては夢のような街です。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...