Your Cart

オルレアンのフリーマーケット / MARCHÉ À LA BROCANTE – ORLÉANS

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

パリからTGVで日帰りできる蚤の市

ロワール地方への玄関口であるオルレアンの町で開かれる蚤の市。中規模ながら幅広いジャンルの商品が見つかります。地方各地から集まった約100の中古品商が掘り出し物ハンターを魅了します。

4.6 TOTAL SCORE

オルレアンの蚤の市

ホームページ

アレクサンドル・マルタン大通りで毎週土曜日に開催されているフリーマーケット。ビンテージの食器類から、家庭用リネン類、小さな家具や中古品のプロが提供する質の高い商品まで、中古品好きにはたまりません。


出店数 1
満足度 6
滞在時間 5
お宝発見度 5
リピート率 6
良い点
  • 100以上の露店
  • あらゆる予算に対応
  • 家族連れや観光客もちらほら
注意点
  • 現金を持参
  • 夏期は出展者が少ない

アレクサンドル・マルタン大通りで年間を通じて土曜日の午前中に開催されるアマチュアも参加できる蚤の市で、季節のセールと同様、一年の風物詩となっています。

オルレアンの蚤の市で売られているほとんどの商品は、この地域の農業や漁業の歴史を反映したもので、道具、プランター、バケツ、水差し、ワイン醸造の道具、バスケット、釣り竿など、素朴なものが多くあります。また、より上質な陶器や磁器、良質のリネン類も目にすることができます。

商品の陳列は、よく整理された蚤の市のブースから、毛布の上に積まれただけの商品まで様々です。

1着2ユーロの古着、赤い大理石の天板のテーブルが20ユーロ、工具一式が3ユーロ、照明スイッチ2つが20セント、シャッター付きのルイ・フィリップのテーブルが30ユーロなど価格的には、かなりお手頃です。常連客は、多かれ少なかれ、両手にバッグを満載して歩いています。

通路では、クロワッサンを交換したり、ロゼを飲んだり、フレンドリーな雰囲気の中で時間が過ぎていきます。

このマーケットの素晴らしいところは、毎週参加しても、毎回違う商品を持っていることです。市内中心部に近いことも大きく、その後に買い物をすることもできます。

基本情報

名前 オルレアンの蚤の市 / MARCHÉ À LA BROCANTE – ORLÉANS
開催日 毎週土曜日
時間  7 a.m. – 2 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 アンティークの陶磁器、磁器工芸品、ぬいぐるみ、リネン、台所用品、絵画、レコード、銀食器、家庭用家具
住所 38 Bd Alexandre Martin, 45000 Orléans, France
詳細 ホームページ

地図

オルレアンはパリからのアクセスもよく、TGVも走っているので、パリからの日帰り旅行にも便利です。

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

レ・アール蚤の市 / Brocante des Allées
フランス南西部最大の中古市場 毎月トゥールーズのフランソワ・ヴェルディエ通り(Allées ...
シャトゥーの蚤の市 / Foire de Chatou
フランス最大のアンティークフェア パリの西側で開催される人気のイベント。50年以上にわたり、最高級のアンティーク・ディーラー、アート・ギャラリー、中古品のプロフェッショナルが歴史に彩られた多彩なブースで一堂に会します。この見本市に来れば、現在のトレンドがすべてわかります。 [editorial-rating ...
マロイユの蚤の市 / Brocante de Maroilles
年に一度開かれる骨董市「ブロカント・ド・マロイユ」は、リールの蚤の市に次いで北フランスで最大の蚤の市と言われています。フランス全土はもとより、ベルギー、オランダ、イギリス、ドイツからも8万人の人々が集まります。 [editorial-rating ...
ヴィラージュ・スイス・パリ / Village Suisse Paris
スイス村は今も生き続けている ここは、かつて1900年の万国博覧会の展示会場でした。もしあなたが上質なものを求めるのなら、パリの中心部、エッフェル塔からほど近い、シャン・ド・マルス通りの端にひっそりと佇む複合施設に行ってみましょう。18世紀のフランス家具やアフリカのプリミティブ・アートを得意としています。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...
ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...