Your Cart

マルシェ・ア・ラ・ブロカント / Marché à la brocante

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランス屈指のアンティーク・マーケット

この蚤の市は、地元の人々にも観光客にも人気があり、様々な趣味や嗜好に応える幅広い品揃えが魅力です。この蚤の市は、賑やかな雰囲気と品揃えの良さで知られており、スペイン、イタリア、ベルギー、ドイツ、イギリス、そしてアメリカからも、何千人もの蚤の市ファンが訪れます。

4.0 TOTAL SCORE

マルシェ・ア・ラ・ブロカント

ホームページ

幅広い品揃えの美しいフリーマーケット。骨董品が好きな人なら、ほぼ間違いなく満足できる何かが見つかるでしょう。 長年にわたり、ヴィルヌーヴの人々にとって見逃せないイベントとなっています。


出店数 1
満足度 6
滞在時間 4
お宝発見度 4
リピート率 5
良い点
  • 骨董品がたくさんある
  • フレンドリーな雰囲気
  • 土曜日の朝の散歩に最適
注意点
  • 少々お値段が高め
  • 観光客向け
  • 規模は小さめ

80から100の業者が出店。アンティーク、ヴィンテージ品、コレクターズアイテム、ユニークな掘り出し物など、さまざまな品物を見つけることができます。家具や装飾品から宝石や美術品まで、希少でオリジナルなアイテムを発見したい人には絶好の場所です。

ちょっと変わった本物のお土産を見つけるには絶好の場所です。出展者の種類が豊富(個人、専門家、古物商、骨董商)なため、蚤の市を自分の財布に合わせることができます。

ヴィルヌーヴ=レ=アヴィニョンの町は、絵に描いたような美しい景色、歴史的な場所、さまざまなレストランがあり、市場の魅力をさらに高めています。中世の建築物や景勝地など、町の見どころを巡りながらマーケットを楽しむことができます。

マルシェ・ア・ラ・ブロカントは、ショッピングだけでなく、人々が集い、おしゃべりをしたり、活気ある雰囲気を楽しんだりする、文化的・社交的な拠点としても機能しています。

さまざまなアイテムが手頃な価格で購入できますが、多少の値切り交渉に挑戦してみても損はないでしょう。しかし、特に朝早い時間帯は、大幅な値引きは期待できません。売り手は、蚤の市の日が終わり、荷造りに熱中しているときがベストです。

また、フランス語をあまり話せなくても、ほとんどの売り子はとても友好的で、あなたが理解できるように最善を尽くしてくれます。

この投稿をInstagramで見る

Tina Serafini(@tina_louise_)がシェアした投稿

また、伝統的な軽食バーやピザ屋台、、白ワインと一緒に牡蠣を試食できる牡蠣の試食スタンドなど、温かくフレンドリーな雰囲気も気に入ることでしょう。

ヴィルヌーブの中心部に位置するこのマーケットは、地元の人々にとっても観光客にとっても便利な場所です。ヴィルヌーヴ=レ=アヴィニョンの中心部に位置するため、交通の便がよく、さほど苦労せずに行くことができます。

この投稿をInstagramで見る

SUDSACS(@sudsacs)がシェアした投稿

毎週開催されるブロカントに加えて、プロの出展者限定の「ブロカント・パッション」と呼ばれるアンティーク・ショーが年2回、5月と10月に開催されます。

ヴィルヌーヴ=レ=アヴィニョンのマルシェ・ア・ラ・ブロカントは単なる蚤の市ではなく、歴史、文化、コミュニティが一体となった場所です。本格的なコレクターも、気軽な買い物客も、地元の雰囲気に浸りたい人も、このマーケットは誰もが楽しめるでしょう。

マルシェ・ア・ラ・ブロカントのYoutube動画

基本情報

名前 マルシェ・ア・ラ・ブロカント / Marché à la brocante
開催日 毎週土曜日
時間  7 a.m. – 1:30 p.m.
入場料 $1.00
取り扱い商品 絵画、陶器、家具、工業製品、プリミティブ・アート、コンテンポラリー・アート、食器など
住所 Place Charles David, 30400 Villeneuve-lès-Avignon, France
詳細 ホームページ

地図

場所はシャルル・ダヴィッド広場で開催。この場所では、毎週木曜日にはファーマーズ マーケットが、毎週土曜日にはアンティーク マーケットが開催されます。

ローヌ川を挟んでアヴィニョンの対岸では、毎週土曜日の朝、ヴィルヌーヴ・レ・ザヴィニョンで蚤の市が開かれます。

フランスで人気のフリーマーケット30選



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。 [editorial-rating ...
アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
ペゼナス・アンティーク・フェア / Grande Foire à la brocante de Pézenas
ビンテージや蚤の市が好きな人なら必見 モリエールの町の中心で、1キロに渡って繰り広げられる蚤の市。5月の第1日曜日と10月の第2日曜日には、国道113号線沿いの約1キロにわたってアンティークフェア「グラン・デバラージュ」が開催されます。200以上の専門業者が終日出店。世界中からバイヤーたちが、貴重な宝物や不思議を発掘するためにここにやってきます。 [editorial-rating ...
EWアンティーク・ショップ(パリ4区)
小さな掘り出し物を探す旅 パリ4区のル・マレ地区の中心部にあるビンテージ・ショップ。とてもかわいい店で、フランスのビンンテージものをお探しの方におすすめです。 [editorial-rating ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...
ルーブル美術館-Musée du Louvre
芸術と歴史が織りなす感動の体験 パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。 この投稿をInstagramで見る Musée ...
ヴィラージュ・スイス・パリ / Village Suisse Paris
スイス村は今も生き続けている ここは、かつて1900年の万国博覧会の展示会場でした。もしあなたが上質なものを求めるのなら、パリの中心部、エッフェル塔からほど近い、シャン・ド・マルス通りの端にひっそりと佇む複合施設に行ってみましょう。18世紀のフランス家具やアフリカのプリミティブ・アートを得意としています。 [editorial-rating ...