Your Cart

カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

プロヴァンスで最高の蚤の市

カルパントラの「蚤の市」は2000年から毎週日曜日、町の中心部にあるプラタナスの木の駐車場で開かれています。1日平均180の出展者と、多くのバイヤー、バーゲンハンター、コレクター、観光客が訪れています。

4.8 TOTAL SCORE

カルパントラの蚤の市

facebook

カルパントラ郊外にある蚤の市。毎週、町の中心部、観光局のすぐ裏にあるプラタン駐車場で開催されます。巨大な駐車場は、プロの出店者から、自宅から小物を持ち込んで売る人まで、さまざまな出店者でごった返しています。


出店数 2
満足度 6
滞在時間 5
お宝発見度 5
リピート率 6
良い点
  • 最大200社が出展
  • 低価格から高品質のアンティーク
  • 駐車場は無料
注意点
  • 午後までいない出店者もいる
  • 昼前が最も混み合う
  • 寒い時期には75店ほどに減る

 

カルパントラス・ブロカントはPuces-Brocante(蚤の市)ということで、Vide-grenier(ガレージセール)とBrocante(本格的な骨董市)の中間のようなフリーマーケットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

会場のほとんどがプラタナスの木陰で、プロや個人の出品者が集まり、フリーマーケット形式で中古品を販売しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

お手頃で質の高い品物が見つかることも多く、アンティーク探し愛好家の中には、プロヴァンスで最高の蚤の市のひとつと考える人もいます。品物も価格もバラエティに富んでいますが、その大半は、誰かの家から持ち寄った普通の中古品です。しかし、隠れた宝物を探すために時間を費やす価値はあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

リネン類(古リネンを除く)、靴、電気・電子機器(シャンデリア、ランプを除く)、新品、食品は販売していません。

スタンドの開梱は9:00に始まり、遅くとも18:00に終了します。屋台が本当に開店するのは午前10時ごろです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

大雨が降ると、どうしても規模が小さくなってしまいます。

毎週の蚤の市に加え、カルパントラスでは年に数回、見逃せないという意味の「immanquables(インマンクアブルズ)」という大規模な蚤の市が開かれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

この蚤の市は、4万平方メートルの会場に900ものプロや個人のアンティーク業者が集まり、品物を広げます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGO organisation(@ego_organisation)がシェアした投稿

敷地内には小さな軽食販売車もありますが、カルパントラスの旧市街地までぶらぶらと歩いて行けば、美味しいコーヒーとケーキ、手作りのチョコレートを楽しむことができます。

カルパントラの蚤の市のYoutube動画

このマーケットは、他のブロカントよりも営業時間が長いのが特長です。特定の時代の家具を探しているなら、アイル・シュル・ラ・ソルグは間違いなくお勧めの場所です。

基本情報

名前 カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras
開催日 毎週日曜日
時間 9 a.m. – 5 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、食器、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所 Allées Jean Jaurès 84200 Carpentras, France
詳細 公式ホームページ

地図

モン・ヴァントゥーを望むプラタン駐車場(ジャン・ジョレス通り)で開催。

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市 / L’Isle-sur-la-Sorgue
フランスのアンティークの首都 プロヴァンス地方にある小さな町で、毎週日曜日、巨大な屋外アンティーク市が開かれます。食品市場、蚤の市、骨董市がひとつになったもので、オリーブから美術品まで何でもここで買うことができます。パリ以外でフランスのアンティークの品揃えが豊富な町で、アンティーク愛好家にとっては夢のような街です。 [editorial-rating ...
ヨーロッパ最大のフリーマーケット「ブラッドリー・ドゥ・リール」Braderie de Lille
フランスの北部のリールで行われるヨーロッパ最大のフリーマーケット。毎年9月の第一週末に開催されます。その歴史は12世紀にまで遡ります。ブラデリーは単なる市場ではなく、音楽演奏、大道芸人、その他の文化的イベントも含まれるお祭り騒ぎで、地元の人々にとっても観光客にとっても賑やかな週末となります。 [editorial-rating ...
リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
フランス西部最大級の蚤の市 ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。 [editorial-rating ...
ルーブル美術館-Musée du Louvre
芸術と歴史が織りなす感動の体験 パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。 この投稿をInstagramで見る Musée ...
オルレアンのフリーマーケット / MARCHÉ À LA BROCANTE – ORLÉANS
パリからTGVで日帰りできる蚤の市 ロワール地方への玄関口であるオルレアンの町で開かれる蚤の市。中規模ながら幅広いジャンルの商品が見つかります。地方各地から集まった約100の中古品商が掘り出し物ハンターを魅了します。 [editorial-rating ...