Your Cart

ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

アンティーク愛好家が集まる場所

パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。

6.0 TOTAL SCORE

モントルイユの蚤の市

インスタグラム

モントルイユの蚤の市は、古着愛好家の集う場所として知られています。革の服、ハワイのシャツ、ミリタリーパーカー、戦前の毛皮など、着たいものがきっと見つかるはずです。そして何より、コミック、レコード、アンティーク家具、装飾品など、アンティークや文化的な希少品を扱うマーケットです。


出店数 4
満足度 7
滞在時間 5
お宝発見度 7
リピート率 7
良い点
  • 400以上のベンダー
  • 140年の歴史を持つマーケット
  • 1ユーロで買えるものもある
注意点
  • サン・トゥアン市場より格式が低い
  • トレンディさは劣る
  • 当たり外れがある

この広大で賑やかで多彩な蚤の市には、色とりどりの布、車の部品、ハラール食品、毛皮のコート、古本、古着、家庭用品などなど、期待以上のものが揃っています。

マーケットの入り口に、「古着」を専門に扱う店が20軒ほどあります。レース、毛皮、時を経て昇華したレザージャケット、中古のジーンズ、1960年代のアクセサリーなどが並び、日替わりで雰囲気が変わります。

よく探せばジバンシーやシャネルなどのフランスのデザイナーのものが見つかることもあります。常連客の中には、映画の衣装デザイナーの人もいます。モントルイユの蚤の市は、人が少なくて、珍しいものがたくさんあるので、中古品やヴィンテージ品を愛する人たちにとって、まさにパラダイスです。

約400の露店が並ぶこの小さな市場の路地を訪れれば、アクセサリー、小さな家具、魅力的なスパイス、本、スポーツ用品などを低価格で手に入れることができます。

雑貨、高級ブランドから小さなブランドまでの古着、無名のデザイナーなど、ここでならきっと宝物に出会えるはずです。少し根気よく探せば、どんな値段のものでも手に入るのがポイントです。

この投稿をInstagramで見る

laternamagica(@laternamagica)がシェアした投稿

特定の物を探している場合は、商人たちが他の蚤の市を案内してくれることもあります。

1990年代、1万フラン以下でゴッホを買った人がいたと言われていますが、現在では数百万ユーロの価値があると推定されます。

この投稿をInstagramで見る

Kim EG(@myfrenchbrocante)がシェアした投稿

ここではまだ1ユーロで買えるものもあります。最高のベンダーはたいてい、小さな広場にいます。値切り交渉は当然のことなので、適切な価格になるまであきらめないでください。

人混みが苦手な方は、観光客が最も多くなる週末を避けて歩くとよいでしょう。

駐車場は、Décathlon方面の環状道路沿いのスペースか、Porte de Montreuilショッピングセンターの駐車場に停めることができます。

この投稿をInstagramで見る

芙紗子 fusako(@f_k_paris)がシェアした投稿

クレープを食べたり、中東料理を食べたり、コーヒーを飲んだりしながら、掘り出し物探しをしてみてはいかがでしょうか。

モントルイユの蚤の市のYoutube動画

基本情報

名前 マルシェ・オ・ピュース・ド・モントルイユ / Marché aux Puces de Montreuil
開催日 土 – 月
時間  7 a.m. – 7:30 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着やおもちゃ、古いカトラリー、1940年代の照明器具、家具、アンティークのガラス製品など
住所 Avenue du Professeur André Lemierre 75020 Paris
詳細 公式ホームページ

地図

最寄り駅:地下鉄9号線Porte de Montreuil駅下車。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...
マルセイユ・プラージュの蚤の市
エロー地方で最高の蚤の市 蚤の市と中古品を抜きにしてマルセイユを語ることはできません。一年中、カート場裏のレジャーエリアで開催され、毎週水曜、土曜、日曜、祝日の午前7時半から海岸線に活気をもたらしています。 [editorial-rating ...
パリ・ミュージアム・パスの長所と短所
エッフェル塔だけじゃない!パリが誇る文化遺産 パリは年間約3,230万人の観光客を魅了しており、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館などの名所がその理由です。これらの観光地は、フランスが長年にわたって文化生産を育ててきた歴史を映し出しています。 王政時代には、宮廷で培われた芸術と知識がフランスの富と地位を世界に示す手段でした。革命後は、国家の財産と見なされる文化財の保存に重点が置かれ、破壊されたり老朽化したりした記念碑の修復が行われました。 19世紀には、フランスは工業生産や科学的知識の面でイギリスやドイツに遅れを取りながらも、文化的・芸術的伝統を前面に押し出して国の優位性を宣伝しました。フランス文化は過去の伝統を祝うことに根ざしており、それが観光客を引き寄せ、国際的な評価を形成する要因となっています。 [editorial-rating ...
ルエンネ蚤の市 / Puces Rouennaises
西フランス最大のアンティーク市場 展示会場の5つのホールを3日間かけて散策する展示会。フランス、ベルギー、オランダ各地から中古品ディーラーが集結。フランスで最も美しい蚤の市と称されています。約1万5000人が訪れる中古品好きにはたまらないイベントです。 [editorial-rating ...
アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。 [editorial-rating ...
パリ旅行者必見のセーヌ川クルーズ
パリの歴史を巡る船旅 光の都パリは、そのロマンチックな雰囲気、見事な建築物、豊かな歴史で有名です。パリの美しさを体験する最高の方法のひとつが、セーヌ川クルーズです。この象徴的な川は、街の中心を縫うように流れ、旅行者にパリのランドマークやアトラクションのユニークな視点を提供してくれます。この記事では、セーヌ川クルーズの魅力を探りしていきます。 ...
ヨーロッパ最大のフリーマーケット「ブラッドリー・ドゥ・リール」Braderie de Lille
フランスの北部のリールで行われるヨーロッパ最大のフリーマーケット。毎年9月の第一週末に開催されます。その歴史は12世紀にまで遡ります。ブラデリーは単なる市場ではなく、音楽演奏、大道芸人、その他の文化的イベントも含まれるお祭り騒ぎで、地元の人々にとっても観光客にとっても賑やかな週末となります。 [editorial-rating ...