Your Cart

水辺の蚤の市「ピュス・ド・モンソロー」Puces de Montsoreau

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

30年以上続く神聖なイベント

ロワール川のほとりにあるこの蚤の市は、毎月第2日曜日、80軒の古物商が自慢の品々を並べます。家族連れの日曜日の散歩コースとして、また掘り出し物探しには欠かせない場所として親しまれています。

5.0 TOTAL SCORE

モンソローの蚤の市

facebook

モンソローのロワール河岸に、中古品やアンティークの専門家80人が集まります。古本、珍品、レース、家具などを探すことができます。


出店数 1
満足度 7
滞在時間 4
お宝発見度 7
リピート率 6
良い点
  • 装飾品の品質と信憑性で有名
  • 80以上のベンダー
  • 手頃な価格
注意点
  • ほとんどがプロの出展者

 

アンジューとトゥーレーヌの国境に位置するピュス・ド・モンソローは、アレクサンドル・デュマの小説『モンソローの乙女』で有名な人口500人の魅力的な村です。城、ワインセラー、製粉所、キノコ農園があるモンソロー村は、花の並木道の散策に誘います。

ユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷の中心に位置し、荘厳なシャトーと白い石造りの家々が立ち並ぶフランスで最も美しい村のひとつと称されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nantes_antiques(@nantes_antiques)がシェアした投稿

珍しいアンティークからカスタムメイドの工芸品まで、あらゆるものを売る露店がひしめき合い、コレクターたちは、珍しい真珠を見つけようと夜明けとともにやってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@lapellerinevintage_frenchがシェアした投稿

シャトー(フランスワインの生産者)の評判から恩恵を受け、現在では1回あたり1万人の来場者が集まります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Charlotte Saunier(@charlottesnr)がシェアした投稿

モンソローの蚤の市には、様々な商品を扱うアンティークや中古品のディーラーが集まっています。アンティークやビンテージの家具、洋服、銀食器、ジュエリー、アジアのオブジェ、絵画などを見つけることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

visitmontsoreau(@visitmontsoreau)がシェアした投稿

優れた専門家がいる質の高いフリーマーケット

また、修復、インテリアデザイン、装飾など、20人ほどの美術工芸の専門家が集まり、骨董品ディーラーが販売した品々を修復したり、独自の作品やオーダーメイドのプロジェクトを提供したりしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

visitmontsoreau(@visitmontsoreau)がシェアした投稿

認められた専門家だけで構成されるこの集団は、ノウハウの継承と向上を目指し、自らの仕事の普及にも努める職人たちを集めています。

最高の掘り出し物を手に入れるには午前中に到着することをお勧めします。掘り出し物を求めて活発な交渉を繰り広げられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Douceur de Loire(@douceurdeloire)がシェアした投稿

2006年、この蚤の市は、フランス・ヨーロッパ・アンティーク・クオリテ(France-Europe Antiquités Qualité)ラベルを授与されました。芸術家たちにも人気の場所で、2020年の映画「Si demain」のワンシーンでも撮影されています。

モンソローの蚤の市のYoutube動画

イベントや試食も盛りだくさんで、タッフォーの村は活気にあふれ、美術愛好家を楽しませてくれます。古書、小物、レース、家具などを眺めながら、ロワール川の魅力を堪能してみませんか?

基本情報

名前 ピュス・ド・モンソロー / Puces de Montsoreau
開催日 毎月・第2日曜日
時間 9 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古書、アクセサリー、レース、家具、食器
住所 Côté Loire, Quai de la Loire Philippe de Commines, 49730 Montsoreau, France
詳細 公式ホームページ

地図

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

ヴィラージュ・スイス・パリ / Village Suisse Paris
スイス村は今も生き続けている ここは、かつて1900年の万国博覧会の展示会場でした。もしあなたが上質なものを求めるのなら、パリの中心部、エッフェル塔からほど近い、シャン・ド・マルス通りの端にひっそりと佇む複合施設に行ってみましょう。18世紀のフランス家具やアフリカのプリミティブ・アートを得意としています。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...
シャンボール蚤の市 / Grande Brocante de Chambord
フランス最大級の蚤の市 16世紀初頭にフランス王フランソワ1世によって建てられたシャンボール城の芝生で開催されるフリーマーケット。1995年から開催されているこのイベントは、フランス最大の蚤の市のひとつとなっています。 [editorial-rating ...
サン・トーバン蚤の市 / Marche aux puces de saint-aubin
サン・トーバン広場で開かれる蚤の市で、30年以上にわたってトゥールーズの名物となっています。特にアンティークやガラクタ好きにはたまらない場所です。 人々は、子供の頃の香りのする宝物や、家にビンテージの雰囲気を与えるレトロな品々を探しにここにやってきます。 [editorial-rating ...
ニース・サレヤ広場の蚤の市 / Cours Saleya
世界中のコレクターが集まるホットスポット ニース旧市街のサレヤ広場で開催されるフリーマーケット。古い物やブロカントの雰囲気が好きな人には見逃せない場所です。 [editorial-rating ...
リヨン・パリから2時間のフランス第3の都市
フランスの隠れた宝のような街 フランスは、生活の質、医療、生活費の観点から、引退するのに非常に良い場所です。今回は、パリ、マルセイユに次ぐフランス第3の都市で、約2000年前に建設されたフランス最古の都市リヨンをご紹介します。           この投稿をInstagramで見る                       Stef(@steflirot)がシェアした投稿 フランス南東部のローヌ・アルプス地方に位置するリヨンは、かつては工業都市として栄えていましたが、現在は多くの工業用地が、コンフリュアンス美術館など、文化的なランドマークに生まれ変わっています。パリのような物価を感じさせず、フランス的なライフスタイルを求める人に人気となっています。 夏の6月~8月はリヨンのピークシーズンです。9月と10月は、夏の観光客がいなくなり、さわやかで涼しい秋の気候と色とりどりの紅葉が残るベストシーズンです。           この投稿をInstagramで見る                       Mohammad ...
カンコンス蚤の市 / Brocante des Quinconces
伝統的なアンティークフェア 年に2回、カンコンス広場で開催される蚤の市。クラシックなものから珍しいものまで、インテリアやエクステリアのための掘り出し物を探している人にとっては、うってつけの場所です。伝統的な生ハムフェアや、牡蠣やフォアグラなどの地方特産品など、美食の楽しみもあります。 [editorial-rating ...