Your Cart

ヨーロッパ最大のフリーマーケット「ブラッドリー・ドゥ・リール」Braderie de Lille

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランスの北部のリールで行われるヨーロッパ最大のフリーマーケット。毎年9月の第一週末に開催されます。その歴史は12世紀にまで遡ります。ブラデリーは単なる市場ではなく、音楽演奏、大道芸人、その他の文化的イベントも含まれるお祭り騒ぎで、地元の人々にとっても観光客にとっても賑やかな週末となります。

10.0 TOTAL SCORE

ブラッドリー・ドゥ・リール

公式㏋

ベルギーとの国境に近いリール市内のホテルは、1年以上前に予約しないと取れません。ブラデリー期間中は、リール市内に車でアクセスすることはできません(道路が閉鎖されます)。もし、車でブラデリー・ド・リールに行く場合は、リール郊外にある駐車場へ移動してください。


出展数 10
満足度 10
滞在時間 10
お宝発見度 10
リピート率 10
良い点
  • 大規模なフリー マーケット
  • 店頭のお店もクリアランスセール
  • 日曜日はバーゲン価格
注意点
  • トイレが少ない
  • 駐車場の情報が少ない
  • スリが多い

ブラッドリー(Braderie) とはフリーマーケットのこと。アンティークから日用品の雑貨まで、10,000以上の出展者が100kmのリールの通りに軒を連ね、アンティーク、家具、書籍、収集品から現代的なアイテムや工芸品まで商品を並べます。

ヨーロッパ全土から200万人の人が訪れます。2日間に渡って開催されるこのお祭りは、土曜日の朝8時から夜通し開催され、日曜日の午後6時に終了します。2日間ではすべてを見ることはできないでしょう。

エスプラナード広場には大きな家具があります。また、シタデル・ド・リールの壁内には、本、宝石、絵画などの小さなアンティークがあります。

多くのブロカントで定番となっている古着は、ブラデリーでも見つけることができるでしょう。食器やグラスは、ヴィンテージ品で家具を揃えたい人にとって、ブロカントで手に入れるのに最適なアイテムのひとつです。アンティークの地図やポストカードは、ヴィンテージの紙製品を扱う露店でよく見かけます。

この投稿をInstagramで見る

azzoug amandine(@a_zzoug)がシェアした投稿


このマーケットは一般の方も売り手として参加できるのが特長。フランスは古い物を大切にする文化なので掘り出し物も多くあります。値段はパリよりも安い印象です。

この投稿をInstagramで見る

Ville de Lille(@lille_france)がシェアした投稿

リールにはムール貝の白ワイン蒸しとフライドポテトのセットを食べるのが伝統です。フェアの間、人々はフランドル地方の料理のムールフリットを食べ、その殻をレストランの外に積み上げるのです。どのレストランが一番殻を積んでいるか、地元では非公式に競い合います。毎年、1回の週末に500トンのムール貝と30トンのフライドポテトが消費されます。

中心街のホテルに滞在する場合は、金曜日の午後7時から月曜日の午前6時までは車を動かせないことをお忘れなく!

ブラッドリー・ドゥ・リールで見つかるもの

・ ヴィンテージ品やアンティーク品は、コレクターや愛好家にとって大きな魅力。
・ 中古品やプレ・ラブド品は、自宅を整理している個人によって売られることが多い。
・ 家具は、モダンなものから古いもの、ユニークなものまで様々。
・ 書籍:ヴィンテージのものから最近の出版物まで、様々な文献を扱う。
・ 絵画、版画、その他の装飾品を含む美術品。
・ コインや切手など、コレクターが求める収集品。
・ 様々な時代のファッションを提供する古着。
・ 音楽ファンやコレクターにアピールするレコード。
・ ヴィンテージとモダンなデザインの両方を含むジュエリー。
・ 皿、調理器具、小型家電などのキッチン用品。
・ テーブルクロスなどの装飾品。
・ 地元の職人の作品を紹介する手工芸品。

このイベントには、それぞれがニッチな分野を持つ様々な骨董商が出店しています。またこれらの業者の多くは、毎年ブラデリーに戻ってくる常連です。少なくともマーケット出店の半分がプロの骨董商のために確保されているので、骨董を専門とする老舗業者が多数出店していることがうかがえます。

ブラデリー・ド・リールで特定の骨董商を見つけることに興味がある人は、初日が最も品揃えが良いので、早めにイベントに参加し、品物の歴史についての洞察や鑑定や保存についてのヒントを与えてくれる情熱的な骨董商と関わることをお勧めします。

これらのディーラーと関係を築くことは、将来のコラボレーションにつながる可能性があります。

ブラッドリー・ドゥ・リールは品揃えが豊富なことで知られており、バーゲンハンターやコレクター、ユニークで面白い掘り出し物を探す人にとっては宝の山です。

名前 ブラッドリー・ドゥ・リール / Braderie de Lille
開催日 毎年9月初めの土日
時間 土曜日の朝8時から日曜日の午後6時までの34時間
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、中古カメラ、年代物の食器。
アクセサリー、ビンテージ、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所 2 bis Rue Frédéric Mottez, 59800 Lille, フランス
詳細 公式ホームページ

地図

パリ北駅からリールまではTGVで1時間。日帰りも可能です。ブリュッセルから38分。ロンドンから1時20分。リールには、市内中心部に2つの駅があり、地下鉄とトラムでアクセスできます。

フランスで人気のフリーマーケット30選



関連記事

ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
マルシェ・ア・ラ・ブロカント / Marché à la brocante
フランス屈指のアンティーク・マーケット この蚤の市は、地元の人々にも観光客にも人気があり、様々な趣味や嗜好に応える幅広い品揃えが魅力です。この蚤の市は、賑やかな雰囲気と品揃えの良さで知られており、スペイン、イタリア、ベルギー、ドイツ、イギリス、そしてアメリカからも、何千人もの蚤の市ファンが訪れます。 [editorial-rating ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
パリ旅行者必見のセーヌ川クルーズ
パリの歴史を巡る船旅 光の都パリは、そのロマンチックな雰囲気、見事な建築物、豊かな歴史で有名です。パリの美しさを体験する最高の方法のひとつが、セーヌ川クルーズです。この象徴的な川は、街の中心を縫うように流れ、旅行者にパリのランドマークやアトラクションのユニークな視点を提供してくれます。この記事では、セーヌ川クルーズの魅力を探りしていきます。 ...
アリーグル蚤の市 / Marché d’Aligre
アリーグル市場は、青果市場と蚤の市、屋根付き市場には肉屋、チーズ屋、魚屋など、3つの市場が一体となったパリで最もユニークな市場です。パリの息吹を感じたいなら、訪れる価値があります。 [editorial-rating ...
サン・トーバン蚤の市 / Marche aux puces de saint-aubin
サン・トーバン広場で開かれる蚤の市で、30年以上にわたってトゥールーズの名物となっています。特にアンティークやガラクタ好きにはたまらない場所です。 人々は、子供の頃の香りのする宝物や、家にビンテージの雰囲気を与えるレトロな品々を探しにここにやってきます。 [editorial-rating ...
デュルタルの蚤の市 / Brocante de Durtal
フランス西部の蚤の市 年に一度、9月にボージョワ地方ドゥルタルの街で開催されるフリーマーケット。ドゥルタルの町の中心部は、城を中心に、バーゲンハンターやコレクターにとってパラダイスとなります。 [editorial-rating ...