Your Cart

ヨーロッパの磁器発祥の地、マイセンの魅力を解き明かす旅

マイセン工房

マイセン磁器の歴史と職人技に魅せられる旅

マイセン磁器工場見学の魅力をご紹介します。マイセンは世界で最も有名で影響力のある磁器ブランドのひとつで、その歴史は300年以上にさかのぼります。ヨーロッパ磁器発祥の地を訪れ、その遺産を肌で感じてください。

東京の喧騒から、歴史と芸術、そして穏やかな風景が織りなす魅力的な町、マイセンへの旅に出かけましょう。最高級の磁器で知られるマイセンは、その長い歴史と現在を探求する旅へとあなたを誘います。経済的な予算を守りつつ、夏の一週間を最大限に楽しむためのガイドです。

東京から時を越えた芸術の町マイセンへ

マイセンは、ドイツ東部ザクセン州に位置する都市です。あなたの冒険は、東京からドレスデンへのフライトで始まります。

ドレスデンはマイセンに最も近い大都市です。マイセンの人口は約3万人で、ドレスデンから約25km離れています。着陸後、絶景の中を走る電車の旅が、石畳の街並みとバロック建築が待つザクセンの中心地へとあなたを運びます。

経済的なフライトと早期予約で最良の取引を得ることを忘れずに、夏の旅行によくある季節割引もチェックしてください。

マイセン磁器製造所:芸術と職人技の出会い

マイセン磁器工房は、1710年にポーランド王でザクセン選帝侯のアウグスト2世「強王」によって創設された豊かな歴史を持ち、ヨーロッパ最古の磁器製造の世界を垣間見ることができる場所です。ここでは、何世紀にもわたる職人技、芸術性、革新性が息づく文化遺産として、訪れる人々を魅了しています。

工場見学:マニュファクトリーツアー

工場見学では、マイセン磁器が作られる綿密な工程を目の当たりにすることができます。成形や彫刻から釉薬掛けや絵付けまで、磁器製造のさまざまな段階を包括的に知ることができ、何世代にもわたって受け継がれてきた技法と現代的な手法を組み合わせた熟練した職人の技を見学できます。

工房の個人ガイドツアー

工房個人ガイドツアーでは、磁器製造に関わる職人技を間近で見ることができます。特に花や動物など特定のモチーフを得意とする絵付けのような分野では、職人の個々の才能が際立ちます。大人向けのこのツアーには、グループ割引や家族チケットのオプションもあり、あらゆる年齢層が楽しめる教育的な体験となっています。

実演工房

実演工房は、マイセン体験のハイライトです。オーディオガイド付きのツアーを通じて、成形から絵付けの繊細な作業まで、磁器作りの複雑な工程を見ることができます。また、創作ワークショップでは、基本的な技法を学び、自分で絵付けした作品を持ち帰ることもできます。

マイセン磁器博物館

工房を見学した後は、マイセン磁器博物館を訪れることをお勧めします。常設展示では、マイセン磁器の誕生から現在に至るまでのストーリーと、300年にわたるデザインと技術の進化を示す約2,000点の作品が展示されています。特別展では、職人技や歴史についての洞察を得ることができる隠れた逸品が公開されることもあります。

見学の際の情報

開館時間: 5月から10月は9:00-18:00、11月から4月は9:00-17:00、12/31と1/1は10:00-16:00、12/24、25、26は休館です。入場料は大人9ユーロです。

マイセン磁器工房を訪れ、工場や工房の見学ツアーに参加すると、歴史、芸術、職人技が融合した磁器作りの芸術を垣間見ることができます。美術愛好家、歴史ファン、好奇心旺盛な旅行者を魅了する貴重な体験となるでしょう。

訪問のヒント

  • 事前予約: 特に夏の忙しい月間は、ショーのワークショップと博物館のスポットを事前に確保するために予約をしてください。
  • 体験ワークショップ: 個人的なタッチを加えるために、自分の磁器の傑作を作成できるペインティングワークショップに参加してみてください。
  • カフェ文化: ツアーの後は、博物館のカフェで一息つき、マイセン磁器のエレガンスの中でコーヒーを楽しんでください。

魅惑のマイセン磁器と町並みを楽しむ

マイセンといえば、世界的に有名な磁器工房が思い浮かびますが、実はそれ以外にも歴史、文化、自然の美しさにあふれた魅力的な街です。旧市街とアルブレヒツブルク城は、マイセンの宝石と称されるほど見逃せないスポットです。

旧市街(歴史の散歩道)

狭い石畳の道、伝統的な家屋、歴史的建造物が織りなす絵のように美しい旧市街は、まるでタイムスリップしたような感覚を味わえます。カラフルなファサードが並ぶ街並みを散策すれば、それぞれの建物が語ってくれる歴史を感じることができます。

旧市街の中心にあるマルクト広場は、マイセンの活気あふれる歴史を体感できる場所です。その周囲には、何世紀にもわたって栄えた建築様式を示す美しい建物が並んでいます。

さらに、旧市街には賑やかな通りから離れた静かな隠れ家のような中庭が点在しています。趣のあるカフェやショップが並ぶこれらの空間は、歴史的なマイセンの雰囲気に浸りながらリラックスするのに最適です。

荘厳な見晴らしのアルブレヒツブルク城

エルベ川を見下ろす丘の上に建つアルブレヒツブルク城は、マイセンの街並みを一望できる絶好のスポットです。ドイツ最古の城として、この地域の歴史において極めて重要な役割を果たしてきた建築の傑作です。15世紀後半に建てられたこの城は、後期ゴシック建築の代表的な例であり、当時のトレンドセッターでした。

城内では、19世紀に描かれた歴史的な壁画で飾られた壮大な広間や部屋を見学することができます。これらの絵画は、城とこの地域に関連する重要な出来事や人物を描いており、サクソンの歴史を視覚的に旅することができます。

また、城からはエルベ川の渓谷、ブドウ畑、そして眼下に広がる町の息を呑むようなパノラマビューが楽しめます。戦略的に有利な立地から望む景色は、マイセンのユニークな視点を提供し、訪問者は城の場所の美しさと戦略的重要性を理解することができます。

ブドウ畑(マイセンの緑の宝庫)

マイセンを取り囲むように広がるブドウ畑は、マイセンのアイデンティティと魅力の重要な一部です。この地方のワイン造りの伝統は何世紀にも遡り、エルベ川沿いの段々畑はザクセンでも最高級のワインを生産しています。マイセンのブドウ畑を訪れれば、地元のワイン文化について学び、極上のワインを味わい、ザクセン地方の特徴である緑豊かな風景の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

グルメ

マイセンでは、ザクセンの郷土料理を味わうことで伝統的な味と美食の遺産を堪能できます。代表的なザウアーブラーテン・ミット・ロートクラウトは、マリネした肉をじっくり煮込み、酸味のあるロートクラウト(赤キャベツ)と供されます。肉の柔らかさと風味、キャベツの爽やかな味わいが絶妙な調和を生みます。

デザートのエアシェッケは、イースト生地の下に甘酸っぱいクリーム層とレーズンを挟み、卵と生クリームの甘い層が乗った伝統的なケーキです。濃厚でありながら甘さは控えめで、食事の終わりを素晴らしく締めくくります。

ワインテイスティング

マイセンはザクセン・ワイン街道の一部で、地元のワインを楽しむ絶好の機会があります。この地域はヨーロッパ最北のワイン産地の一つで、850年以上の歴史を誇ります。

周辺のブドウ園ではツアーやワインテイスティングが行われており、冷涼な気候と肥沃な土壌で育つミュラー・トゥルガウやリースリング、ピノ・ブランなどの白ワインの特徴を知ることができます。

ワイン試飲会では、ガイドによる各ワインの詳しい説明を受けながら、さまざまな地元ワインを味わえます。こうした体験を通じて、ワインへの理解を深めるだけでなく、この地域のワイン文化への理解も深まるでしょう。

さらに、地元のワインとザクセンの郷土料理を合わせれば、味覚の新しい発見があるかもしれません。例えばキリッとしたリースリングはザウアーブラーテンに、軽めのミュラー・トゥルガウはアイヤースケッケに良く合うでしょう。

ドレスデンへの日帰り旅行

バロック様式とロココ調の街並みから「宝石箱」とも称されるドレスデンへの日帰り旅行では、芸術、建築、歴史の豊かなタペストリーを楽しむことができます。ベルリンやプラハのような主要都市から列車ですぐのドレスデンは、旅行者にとってアクセスしやすく、魅惑的な目的地です。ここでは、この魅惑的な街での一日を最大限に楽しむための詳しいガイドをご紹介します。

午前:到着と散策

ドレスデン中央駅に到着したら、街を散策しましょう。出発点としてお勧めなのは、和解のシンボルであるフラウエン教会(聖母教会)です。第二次世界大戦中に破壊されたこの教会は、オリジナルの石材を使用して丁寧に再建され、2005年に再オープンしました。その象徴的なドームからは、上まで登れば街のパノラマが一望できます。

正午:アートと建築

フラウエン教会から少し歩くと、ドイツで最も有名なバロック建築のひとつであるツヴィンガー宮殿があります。ツヴィンガーにはいくつかの美術館がありますが、中でもGemäldegalerie Alte Meister(オールドマスター絵画館)は圧巻で、ラファエロ、ティツィアーノ、カナレットなどの傑作を鑑賞することができます。コレクションの目玉であるラファエロ作の有名な「システィーナの聖母」は必見です。

次に、ゼンパー・オペラハウス(ゼンパーオーパー)へ。建築の驚異であり、世界で最も美しいオペラハウスのひとつです。時間が許せば、ガイドツアーに参加し、その歴史を学び、華麗な講堂や豪華な装飾が施されたホワイエなどの壮麗な内部を見学できます。

午後:ブリュールのテラスとエルベ川

ドレスデンの芸術遺産に浸った後は、「ヨーロッパのバルコニー」として知られるブリュールのテラス(Brühlsche Terrasse)をのんびりと散歩しましょう。この高台の遊歩道からは、エルベ川の素晴らしい眺めを楽しむことができます。テラス沿いには、近代美術コレクションを所蔵する美術館、アルベルティヌムや、ガラスドームが特徴的な美術アカデミーがあります。

夜: 料理の楽しみと出発

日帰りの旅が終わりに近づいたら、ドレスデンの伝統的なレストランで地元のザクセン料理を味わってみてはいかがでしょうか。街の中心部に近いレストランには、SophienkellerPulverturm an der Frauenkirche などがあり、ザウアーブラーテン (牛肉のマリネ) やアイヤースケッケ (地元のチーズケーキ) といった料理を楽しむことができます。

駅に戻る前に、エルベ川沿いや美しくライトアップされた旧市街を散策してみてはいかがでしょう。ドレスデンの魅力は、歴史的建造物がライトアップされる夜に特に際立ち、日帰り旅行の締めくくりにふさわしいものとなるでしょう。

ドレスデンで撮影された代表的な映画

ドレスデンは、その歴史的な美しさと独特の雰囲気で、映画の魅力的な舞台として多くの監督に選ばれています。この街がどのように映画の背景として活かされているか、ドレスデンの多様な景観をフィーチャーした映画たちを例にしてご紹介します。興味がある方は、これらの映画をチェックしてみてください。スクリーンを通じて、ドレスデンの美しさを存分に体験できるはずです。

1. イングロリアス・バスターズ (2009)

クエンティン・タランティーノ監督による戦争映画です。この映画は第二次世界大戦中のナチス占領下のフランスを舞台にしており、アメリカ軍の特殊部隊とフランスのレジスタンスの活動を描いています。ドレスデンのノイシュタットのような歴史的な劇場街やゼンパーオーパー歌劇場のような場所でいくつかのシーンが撮影されました。

2. やさしい本泥棒(2013年)

マルクス・ズーザックの同名のベストセラー小説を原作とした作品で、ブライアン・パーシヴァルが監督を務めています。第二次世界大戦のドイツを背景に、愛と希望、そして人間性の回復を描いています。1940年代のドイツを描くため、ドレスデンのゲルリッツ地区とその周辺で撮影が行われました。

3. グランド・ブダペスト・ホテル(2014)

ウェス・アンダーソン監督による2014年の映画で、ヨーロッパの名門ホテルを舞台にした冒険とミステリーが織り交ぜられた作品です。この映画は、伝説的なコンシェルジュと彼を尊敬するベルボーイの冒険と謎を追います。架空のズブロフカ共和国が主な舞台ですが、一部はドレスデンのツヴィンガー宮殿とその周辺で撮影されました。

4. バビロン・ベルリン(TVシリーズ、2017年~現在)

『バビロン・ベルリン』は、ドイツテレビ史上最大の制作の一つであり、1920年代のベルリンの雰囲気、政治、社会を巧みに描き出しています。このシリーズは、スリリングな犯罪捜査だけでなく、当時のドイツ社会の複雑さや人々の生活も深く掘り下げています。外部撮影はドレスデンのハウプトバーンホフ駅などで行われました。

5. クラウド・アトラス(2012)

「クラウド・アトラス」は、ラナ&リリー・ウォシャウスキーとトム・ティクヴァが監督を務めた野心的なSF/ファンタジー映画です。6つの異なる時代にまたがる複数のストーリーが展開する、広大な物語です。この映画は、過去の人生や輪廻転生を考えさせられる作品で、時間と空間を超えた永遠の愛を描いています。映画の製作は、ドイツ政府からの資金援助を受けたことにより、ドレスデンを含むドイツ国内での撮影が可能となりました。

6. アンノウン(2011)

「アンノウン」は、アイデンティティの喪失という極限状態に置かれた男のサバイバルと、彼を取り巻く謎を巧みに描いた作品です。リーアム・ニーソンの熱演と、ベルリンという舞台が生み出す緊張感が見どころです。ツヴィンガー宮殿の庭園など、ドレスデンのロケ地が使用されました。

7. 戦場のピアニスト(2002年)

「戦場のピアニスト」は、戦争の恐怖と人間の生命力を描いた感動的な作品です。ポランスキー監督の繊細な演出と、アドリアン・ブロディの演技が高く評価されています。ワルシャワが主な舞台ですが、第二次世界大戦時の建築様式が似ているため、ドレスデンでも外観の撮影が行われました。

ドレスデンは、保存されている史跡と第二次世界大戦で被害を受けた建物が混在しているため、さまざまな時代のヨーロッパの都市を表現するのに理想的な撮影地となっています。

お役立ち情報

  • ドレスデンは鉄道の便が良く、主要都市から頻繁に運行されています。例えばベルリンからの所要時間は約2時間。
  • ドレスデンの中心部はコンパクトで歩きやすいのが特徴。長距離の移動には、効率的な公共交通機関が利用できます。
  • 時期: ドレスデンは一年中美しいが、春と秋は過ごしやすい気候と少ない混雑を提供しています。また、12月には魅力的なクリスマスマーケットが開催されます。

ドレスデンへの一日旅行は、歴史的な見識、芸術的な宝物、そしてエルベ川の景勝地を背景に組み合わされた建築の驚異の融合と言えます。五感を捉え、心を豊かにする旅となるでしょう。

予算に優しい宿泊施設

  • ドレスデンに滞在: ドレスデンとマイセンの両方を探索したいと考えている予算に配慮した旅行者にとって、ドレスデンに滞在することは実用的で節約になります。ドレスデンには予算に優しい宿泊施設が多くあり、近くのマイセンへの日帰り旅行に絶好の拠点となります。

旅行のヒント

  • 交通: マイセンの旧市街と主要な観光地への便利なアクセスには、S1電車を利用してください。
  • 荷物の準備: ザクセンの夏は暖かいので、軽い衣類を持参してください。また時折の雨に備えてください。
  • 言語: 多くの地元の人々は英語を話しますが、いくつかのドイツ語のフレーズを学ぶことで、住民に親しみを持たせ、体験を豊かにすることができます。

東京への帰路に着く頃には、思い出と共にマイセン磁器の一品があるかもしれません。この小さなドイツの町は、旅人の心に消えない印象を残すことでしょう。芸術的な傑作と時を超えた美しさが融合したマイセンは、人間の創造性の永続的な遺産と、探求する喜びの素晴らしさを物語っています。

マイセン・ファクトリーのYouTube動画



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

グロースノイマルクト蚤の市 / Flohmarkt Großneumarkt
年に4回、ハンブルク、ノイシュタットの中心部で開催される比較的小さな蚤の市です。近所の人たちが自慢のアンティークや中古品を販売。40年の長い歴史と魅力に溢れています。 [editorial-rating ...
アーヘナー・プラッツの蚤の市 / Trödelmarkt am Aachener Platz
デュッセルドルフ・ビルクで開かれるフリーマーケット。絨毯やシャンデリア、油絵をお探しでしたら、パリジェンヌのセンスとメイドインジャーマニーの魅力がミックスされた雰囲気に惚れ込むでしょう。 [editorial-rating ...
オストバンホフ・アンティークマーケット / Antikmarkt am Ostbahnhof
高品質な商品が豊富に並ぶマーケット 毎週日曜日、オストバーンホフで開催されるアンティークマーケット。第二次世界大戦や旧東ドイツ時代の記念品を見つけるのに最適な場所です。切手やコインは特に種類が豊富です。 [editorial-rating ...
ボーデ・ミュージアムのアンティーク&ブックマーケット
シュプレー川沿いに位置するベルリン・ミッテ地区では、1999年にユネスコ世界遺産に登録されたボーデ・ミュージアムでアンティーク&ブックマーケットを開催をしています。1992年以来、60以上のディーラーが、安価なモダンアンティークから希少価値のあるコレクターズアイテムまで、幅広い商品を提供。愛好家の目を楽しませています。 [editorial-rating ...
ミュンヘンで必見!アルテ・ピナコテーク美術館の見どころ
世界屈指の巨匠たちの作品と新古典主義建築が織りなす芸術の殿堂 ドイツ、ミュンヘン中心部にあるアルテ・ピナコテーク美術館は、バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の所蔵品を一般市民に公開する目的で設立され、14世紀から18世紀までのヨーロッパ絵画の名作が数多く展示されています。 アルテ・ピナコテークは、世界で最も古い公共美術館の一つで、元々はバイエルン王家の芸術コレクションを公開するために作られ、その後国有化されました。その名前は「古い絵画や古典」を意味する「Arte」と、ギリシャ語の絵画保管所を意味する「Pinacoteca」から来ています。 約20,000点の西洋絵画を所蔵し、そのうち1,000点以上が常設展示されています。作品を通して、中世からルネサンス、バロック、ロココ時代にかけての芸術史を辿ることができます。   この投稿をInstagramで見る   Valeria ...