Your Cart

ナバセラーダの蚤の市 / El Rastro de Navacerrada

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

マドリード・シエラを代表する蚤の市

マドリッドの喧騒から遠く離れたバザールで、村の入り口にある、山々の美しい景色を見渡せる大きな広場に、修復された家具から絵画、おもちゃ、ビニール、食器、時計など、あらゆる種類のものが100以上の露店に並びます。マドリード地方で、隠れたお宝を探すのが好きな方には、手頃な価格で手に入るので、お勧めのマーケットです。

3.8 TOTAL SCORE

ナバセラーダの蚤の市

ホームページ

マドリード北西部で最大の蚤の市。最も要求の厳しい嗜好を満足させる高級な中古品、収集品、芸術品を幅広く取り揃えています。そのユニークな魅力で観光客や地元の人々を魅了し続けています。


出店数 1
満足度 5
滞在時間 4
お宝発見度 4
リピート率 5
良い点
  • ビンテージ品や中古品の品揃えが豊富
  • 家族やカップルで2、3時間過ごすにはOK
  • 食事もおいしい
注意点
  • アンティークはほとんどない
  • 新しいものはほとんどない
  • 夏場は日陰がなく暑い

 

今では近隣や遠方からもコレクターが集まります。参加出店者の多くはスペイン全土から集まっており、自分たちの品物やこの地域の歴史について豊富な知識を持っています。

その商品もインド、ベトナム、フランス、フィリピン、モロッコ、中央ヨーロッパと世界中から集まっています。ほとんどが中古品ですが、コレクターズ・アイテムも多くあります。

しかし、修復が必要なもの、古いものでも状態が非常に悪いものなども多くあります。

さらに、マドリード・パセオとスペイン・パセオの間にあるこのエリアでは、その土地の歴史や文化を反映した作品や衣類を買うことができます。

また、天然石鹸や芳香植物、エコロジー製品もあり、環境にやさしい布地なども販売されています。値切り交渉もOK。

もし行くと決めたら、朝早く到着して、朝の早い時間にすぐに売れてしまう作品を買うか、または、その日の終わりに行って、ずっと安く買うか2つの選択肢があります。

マドリードから52km離れたナバセルラーダは、夏の間、首都の暑さから逃れるために何千人もの人々が避難する場所として知られています。夏の間の人口は3,500人から16,000人近くまで増加します。自然やスポーツ愛好家だけでなく、美味しい食べ物や文化、ストリートマーケットの愛好家も惹きつけています。

古いものやレトロなものに興味のある人なら、誰もがこのマーケットを気に入るでしょう。

ナバセラーダの蚤の市のYoutube動画

村の中やのどかな周辺を散策するのがおすすめ

町の中心には、石造りの市庁舎を中心とした活気あふれるアンヘレス広場があり、この広場はゲレダ博士広場につながっています。どちらもバーやレストランが多く、いつも多くの人で賑わっています。ちなみにテラス席がたくさん用意されています。

基本情報

名前 エル・ラストロ・デ・ナバセラーダ / El Rastro de Navacerrada
開催日 毎週日曜日
時間 10 a.m. – 3 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 絵画、衣類、古い鉄工道具、中古品、家具、ハンドメイド製品など
住所 Avenida de Madrid, 28491 Navacerrada, Madrid, Spain
詳細 ホームページ

地図

ナバセラダの郊外にあります。マドリード大通りに位置しています。



関連記事

レドンダ広場の蚤の市 / Rastro de Plaza Redonda
約200年の歴史を持つバレンシアのレドンダ広場 毎週日曜日の朝には、レドンダ広場とメルカド・セントラルの周辺に露店が並び、いろいろなものを買うことができます。メルカド・セントラル周辺には、陶器、パエリア鍋、土産物などがたくさんあります。 [editorial-rating ...
エルス エンカンツ / Els Encants, Barcelona
バルセロナ最大のフリーマーケット サグラダ・ファミリアから徒歩15分の必見スポット。週に約10万人が訪れます。骨董品、衣料品、テキスタイルに興味があるなら、絶好の場所です。 [editorial-rating ...
「MWC」スペインのバルセロナで開かれるモバイル見本市
新たなトレンドを定義する展示会 毎年、スペインのバルセロナで開かれるモバイル・ワールド・コングレス(MWC)は、技術通信・接続部門の業界団体であるGSMAが主催する国際的な業界イベントで、モバイル業界関係者が年に1度集まる5日間のイベントです。 [editorial-rating ...
メルカンティック / Mercantic
バルセロナの郊外にある巨大な蚤の市 バルセロナ郊外のちょっとおしゃれな街、サンクガットにある蚤の市。火曜日から日曜日まで開かれる常設のマーケットで、アンティーク、芸術品など、多彩な品揃えで知られています。 地元の人々や観光客が入り混じるマーケットで、約15,000平方メートルの敷地に200以上の業者が出店。ナウ・セントラルとレ・カセテスの2つのエリアに分かれています。ナウ・セントラルは工業用ナウを修復したもので、レ・キャセテは様々な色に塗られた絵のように美しい木造の小屋で構成され、約100の商人が住んでいます。 この投稿をInstagramで見る Mercantic(@mercanticsantcugat)がシェアした投稿 この蚤の市は毎週日曜日(8月を除く)に開かれ、90の常設業者がビンテージの小物、アンティーク、家具、アートを販売しています。 [editorial-rating ...
ガウディの大作!サグラダ・ファミリアの魅力
建築と宗教が融合した空間 サグラダ・ファミリアは、バルセロナにある記念碑的なバシリカであり、アントニ・ガウディによって設計されました。この建築物は1882年に建設が始まり、ゴシック様式とアール・ヌーヴォー様式の融合を体現しています。未完成であるにもかかわらず、その複雑なファサード(正面の壁面)、そびえ立つ尖塔、象徴的な豊かさによって、何百万人もの観光客を魅了しています。 サグラダ・ファミリアには3つの壮大なファサードがあり、それぞれがイエス・キリストの生涯の重要な局面を表しています。キリスト降誕のファサードはイエスの誕生を祝い、情熱のファサードはイエスの苦しみと磔刑を描いています。また、栄光のファサードは死と最後の審判をテーマにし、完成時には世界で最も高い教会建築となる中央の尖塔を特徴としています。 ガウディは、サグラダ・ファミリアのために聖書の重要人物を象徴する18本の尖塔を構想しました。これには12使徒や四人の福音書記者、聖母マリア、そして最も高い尖塔であるイエス・キリストのものが含まれます。 内部では、複雑な柱が林立し、天蓋を作り出しています。これらの柱は木や枝を模してデザインされ、神聖な森の中にいるような感覚を呼び起こします。 ガウディは、サグラダ・ファミリアにキリスト教の象徴を取り入れ、バシリカがカトリック信仰のカテキズムとして機能することを意図しました。ファサードや内部には、聖書のシーンや美徳、罪の表現、その他無数の宗教的シンボルが描かれています。 ガウディの深いメッセージ サグラダ・ファミリアのファサードは、イエス・キリストの生涯と教えの重要な側面を表し、象徴的な意味を持っています。それぞれのファサードは、ユニークなメッセージを建築要素や彫刻を通して伝えるように設計されており、キリスト教信仰の視覚的な教えとしての役割を果たしています。 キリスト降誕祭ファサードは、イエス・キリストの誕生を祝い、生命と自然を象徴しています。喜びと高揚感を表現し、ガウディの深い信仰心と自然への愛を反映しています。 受難のファサードは、イエスの苦しみと犠牲を象徴し、冷淡で単純化された彫刻が恐怖と残酷さを表現しています。イエスの最後の日の重要な瞬間が劇的に描かれています。 栄光のファサードは、イエスの生涯と教えの集大成を体現し、永遠の命への道を表しています。美徳と罪について教え、神への道を象徴しています。 サグラダ・ファミリアのファサードは、石のバイブルとしての役割を果たし、訪れる人々に教育と鼓舞を与えています。 4つの建築様式が融合 サグラダ・ファミリアの建築様式は、スペイン後期ゴシック、カタルーニャ・モダニズム、アール・ヌーヴォー、ヌーセンティスムの融合であり、アントニ・ガウディはこれらの要素を取り入れ、ユニークで革新的なデザインを生み出しました。 彼のアプローチは伝統的なゴシック建築から逸脱し、角度のついた柱とハイパーボロイド・ヴォールトのシステムを導入しました。この折衷的な様式の融合と自然の形態や宗教的象徴の取り入れにより、サグラダ・ファミリアは建築の革新性と創造性の傑作となっています。 2026年主要部分完成 この教会の歴史は、建築家アントニ・ガウディの人生と深く結びついています。当初の構想は書店員のボカベッラによるものでしたが、ガウディが主任建築家に就任してからゴシックとアール・ヌーボォー様式を融合した独自の設計に変わりました。ガウディは余生をこの教会に捧げ、キリスト教の神秘を表す複雑な象徴主義を取り入れました。18本の尖塔、3つのファサードなどがその例です。 しかし、ガウディの死後、内戦やアナキストによる一部破壊などの困難に見舞われながらも、民間の寄付や新しい技術の導入により、少しずつ建設が進められてきました。完成時期は何度か延期され、現在は2026年に主要部分が完成する見込みですが、一部は2040年までかかる見通しです。 2010年にローマ教皇によりバシリカと宣言され、ユネスコの世界遺産にも登録されています。革新的な建築と精神性で、バルセロナで最も人気の観光地のひとつとなっています。 サグラダ・ファミリアはガウディの先見性と、これまで関わった人々の不撓な努力の結晶です。信仰と芸術、人間の精神性を体現したこの建築は、世界中から人々を魅了し、インスピレーションを与え続けています。 映画に刻まれたサグラダ・ファミリアの姿 サグラダ・ファミリアは、いくつかの映画に登場し、その見事な建築とバルセロナの魅力を映画の背景として紹介してきました。以下に、サグラダ・ファミリアで撮影されたシーンを含むいくつかの映画を紹介します。 それでも恋するバルセロナ(2008年): ...
エル・ラストロ・フリーマーケット / El Rastro Flea Market
マドリードで最も人気のある蚤の市 マドリードの有名なストリートマーケット。毎週末、10万人以上の人々が訪れます。3,500を超える露店が出店。古着やプラスチックのアクセサリー、VHSテープなどを探しているのなら、最適な場所です。 [editorial-rating ...
アストゥリアス見本市 / Desembalaje Asturias
スペインで最高の蚤の市 毎年ヒホンで開催される見本市。スペインの様々な都市で開催される巡回見本市です。装飾品、収集品、アンティークの大規模な展示・販売フェアで、ヴィンテージやレトロの愛好家だけでなく、家族連れやあらゆる年齢層の来場者が楽しめます。 家具、装飾品、カメラ、本、切手、コインなど、少なくとも40年以上前の作品が5万点以上展示されます。 [editorial-rating ...