Your Cart

カンコンス蚤の市 / Brocante des Quinconces

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

伝統的なアンティークフェア

年に2回、カンコンス広場で開催される蚤の市。クラシックなものから珍しいものまで、インテリアやエクステリアのための掘り出し物を探している人にとっては、うってつけの場所です。伝統的な生ハムフェアや、牡蠣やフォアグラなどの地方特産品など、美食の楽しみもあります。

5.4 TOTAL SCORE

カンコンス蚤の市

facebook

あらゆる掘り出し物が見つかる見逃せないイベント。ボルドーおよびアキテーヌ地方で最も古い蚤の市で、ボルドー中心部のカンコンス広場で開催されます。50年以上にわたり毎年恒例となっています。


出店数 2
満足度 7
滞在時間 4
お宝発見度 6
リピート率 8
良い点
  • 200近い出展者
  • 50年以上の歴史
  • 12ヘクタールの敷地
注意点
  • 年2回のみ
  • 20万人以上の来場者

 

ボルドーやジロンド地方の住民は、このイベントをボルドー・アンティーク・フェア「フォワール・ア・ラ・ブロカント(Foire à la Brocante)」 と呼んでいます。

ボルドー・カンコンス協会とボルドー市議会が主催し、春と秋の年2回、ボルドーのカンコンス広場の路地にある伝統的な木造小屋に、約200のアンティーク・中古品販売店が2週間以上店を構えます。

20世紀のデザイン、ビンテージ、古いリネン、絵画、産業家具、古い宝飾品、本、レコード、コレクターズ・アイテム、18~19世紀の家具などを販売。ルイ16世のアームチェアがデザイナーズ家具と肩を並べます。

ここでは誰もが交渉します。他に類を見ないこの催しは、ヌーヴェル・アキテーヌ地方の枠を超え、フランス国外にまで広がっています。

外国人もクインコンスに買いに来ています。イギリス人、アメリカ人、日本人のバイヤーもいます。老若男女を問わず、あらゆるテイスト、あらゆる価格に合うものが見つかるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Francisco SG(@franzosg)がシェアした投稿

キッチュとセンスが出会うこともあり、売り手や他の掘り出し物ハンターとおしゃべりしたり、会場のセッティングや雰囲気に感嘆したりする機会でもあります。

プロのアンティーク・ディーラーもいますが、飲食店、ワイン・菓子店、そして待望の生ハムフェアもあります。

また、中古品ばかりでなく、味覚の面でも注目されています。フォアグラ、ソーセージ、アンドゥイユ、パテ、ジャムなど、南西部の特産品も販売。ボルドーのレストランやブラッスリーも出店しており、散策しながら郷土料理(フォアグラとボルドーワイン)を楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mourad(@mourad_abroad)がシェアした投稿

最後に、春になると、ブロカント・デ・キンコンセスの路地裏では、多くのナーセリーや園芸家が花や植物を販売し、庭やバルコニー、テラスをドレスアップしてくれます。

ヨーロッパ最大の松林に囲まれたボルドーは、アルカション湾とその美しいビーチからわずか45分のところに位置しています。ガロンヌ川のほとりは、素晴らしい景色を楽しんだり、心地よい散歩をしたりするのに理想的な場所です。

基本情報

名前 ブロカント・デ・キンコンセ / Brocante des Quinconces
開催日 春(4月/5月)と秋(11月/12月)の年2回
時間 10 a.m. – 7 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 アンティーク家具、本、リネン、あらゆる時代の食器、ビンテージのオブジェ、絵画、時計、レコード、銀食器、自転車
住所 Place des Quinconces, 33000 Bordeaux
詳細 公式ホームページ

地図

ボルドー中心部、大劇場、観光局からわずか200メートルの場所にあるカンコンス広場へのアクセスは簡単です。

ボルドー・メリニャック空港から:バス1番線:片道1.40ユーロ、タクシー:30ユーロより。サン・ジャン駅から:トラムC線:片道1.40ユーロ。

フランスで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
フランス西部最大級の蚤の市 ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。 [editorial-rating ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
ウイユの蚤の市 / Braderie de Houilles
フランス最大の蚤の市 毎年、ウイユの中心街で開催されるマーケット。30年以上にわたって駅前から大通りまで、6マイルに及ぶ露店に1,000を超える個人・プロの出展者と30万人の来場者を迎える一大イベントです。これは町の総人口の約10倍にあたります。街はまさにバーゲンハンターのパラダイスとなります。 [editorial-rating ...
カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras
プロヴァンスで最高の蚤の市 カルパントラの「蚤の市」は2000年から毎週日曜日、町の中心部にあるプラタナスの木の駐車場で開かれています。1日平均180の出展者と、多くのバイヤー、バーゲンハンター、コレクター、観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
レンヌの蚤の市「サン・マルタン運河のブラデリー」
レンヌ最大のガレージセール 毎年9月中旬にブルターニュ地方レンヌのサン・マルタン運河で開催されるフリーマーケット。リールの蚤の市に次いでフランスで2番目に大きな蚤の市だと言われています。3,000以上の出店者が、約20万人の来場者を魅了します。 [editorial-rating ...