Your Cart

ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ナント中心部のヴィアルム広場で毎週開かれるフリーマーケット。毎週土曜日の午前8時から午後1時まで、ヴィアルム広場はナント近郊の古物商の露店で埋め尽くされます。50から100の出展者が熱心なバーゲンハンターのために、開梱して見せてくれます。

4.2 TOTAL SCORE

ヴィアーム広場の蚤の市

インスタグラム

中古品からアンティークまで、希少な品々を愛する人々にとって見逃せないイベントです。プロの中古品ディーラーが出店します。わずか数ユーロで、最も美しいアンティークから最も驚くべき「jailles」(古いフランス語で、捨ててもよい品)まで、珍しい品物が見つかります。


出店数 1
満足度 6
滞在時間 4
お宝発見度 5
リピート率 5
良い点
  • 100近い出展者
  • 中古品やアンティークの専門店が出店
  • 年2回の蚤の市も開催
注意点
  • 小さなフリーマーケット
  • 価格は上昇傾向にあり

 

ブルターニュの起伏に富んだ海岸沿いというナントのロケーションは、宝石、古本、絵葉書、ビンテージガラス製品、磁器、アンティークコーヒーメーカー、刺繍、アンティーク玩具、絵画、台座テーブル、椅子、ソファ、そして航海用品や地元のカンペール焼きの陶器などが見つかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Cross(@robjcross)がシェアした投稿

トラムの線路の近くにプロの中古品販売店が露店を出し、掘り出し物を探す人たちが通路を物色します。何でもあるけれど、全体的にかなり高い印象です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vincent G(@v.grnr)がシェアした投稿

毎週開催される蚤の市に加え、年2回、大規模な骨董市を開催しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ABCèb Antiquités(@abceb.antiquites)がシェアした投稿

5月上旬の3日間と、9月の終わりから10月上旬の週末に3日間開催されるヴィアルム広場のグラン・ブロカントには、160以上のプロのアンティーク商が集まり、何千人もの来場者が押し寄せます。書店、レコード店、中古品販売店なども出展します。

ギルアールのパラフィン・ランプから18世紀の等身大のサン・ニコラ像、アランソンのレースからメリーゴーランドの馬、テライヨンの秤からノルマンのワードローブ、さらには銀食器、家庭用リネン、シャネルのバッグ、クリスタルの花瓶などを販売します。

2ユーロから1,000ユーロのものまで、あらゆる予算に合った掘り出し物が目白押しです。樹脂製のチーターからフェラーリのモデルボート、コントラバス、プラスチックの置物、1950年代の家具、ランプ、絵葉書、本、バイクまで、あらゆるものが見つかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sons of vintage(@sonsofvintage)がシェアした投稿

ビンテージ家具や別の時代のオブジェに特化した多くのスタンドに惚れ惚れするでしょう。珍しいものをお探しなら、ここがおすすめです。常連客は、ディーラーの開梱と同時に掘り出し物を見つけにやってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vincent Loiseau(@loiseau.vincent)がシェアした投稿

また会場では、小さなバーや手作りの軽食(スープ、タルト、ケーキ、温かい飲み物、冷たい飲み物)がお手頃価格で提供されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

a t e l i e r(@anne.hory)がシェアした投稿

歴史的なブルターニュ地方の一部であるナントはフランス西部の都市で、アルモリカン山脈の南、大西洋から50kmのロワール河岸に位置しています。

2004年にタイム誌から「ヨーロッパで最も快適な都市」、2018年にニュースサイト「ザ・ローカル」、2017年に「L’Express」誌から「フランスで最も働きやすい都市」に選ばれたナントは、2013年に欧州グリーン首都賞、2019年に欧州イノベーション首都賞を受賞しました。

基本情報

名前 ヴィアーム広場の蚤の市 / Brocante Place Viarme
開催日 毎週土曜日
時間 毎週開かれるフリーマーケット:8 a.m. – 1 p.m.
年2回グラン・ブロカント:9 a.m. – 7 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 食器、レース、ビニール、本、古紙、アンティーク家具、ビンテージ製品など
住所 Place Viarme, 44000 Nantes, France
詳細 ホームページ

地図

アクセス:路面電車3番線、ヴィアーム・タランサック(Viarme-Talensac)下車。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

リヨン・パリから2時間のフランス第3の都市
フランスの隠れた宝のような街 フランスは、生活の質、医療、生活費の観点から、引退するのに非常に良い場所です。今回は、パリ、マルセイユに次ぐフランス第3の都市で、約2000年前に建設されたフランス最古の都市リヨンをご紹介します。           この投稿をInstagramで見る                       Stef(@steflirot)がシェアした投稿 フランス南東部のローヌ・アルプス地方に位置するリヨンは、かつては工業都市として栄えていましたが、現在は多くの工業用地が、コンフリュアンス美術館など、文化的なランドマークに生まれ変わっています。パリのような物価を感じさせず、フランス的なライフスタイルを求める人に人気となっています。 夏の6月~8月はリヨンのピークシーズンです。9月と10月は、夏の観光客がいなくなり、さわやかで涼しい秋の気候と色とりどりの紅葉が残るベストシーズンです。           この投稿をInstagramで見る                       Mohammad ...
ペゼナス・アンティーク・フェア / Grande Foire à la brocante de Pézenas
ビンテージや蚤の市が好きな人なら必見 モリエールの町の中心で、1キロに渡って繰り広げられる蚤の市。5月の第1日曜日と10月の第2日曜日には、国道113号線沿いの約1キロにわたってアンティークフェア「グラン・デバラージュ」が開催されます。200以上の専門業者が終日出店。世界中からバイヤーたちが、貴重な宝物や不思議を発掘するためにここにやってきます。 [editorial-rating ...
オルセー美術館 – Musée d’Orsay(ミュゼ・ドルセー)
改装された駅舎に集う名作 オルセー美術館は、セーヌ川沿いに建つ美しい美術館です。19世紀後半から20世紀初頭のフランス美術を中心に、約5000点もの作品が展示されています。かつては駅舎として使われていた建物は、華麗な装飾が施されており、それ自体も見どころの一つです。 [editorial-rating ...
シャトゥーの蚤の市 / Foire de Chatou
フランス最大のアンティークフェア パリの西側で開催される人気のイベント。50年以上にわたり、最高級のアンティーク・ディーラー、アート・ギャラリー、中古品のプロフェッショナルが歴史に彩られた多彩なブースで一堂に会します。この見本市に来れば、現在のトレンドがすべてわかります。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
クレヴクール・ル・グラン蚤の市
北フランス最大級の蚤の市 1970年から続くオワーズ地方のクレーヴクール・ル・グランの蚤の市は、バーゲンハンターには見逃せないイベントとなっています。北欧中から600以上の出展者と40,000人以上の買い物客が訪れます。 [editorial-rating ...
水辺の蚤の市「ピュス・ド・モンソロー」Puces de Montsoreau
30年以上続く神聖なイベント ロワール川のほとりにあるこの蚤の市は、毎月第2日曜日、80軒の古物商が自慢の品々を並べます。家族連れの日曜日の散歩コースとして、また掘り出し物探しには欠かせない場所として親しまれています。 [editorial-rating ...