Your Cart

南カリフォルニア・ロサンゼルスの観光名所20選

ロサンゼルスの観光名所

アンティークバイヤーのノリです。好きな言葉は「人はパンのみにて生くるものにあらず」。物質的な豊かさだけではなく、精神的な充足感も大切にしています。

ロサンゼルス隠れ名所必見アトラクション

ロサンゼルスは、太陽の光とビーチ、そして活気あふれるカルチャーシーンが魅力の都市です。映画ファンや歴史マニア、カリフォルニアのクールさを求める人など、誰もが楽しめるものがあります。しかし、選択肢が多すぎて何から始めればいいか分からない人もいるでしょう。

この記事では、ロサンゼルスと南カリフォルニアの必見アトラクションを一つ一つ紹介していきます。さあ、シートベルトを締め、サングラスを手に、南カリフォルニアのまばゆい大都会の中心に飛び込もう!ロサンゼルスの魅力的な観光スポットを存分に楽しめるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Zaid Shaat(@zaidshaat)がシェアした投稿

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

ロサンゼルスを訪れるなら、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは絶対に外せない観光スポットです。ここは映画の魔法とスリルが詰まった、ロサンゼルス屈指の人気エンターテイメントデスティネーションです。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ハリウッドで最も古く有名な映画スタジオの一つであり、現在も活発に映画やテレビ番組を制作しています。世界的に有名なスタジオツアーに参加すれば、実際の映画制作の舞台裏を垣間見ることができます。映画のセット、小道具、衣装、特殊効果などを間近で見学し、映画がどのように作られているのかを知ることができるでしょう。

パーク内には、映画や人気フランチャイズをテーマにしたスリル満点の乗り物やアトラクションが揃っています。「ジュラシック・ワールド」、「ハリー・ポッター」、「トランスフォーマー」、「シークレット・ライフ・オブ・ペット」など、まるで映画の世界に入り込んだかのような没入感あふれる体験ができます。特にハリー・ポッターファン必見のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターでは、ホグズミード村やホグワーツ城を再現したエリアと、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーのようなスリル満点のアトラクションを楽しむことができます。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは常に新しい乗り物やエリアを追加し続けており、最近ではスーパー・ニンテンドー・ワールドがオープンしました。また、年間を通して様々なイベントが開催されています。ホラーファン向けの「ハロウィーン・ホラー・ナイト」や、クリスマスシーズンの「グリンチマス」など、季節ごとに楽しめるイベントが盛りだくさんです。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ロサンゼルスの中心部に位置しており、公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、60年代にさかのぼる最初の主要なスタジオツアー体験の1つとして、本物のハリウッド体験を求める観光客を引き寄せるノスタルジックな魅力と遺産を持っています。

映画の魔法、スリル満点の乗り物、没入感のある世界、絶え間ない革新、そしてハリウッドの深いルーツを併せ持つユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ロサンゼルスを訪れる観光客にとって真にユニークで忘れられない体験となるでしょう。

グリフィス・パークとグリフィス天文台

ロサンゼルスを訪れる際は、グリフィス・パークとグリフィス天文台は絶対に外せない観光スポットです。ハリウッドヒルズの頂上に位置するこの場所は、市街を一望できる壮大な景色、世界クラスの天文台、広大な自然公園など、様々な魅力を提供しています。

グリフィス天文台は、1935年に建てられたアールデコ調の建物で、ロサンゼルスを代表する象徴的なランドマークです。天文台には強力な望遠鏡やプラネタリウム、インタラクティブな展示があり、天文学や宇宙探査について学ぶことができます。天文台の丘の上からは、ロサンゼルス盆地、太平洋、ハリウッドヒルズを一望できる息をのむような360度のパノラマ景色が広がります。

グリフィス・パークは、4,000エーカー以上の広大な都市公園で、アメリカでも有数の規模を誇ります。公園内には、ハイキングや乗馬、サイクリングを楽しめる何マイルものハイキングコースが整備されており、美しい自然景観を満喫できます。また、グリフィス動物園、ギリシャ劇場、映画館など、様々なアトラクションも点在しています。

グリフィス・パークとグリフィス天文台からは、世界的に有名なハリウッドサインを眺めることができます。特に天文台からの眺めは絶景で、ハリウッドサインを間近に見ることができる最高の場所の一つです。

家族連れにも最適な場所で、ハイキングやサイクリング、乗馬、動物園での動物との触れ合い、映画鑑賞など、あらゆる年齢層が楽しめるアクティビティが揃っています。天文台では子供向けのプラネタリウムショーや科学展示も行われています。

グリフィス天文台への入場は無料で、公園への入場も無料です。ただし、プラネタリウムショーや特別展には有料のものがあります。ロサンゼルスの中心部に位置しており、公共交通機関や車でアクセスしやすいのも魅力の一つです。

教育的な体験、象徴的なランドマーク、美しい自然環境、家族向けのアクティビティ、そして素晴らしい景色が組み合わさったグリフィス・パークとグリフィス天文台は、ロサンゼルスを訪れる際に絶対に外せない観光スポットです。忘れられない思い出を作ることができるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mars Cuevas(@marscuevas)がシェアした投稿

ディズニーランド・リゾート

ロサンゼルス郊外のアナハイムにあるディズニーランド・リゾートは、世界中の人々を魅了し続ける、カリフォルニア屈指の人気観光地です。1955年にオープンしたディズニーランドは、ウォルト・ディズニーが夢見た初のテーマパークであり、現在もその魔法の輝きを失うことなく、人々を夢中にさせています。

ディズニーランドは、すべてのディズニーパークの始まりとなった場所です。ウォルト・ディズニーの情熱と創造性が注ぎ込まれたこのパークは、ディズニーファンの心に特別な場所であり、一度は訪れるべきディズニーの聖地と言えるでしょう。スペース・マウンテン、お化け屋敷、カリブの海賊、イッツ・ア・スモールワールドなど、数々の象徴的なアトラクションが揃っています。メインストリートU.S.A.、ニューオーリンズ・スクエア、ファンタジーランドなど、時代を超えたテーマランドに広がるこれらの名作アトラクションは、今もなお多くの人々を魅了し続けています。

ディズニーランド・リゾートは、過去の遺産を守りつつも、常に新しいアトラクション、ショー、テーマランド、季節イベントなどを導入し、進化を続けています。近年追加されたスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのような新エリアは、最新技術を駆使したスリル満点のアトラクションで、訪れる者を興奮させてくれます。

ディズニーランドに足を踏み入れた瞬間から、ゲストはまるで別の世界に迷い込んだような感覚を味わえます。パークの建築、景観、キャストのコスチューム、音楽など、細部に至るまでこだわったテーマ設定は、他に類を見ないほどの没入感を与えてくれます。

ディズニーランドには、あらゆる年齢層が楽しめるアトラクションが揃っています。子供たちはディズニーの魔法と冒険に夢中になり、大人たちは懐かしい思い出に浸ることができます。家族みんなで楽しめる最高の場所と言えるでしょう。

ディズニーランド・リゾートは、ロサンゼルスダウンタウンから車で約30分の距離にあります。ロサンゼルス観光のついでに気軽に訪れることができるのも魅力の一つです。ディズニーは、世界中で愛されるブランドです。ディズニーランドは、その旗艦テーマパークとして、世界中のディズニーファンにとって夢の場所であり、一度は訪れてみたい憧れの目的地となっています。

ディズニーランド・リゾートは、ノスタルジックな雰囲気、革新的なアトラクション、ワールドクラスのエンターテイメント、卓越したテーマ性、そしてディズニーブランドの力が見事に融合した、まさに魔法のような場所です。ロサンゼルスを訪れる際は、ぜひディズニーランド・リゾートを訪れて、夢と魔法の世界を体験してみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿

ハリウッド

ロサンゼルスを訪れる際は、ハリウッドは絶対に外せない観光地です。映画の魔法、きらびやかなスター、そして華やかなエンターテイメントの中心地として世界的に有名なハリウッドは、訪れる人を夢中にさせる魅力にあふれています。

ハリウッド大通りとヴァイン・ストリートの15ブロックにわたって続くハリウッド・ウォーク・オブ・フェームは、ハリウッドの代名詞ともいえる存在です。歩道には、2,700以上のテラゾーや真鍮の星が埋め込まれており、映画、音楽、テレビ、演劇など、様々な分野で功績を残した伝説的なスターたちを称えています。自分の好きなスターの星を探したり、手形や足形を見たりするのは、まさに夢のような体験と言えるでしょう。

ハリウッドの丘にそびえ立つ、世界で最も有名なランドマークの一つであるハリウッドサインは、まさに必見のフォトスポットです。1923年に建てられたこのサインは、当初は住宅地の宣伝目的でしたが、今ではエンターテイメント産業の象徴として世界中の人々に知られています。昼間はもちろん、ライトアップされた夜のサインもまた格別です。

ハリウッドには、パラマウント・ピクチャーズやワーナー・ブラザーズなどの名門映画スタジオが数多くあります。スタジオツアーに参加すれば、映画のセットや小道具、衣装などを間近で見学することができます。また、TCLチャイニーズ・シアターやマダム・タッソー蝋人形館、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!など、ハリウッドの歴史や魅力を存分に楽しめるアトラクションも充実しています。

ハリウッドは、20世紀初頭からアメリカ映画産業の中心地として栄えてきました。数々の名映画が生まれ、スターたちが誕生したこの街には、今もなお映画の魔法と夢を感じることができます。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームやTCLチャイニーズ・シアターなどを訪れれば、ハリウッドの華麗な歴史を肌で感じることができるでしょう。

ハリウッドは、常に活気に満ち溢れた街です。ハリウッド大通りには、大道芸人やミュージシャンたちがパフォーマンスを行い、観光客の目を楽しませてくれます。また、レストランやバー、ショップなども充実しており、夜遅くまで楽しむことができます。

ハリウッドはロサンゼルス市内に位置しているため、ロサンゼルスの他の観光スポットと合わせて訪れるのに便利です。地下鉄やバスなどの公共交通機関も充実しているので、アクセスも良好です。ハリウッドは、映画やテレビ番組、音楽など、様々なポップカルチャーの発信地でもあります。世界中の人々を魅了するエンターテイメントの中心地を訪れれば、忘れられない体験となるでしょう。

ハリウッドは、映画ファンはもちろん、エンターテイメントに興味がある人、そして夢と魔法を求めるすべての人にとって、まさに訪れるべき場所と言えるでしょう。ハリウッドの魅力に酔いしれ、夢のような体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Karen & Carlos(@worldpasarela)がシェアした投稿

ゲティ・センター

ロサンゼルスを訪れるなら、ゲティ・センターは絶対に外せない観光スポットです。芸術、建築、自然、そして息をのむような景色が融合したゲティ・センターは、世界中から訪れる人々を魅了し続けています。

ゲティ・センターには、中世から19世紀までの絵画、素描、彫刻、装飾美術など、20世紀以前のヨーロッパ美術の印象的なコレクションが収蔵されています。ゴッホの「燕子花図屏風」をはじめ、モネ、ルノワール、レンブラント、ミケランジェロなど、世界的に有名な巨匠たちの作品を間近で鑑賞することができます。

著名な建築家リチャード・マイヤーが設計したゲティ・センターは、それ自体が芸術作品と称されるほど美しい建築物です。トラバーチン石と鋼鉄で作られた建物は、曲線と直線を巧みに組み合わせたモダンなデザインで、ロサンゼルスの街並みを背景に壮観な景色を演出しています。

ゲティ・センターは、ブレントウッドの丘の上に位置しており、ロサンゼルス市街と太平洋を一望できる素晴らしい景色を誇ります。特に、丘の上から見下ろすロサンゼルスの夜景は格別で、忘れられない思い出となるでしょう。

ゲティ・センターには、象徴的なセントラル・ガーデンを含む、芸術家ロバート・アーウィン設計の美しい庭園があります。これらの造園された屋外スペースは、訪れる人々に憩いの場を提供し、全体的な美的体験を高めてくれます。

ゲティ・センターへの入場は無料で、誰でも気軽に芸術に触れることができます。また、レストラン、カフェ、ギフトショップ、図書館、教育プログラムなど、様々なアメニティが充実しており、一日中楽しめる場所となっています。

J.ポール・ゲッティ・トラストから資金援助を受けているロサンゼルス屈指の芸術施設であるゲティ・センターは、世界的な芸術と建築に興味を持つ観光客を惹きつける文化的名声を持っています。

ゲティ・センターは、ロサンゼルスの中心部に位置しており、ロサンゼルスの一流ホテルや観光スポット、近隣地域からのアクセスも便利です。

ゲティ・センターは、素晴らしい芸術、息をのむような建築、美しい庭園、パノラマビュー、アクセスの良さ、文化的重要性を兼ね備えており、ロサンゼルスで芸術と文化の真髄を体験したい観光客にとって、最高の目的地のひとつとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nyla Free Designs(@nylafreedesigns)がシェアした投稿

ロサンゼルス自動車博物館

ロサンゼルスを訪れるなら、車好きにはたまらないピーターセン自動車博物館は見逃せません。ハリウッド映画に登場する車から、未来のコンセプトカーまで、幅広いコレクションが揃ったこの博物館は、自動車ファンにとってまさに夢の空間と言えるでしょう。

ピーターセン自動車博物館には、100年以上にわたる自動車の歴史を辿る、300台を超える見事なコレクションが展示されています。クラシックカーやホットロッド、レースカー、映画に登場する車、そして未来的なコンセプトカーまで、バラエティ豊かな車たちが来館者を魅了します。

バットモービルや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン、『ワイルド・スピード』シリーズの車など、ハリウッド映画の世界に入り込んだような気分を味わえる車が数多く展示されているのも大きな魅力です。

ただ静かに展示されているだけでなく、来館者が自動車体験に没入できるようなインタラクティブな展示も用意されています。「ヴォールト」と呼ばれる展示では、貴重な車たちを間近で見ることができ、まるでタイムスリップしたような感覚を味わえます。

ステンレススチールのリボンを思わせるような外観を持つこの博物館は、ロサンゼルス屈指の建築物として知られています。ダイナミックなデザインは、動きとスピード感を表現しており、まさに自動車博物館にふさわしいと言えるでしょう。

展示は定期的に入れ替えられており、何度訪れても新しい発見があるのが魅力です。自動車ファンにとって、いつ訪れても新鮮な驚きを与えてくれるでしょう。

展示だけでなく、教育プログラムやツアー、イベントなども充実しており、家族連れや学校団体にもおすすめです。子供から大人まで、誰もが自動車について楽しく学ぶことができます。

ピーターセン自動車博物館は、ロサンゼルスのミラクル・マイル沿いに位置しており、周辺には様々な観光スポットがあります。ロサンゼルス観光の際には、ぜひこの車好き必見の聖地を訪れてみてはいかがでしょうか?

サンタモニカ・ピアとビーチ

カリフォルニア州ロサンゼルス、太平洋岸に位置するサンタモニカ・ピアとビーチは、世界中から観光客が訪れる人気のエリアです。3.5マイルの白い砂浜、青い海、そして活気あふれる桟橋は、ロサンゼルスの魅力を存分に味わえる場所として知られています。

サンタモニカビーチは、南カリフォルニアのビーチの真髄を体験できる場所です。広々とした砂浜では、海水浴や日光浴はもちろん、ビーチバレーやビーチテニスなどのアクティビティも楽しめます。子供向けの遊び場も充実しているので、家族連れでも安心して過ごせます。

1909年に建てられた歴史あるサンタモニカ・ピアは、ロサンゼルスで最も有名なランドマークの一つです。太平洋に突き出た桟橋には、象徴的な観覧車、活気あふれるカーニバルゲーム、大道芸人、個性的なショップ、そして海を眺めながら食事を楽しめるレストランが立ち並んでいます。

桟橋にあるパシフィック・パークは、太陽光パネルで動く観覧車やジェットコースター、子供向けの乗り物など、家族で楽しめる遊園地です。海を眺めながらの空中ブランコは、まさに絶景体験となるでしょう。

ビーチと桟橋以外にも、サンタモニカ・ピア & ビーチには様々なアトラクションがあります。サンタモニカ・ピア水族館では、アシカやイルカなどの海生生物を見ることができます。マッスル・ビーチ・アウトドア・ジムでは、開放的な空間でトレーニングを楽しむことができます。また、インターナショナル・チェス・パーク、ビーチバレーボールコート、サイクリングロードなどもあり、アクティブに過ごしたい方にもおすすめです。

サンタモニカ・ピア & ビーチは、ロサンゼルス国際空港から車で約30分、ロサンゼルスダウンタウンから電車で約1時間と、アクセス抜群です。駐車場も充実しているので、車での訪問も安心です。

サンタモニカ・ピア & ビーチは、ロサンゼルスの伝統的なビーチ文化とライフスタイルを象徴する場所です。美しい景色、活気あふれる雰囲気、そして様々なアクティビティは、ロサンゼルス旅行を忘れられないものにしてくれるでしょう。

サンタモニカ・ピア & ビーチは、幅広い年齢層に適したアクティビティやアメニティが揃っているので、家族連れにおすすめの観光スポットです。子供から大人まで、誰もが楽しめる場所と言えるでしょう。

世界的に有名なビーチ、象徴的な桟橋、アミューズメントパーク、多様なアトラクション、アクセスの良さ、そしてロサンゼルスのクラシックなビーチシーンの体現が組み合わさったサンタモニカ・ピア & ビーチは、ロサンゼルスを訪れるならぜひ訪れたい場所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evelyn S. Mendoza(@evelyn.s.mendoza)がシェアした投稿

ベニスビーチ

ロサンゼルス有数の観光地、ベニスビーチ。太平洋岸に位置するこの場所は、ユニークな雰囲気、多様な文化、そして活気あふれるアクティビティで、世界中から観光客を魅了しています。

2.5マイル続くベニスビーチ・ボードウォークは、まさにベニスの心臓部です。大道芸人、アーティスト、露店商、占い師など、様々な人々が集い、訪れる人を飽きさせません。海を眺めながら散歩したり、個性的なショップを覗いたり、パフォーマンスを楽しんだりと、ここでしか味わえない体験が待っています。

ベニスビーチは、古くからアーティスト、ミュージシャン、自由奔放な人々の集まる場所として知られてきました。反骨精神とクリエイティブな雰囲気が漂うこの場所は、型にはまらないユニークな表現を尊重し、人々を惹きつけてやまない魅力を持っています。

世界的に有名な屋外ジムエリア、マッスルビーチでは、筋骨隆々のボディビルダーたちが集い、トレーニングに励む姿を見ることができます。その熱気と迫力は、見るもの全てを魅了します。

また、ベニスビーチは近代スケートボード文化の発祥地とも言われています。ベニス・ビーチ・スケートパークをはじめ、世界中からスケーターが集まるスポットが多数存在し、華麗な技の数々に圧倒されること間違いなしです。

ベニスビーチの主役はボードウォークやマッスルビーチかもしれませんが、美しい海と砂浜も魅力の一つです。海水浴や日光浴、ビーチスポーツなど、海辺ならではの楽しみを満喫できます。

アーチ型の歩道橋が架かるベニス運河は、まるでヨーロッパの街角のような雰囲気です。周辺のビーチハウスと相まって、絵画のような風景が広がります。喧騒のボードウォークとは一味違う、穏やかでロマンチックな時間を過ごせるでしょう。

ベニスビーチの北端に位置するアボット・キニー・ブールバードは、おしゃれなショップ、アートギャラリー、カフェ、レストランが並ぶ人気エリアです。最新トレンドを発信するショップや、こだわりのグルメを楽しめるレストランが立ち並び、一日中楽しめます。

映画、テレビ番組、音楽など、数多くのメディアで取り上げられてきたベニスビーチ。その独特な雰囲気とロケーションは、ロサンゼルスを象徴する存在として世界中の注目を集めています。

ベニスビーチは、多様な文化、個性的な人々、そして活気あふれるエンターテイメントが融合した、ロサンゼルスを代表する観光地です。型にはまらない自由な雰囲気を味わい、刺激的な体験を求める人にとって、まさに最適な場所と言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Venice Beach(@venice.beach)がシェアした投稿

ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)

ロサンゼルスを訪れるなら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つがロサンゼルス郡立美術館(LACMA)です。アメリカ西部最大の規模を誇るLACMAは、6,000年以上にわたる世界中の芸術と文化を網羅する142,000点を超える作品を収蔵しています。広大なコレクション、ユニークな展示、美しい建築、そして便利な立地により、LACMAはロサンゼルスで最も人気のある文化施設の一つとなっています。

LACMAの最大の魅力は、その膨大なコレクションです。古代エジプト、ギリシャ、ローマの遺物から、中世ヨーロッパの宗教画、ルネサンス絵画、印象派、ポスト印象派、現代アートまで、幅広い時代の作品が展示されています。また、アジア、アフリカ、オセアニア、アメリカ大陸の芸術作品も充実しており、世界中の文化を包括的に理解することができます。

LACMAには、思わず写真を撮りたくなるようなユニークでインスタ映えするアート作品が数多くあります。中でも有名なのが、クリス・バーデンの「Urban Light」です。ロサンゼルスの街灯を模したこの巨大な彫刻作品は、夜になると幻想的にライトアップされ、多くの観光客を魅了しています。また、マイケル・ハイザーの「Levitated Mass」も人気作品で、巨大な岩が宙に浮いているように見えるインスタレーションは、見る者を圧倒します。

LACMAでは、常設展以外にも、様々な企画展が開催されています。古代文明、現代アート、写真、ファッションなど、テーマは様々で、常に新しい発見や刺激を与えてくれます。企画展は定期的に入れ替わっているので、何度訪れても飽きることのない美術館と言えるでしょう。

LACMAは、外観も美しく見応えがあります。特に、レンゾ・ピアノが設計したブロード現代美術館(BCAM)は、曲線的なデザインとガラス張りの開放的な空間が印象的で、建築自体が作品のようです。

LACMAは、ロサンゼルス中心部のミラクル・マイル沿いに位置しています。地下鉄やバスでアクセスすることもでき、ロサンゼルス観光の拠点としても便利です。周辺には他の美術館や博物館、ショッピングモール、レストランなども多くあり、一日中楽しめるエリアです。

LACMAは、単なる美術館ではありません。ロサンゼルスの活気あるアートシーンを象徴する文化施設であり、世界中から美術ファンや観光客が訪れる人気のスポットです。LACMAを訪れることで、ロサンゼルスの芸術文化に対する深い理解を得ることができます。

LACMAには、ミュージアム・ショップとレストランも併設されています。ショップではアート関連の書籍やグッズを購入でき、レストランでは軽食から本格的な食事まで楽しめます。

ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)は、アートと文化に興味のある人にとって、絶対に訪れるべき場所です。膨大なコレクション、ユニークなアート作品、多様な企画展、美しい建築、便利な立地など、LACMAには魅力が満載です。ロサンゼルス旅行の際には、ぜひLACMAを訪れて、その豊かな芸術文化を存分に味わってみてください。

ロサンゼルス自然史博物館

ロサンゼルスを訪れるなら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つがロサンゼルス郡立自然史博物館です。世界最大級の規模を誇るこの博物館には、45億年の歴史を網羅する約3500万点の標本や遺物が収蔵されており、恐竜ファンから子供連れの家族まで、幅広い層の人々に人気があります。

ロサンゼルス自然史博物館の最大の魅力は、その膨大なコレクションです。恐竜の化石、宝石、鉱物、動物標本、植物標本など、ありとあらゆる自然史資料が展示されています。特に有名なのが、300点以上の化石と20体の恐竜骨格を展示する恐竜ホールです。ティラノサウルス・レックスの成長シリーズなど、貴重な化石を見ることができます。

恐竜ホールでは、単に化石を展示するだけでなく、最新の研究に基づいて恐竜の生態を再現したジオラマや、動く恐竜模型なども展示されています。まるで恐竜時代にタイムスリップしたような臨場感あふれる展示は、子供から大人まで夢中になれるでしょう。

博物館では、恐竜の化石に触れたり、本物の恐竜の大きさを感じられる実物大の模型を見学したりするなど、子供も楽しめるインタラクティブな体験プログラムが用意されています。また、館内には「ディスカバリーセンター」と呼ばれる子供向けの学習エリアがあり、顕微鏡を使った観察や化石の発掘体験などを通して、自然科学について楽しく学ぶことができます。

ロサンゼルス自然史博物館は、単なる観光スポットではありません。世界屈指の研究機関であり、教育施設でもあります。博物館では、研究者による様々な研究プロジェクトが行われており、その成果は展示物や教育プログラムを通して一般公開されています。また、学校向けの学習プログラムやワークショップなども開催されており、子供たちの好奇心を刺激し、科学への関心を高める役割を果たしています。

1913年に建てられた博物館のオリジナルの建物は、ロサンゼルスの歴史を感じさせる美しい建築物です。特徴的なロタンダと大理石の柱は、一見の価値があります。

博物館は、ロサンゼルスの中心部に位置するエクスポジションパーク内にあります。地下鉄やバスでアクセスすることもでき、ロサンゼルス観光の拠点としても便利です。周辺には、カリフォルニア科学センターやメモリアル・コロッセウムなど、他の観光スポットもたくさんあるので、一日中楽しめるエリアとなっています。

ロサンゼルス自然史博物館は、子供から大人まで楽しめる博物館です。恐竜好きはもちろん、自然科学に興味のある人、家族で充実した時間を過ごしたい人におすすめのスポットです。

ロサンゼルス自然史博物館は、世界クラスの展示品、インタラクティブな体験、教育的リソース、美しい建築、便利な立地、そして家族向けの環境を兼ね備えた、ロサンゼルス屈指の人気観光スポットです。自然史に興味がある人はもちろん、子供と一緒に楽しめる場所を探している人にもおすすめです。

ロサンゼルス科学センター

ロサンゼルスを訪れたら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つがカリフォルニア科学センターです。ここは、スペースシャトル・エンデバー号をはじめとする宇宙関連展示、インタラクティブな体験型展示、IMAXシアターなど、様々な科学技術を学ぶことができる巨大な科学博物館です。子供から大人まで楽しめる、ロサンゼルス屈指の人気観光スポットとなっています。

科学センターの目玉は、なんといってもスペースシャトル・エンデバー号です。実際に宇宙を飛行した本物のスペースシャトルが、間近で展示されています。シャトル内部を見学したり、宇宙飛行士がどのように生活していたのかを知ることができます。これは、世界中で4機しか公開されていないスペースシャトルの一つであり、宇宙開発の歴史を肌で感じられる貴重な体験となります。

科学センターには、単に展示物を見るだけでなく、実際に触って体験できるインタラクティブな展示が数多く用意されています。「Ecosystems(生態系)」エリアでは、熱帯雨林や砂漠などの様々な生態系を再現した展示の中で、動物たちと触れ合ったり、自然の仕組みを学ぶことができます。「World of Life(生命の世界)」エリアでは、人体模型や恐竜の化石などを通して、生命の神秘を探ることができます。子供から大人まで、誰もが楽しめる内容となっています。

科学センターには、7階建ての巨大なIMAXシアターがあり、ここでしか見られない科学映画やドキュメンタリーを3D映像で楽しむことができます。迫力満点の映像は、まるで自分が宇宙空間を飛び回っているような感覚を味わえます。

科学センターの常設展示ホールは、入場無料となっています。一部の特別展示には有料チケットが必要ですが、基本的な展示は無料で楽しめるため、家族連れにもおすすめです。科学に触れる貴重な機会を、気軽に体験することができます。

カリフォルニア科学センターは、単なる観光スポットではありません。米国最大級の体験型科学センターとして、重要な教育資源としての役割を果たしています。魅力的な展示やプログラムを通して、子供たちの科学への好奇心や学習意欲を高め、未来の科学者を育む土壌を作っています。

科学センターは、ロサンゼルスの中心部に位置するエクスポジションパーク内にあります。地下鉄やバスでアクセスすることもでき、ロサンゼルス観光の拠点としても便利です。周辺には、ロサンゼルス郡立自然史博物館やメモリアル・コロシアムなど、他の観光スポットもたくさんあるので、一日中楽しめるエリアとなっています。

カリフォルニア科学センターは、あらゆる年齢層向けの展示があり、教育とエンターテイメントを両立させたい家族にとって最適な場所です。宇宙、科学、自然について楽しく学ぶことができ、家族で訪れるのにぴったりです。

カリフォルニア科学センターは、ワールドクラスの宇宙展示、インタラクティブな体験型アプローチ、入場無料、教育的価値、最高のロケーション、そして家族向けの環境を兼ね備えた、ロサンゼルスで最も人気のある科学博物館の一つです。科学に興味がある人、子供と一緒に楽しめる場所を探している人、ロサンゼルスの魅力を存分に味わいたい人におすすめのスポットです。

ブロード美術館

ロサンゼルスを訪れたら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つがダウンタウンにあるブロード美術館です。ジェフ・クーンズの巨大な彫刻「Balloon Dog」や草間彌生の有名なインスタレーション「Infinity Mirrored Room」など、インスタ映えする象徴的な現代アート作品が数多く展示されており、国内外から多くの観光客を魅了しています。

ブロード美術館の最大の魅力は、常設展への入場が無料であることです。ニューヨークのMoMAやシカゴ美術館などの主要美術館とは異なり、ブロードでは誰でも気軽に現代アートに触れることができます。学生や若者にとっても、アート鑑賞を身近に感じられる貴重な場所と言えるでしょう。

ブロード美術館のコレクションは、1950年代から現代までの現代美術に特化しており、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ミシェル・バスキアなどの巨匠たちの作品をはじめ、世界中から厳選された作品が展示されています。現代アートに興味がある人だけでなく、初めて現代アートに触れる人にとっても、見応えのある作品が揃っています。

ブロード美術館の建物は、建築家ディラー・スコフィディオ+レンフロによって設計され、蜂の巣のようなユニークな外観が特徴です。外壁には約380枚のステンレススチールパネルが使用されており、光によって様々な表情を見せる美しい建築物となっています。建物自体が作品のような美術館は、必見の価値があります。

ブロード美術館は、ロサンゼルスのダウンタウン中心部に位置しており、ウォルト・ディズニー・コンサートホールやグランド・セントラル・マーケットなどの観光スポットにも近いため、アクセスが抜群です。周辺には、レストランやショップなども多く、ロサンゼルス観光の拠点としてもおすすめです。

ブロード美術館は、現代アートに特化した新しい美術館であることから、LAでアートを体験できるクールでトレンディな場所として評判を得ています。特に、ソーシャルメディア上で話題となっているインスタレーション作品は、若い世代を中心に人気を集めており、美術館を訪れた記念に写真を撮ったり、SNSに投稿したりする人が多く見られます。

ブロード美術館は、入場無料、象徴的な現代アート作品、ユニークな建築、便利な立地、ソーシャルメディアでの人気など、様々な魅力を兼ね備えた、ロサンゼルスを代表するアートスポットです。現代アートに興味がある人、新しい刺激を求めている人、ロサンゼルスの文化を体験したい人におすすめの場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Broad(@thebroadmuseum)がシェアした投稿

ハリウッド・ボウル

ロサンゼルスを訪れたら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つがハリウッド・ヒルズに位置するハリウッド・ボウルです。1922年にオープンしたこの野外円形劇場は、世界で最も有名な野外会場の一つであり、その独特な雰囲気と歴史、そして一流のパフォーマンスで、多くの観光客を魅了しています。

ハリウッド・ボウル最大の特徴は、丘の中腹に彫られた同心円状のアーチ型の座席に囲まれた、象徴的なバンドシェルステージです。このユニークなデザインは、音響効果だけでなく、視覚的にも美しい空間を作り出しています。

夏には、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団によるクラシック音楽から、ジャズ、ポップス、ロックなど、様々なジャンルのトップアーティストによるコンサートが開催されます。星空の下で音楽を楽しみながら、ロサンゼルスの美しい夜景を眺めることができるのは、ハリウッド・ボウルならではの魅力です。

ハリウッド・ボウルからは、ハリウッド・サイン、ロサンゼルスのスカイライン、そして周囲の渓谷の息をのむような景色を眺めることができます。自然に囲まれたこの絵のように美しい環境は、コンサート体験をさらに特別なものにしてくれます。

100年以上の歴史を持つハリウッド・ボウルは、ロサンゼルスの一流エンターテイメントの象徴と言える存在です。フランク・シナトラ、ビートルズ、マドンナなど、多くの伝説的なアーティストがこのステージでパフォーマンスを行ってきました。

ハリウッド・ボウルでは、コンサート前にピクニックを楽しむこともできます。芝生の上でブランケットを広げて、ワインやチーズなどを持ち寄り、星空の下でゆっくりと食事をするのは、ロサンゼルスの夜を満喫する最高の方法の一つです。

ハリウッド・ボウルは、ロサンゼルスの中心部に位置しており、公共交通機関や車で簡単にアクセスすることができます。また、十分な駐車場やシャトルバスも用意されているので、アクセスに困ることはありません。

ハリウッド・ボウルでのパフォーマンスは、ロサンゼルスのエンターテイメント、美しい気候、アウトドア・ライフスタイルを凝縮した、まさにロサンゼルス・スピリットを体現する体験と言えるでしょう。

ハリウッド・ボウルは、ユニークな雰囲気、歴史、パフォーマンス、景色、アクセス、そしてロサンゼルス・スピリットを体感できる、ロサンゼルス観光のハイライトと言える場所です。音楽ファンはもちろん、ロサンゼルスの魅力を存分に味わいたい人におすすめのスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hollywood Bowl(@hollywoodbowl)がシェアした投稿

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー

ロサンゼルスを訪れたら、ぜひ立ち寄りたい場所の一つが、映画の魔法を体験できるワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアーです。このツアーでは、実際に稼働している映画スタジオの舞台裏を見学し、人気映画やテレビ番組のセットに入り、映画制作の過程について学ぶことができます。映画ファンはもちろん、ハリウッドのエンターテイメント業界に興味がある人におすすめのスポットです。

ツアーでは、フレンズ、ビッグバン★セオリー、バットマンなど、人気作品で使われた本物のサウンドステージ、バックロット、セットを見学することができます。まるで自分が映画の世界に入り込んだような感覚を味わえます。

ツアーでは、フレンズ・セントラルパーク・カフェ、バットマン映画のバットモービルやバットケイブ、ハリー・ポッターのホグワーツ城など、映画やテレビ番組でおなじみのセットを訪れることができます。実際にセットに入って、記念写真を撮ることもできます。

ツアーは見学だけでなく、ゴッサム・シティの通りを歩いたり、ハリー・ポッターのようにホウキに乗ったり、グリーンスクリーンで自分だけのバットモービルをデザインしたりするなど、インタラクティブな体験も楽しむことができます。

ツアーでは、ワーナー・ブラザースの豊かな映画の歴史を、名作映画の小道具、衣装、ビンテージカーの展示を通して紹介しています。映画好きにはたまらない、貴重な展示品を見ることができます。

知識豊富なガイドが、映画や番組がどのように作られたかについての内部情報や物語を提供し、映画制作プロセスへのユニークな視点を提供します。

ハリー・ポッター、DCコミックス、フレンズなど、大人気のワーナー・ブラザース・フランチャイズの世界に浸ることができるのも、このツアーの魅力の一つです。

ツアーはバーバンクの中心部に位置しており、ロサンゼルスの他の観光スポットからもアクセスしやすい場所にあります。予約も簡単なので、気軽に訪れることができます。

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアーは、映画ファンにとって夢のような場所です。映画の舞台裏を間近で見学し、インタラクティブな体験を通して、映画制作の魔法を体感することができます。ロサンゼルスを訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carol-Anne(@carolanne.k)がシェアした投稿

ハンティントン図書館、アートコレクション、植物園

カリフォルニア州サンマリノにあるハンティントン図書館、アートコレクション、植物園は、歴史、芸術、自然が融合した、ロサンゼルス近郊屈指の人気観光スポットです。

ハンティントン図書館は、11世紀から21世紀までの1200万点を超える貴重な資料を収蔵する、世界クラスの研究図書館です。政治、法律、外交、宗教など、幅広い分野の資料が揃っており、学者や研究者だけでなく、歴史や文化に興味を持つ一般の観光客にも人気があります。

ハンティントン美術館は、イギリス、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの美術品を所蔵する、充実したコレクションを誇ります。装飾美術、絵画、版画、素描、写真、彫刻など、45,000点を超える作品が展示されており、フレデリック・チャーチ、ジョン・シングルトン・コプリー、ジョン・シンガー・サージェント、メアリー・カサット、エドワード・ホッパーなど、著名な画家の作品を鑑賞することができます。

約130エーカーの広大な敷地には、日本庭園、砂漠庭園、中国庭園など、テーマ別の庭園が点在する植物園が広がっています。83,000種を超える植物(希少種や絶滅危惧種を含む)が栽培されており、静寂の中で自然を満喫することができます。

ハンティントンでは、年間を通して様々なイベント、講演会、展覧会が開催されています。アートに関するトークショー、最新の展覧会、特定の植物コレクションを紹介する「Now Blooming」シリーズなど、季節ごとに様々なイベントを楽しむことができます。

研究者から好奇心旺盛な観光客まで、あらゆる人々が楽しめるのがハンティントンの魅力です。豊かな歴史、多様なコレクション、美しい環境は、ロサンゼルスを訪れた際にはぜひ訪れたい場所と言えるでしょう。

ハンティントン図書館、アートコレクション、植物園は、歴史、芸術、自然を愛する人々にとって、かけがえのない文化施設です。ロサンゼルス近郊にお越しの際は、ぜひこの文化の宝石を訪れてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Huntington(@thehuntingtonlibrary)がシェアした投稿

ビバリーヒルズ

ロサンゼルスのハリウッドヒルズ南西に位置するビバリーヒルズは、世界屈指の富裕層とセレブが暮らす街として知られています。きらびやかなショッピング、セレブの豪邸見学、一流ホテルでの滞在など、訪れる者を魅了する要素が満載です。

ロデオドライブといえば、世界中の高級ブランドが軒を連ねる、まさにショッピングの聖地です。シャネル、グッチ、ルイ・ヴィトンなど、憧れのブランドショップが立ち並び、ウィンドウショッピングだけでも夢が膨らみます。格式高い雰囲気の中、ショッピングを楽しむことができます。

ビバリーヒルズには、多くのセレブが邸宅を構えています。ガイドツアーに参加すれば、普段は見ることができない豪華な邸宅を間近で見学することができます。中には、映画やドラマのロケ地となった邸宅もあり、特別な体験ができるでしょう。

ビバリーヒルズには、ビバリーヒルトン・ホテルやビバリーヒルズ・ホテルなど、世界的に有名なホテルが数多く存在します。洗練された客室、行き届いたサービス、そして華やかな雰囲気は、非日常を満喫させてくれます。

ビバリーヒルズは、ロサンゼルスの中でも最も安全で洗練された街のひとつとして知られています。美しい街並み、手入れの行き届いた公園、そして洗練されたレストランが立ち並び、優雅な時間を過ごすことができます。

ビバリーヒルズは、ロデオドライブでのショッピング、セレブの豪邸見学、一流ホテルでの滞在など、豪華さとセレブリティの要素が融合した街です。華やかな雰囲気を存分に味わい、忘れられない思い出を作りたい方におすすめの場所です。

ビバリーヒルズを訪れる際には、洗練された服装で訪れることをおすすめします。また、高級店やレストランが多いエリアなので、ある程度の予算を用意しておくと良いでしょう。ロサンゼルス旅行の際は、ぜひビバリーヒルズを訪れて、その魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annekathrin(@an_raritaet)がシェアした投稿

ラ・ブレア・タールピット博物館

ロサンゼルスの中心部に位置するラ・ブレア・タールピット博物館は、世界で最も有名な化石産地の一つとして知られ、古生物学や自然史に興味のある観光客にとって、まさに夢のような場所です。

ラ・ブレア・タールピットは、氷河期の動植物の化石が自然のアスファルトの染み出しに保存されている、世界でも類を見ない貴重な遺跡です。マンモス、サーベルタイガー、ダイアウルフなど、絶滅した生物たちのリアルな姿が目の前に広がり、訪れる者を驚嘆させるでしょう。

隣接するジョージ・C・ペイジ博物館には、タール坑から発掘された350万点以上の化石が展示されています。完全な骨格標本も多く、まるでタイムスリップしたかのような臨場感を味わえます。マンモスの巨大な牙やサーベルタイガーの鋭い爪など、間近で見る化石は迫力満点です。

ただ化石を見るだけでなく、発掘作業を体験したり、本物の化石に触れたり、タール坑に閉じ込められた動物たちの様子を再現した展示など、五感を刺激するインタラクティブな体験が用意されています。子供から大人まで楽しめる、充実したプログラムが魅力です。

ラ・ブレア・タールピットでは、現在も古生物学的な発掘作業が活発に続いています。見学者は、科学者たちが新しい化石を発掘し、研究する様子を間近で観察することができます。まさに、古生物学の舞台裏を体感できる貴重な機会です。

都市部にある最も有名な化石発掘現場の一つであるラ・ブレア・タールピットは、ロサンゼルスを代表する観光スポットとして長い歴史を持っています。かつてこの地域を支配していた巨大生物たちの息吹を感じられる、ロサンゼルス旅行では絶対に外せない場所です。

ラ・ブレア・タールピットと博物館は、子供から大人まで楽しめる教育的なプログラムも充実しています。化石や古生物に関する知識を深められるだけでなく、科学への興味関心を高め、自然保護の大切さを学ぶことができます。家族で訪れて、楽しく学べる場所としておすすめです。

ロサンゼルス中心部のミラクル・マイル沿いに位置するラ・ブレア・タールピットは、ロサンゼルス郡立美術館など他の主要な観光スポットにも近く、アクセスが非常に便利です。ロサンゼルス市内観光の際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ラ・ブレア・タールピット博物館は、古生物学ファンはもちろん、家族連れやカップルなど幅広い層におすすめの観光スポットです。ロサンゼルス旅行をより充実したものにするために、ぜひ訪れてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sam Travels(@_sam_travels)がシェアした投稿

ネザーカット・コレクション

ロサンゼルスにあるネザーカット・コレクションは、自動車愛好家や歴史ファンにとって夢のような場所です。20世紀初頭から現代までの美しく修復されたクラシックカー250台以上と、アンティーク機械楽器のコレクションが展示されています。

デューセンバーグ、パッカード、コード、タルボ・ラゴスなど、希少で象徴的なモデルを含む、アメリカやヨーロッパのクラシックカーがずらりと並んでいます。車好きにはたまらない、まさに夢のような空間です。

車だけでなく、オーケストリオンやプレーヤーピアノ、フェアグランドオルガンなどのアンティーク機械楽器も展示されています。録音前の音楽エンターテイメントをユニークに体験できます。

すべての車両や楽器は、細心の注意を払って本物そっくりに修復されており、その精巧な技術と細部へのこだわりは圧巻です。

コレクションは、20世紀初頭の自動車ショールームを彷彿とさせる壮大なサロンに展示されています。豪華な装飾と雰囲気は、訪れる者をタイムスリップさせてくれます。

知識豊富な解説員によるガイドツアーでは、展示されている希少な自動車や楽器の歴史、技術、ストーリーを詳しく聞くことができます。

楽器の動作を見たり聞いたりできるだけでなく、デジタル・プラットフォーム上で自分のクラシックカーをデザインして、没入型の体験をすることもできます。

博物館の建物自体が建築の傑作であり、壮大なロビー、機関車のエンジンルーム、全体的な体験を高めるエレガントな空間が特徴です。

ネザーカット・コレクションは、クラシックカーと機械楽器のコレクション、完璧な修復、エレガントなプレゼンテーション、ガイド付きツアー、インタラクティブな体験、印象的な建築の組み合わせにより、ロサンゼルスを訪れる際にはぜひ訪れたい場所の一つです。

ゲッティ・ヴィラ

ロサンゼルスにあるゲッティ・ヴィラは、古代美術と建築愛好家にとってまさに夢のような場所です。紀元前6,500年から現代までの幅広い時代の芸術作品と、美しい庭園や建築様式を堪能することができます。

ゲッティ・ヴィラには、紀元前6,500年頃の彫刻、陶器、宝石、その他の芸術品を含む、古代ギリシャ、ローマ、エトルリアの素晴らしい古代美術コレクションが収蔵されています。この古典美術と考古学の包括的なコレクションは、世界でも有数のものであり、古代文明の息吹を感じることができます。

ゲッティ・ヴィラ自体は、ヘルクラネウムのヴィラ・デイ・パピリと呼ばれる紀元1世紀の古代ローマのカントリーハウスを緻密に再現したものです。その美しい庭園、柱廊のある建物、噴水、内部空間は、古代グレコローマン建築とデザインの壮麗さを目の当たりにすることができます。

海を見下ろす風光明媚な太平洋の崖の上に建つゲッティ・ヴィラは、ロサンゼルスの喧騒から離れ、静謐で優雅な環境を提供しています。その穏やかな庭園とオープンエアの建築は、古典芸術を鑑賞するためのユニークなオアシスを作り出し、心安らぐひとときを過ごすことができます。

常設コレクションに加え、ヴィラでは、あらゆる年齢層の来館者に古代の芸術と文化についてより深い洞察を提供する展示会、講演会、パフォーマンス、教育プログラムを持ち回りで開催しています。これらのプログラムを通して、古代ギリシャ、ローマ、エトルリアの人々の生活や社会について学ぶことができます。

ゲッティ・センターと同様、ゲッティ・ヴィラの常設コレクションへの一般入場は無料であり、観光客にとっても地元の人々にとっても利用しやすい文化的アトラクションとなっています。

マリブに近いパシフィック・パリセーズ地区に位置するゲッティ・ヴィラは、サンタモニカやビーチなどロサンゼルスの他の人気観光地にも近く、アクセスが非常に便利です。ロサンゼルス旅行の際には、ぜひ組み合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

ゲッティ・ヴィラは、ゲッティ・センターの主要建築家によって設計された数少ない施設建築のひとつとして、古代にインスパイアされたユニークなデザインが特徴です。その建築様式は、古代建築への理解を深め、訪れる者を魅了します。

ゲッティ・ヴィラの比類なきコレクション、見事なグレコローマン建築、落ち着いた雰囲気、教育的価値、入場無料、ロサンゼルスからの近さ、建築的血統は、古代世界が芸術とデザインに与えた影響を探求する観光客にとって、必ず訪れるべき文化的目的地となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alejandro Rovira(@alex.rov01)がシェアした投稿

ロサンゼルス現代美術館(MOCA)

ロサンゼルスの中心部に位置するMOCAは、活気あふれる文化の中心地として、国内外の観光客を魅了し続けています。

MOCAの本館はロサンゼルスのダウンタウン、グランド・アベニューにあり、周辺にはウォルト・ディズニー・コンサートホールや活気あふれるグランド・セントラル・マーケットなどがあり、観光の中心地として最適な場所です。また、かつてMOCA本館として利用されていた建物は、現在「ゲフィン・コンテンポラリー」として、リトル東京地区で現代アートを発信しています。

MOCAは、1940年以降に制作されたアメリカおよびヨーロッパの現代美術を中心に、幅広いコレクションを誇ります。ジャスパー・ジョーンズ、デイヴィッド・ホックニー、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ミシェル・バスキアなど、著名なアーティストの作品をはじめ、多様な表現方法を網羅した作品群を鑑賞することができます。

絵画や彫刻だけでなく、パフォーマンスやインスタレーションなど、様々な芸術形態を取り込んだ革新的なプログラムを実施しています。従来の枠にとらわれない斬新な企画展や、アーティストとのトークイベントなどを通して、現代アートの新たな可能性を探求し、芸術の境界を押し広げています。さらに、教育プログラムやワークショップも充実しており、子供から大人まで幅広い層が現代アートに触れ、理解を深める場を提供しています。

MOCAは、単なる美術館にとどまらず、現代アートシーンを牽引する重要な役割を果たしています。アート愛好家はもちろん、好奇心旺盛な旅行者にとっても、刺激的で忘れられない体験となるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Museum of Contemporary Art(@moca)がシェアした投稿

ロサンゼルスで撮影された有名な映画

ラ・ラ・ランド(2016年)

このミュージカル・ロマンティック・コメディ映画は、ジャズピアニストと女優志望の女性が、ロサンゼルスで夢を追いかけながら恋に落ちる物語です。グリフィス天文台、ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)、ワッツ・タワーズなど、ロサンゼルスを象徴するロケ地が登場します。

ブレードランナー(1982年)

このネオ・ノワールSF映画は、2019年のディストピア的なロサンゼルスが舞台で、そこではレプリカント(生物工学で作られた生物)が奴隷労働者として使われています。ロサンゼルスのダウンタウンやバンカーヒルで撮影されたシーンが多く、ダークで骨太な描写が特徴。

ビッグ・リボウスキ(1998)

このネオノワール・コメディ犯罪映画は、凶悪犯に大富豪と間違われたロサンゼルスの怠け者、ジェフリー・”ザ・デュード”・リボウスキの物語を描きます。In-N-Outバーガーやハリウッド・フォーエバー墓地など、ロサンゼルスの象徴的な場所が数多く登場します。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)

ハリウッドの「黄金時代」末期、1969年のロサンゼルスを舞台にした架空の物語。レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーなど、当時の有名俳優が多数出演しています。

雨に唄えば(1952)

このミュージカル・コメディ映画は、1920年代後半にハリウッドがサイレント映画から “トーキー映画 “に移行していく過程を風刺しています。ハリウッド大通りやグラウマンズ・チャイニーズ・シアターなど、ロサンゼルスの名所が数多く登場します。

ダイ・ハード(1988)

クリスマスパーティー最中テロリストグループによってロサンゼルス高層ビルニューヨーク警官ジョンマクレーン物語アクション映画現在はフォックス・プラザと呼ばれるナカトミ・プラザが登場します。

パルプ・フィクション(1994年)

このネオ・ノワールの犯罪映画は、ロサンゼルスの犯罪者たちを描く非線形のストーリー。ジャック・ラビット・スリムのダイナーやムッソ&フランク・グリルなど、ロサンゼルスの象徴的な場所が数多く登場します。

グリース(1978年)

このミュージカル・コメディ映画は1950年代が舞台で、ライデル・ハイに通う高校生たちの物語を描きます。グリフィス・パークやベニス・ビーチ・ボードウォークなど、ロサンゼルスの象徴的な場所が数多く登場します。

まとめ

ロサンゼルスは、スリル満点のテーマパークや象徴的な映画スタジオから、ワールドクラスの博物館、素晴らしい建築物、フリーマーケットまで、誰もが楽しめる街です。

芸術愛好家、映画ファン、自然愛好家、忘れられない冒険を求める家族連れなど、ロサンゼルスにはすべてが揃っています。ディズニーランドの魔法やユニバーサル・スタジオの映画をテーマにしたスリルから、ゲティ・センターやLACMAの畏敬の念を抱かせるコレクションまで、この街ではあらゆる興味に応える多様な体験ができます。

華やかさだけでなく、静寂に包まれたグリフィス天文台や太古の歴史を持つラ・ブレア炭坑など、ロサンゼルスは大自然の驚異を探索する観光客にも人気があり、この街と地球との深いつながりを思い起こさせます。一方、ザ・ブロード、MOCA、ゲティ・ヴィラといった文化の中心地は、ロサンゼルスの芸術精神を称え、現代表現の限界を押し広げる作品を展示しています。

活気あふれる街並み、象徴的なランドマーク、そして無限のエンターテイメントが揃うロサンゼルスは、人々を魅了し、インスピレーションを与えてやまない街です。初めてロサンゼルスを訪れる人も、旅慣れた人も、これら20のトップクラスのアトラクションを訪れれば、忘れられない思い出と、エンジェルスの街への新たな理解が得られるはずです。

これはほんの始まりです。活気ある文化を楽しみ、おいしい食事を味わい、カリフォルニアの太陽を満喫しましょう。ロサンゼルスでの冒険があなたを待っています。

ロサンゼルス旅行のYouTube動画



ポイントで宿泊費を浮かせて充実した旅行を

  • 10泊すると1泊無料
  • 円安でも安心価格
  • 予算を抑えて宿泊
安心のエクスペディアグループ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コビーズ・スワップミート / Kobey’s Swap Meet
スポーツアリーナで開かれるサンディエゴ最大のフリーマーケット。毎週25,000人の買い物客と800以上のベンダーが集まります。 [editorial-rating ...
コースト・ビンテージマーケット / The Coast Vintage Market
オレンジカウンティーで開催されているフリーマーケットです。レトロなグラスや、ヴィンテージアクセサリー、アンティーク雑貨などを扱う200以上のベンダーが並びます。価格はほとんど良心的です。会場は非常に暑く、日陰が少ないので、帽子と水を持参してください。通常は、Mission ...
トレジャーアイランド・フリーマーケット / Treasure Island Flea Market
トレジャーアイランドで開催される約1.6kmの長さのフリーマーケットです。場所はベイブリッジから離れたサンフランシスコ湾にあり景色は最高です。毎月15.000人以上の訪問者が集まります。   この投稿をInstagramで見る   Alicia ...
【2024年】カリフォルニアのフリーマーケットおすすめ43選
フリーマーケットやヤードセールは、希少価値のあるアンティークを見つけるのに最適な方法のひとつです。売り手はガラクタを処分しようとしていますが、彼らが持っている貴重品に気づいていないことが多くあります。 街のすべてのフリーマーケットに向かう前に十分に調査し、野球カード、小さな絵画、陶器、家具など、どの項目が適切な価格で販売されているか参照してください。ある女性はガレージセールで小さなブロンズの仏像を100ドルで買いましたが、その仏像は最大で125,000ドル(1,800万円)の価値があると推定されています。 現役バイヤーが、ロサンゼルスやサンフランシスコで人気のフリーマーケットや観光客が行かない隠れた穴場スポットをご紹介します。フリーマーケット初心者で、限られた貴重な時間を楽しく過ごしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 [word_balloon ...
エレクトリックス・フリーマーケット / Electronics Flea Market
シリコンバレーのアマチュア無線組織の非営利協会によって運営されているフリーマーケット。ビンテージのラジオから中古のテレビまで、ラジオやワイヤー、アンテナなどの関連アクセサリーで溢れています。   この投稿をInstagramで見る   EerieEleganceTM(@eerieelegancetm)がシェアした投稿 また、バッテリーなどのリサイクル可能な電子廃棄物を処分するのに便利な場所です。 エレクトリックス・フリーマーケットのYoutube動画  基本情報 名前 エレクトリックス ...