Your Cart

ブリュッセルのおすすめ観光スポット20選

ブリュッセルの観光スポット20選

ブリュッセルの名所巡り

ベルギーの首都ブリュッセルは、その豊かな歴史と文化、そして魅力的な観光スポットで世界中の旅行者を魅了しています。この美しい都市は、壮大な建築物、美術館、緑豊かな公園、そしてユニークな文化体験が盛りだくさんです。ブリュッセルを訪れる際に見逃せないスポットをリストアップしました。この記事では、ブリュッセルのベスト20の楽しみ方を紹介します。

まずは、ブリュッセルの中心部に位置する「グラン・プラス」です。この美しい広場は、ヨーロッパで最も美しい広場の一つとされ、豪華なギルドハウスや市庁舎が並んでいます。次に、未来的なデザインで有名な「アトミウム」は、1958年のブリュッセル万博のシンボルとして建てられた巨大な鉄原子模型で、内部は博物館として公開されています。

緑豊かな「サンカントネール公園」は、広大な公園で、歴史的なアーチや博物館が点在し、散策に最適です。「サン・ミッシェル大聖堂」は、ゴシック様式の美しい大聖堂で、その壮麗なステンドグラスと壮大な建築に圧倒されることでしょう。

さらに、「ミニヨーロッパ」では、ヨーロッパ各国の名所がミニチュアで再現されており、一度にヨーロッパ旅行を楽しむことができます。「ベルギー王立美術館」では、ベルギーの名画や彫刻を堪能できます。

歴史と文化の宝庫である「芸術の丘」や、「クーデンベルグ宮殿」の遺跡探検、「マネケンピス」というブリュッセルの象徴的な小便小僧の像など、見どころは尽きません。ショッピングを楽しむなら、「ギャルリ・サンテュベール」の豪華なアーケードがおすすめです。

また、漫画ファンには「ベルギー漫画センター」や、「マグリット美術館」でシュールレアリスムの巨匠の作品に触れることができます。車好きには「オートワールド」、自然史好きには「ベルギー王立自然史博物館」が必見です。

「オルタ美術館」でアール・ヌーヴォー建築の魅力を感じ、「ベルビュー博物館」でベルギーの歴史を学びましょう。さらに、「チョコレート博物館」でベルギーチョコレートの歴史と製造過程を楽しめます。

「ブリュッセル王宮」、「国立聖心大聖堂」、「ロワイヤル広場」と、ブリュッセルの象徴的な建物や広場を訪れることで、この街の豊かな文化と歴史を実感できます。

ブリュッセルは、その多彩な魅力で訪れる人々を迎えてくれる街です。次回の旅行の参考に、ぜひこのベスト20を活用してください。

グランプラス

ベルギーの首都ブリュッセルを訪れるなら、ぜひ訪れたい場所がグランプラス(グローテ・マルクト)です。11世紀からブリュッセルの中心的な広場として栄え、華麗なギルドハウスや壮麗な市庁舎など、バロック様式とゴシック様式が見事に調和した建築群が織りなす景観は、まさに圧巻です。1998年にはユネスコ世界遺産にも登録され、世界中から観光客を魅了し続けています。

グランプラスを歩けば、まるでタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。広場を取り囲む建物は、いずれも歴史を感じさせる重厚な造り。特に目を引くのが、ゴシック様式の市庁舎です。高さ96メートルのベルタワーは、ブリュッセルのシンボルとして親しまれています。

また、ギルドハウスと呼ばれる商人組合の建物も、それぞれ個性的な装飾が施されており、見どころ満載です。特に注目したいのが、王の家(Maison du Roi)とブラバント公爵の家(Maison des Ducs de Brabant)。精緻な彫刻や華麗な金箔装飾は、まさに芸術作品と言えるでしょう。

グランプラスは、単に美しい広場ではありません。11世紀からブリュッセルの政治、経済、文化の中心地として栄えてきた場所で、数多くの歴史的事件を目撃してきました。1695年にはフランス軍の砲撃を受け、多くの建物が破壊されましたが、その後市民たちの努力によって復興されました。

この歴史は、グランプラスに独特の重厚感と風格を与えています。広場を歩けば、当時の繁栄や戦火の悲惨さなど、様々な歴史の息吹を感じることができるでしょう。

グランプラスは、常に活気に満ち溢れています。2年に1度開催されるフラワーカーペットは、世界中から観光客が訪れる一大イベントです。広場全体が色とりどりの花で埋め尽くされ、まさに圧巻の美しさです。

また、オムメガング歴史ページェントやクリスマスマーケットなど、年間を通して様々なイベントが開催されています。これらのイベントを通して、ブリュッセルの伝統文化を体験することができます。

グランプラス周辺には、王立美術館やマグリット美術館など、数多くの美術館やギャラリーがあります。また、歴史的な建造物も数多く残されています。

これらの文化施設を巡れば、ブリュッセルの豊かな歴史と文化をより深く理解することができます。

グランプラスとその周辺には、レストラン、カフェ、ショップが軒を連ねています。ベルギー名物のワッフルやムール貝などを味わったり、お土産を探すのも楽しみの一つです。

アトミウム

ベルギーの首都ブリュッセルを訪れる観光客にとって、絶対に外せないスポットがアトミウムです。1958年の万博博覧会のために建設されたこのモニュメントは、ユニークなデザインと豊かな歴史、そして魅力的な施設で、世界中の人々を魅了し続けています。

アトミウム最大の特徴は、なんといってもそのユニークな建築デザインです。鉄の結晶を1650億倍に拡大したような形状は、まさに未来そのもの。直径18メートルの9つの球体が、チューブでつながれた構造は、見る者を圧倒します。高さ102メートル、重量約2500トンという巨体は、まさに圧巻。夜になるとライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しめます。

アトミウムは、単なるモニュメントではありません。1958年の万博博覧会のために建設されたこの建造物は、戦後の希望と楽観主義を象徴しています。第二次世界大戦の惨禍から復興し、科学技術の進歩を信じていた当時の時代精神を体現しているのです。当初は仮設の建造物として計画されていたアトミウムでしたが、その圧倒的な存在感と人々の憧れから、保存されることになりました。

アトミウムの最大の魅力の一つは、頂上の球体から眺めるパノラマビューです。360度見渡せる景色はまさに絶景で、晴れた日にはアントワープまで見渡すことができます。街並みを一望できるこの展望台は、写真撮影にも最適。ブリュッセルの思い出を、忘れられない一枚に収めることができます。

アトミウム内部には、科学や文化に関する様々な展示施設があります。常設展「58年万博」では、万博の歴史とアトミウムの建設について詳しく知ることができます。また、企画展では現代アートや科学技術に関する最新のトピックを取り扱い、訪れるたびに新しい発見を楽しめます。

アトミウムの最上階には、ベルギー料理を堪能できるレストランがあります。パノラマビューを楽しみながら、ワッフルやムール貝など、ベルギーの伝統料理を味わうことができます。球体内には、ギフトショップや様々なイベントスペースもあり、アトミウムでの時間をより充実したものにできます。

アトミウムは、パリのエッフェル塔のように、ブリュッセルとベルギーの国際的なシンボルとなっています。そのユニークなデザインと歴史的意義から、観光客は必ず訪れるランドマークとなっています。チョコレートやフライドポテトと並んで、ベルギーを代表するシンボルのひとつとして語られることも多いです。

アトミウムは、地下鉄6号線のヘーゼル駅を含む公共交通機関で簡単にアクセスできます。この地域には、ミニ・ヨーロッパ、ブリュッセル・プラネタリウム、ボードゥアン国王スタジアムといった他の観光スポットもあり、観光客にとって便利で魅力的な目的地となっています。

サンカントネール公園

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に位置するパルク・デュ・サンカントネール(Cinquantenaire Park)は、30ヘクタールもの広大な敷地に歴史的な建造物、博物館、緑豊かな庭園などが集まる、まさに都会のオアシスと言える場所です。1880年にベルギー独立50周年を記念して建設されたこの公園は、その歴史的背景、壮大な建築美、そして多彩な文化施設から、多くの観光客に人気のスポットとなっています。

パルク・デュ・サンカントネールが人気を集める理由は、主に以下の8つのポイントにあります。

パルク・デュ・サンカントネールは、1880年にベルギー独立50周年を記念して建設されました。元々は軍事訓練場であったこの場所は、国王レオポルド2世の指示で展示会場として整備されました。公園の名前「Cinquantenaire」はフランス語で「50周年」を意味し、ベルギーの独立を祝う象徴的な場所となっています。

公園の中心には、三つのアーチを持つ壮大な凱旋門がそびえ立っています。この凱旋門は、ベルギーの経済と産業の発展を象徴するために鉄、ガラス、石で建設されました。凱旋門の上には、四頭立ての馬車を操る女性のブロンズ像があり、これはベルギーのブラバント州を象徴しています。

パルク・デュ・サンカントネールには、王立軍事歴史博物館、オートワールド(自動車博物館)、美術と歴史の博物館など、重要な博物館が集まっています。これらの博物館は豊富なコレクションを誇り、訪れる人々に多様な文化体験を提供します。

公園内には、フランス式庭園や広々とした芝生、噴水などがあり、訪れる人々にリラックスできる空間を提供しています。特に夏の間は、ピクニックやジョギング、読書を楽しむ人々で賑わいます。

凱旋門の上部には展望台があり、ここからブリュッセル市内を一望できます。晴れた日には、遠くのアトミウムやメヘレンの聖ルンボルド大聖堂まで見渡せ、その眺望は訪れる人々に感動を与えます。

公園内には、ベルギーのコンゴ植民地時代を記念する「ベルギーのコンゴ開拓者の記念碑」など、歴史的モニュメントが点在しています。これらは、ベルギーの歴史とその影響を物語る重要な要素です。

パルク・デュ・サンカントネールは、ブリュッセル中心部に位置し、地下鉄やバスで簡単にアクセスできます。最寄りのメトロ駅は「メロード」と「シューマン」で、公園の主要入口に近接しています。

公園では年間を通して、スポーツイベント、コンサート、フェスティバル、花火大会など、様々なイベントが開催されており、訪れる人々に多様な楽しみを提供しています。

パルク・デュ・サンカントネールは、ブリュッセルを訪れる観光客にとって必見のスポットです。ぜひ一度訪れて、その魅力を体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Murillo(@murillopellegrini)がシェアした投稿

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂

ベルギーの首都ブリュッセルを訪れるなら、ぜひ訪れたい場所が聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂です。13世紀から15世紀にかけて3世紀もの歳月をかけて建設されたこの大聖堂は、ブラバンティンゴシック建築の傑作として知られ、その壮麗な姿は見る者を圧倒します。

大聖堂の外観を彩るのは、複雑な石の彫刻、高くそびえるアーチ、そして高さ69メートルを誇る2つの堂々とした塔です。これらの要素が織りなすゴシック様式の美しさはまさに圧巻で、訪れる人々に深い感動を与えます。

建設は13世紀から始まり、15世紀までかけて完成されました。その長い歴史の中で、ゴシック様式の建築様式がどのように変化していったのかを垣間見ることができます。

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂のもう一つの見どころは、ベルギーで最も素晴らしいと称されるステンドグラスの窓です。16世紀に制作されたこれらの窓は、ベルナール・ファン・オーリーやジャン・ヘックのような著名な芸術家によってデザインされ、鮮やかな色彩と精巧な描写で見る者を魅了します。

窓には、聖書や歴史上の人物が描かれており、大聖堂の内観に荘厳な雰囲気を与えています。光が差し込むたびに、ステンドグラスが放つ幻想的な輝きは、訪れる人の心を揺さぶります。

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂は、ベルギーの歴史において極めて重要な役割を果たしてきました。かつてはベルギーの国教会であり、王室の戴冠式、結婚式、葬儀など、数々の重要な儀式が行われてきた場所です。

大聖堂内部には、これらの歴史を物語る様々な遺物が展示されています。ベルギー王室と大聖堂の深い繋がりを感じることができるでしょう。

大聖堂には、「奇跡の聖遺物礼拝堂」と呼ばれる特別な場所があります。ここには、16世紀に遡る典礼品、聖遺物、祭壇画など、貴重な宗教的な芸術品や宝物が収蔵されています。

これらの遺物は、大聖堂の長い歴史と深い信仰心を象徴するものであり、訪れる人々に深い感銘を与えるでしょう。

大聖堂の地下には、11世紀に建てられたロマネスク様式の教会と地下聖堂の遺跡があります。普段は公開されていませんが、特別ツアーに参加することで、これらの古代の基盤を探索することができます。大聖堂の長い歴史を肌で感じられる貴重な機会となるでしょう。

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂は、ブリュッセルの中心部に位置し、そのそびえ立つ尖塔は街のシンボルとして親しまれています。

大聖堂の展望台からは、ブリュッセルの街並みを一望することができます。歴史的な街並みや近代的な高層ビルなど、様々な景色を楽しむことができます。

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂では、年間を通して様々な文化イベントが開催されています。オルガンコンサート、合唱祭、宗教的な儀式など、様々なイベントを通して、大聖堂の壮麗な空間で芸術や文化を楽しむことができます。

聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂は、ブリュッセルの中心部に位置し、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスすることができます。ブリュッセルを訪れた際は、ぜひこの大聖堂に立ち寄り、その荘厳な雰囲気と豊かな歴史に触れてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Buby Onoh(@d_flashymedic)がシェアした投稿

ミニ・ヨーロッパ

ベルギーの首都ブリュッセルにあるミニ・ヨーロッパは、350以上のヨーロッパの有名なランドマークを25分の1の縮尺で再現した、ユニークなミニチュア・パークです。

ミニ・ヨーロッパでは、エッフェル塔、ビッグ・ベン、アクロポリス、ピサの斜塔など、ヨーロッパを代表する建造物が目の前に現れます。わずか数時間で、ヨーロッパの建築様式と文化の多様性を体感できるのが魅力です。

ヴェスヴィオ山の噴火、ベルリンの壁崩壊、アリアンロケットの打ち上げなどのインタラクティブな要素は、子どもから大人まで楽しめる仕掛けです。ヨーロッパの歴史、文化、建築について楽しく学ぶことができます。

ブリュッセル市庁舎の294体の手彫りの彫像など、細部に至るまでこだわりを持って作られたミニチュア模型は、まさに職人技の結晶です。

欧州連合(EU)の歴史や功績について学べるインタラクティブなマルチメディア・ゲームは、子どもから大人まで楽しめる魅力的なコンテンツです。

盆栽、花木林、矮小な樹木で美しく手入れされた庭園は、訪れる人々に快適で風光明媚な環境を提供します。アトミウムに隣接しており、地下鉄、トラム、バスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。

園内のレイアウトや体験型施設はあらゆる年齢層に対応しており、子ども連れ家族にとって理想的な目的地です。カフェ、レストラン、ピクニックエリアも完備されています。

ブリュッセルのミニ・グランプラスのフラワーカーペットのミニチュア版など、季節ごとに様々なイベントや展示が開催されており、何度訪れても新鮮な発見があります。

模型や全体的な体験に費やされた細部や努力の量を考慮すると、ミニ・ヨーロッパは費用に見合う価値があると観光客はしばしば感じます。アトミウムとのコンボチケットもおすすめです。

ブリュッセル旅行の際には、ぜひミニ・ヨーロッパを訪れて、ヨーロッパの旅を凝縮した驚きの体験を味わってみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mini-Europe(@minieuropeofficial)がシェアした投稿

ベルギー王立美術館

ベルギー王立美術館は、ブリュッセルの中心部に位置する、世界屈指の美術館の一つです。15世紀から現代美術に至るまで、2万点を超える膨大なコレクションを誇り、美術ファンや歴史ファンを魅了し続けています。

ベルギー王立美術館の魅力は、何と言ってもその豊富なコレクションです。ヤン・ファン・エイク、ロジェ・ファン・デル・ウェイデン、ピーテル・ブリューゲル長老といったフランドル原始派の傑作や、ペーター・パウル・ルーベンス、アンソニー・ファン・ダイク、ヤコブ・ヨルダーンスの作品など、フランドル美術の名品が揃っています。

これらの作品は、中世から現代までの西洋美術の多様な表現を体現しており、時代を超えた芸術の旅を体験することができます。

ベルギー王立美術館は、フランドル美術のコレクションにおいて特に有名です。ブリューゲルの「反逆天使の墜落」、ルーベンスの「十字架からの降下」、ジャック=ルイ・ダヴィッドの「マラットの死」など、世界的に有名な作品が数多く展示されています。

これらの作品は、フランドル美術の写実性、色彩表現、宗教的なテーマなど、その特徴を存分に味わうことができます。

ベルギー王立美術館の中には、マグリット美術館が併設されています。この美術館は、ベルギー出身のシュルレアリスム芸術家ルネ・マグリットの作品を世界最大級の規模で展示しています。

マグリットの代表作である「パイプは煙草ではない」や「光の帝国」など、シュルレアリスムの奇想天外な世界を存分に堪能することができます。

ベルギー王立美術館本館は、19世紀後半にアルフォンス・バラットによって新古典主義様式で設計されました。天窓のある壮大なエントランスホールや豪華な内装は、訪れる人を圧倒します。美術館の建物自体も、芸術作品の一つとして鑑賞することができます。

ベルギー王立美術館は、ブリュッセルのグランプラスや王宮といった主要観光スポットから徒歩圏内に位置しています。市内観光の合間に気軽に訪れることができる、便利な立地です。

ブリュッセルを訪れる際には、ぜひベルギー王立美術館を訪れて、芸術と歴史の旅を満喫してください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Josien(@josienvandewiel)がシェアした投稿

芸術の丘(モン・デ・ザール)

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に位置する芸術の丘(モン・デ・ザール)は、息をのむようなパノラマビュー、豊かな文化的・歴史的意義、美しい建築、様々なイベント、歴史的なモニュメント、便利なアクセスなど、多くの魅力が詰まった人気の観光スポットです。

モン・デ・ザールに登れば、ブリュッセル市街を一望することができます。特に夕暮れ時の景色は格別で、グランプラスの市庁舎、アトミウム、聖心大聖堂など、ブリュッセルの象徴的なランドマークが黄金色に染まる様子は、まさにフォトジェニックです。

芸術の丘は、ベルギー王立図書館、ベルギー王立美術館、マグリット美術館など、重要な文化施設が集まる場所です。これらの施設では、ベルギーの歴史、文化、芸術を深く理解することができます。

芸術の丘は、ガラス張りのブリュッセル・コンベンションセンターや王立図書館など、ポストモダンとネオクラシックが融合した美しい建築が特徴です。歴史的な環境にモダンな雰囲気が加わり、独特な魅力を醸し出しています。

芸術の丘は、グランプラス、王宮、楽器博物館など、ブリュッセルの主要観光スポットに徒歩圏内に位置しています。市内観光の拠点として最適な場所と言えます。

また、芸術の丘では、年間を通じて様々なイベントや展覧会が開催されています。野外コンサート、アート・インスタレーション、パフォーマンスなど、訪れる度に新しい発見がある場所です。

芸術の丘には、アルベール1世とエリザベート王妃の像など、歴史的なモニュメントが点在しています。これらのモニュメントは、ベルギー王室の歴史や遺産について学ぶ貴重な機会を提供してくれます。

芸術の丘は、地下鉄、トラム、バスなどの公共交通機関で簡単にアクセスすることができます。中心部に位置し、他の主要観光スポットにも近いため、観光客にとって便利な場所です。

クーデンベルグ宮殿の遺跡

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に位置するクーデンベルク宮は、かつてヨーロッパで最も強力な支配者たちが暮らした壮麗な王宮の地下遺跡です。

クーデンベルク宮は、12世紀から18世紀まで、シャルル5世、ブラバント公、アルベール大公、イザベラ大公など、ヨーロッパを代表する王侯たちの居城として栄えました。地下遺跡を探検することで、当時の王宮の華麗さや生活の様子を想像することができます。

廃墟となった現在も、丸天井の部屋、地下通路、アウラ・マグナのような大広間の基礎など、かつての王宮の壮麗さを垣間見ることができます。これらの名残は、当時の建築技術や芸術性の高さを物語っています。

クーデンベルク宮は、考古学的な発掘現場としても貴重な場所です。地下ツアーに参加すれば、考古学者たちがどのように歴史的な遺物を発掘し、保存していくのかを間近で観察することができます。

地下の部屋や通路を探検することで、まるで王宮に迷い込んだかのような没入型体験ができます。マルチメディア・ディスプレイやインタラクティブな展示と組み合わせることで、歴史がより身近に感じられます。

クーデンベルク宮殿は、グランプラス、王宮、王立美術館といった他の主要観光スポットにも近い、アクセス抜群の場所にあります。街の歴史的な中心部を散策する観光客にとって、非常に便利な立地です。

年間を通じて、様々な文化イベント、企画展、教育プログラムが開催されています。これらのイベントを通して、クーデンベルク宮の歴史や考古学についてより深く学ぶことができます。

かつての王宮の地下遺跡を探検する機会は、ブリュッセルの他の観光スポットとは一線を画す、ユニークで興味深い体験です。歴史好きの方だけでなく、好奇心旺盛な方にもおすすめです。

クーデンベルク宮殿は、ブリュッセルとその王室の過去の豊かな遺産を発見したい人々にとって、必ず訪れるべき観光スポットです。地下遺跡を探検し、王宮の栄華と変遷を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brussels Museums(@brusselsmuseums)がシェアした投稿

マネケン・ピス

ベルギーの首都ブリュッセルにある小便小僧の像「マネケン・ピス」は、世界で最も有名な観光スポットの一つであり、その小さなサイズにもかかわらず、多くの観光客を魅了し続けています。その人気は、以下の8つのポイントに集約されています。

マネケン・ピスの起源は14世紀にまで遡り、現在のブロンズ像は1619年に製作されました。もともとは公共の噴水として使用されており、街の配水システムにおいて重要な役割を果たしていました。しかし、その小さな像はすぐに人々の注目を集め、ブリュッセルの象徴的な存在となりました。

マネケン・ピスは、その長い歴史の中で数々の試練を乗り越えてきました。1695年のブリュッセル砲撃では破壊され、その後も何度も盗難や破損に遭っています。しかし、その度に修復され、今日までブリュッセルの街を見守り続けています。

マネケン・ピスには、その起源や意味について様々な伝説や神話が存在します。中でも有名なのが、ブリュッセルを爆破しようと企む敵の導火線に小便をかけた少年が街を救ったという伝説です。これらの伝説は、像の魅力を高め、人々の想像力を掻き立てます。

マネケン・ピスは、その小さな体で大きな存在感を放ち、ブリュッセルの反抗的でユーモラスな精神を体現しています。しばしば「ベルギチュード」や「ズワンツェ」と呼ばれるブリュッセルの民俗ユーモアを象徴する存在であり、自嘲と回復力を表しています。

マネケン・ピスの最大の魅力の一つは、その豊富な衣装です。像は定期的に様々な衣装を身にまとい、そのコレクションは1,000着を超えます。これらの衣装は週に何度も着替えられ、ガルドローブ・マンネケンピス博物館に展示されています。

クリスマスやベルギーの独立記念日など、特別な日には、像は特定の衣装に着替え、イベントを祝ったり、訪問者を称えたりします。この伝統は、1698年にスペイン領オランダの総督が像に初めて服を与えた時に遡ります。

マネケン・ピスは、その小さなサイズにもかかわらず、ブリュッセルで最も写真に撮られるランドマークの一つです。グランプラスの近くにあるため、観光客も簡単に訪れることができます。像の前で写真を撮ることは、ブリュッセルを訪れた思い出を永遠に残すための定番となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Giulia Sinatti(@giuleids)がシェアした投稿

ギャラリー・ロワイヤル・サン・ユベール

ベルギーの首都ブリュッセルにあるギャラリー・ロワイヤル・サン・ユベールは、19世紀の華麗さを今に残すガラス張りのショッピングアーケードです。その魅力は、歴史的意義、建築美、洗練されたショッピング体験、文化的な催事、そして独特の雰囲気にあります。

1847年にオープンしたギャラリー・ロワイヤル・サン・ユベールは、ヨーロッパ初のガラス張りのショッピングアーケードとして知られています。建築家ジャン=ピエール・クリュイセネールによって設計されたこの見事なアーケードは、ガラス張りの吹き抜け天井、大理石の床、ルネサンス様式の華麗な鉄製の手すりが特徴です。1986年には歴史的建造物に指定され、現在も19世紀の壮麗さが保存されています。

ギャラリーには、ノイハウス(プラリネの発明者)、デルヴォー(最古の高級皮革製品メゾン)、ヴィトン、グッチ、プラダなど、50以上の高級ブティック、ショコラティエ、カフェ、レストランが軒を連ねています。洗練された雰囲気の中で、最高級のショッピングを楽しむことができます。

ギャラリーはショッピングだけでなく、文化的な催事も充実しています。テアトル・ロワイヤル・デ・ギャラリーでは、オペラ、バレエ、演劇などの公演が定期的に開催されています。また、シネマ・デ・ギャラリーでは、アートハウス映画を楽しむことができます[2][4]。さらに、文学・写本博物館では、貴重な書籍や写本が展示されています。

ギャラリーは、その美しいアーケードと活気ある雰囲気から、ヴィクトル・ユーゴー、アレクサンドル・デュマ、シュルレアリスムの画家たちなど、多くの芸術家や作家に愛されてきました。彼らは、ギャラリーのカフェや劇場で創作活動に励んだり、友人たちと交流したりしていました。

ギャラリーはブリュッセルの中心部に位置し、グランプラスやオペラハウス「ラ・モネ」などの主要な観光スポットと繋がっています。また、地下鉄やバスなどの公共交通機関の駅から徒歩圏内にあり、アクセスも抜群です。

歴史的建築物、高級ショッピング街、文化施設、活気あるカフェが融合したギャラリーは、現代的な設備を提供しながらも、どこか懐かしい雰囲気を漂わせています。まるでタイムスリップしたような感覚を味わうことができ、観光客に唯一無二の体験を提供しています。

見事なガラス屋根、華麗なファサード、魅力的な雰囲気を持つギャラリーは、非常にフォトジェニックなランドマークです。休暇の思い出に残る写真を撮るための人気スポットとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Julien Chen(@aaa30222)がシェアした投稿

ベルギー漫画センター

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に位置するベルギー漫画センターは、世界屈指のコミック美術館として知られています。1989年にオープンして以来、ベルギーが誇る「第九の芸術」と呼ばれるコミックの歴史と文化を伝える貴重な存在として、国内外から多くの観光客を魅了し続けています。

タンタンの生みの親であるエルジェ、スマーフの生みの親であるペヨ、ラッキールークの生みの親であるモリスなど、ベルギーコミック史を彩る巨匠たちの作品が多数展示されています。これらの作品は、単なる娯楽作品ではなく、社会風刺や哲学的なメッセージを込めた芸術作品として高く評価されています。

来館者は、コミックストリップの制作過程を疑似体験できるインタラクティブな展示を楽しむことができます。ストーリーボードの作成から、ペン入れ、着色まで、コミック作品がどのように生み出されるのかを学ぶことができます。

ベルギー漫画センターは、1906年に建てられた美しいアール・ヌーヴォー様式の建物の中にあります。館内には、ステンドグラスや装飾的な壁画など、当時の建築様式を存分に味わえる空間が広がっています。

原画、版画、出版物など、膨大な量のコミックコレクションを誇っています。また、世界最大級のコミック書籍を所蔵する図書館も併設されており、研究者や愛好家にとっても貴重な資料となっています。

常設展示に加えて、定期的に企画展やイベントを開催しています。近年では、日本や中国など海外のコミック作品を紹介する企画展も人気を集めています。

グランプラスや王宮など、ブリュッセルの中心部に位置しており、観光客にとってアクセスしやすい場所にあります。

ベルギーコミックは、ベルギーの文化や社会を反映した重要な存在です。ベルギー漫画センターを訪れることは、ベルギー文化をより深く理解する絶好の機会となります。

インタラクティブな展示やキャラクターグッズなど、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが充実しています。家族で訪れるにも最適な場所です。

ベルギー漫画センターには、オリジナルグッズやコミック書籍などを販売するミュージアムショップがあります。お土産探しにもおすすめです。

ベルギー漫画センターは、ベルギーコミックの歴史と文化を体感できる、まさに「第九の芸術」の殿堂です。コミックファンはもちろんのこと、ベルギー文化に興味がある方、家族で楽しめる場所を探している方におすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pipsa Ikonen(@pipsasofia)がシェアした投稿

マグリット美術館

ベルギーの首都ブリュッセルにあるマグリット美術館は、シュルレアリスムの巨匠、ルネ・マグリットの作品を世界最大級の規模で展示する美術館として、多くの観光客を魅了しています。

マグリット美術館は、230点を超えるマグリット作品を収蔵しており、世界最大級の規模を誇ります。絵画、グアッシュ、デッサン、彫刻、広告ポスター、音楽譜、写真、映画など、多様な形式の作品を鑑賞することができます。初期の実験的な作品から、第二次世界大戦中の作品、そして最も有名な作品まで、マグリットの創作活動の全貌を体感できるのが魅力です。

美術館は、18世紀に建てられたアルテンロー・ホテルという歴史的建造物に位置しています。壮麗な外観を持つこの建物は、シュルレアリスムの作品との対比が印象的で、独特な雰囲気を醸し出しています。また、ブリュッセルの中心部に位置しており、アクセスも抜群です。

美術館は3つのフロアに分かれており、それぞれ異なる時代の作品が展示されています。訪問者は、マグリットの芸術的進化を年代順に辿ることができます。初期のシュルレアリスム作品から、第二次世界大戦後の「全能時代」と呼ばれる時期の作品まで、マグリットの創作活動の幅広さを実感できるでしょう。

美術館では、定期的に特別展示やイベントが開催されています。これにより、訪問者は常に新しい発見を楽しむことができます。また、他の美術館や個人コレクターからの貸し出し作品も展示されることがあり、より多様なマグリット作品を鑑賞することができます。

マグリット美術館は、シュルレアリスムに興味を持つ人にとって、まさに必見のスポットです。世界最大級の規模で展示された作品群は、マグリットの芸術世界を深く理解するのに最適な環境を提供します。

美術館は、マグリットの作品を通じてシュルレアリスムの理解を深めるための教育的な価値も提供しています。作品解説やガイドツアーを通して、マグリットの作品に込められたメッセージや象徴を読み解くことができます。

美術館は、公共交通機関で簡単にアクセスできる場所に位置しています。また、周辺にはグランプラスや小便小僧など、ブリュッセルの主要観光スポットが集中しており、観光の際に効率的に訪れることができます。

美術館には、マグリット関連のグッズが充実したミュージアムショップがあります。絵画やポスターなどの複製作品をはじめ、文房具やアクセサリーなど、様々な商品が販売されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

妖妖-yaoyao(@tokyoyaoyao)がシェアした投稿

オートワールド

ブリュッセルにあるオートワールドは、ヨーロッパ最大級の自動車博物館であり、350台を超えるヴィンテージカーと自動車のコレクションを誇っています。19世紀後半から現代までの様々な時代の車を見ることができ、自動車の歴史と進化を辿ることができます。

オートワールド最大の魅力は、その膨大なコレクションです。メルセデス・ベンツ、ロールス・ロイス、フェラーリなど、世界の名だたるメーカーの車が展示されています。また、F1カーやラリーカーなど、モータースポーツの歴史を彩る車も多数展示されています。

オートワールドは、ベルギー独立50周年を記念して1880年に建てられたサンクアントネール複合施設内にあります。この歴史的建造物内にある博物館は、展示されている車を引き立てる美しい空間となっています。

オートワールドでは、静的な展示だけでなく、自動車の歴史を生き生きと伝えるインタラクティブな展示も行われています。ドライビングシミュレーターや、エンジンの仕組みを学べる展示など、楽しみながら学ぶことができます。

オートワールドでは、定期的に企画展を開催しています。特定のメーカーや車種に焦点を当てた企画展が多く、毎回新しい発見があります。これにより、何度訪れても新しい体験ができるのが魅力です。

オートワールドは、ブリュッセルの中心部に位置するサンクアントネール公園内にあります。公共交通機関でのアクセスも良く、市内観光の合間に気軽に訪れることができます。最寄りのメトロ駅やバス停からも近く、観光の拠点として最適です。

オートワールドは、子供連れの家族にもおすすめです。インタラクティブな展示や、実際に車に乗ることができるコーナーなど、子供たちが楽しめるコンテンツが充実しています。家族全員で楽しめる博物館として、多くの観光客に支持されています。

オートワールドには、過去の時代の車を見ることができるため、ノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。自分が子供の頃に乗っていた車を見つけたり、親世代が乗っていた車を見たりして、思い出話に花が咲くかもしれません。

オートワールドでは、サンクアントネール博物館やミニヨーロッパなど、近隣の観光スポットとの組み合わせチケットを販売しています。お得に観光を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

オートワールドを訪れる前に、公式サイトで営業時間や休館日を確認することをおすすめします。また、オンラインでチケットを購入しておくと、当日スムーズに入場することができます。

ベルギー王立自然史博物館

ベルギーの首都ブリュッセルにある自然科学博物館は、ヨーロッパ最大級の恐竜コレクション、広範な自然史展示、インタラクティブな学習体験で知られる人気の観光スポットです。1846年に設立されたこの博物館は、3600万点を超える標本を誇り、子供から大人まで楽しめる充実した内容となっています。

自然科学博物館の目玉は、なんといってもヨーロッパ最大の恐竜ギャラリーです。1878年にベルギーで発見された30体を超えるイグアノドンの骨格をはじめ、ティラノサウルス・レックス、トリケラトプス、ディプロドクスなど、様々な恐竜の化石が展示されています。実物大の迫力ある展示は、訪れる者を太古の時代にタイムスリップさせてくれます。

恐竜以外にも、地球の歴史や生物多様性に関する様々な展示が充実しています。「進化のギャラリー」では、数百万年にわたる生命の進化を辿ることができます。「人類のギャラリー」では、人類の起源から現代までの歩みを学び、「生きている惑星」の展示では、地球上の驚異的な生物多様性を目の当たりにすることができます。

博物館は、単に展示を見るだけでなく、実際に触って学ぶことができるインタラクティブな展示が充実しています。化石を触ったり、恐竜の鳴き声を聞いたり、鉱物の性質を調べたり、楽しみながら自然史について学ぶことができます。子供向けの教育プログラムも充実しており、家族で訪れるのに最適な場所です。

自然科学博物館は、19世紀に建てられた美しいアール・ヌーヴォー様式の建物の中にあります。館内には、螺旋階段、ステンドグラス、装飾的な鉄工芸など、当時の建築様式を随所に感じることができます。

博物館は、ブリュッセルの中心部に位置し、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。欧州議会や王宮などの主要な観光スポットからも徒歩圏内にあり、市内観光の合間に気軽に訪れることができます。

常設展示に加えて、定期的に企画展やイベントが開催されています。これらの企画展では、最新の研究成果や特定のテーマに焦点を当てた展示が行われ、毎回新しい発見を楽しむことができます。

博物館には、恐竜グッズや鉱石、書籍など、自然史に関する様々なアイテムを販売するミュージアムショップがあります。お土産探しにもおすすめです。

ブリュッセル自然科学博物館は、恐竜ファンはもちろん、家族連れや自然に興味のある人におすすめの観光スポットです。ブリュッセルを訪れた際は、ぜひ自然科学博物館を訪れて、地球の驚異を体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marija Stanić(@stanic___marija)がシェアした投稿

オルタ美術館

ベルギーの首都ブリュッセルにあるオルタ美術館は、19世紀末から20世紀初頭に流行したアール・ヌーヴォー建築の巨匠、ヴィクトール・オルタの生涯と作品に捧げられた美術館です。オルタ自身が設計した自宅兼アトリエをそのまま利用したこの美術館は、アール・ヌーヴォー建築の傑作として知られ、世界中から観光客が訪れています。

オルタ美術館は、アール・ヌーヴォー建築の代表的な建造物であり、オルタの革新的なデザインと素材使いを存分に味わうことができます。複雑な鉄細工、美しいステンドグラス、モザイク、そして優雅な曲線は、まさにアール・ヌーヴォーの真髄と言えるでしょう。

ヴィクトール・オルタは、アール・ヌーヴォー運動の創始者の一人であり、その作品は当時の建築やデザインに多大な影響を与えました。オルタ美術館は、この先駆的な建築家の人生と功績を辿る貴重な場所となっています。

オルタ美術館は、アール・ヌーヴォー建築とインテリアデザインの貴重な保存例です。建物は当初のデザインを忠実に再現しており、来館者はオルタの作品を本来の姿で鑑賞することができます。

オルタ美術館では、オルタの作品やアール・ヌーヴォー運動に関するガイド付きツアー、ワークショップ、講演会などを開催しており、来館者がより深く理解を深めることができます。

オルタ美術館は、単なる建築物ではなく、文化・芸術空間でもあります。館内は、アール・ヌーヴォー時代の芸術や装飾品で飾られており、来館者は当時の雰囲気を肌で感じることができます。

オルタ美術館は、ブリュッセルの中心部に位置しており、主要な観光スポットからも徒歩圏内です。アクセスが良好なのも魅力の一つです。

オルタ美術館は、その建築的価値とアール・ヌーヴォー遺産の保存への貢献から、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

オルタ美術館は、建築、デザイン、そしてブリュッセルの文化史に興味のある人にとって、必見の観光スポットです。アール・ヌーヴォー建築の美しさを間近で感じ、その歴史や文化について学ぶことができる貴重な機会となるでしょう。

ベルビュー博物館

ベルギーの首都ブリュッセルにあるベルビュー博物館は、1830年の独立から現在に至るまでのベルギーの歴史を幅広く紹介する博物館です。王宮に隣接する美しい建物とインタラクティブな展示で知られるこの博物館は、観光客に人気の高いスポットとなっています。

ベルビュー博物館は、単に政治史や軍事史を紹介するだけでなく、ベルギー社会の様々な側面に焦点を当てた7つのテーマルームで構成されています。民主主義、繁栄、連帯、多元主義、移民、言語、ヨーロッパなど、ベルギーの歴史を多角的に理解することができます。

静的な展示だけでなく、マルチメディアディスプレイ、映像資料、音声ガイドなど、様々な方法でベルギーの歴史を学ぶことができます。特に、当時の証言や写真を使った展示は、来館者に臨場感を与え、より深く理解を深めることができます。

ベルビュー博物館には、ベルギーの歴史における重要な瞬間を反映した1,500点を超えるコレクションが収蔵されています。ルネ・マグリットの作品、ベルギー代表チームのサイン入りサッカーボールなど、貴重な品々が展示されています。

ベルビュー博物館は、かつて高級ホテルや王宮として使用されていた18世紀の壮麗な建物の中にあります。この建物自体が歴史的価値を持ち、博物館全体の雰囲気を高めています。

ベルビュー博物館の地下には、かつてベルギー王室の居城だったクーデンベルク宮殿の遺跡があります。この遺跡を見学することで、ベルギーの歴史をさらに深く理解することができます。

また、子供向けの展示やアクティビティが充実しており、家族連れでも楽しめるようになっています。

ブリュッセルの中心部に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BELvue museum(@belvuemuseum)がシェアした投稿

チョコ・ストーリー・ブリュッセル

ベルギーの首都ブリュッセルにあるチョコ・ストーリー・ブリュッセルは、チョコレートの歴史と文化に特化した博物館です。カカオ豆の栽培からチョコレートの製造工程まで、チョコレートに関するあらゆることを学べるインタラクティブな展示が人気を集めています。

チョコ・ストーリー・ブリュッセルでは、古代マヤ文明におけるカカオの起源から、ヨーロッパでのチョコレートの普及、そして現代のベルギーチョコレートに至るまで、チョコレートの歴史を幅広く紹介しています。展示は、カカオ豆の栽培、チョコレートの製造工程、世界各国のチョコレート文化など、チョコレートに関するあらゆる側面を網羅しています。

単に展示を見るだけでなく、実際に触って体験できるインタラクティブな展示が充実しています。来館者は、カカオ豆を挽いたり、チョコレートを型に流し込んだり、チョコレートの歴史をテーマにしたゲームに挑戦したりすることができます。

熟練のショコラティエによるチョコレート作りデモンストレーションは、チョコ・ストーリー・ブリュッセルの人気コンテンツの一つです。目の前でチョコレートが作られる様子を見学し、チョコレート作りの技術や工程について学ぶことができます。

ベルギーチョコレートをはじめ、世界各国のチョコレートを無料で試食することができます。様々な種類のチョコレートを味わうことで、チョコレートの奥深い味わいを堪能することができます。

チョコレート作りワークショップでは、自分だけのチョコレートを作ることができます。ショコラティエの指導を受けながら、チョコレートを型に流し込み、飾り付けを行います。ワークショップは、子供から大人まで楽しめる人気のアクティビティです。

チョコ・ストーリー・ブリュッセルは、ブリュッセルの中心部に位置しており、グランプラスや小便小僧などの主要観光スポットから徒歩圏内にあります。アクセスが良好なのも魅力の一つです。

チョコ・ストーリー・ブリュッセルは、チョコレートの歴史や文化について学ぶことができるだけでなく、カカオ豆の栽培やチョコレートの製造工程など、チョコレートに関する様々な知識を身につけることができます。

インタラクティブな展示やチョコレート作りワークショップなど、子供から大人まで楽しめるコンテンツが充実しています。また、ベビーカー置き場や授乳室など、家族連れに嬉しい設備も完備されています。

チョコ・ストーリー・ブリュッセルは、チョコレートの歴史や文化に興味がある人、チョコレート作りを体験したい人、家族で楽しめる観光スポットを探している人におすすめです。

ブリュッセル王宮

ベルギーの首都ブリュッセルにある王宮は、ベルギー王室の公式宮殿として使用されている歴史的な建造物です。その壮麗な外観と豪華絢爛な内部は、多くの観光客を魅了しています。

王宮は、ベルギー王室の歴史と伝統を象徴する存在です。14世紀に建てられたこの宮殿は、長い間ベルギー王室の居城として使用されており、数々の歴史的な出来事の舞台となってきました。

王宮は、新古典主義建築の代表的な例であり、その壮麗な外観と豪華な内装は多くの人を圧倒します。特に、レオポルド2世時代の改築により、宮殿はさらに華やかになり、ヨーロッパ屈指の美しい王宮のひとつとなりました。

夏季限定で一般公開される王宮内部は、ベルギー王室の生活を垣間見ることができる貴重な機会です。金メッキの鏡、大理石の暖炉、美しいタペストリーなど、豪華絢爛な装飾が施された部屋々は、王室の富と権力の象徴と言えるでしょう。

王宮は、単なる歴史的な建造物ではなく、ベルギーの文化と政治の中心地としても重要な役割を果たしています。国賓のレセプション、公式行事、外国要人との会談など、様々な重要なイベントが王宮で行われています。

王宮は、ブリュッセルの中心部に位置しており、グランプラス、小便小僧など、主要な観光スポットからも徒歩圏内にあります。地下鉄やバスなどの公共交通機関でもアクセスできるため、観光客にとって非常に便利です。

王宮は、ブリュッセル最大の公園であるブリュッセル公園の向かいに位置しています。緑豊かな公園と調和した王宮は、より一層美しい景観を呈しています。

王宮を見学することで、ベルギー王室の歴史や建築様式について学ぶことができます。また、ガイド付きツアーに参加すれば、王宮内部の秘密や歴史上の出来事についてより詳しく知ることができます。

王宮は、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。特に、夏季限定の一般公開では、子供向けのイベントも開催されています。

ブリュッセル王宮は、ベルギー王室の歴史と文化を体験できる貴重な場所です。その壮麗な外観、豪華絢爛な内部、そして美しい周辺環境は、誰もが魅了されることでしょう。ブリュッセルを訪れた際は、ぜひ王宮を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin(@mycanadian_passport)がシェアした投稿

ブリュッセル聖心大聖堂

ベルギーの首都ブリュッセルにある聖心大聖堂は、その壮麗な建築、パノラマビュー、そして歴史と文化が融合した魅力から、多くの観光客を魅了する人気のスポットです。

聖心大聖堂は、全長164.5メートル、幅107.8メートルの巨大な教会で、世界最大級の規模を誇ります。アール・デコ様式とネオ・ビザンチン様式を融合させたユニークなデザインは、見る者を圧倒します。特に、高さ89メートルの緑色の銅製ドームは、ブリュッセルの街を一望できるランドマークとして、多くの人々に親しまれています。

聖心大聖堂の最大の魅力の一つは、ドームの下53メートルの高さにある展望台からのパノラマビューです。晴れた日には、ブリュッセル市街地はもちろん、アトミウムやメヘレンの聖ルンボルド大聖堂などの周辺都市まで、180度の大パノラマを楽しむことができます。

聖心大聖堂には、コンスタン・ペルメケ、ジョアン・ミロ、ジョージ・ミネなど、著名な芸術家による彫刻やステンドグラスなど、貴重な芸術作品が数多く収蔵されています。これらの作品は、聖堂の荘厳な雰囲気をさらに高め、訪れる人々に感動を与えます。

聖心大聖堂は、1905年にベルギー独立75周年を記念して国王レオポルド2世によって建設が開始されました。第一次世界大戦や第二次世界大戦の影響で工事が中断されながらも、1970年にようやく完成しました。この歴史的な背景も、聖心大聖堂の魅力の一つと言えるでしょう。

聖心大聖堂は、アール・デコとネオ・ビザンチン建築の要素を融合させた、非常にユニークなデザインが特徴です。幾何学的な模様や鮮やかな色彩が施された外観は、見る者を飽きさせません。この独特な建築様式は、聖心大聖堂を他の教会とは一線を画す存在にしています。

聖心大聖堂は、ブリュッセルの中心部から地下鉄やバスで簡単にアクセスできます。また、アトミウムやミニ・ヨーロッパなどの他の観光スポットからも近いので、ブリュッセル観光の際に立ち寄りやすい場所と言えるでしょう。

聖心大聖堂では、年間を通して様々なコンサート、展覧会、講演会などのイベントが開催されています。これらのイベントは、聖堂を訪れる人々に新たな発見や感動を与えてくれます。

聖心大聖堂は、聖心に捧げられた国立バシリカとして、宗教的な重要性を持ち、多くの信者にとって大切な信仰の場となっています。また、その美しい建築とパノラマビューは、宗教的な信仰に関わらず、多くの人々の心を惹きつける力を持っています。

ぜひ一度、聖心大聖堂を訪れて、その感動的な体験を味わってみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Schirn(@danschirn)がシェアした投稿

ロワイヤル広場

ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に位置する王宮広場(コーニングス広場)は、18世紀後半に建てられた壮麗な新古典主義建築に囲まれた、歴史と文化が息づく美しい広場です。

広場を囲む建物は、建築家ジャン=ブノワ=ヴァンサン・バレとジル=バルナベ・ギマールによって設計された、調和のとれたシンメトリーな新古典主義建築です。壮大なファサードと複雑なディテールは、見る者を圧倒する美しさです。特に、王宮と王立劇場は、その華麗な装飾と精巧な彫刻で広場全体の印象を決定づけています。

王宮広場は、かつてブラバント公爵家とスペイン・ハプスブルク家の居城であったクーデンベルク宮殿の跡地に建設されました。1695年にフランス軍の砲撃によって破壊されたクーデンベルク宮殿に代わり、この広場が王室の象徴的な場所となったのです。

王宮広場の中央には、ベルギー王室の公式の居城である王宮が建っています。王宮は一般公開されていないものの、その威厳ある外観は、ベルギー王室の歴史と伝統を感じさせます。

王宮以外にも、王立劇場、クーデンベルクの聖ヤコブ教会など、歴史的・文化的に重要なランドマークが王宮広場に集まっています。これらの建物は、それぞれが独特の美しさと歴史を持つ、ベルギーの誇りと言えるでしょう。

王宮広場周辺には、ベルビュー博物館、マグリット博物館、王立美術館など、ベルギーの歴史や文化を学ぶことができる博物館が数多くあります。広場を訪れた後は、これらの博物館で更なる知識を深めるのもおすすめです。

王宮広場は、ブリュッセルの中心部に位置しており、グランプラス、聖ミカエルと聖グドゥラ大聖堂、ギャラリー・ロワイヤル・サン・ユベールなどの主要観光スポットからも徒歩圏内にあります。地下鉄やバスなどの公共交通機関でもアクセスできるため、観光客にとって非常に便利です。

王宮広場では、年間を通して様々なイベントやフェスティバルが開催されています。コンサート、展示会、マーケットなど、様々な催しが広場を活気に満ちた空間へと変えてくれます。

王宮広場の周辺は、よく手入れされた庭園、噴水、オープンスペースが広がり、のんびりと散歩したり、リラックスしたりするのに最適な環境です。特に、王宮の庭園は、都会の喧騒を忘れてゆっくりと過ごせるオアシスのような場所です。

ブリュッセルを訪れた際には、ぜひ王宮広場を訪れて、その美しさと活気を感じてみてください。

まとめ

ブリュッセルを訪れる旅行者にとって、この美しい都市が提供する多様な魅力は尽きることがありません。歴史的な建物や美術館、緑豊かな公園、美味しい食べ物、そしてユニークな文化が交錯するこの街で、あなたも素晴らしい思い出を作ることができるでしょう。ブリュッセルのベスト20スポットを巡ることで、この街の真の魅力を存分に味わい、心に残る旅となることを願っています。

ベルギー旅行のYouTube動画