Your Cart

リヨン・パリから2時間のフランス第3の都市

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランスの隠れた宝のような街

フランスは、生活の質、医療、生活費の観点から、引退するのに非常に良い場所です。今回は、パリ、マルセイユに次ぐフランス第3の都市で、約2000年前に建設されたフランス最古の都市リヨンをご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stef(@steflirot)がシェアした投稿

フランス南東部のローヌ・アルプス地方に位置するリヨンは、かつては工業都市として栄えていましたが、現在は多くの工業用地が、コンフリュアンス美術館など、文化的なランドマークに生まれ変わっています。パリのような物価を感じさせず、フランス的なライフスタイルを求める人に人気となっています。

夏の6月~8月はリヨンのピークシーズンです。9月と10月は、夏の観光客がいなくなり、さわやかで涼しい秋の気候と色とりどりの紅葉が残るベストシーズンです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mohammad Hiron(@mhdheiron)がシェアした投稿

リヨンは、2023年ラグビー・ワールドカップと2024年夏季オリンピックの開催都市のひとつです。人口50万人のフランス第3の都市ですが、街のど真ん中にいても、隣人とのつながりや、ゆとりが感じることができます。これは、ニースのような南の都市ほどゆっくりではないし、パリほど速くもないからでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UNITED VINTAGE(@united.vintage)がシェアした投稿

街は全体的にとても安全で、ここでは芸術が盛んなので、芸術、食べ物、美術館、ローマ遺跡、大聖堂などに興味があれば、退屈することはないでしょう。リヨンはミシュランの星付きレストランが20軒以上あり、街の規模からすると驚きです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

lesmemoiresdemimi(@kevin.lepetit.questier)がシェアした投稿

ヴュー・リヨン(旧市街)

歴史的な街並みは、川向こうの近代的な街とは一味違った雰囲気を醸し出しています。15世紀から17世紀にかけて、リヨンは絹織物産業が盛んで、裕福な人々で溢れていました。

エレガントな中世の教会、ルネッサンス時代のモニュメント、パステルカラーのファサードなど、リヨンで最も雰囲気のある地区です。中世に早くから都市化されたこの地域は、現在24ヘクタールの敷地に、主に15~16世紀に建てられたゴシックとルネッサンスの建築が混在しています。

リヨンはイタリア、スペイン、オランダ、フランスを結ぶ交易の十字路に位置しており、16世紀には町の中心でした。現在、フィレンツェ風の黄土色に復元されています。現在はユネスコの世界遺産に登録されています。街の富と名声を確かなものにした大規模な見本市の時代に戻り、この地に足跡を残した地元やイタリアの有力者一族の歴史を追体験してみましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stef(@steflirot)がシェアした投稿

毎年150万人近くの観光客が訪れるこの都市は、権威あるニューヨーク・タイムズ紙が毎年選ぶ国際的な観光地トップ50に選ばれています。その歴史は紀元前43年、ロマン帝国の統治下で始まりました。そして、その初期に建てられた建造物の多くは、今もそのままの姿で残っています。これらは入場料なしで一般公開されているので、自由に見学することができます。

リヨンの見どころ

ベルクール広場(美しい中庭)

ベルクール広場は、リヨンの歴史と格調高い建築を象徴する場所であり、リヨンを訪れる観光客が必ず訪れる場所でもあります。広さは62,000平方メートルのリヨン最大の広場です。

この広場は、元々アンリ4世の閉ざされた庭園であり、ルイ13世の時代にロワイヤル広場となりました。その後、ルイ14世が自身のブロンズ像を建てさせました。フランス革命の際に大きな被害を受けましたが、数年後にナポレオンの衝動により再建されました。

プレシール地区に位置する壮大な歩行者天国で、ローヌ川とソーヌ川に囲まれています。広場の中央にはルイ14世の騎馬像と、「星の王子さま」とその作者アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの像があります。

12月から3月にかけては、高さ60mの観覧車から街を一望できます。また、地元の人々が中心街で待ち合わせをする場合、王家の馬の尻尾の下は人気の待ち合わせ場所となっています。リヨンに来たら、フランス最大級のこの広場を通らないわけにはいかないでしょう。

ノートルダム・ド・フルヴィエール大聖堂

リヨンのシンボルで、ネオ・ゴシック様式とビザンチン様式で建てられています。ステンドグラスの聖ヨゼフ地下聖堂とフルヴィエールの丘の眺めが楽しめます。

リヨンのローマ劇場とオデオン座

アウグストゥス帝時代に建てられ、紀元前15年に完成し、ローマ都市の中心として機能しました。剣闘士の試合を応援するために、1万人もの人々が押し寄せたといいます。現在、大劇場はフランス最古のローマ時代の建造物である。ここでは年間を通じて文化イベントが開催されています。そのひとつであるニュイ・ド・フルヴィエールは、音楽、ダンス、演劇、サーカス、映画などを紹介するヨーロッパ最大級の夏祭りとなっています。

リヨン大聖堂

カトリック教会の大聖堂です。ゴシック様式とロマネスク様式が融合した美しい建築物です。特に、正面のファサードは、精巧な彫刻が施されており、見応えがあります。

リヨン美術館

フランスを代表する美術館で、1801年に美術学校として設立され、1857年に現在のバロック様式の宮殿に移転しました。コレクションには油彩画約700点、素描約10万点、彫刻約1,000点があり、15世紀から20世紀までのヨーロッパの絵画・彫刻が展示されています。

代表作にはルーベンスの「パリスの審判」やモネの「アルジャントゥイユの橋」などがあり、中世の木彫りや宗教画も人気です。美術館内には19世紀の見事な内装や美しい噴水、テラスがあり、カフェやミュージアムショップも設置されています。リヨン美術館は、フランスを代表する美術館の一つであり、芸術愛好家から高い評価を受けています。

ヌーヴェル・オペラ(リヨン・オペラ座)

1993年に完成し、現代建築と伝統的なオペラハウスの要素が融合したユニークな建物として知られています。毎年、オペラ、バレエ、コンサートなど様々な公演が行われています。オペラ座周辺には、レストランやカフェも多く立ち並んでいます。

アンスティチュ・リュミエール

リュミエール兄弟が最初の映画を製作した場所です。リュミエール兄弟が登場する以前は、人々は短いループ映画を個々の鑑賞機で鑑賞していました。しかし1890年代、リュミエール兄弟は映写機にもなるカメラを発明し、映画館に大勢の観客を集め、映画体験を集団的なものに変えました。

絹の交易時代、トラブール(リヨンで有名な秘密の通路)、ルネッサンス地区、旧市街など、ガイド付きウォーキング・ツアーに参加すれば、リヨンの複雑な2000年の歴史を理解することができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zarah(@aragornbtw)がシェアした投稿

リヨンは、美食とワインの街として知られています。バーやレストランはすべて中心部にあるので、基本的に歩いて移動できます。自転車を手に入れれば公共交通機関や駐車場の費用を節約できます。

ヨーロッパの中心に位置するリヨンは、湖や山々に囲まれており、週末には美術館、フェスティバル、コンサート、ショッピング、劇場、オペラ、モニュメント、映画館などのアクティビティで訪れる人々を魅了しています。

毎年21,000を超える文化・芸術イベントが開催されています。見逃せないイベントには次のようなものがあります。

・ニュイ・ソノレ(音楽祭)
・リュミエール・フェスティバル(映画祭)
・ストリート・フード・フェスティバル
・ダンス・ビエンナーレ(ダンス・イベント)
・ルミエール祭(光の祭典)
・ニュイ・ドゥ・フルヴィエール(文化祭)
・ウッドタワー(音楽祭)

約30の美術館、リヨンの発展を象徴する無数のモニュメントがあります。世界的に有名なリヨン・オペラ座の本拠地でもあり、そのオーケストラの名声はフランス国外にも広く知れ渡っています。

リヨンでは文化的なイベントが盛りだくさんで、小さなアートギャラリーや音楽ホールから大規模なイベント(ニュイ・ド・フルヴィエール、フェット・デ・リュミエール、ニュイ・ソノール、現代美術ビエンナーレ)まで楽しめます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

уєєℓιηg ㅤᵕ̈(@missylwong)がシェアした投稿

車がなくても大丈夫

リヨンの公共交通機関は充実しており、地下鉄、バス、自転車ハイヤーシステムがあります。夏の忙しい時期には、車を使わず、公共交通機関を利用した方が安く、簡単で早いでしょう。

リヨン市には自転車専用道路があります。24時間365日利用可能なヴェロヴ(Vélo’v)という自転車シェアリングシステムがあり、市内349カ所にあるVélo’vステーションで自転車の受け取りと返却ができます。リヨン・シティカードを使えば、72時間5ユーロでVélo’vの自転車を借りることができます。

フランス全土へのアクセス

リヨン・サン・テグジュペリ空港からは100以上の目的地へアクセスでき、市内の2つの鉄道駅からはフランス全土はもちろん、スペイン、ルクセンブルク、ドイツ、イタリア、スイスへとつながっています。

パリとマルセイユの中間に位置する絶好のロケーション。リヨン発着の高速列車TGVは終日運行しており、例えば、リヨンからはパリ、ストラスブール、マルセイユ、モンペリエへの直通列車が運行しています。スイス、イタリア、ルクセンブルクへの接続もあります。

リヨンのレストラン

食通なら、まずは「レ・ハレ・ド・リヨン」や「ブション」と書かれたレストランを訪れてみて下さい。中級レストランならグラスワイン付きで1人30ドル程度。

リヨンには2,000軒以上のレストランがあり、そのうち1,000軒近くが郷土料理を披露しています。典型的なリヨネーズ料理を提供するレストランが集まるブションと呼ばれるエリアは、手頃な価格でたっぷりの量が特長。かつての絹織物労働者たちが好んで食べていた伝統的な料理です。

ブションで味わえる料理には、リヨネーズ・サラード、ソーセージ、鴨肉のパテ、ローストポーク、ハモのクネルなどがあります。ただし、内臓料理が苦手な方は注文に注意してください。

ラ・プレスクイル

ユネスコ世界遺産地区に位置するこの地区は、リヨンに滞在するのに最適な地区のひとつです。ローヌ川とソーヌ川の合流地点にあることから、英語で半島を意味するPresqu’Ileと名付けられた。また、この界隈には素晴らしいショップやレストランがあります。

リヨンの長所:

・リヨンは一般的にパリより2割ほど物価が安い。
・公共交通機関(バスや地下鉄)も充実。リヨンは比較的小さな街なので、どこへ行くにも徒歩で行くことができる。
・家賃は大雑把に言ってパリより40%から50%ほど安い
・南部、パリ、アルプス、スイス、イタリアへの旅行にも便利なロケーション。ほとんどのリゾートへは車で2時間以内。
・スーパーマーケットや薬局などの日常生活に必要なものは、それほど遠くまで行かなくても手に入る。

リヨンの短所:

・坂が多い。渋滞が頻繁に起こる。
・夏は暑くなりすぎることもある(7月と8月には35~40℃は珍しくない)。レストランなどのほとんどの施設にはエアコンがない。
・午後2時以降のランチや、午後10時以降のディナーに営業しているレストランを探すのは大変。
・一方通行の道が多く、標識はお粗末。駐車場が少ない。
・アメリカ、アジア、オセアニアへの直行便がない。EUの主要都市でさえ、毎日フライトがあるとは限らない。

リヨン・シティカード

リヨンを訪れたら、まずベルクール広場にあるリヨン・ビジター・センターでリヨン・シティ・カードを購入しよう。リヨン・シティカードは、世界中にあるほとんどのシティカードと同様、1日から4日間まで購入でき、公共交通機関を無料で利用できるほか、市内の23の美術館・博物館の入場料が無料または割引になります。

ショッピング

観光のお土産には、ヨーロッパのシルク生産の中心地で作られたスカーフやネクタイが最適です。

リヨンには、ユニクロ、ザラ、H&M、ラファイエット、プリマークなど、多くの有名ブランドやチェーン店、デパートがあり、その多くはパール・デュー・ショッピングセンターにあります。

高級なブティックは、19世紀の建物が並ぶエレガントなヘリオ通り(Rue de President Herriot)にあります。古本やアンティークがお好きなら、オーギュスト・コント通りや、日曜日の午前6時から午後1時に開催される運河蚤の市がおすすめです。

フランスで人気のフリーマーケット30選

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sujin Tak(@creamtak)がシェアした投稿

中古品のショッピングがお好きなら、間違いなくぴったりの場所だ。日曜日には、パレ・ド・ジャスティス(Palais de Justice)の近くで、野外アート&クラフトマーケットが開かれます。ヴィンテージの本なら、橋を渡ってマルシェ・デ・ブキニスト(Marché des Bouquinistes)に行けば、何時間でも買い物ができます。

リヨンの主な滞在先

リヨンは9つの区に分かれています。ホテルの料金は、リヨンのどの地区に宿泊するかによって異なります。私たちのお気に入りは、クロワ・ルース(Croix-Rousse)と呼ばれるエリアで、サントル・ヴィル(Centre Ville)に接するこのエリアの低地です。

このエリアは平坦で、2本の川に挟まれているため、リヨンのあらゆる場所へのアクセスが容易です。活気のある滞在先ですが、とてもローカルな雰囲気が残っています。

ラグジュアリーな滞在をお望みなら、ヴュー・リヨン(5区)のホテルをご検討ください。この地区は丘の上にあり、ヴィラ・マイアやヴィラ・フロランティーヌのようなリヨンの高級ホテルが数軒あります。急な坂道は覚悟の上ですが、眺望は間違いなく素晴らしい!

リヨンの治安

リヨンは一人旅でも安心して訪れることができる都市です。一般的にパリよりも犯罪は少なく、観光客が深刻な事件に巻き込まれることはほとんどありません。ヴュー・リヨン(Vieux Lyon)やペント・ドゥ・ラ・クロワ・ルーズ(Pentes de la Croix-Rousses)の中心部は、リヨンで最も安全な地域ですが、プロの窃盗団が存在するため、スリも多く発生しています。

リヨンにも軽犯罪は存在しますが、観光名所の近くに多いようです。泥棒や詐欺師は、カメラを首から下げていたり、大きなトートバッグや財布を持っている観光客を狙う傾向があります。リヨン・パール・デュー駅やリヨン・ペラーシュ・バスターミナルなど、交通の要所周辺では、窃盗団が活動しています。

リヨンではデモ参加者が警察と衝突したり、抗議デモが暴力事件に発展することはよくあるので、もしデモの群衆に遭遇したら、その場から離れるようにしてください。

リヨンでのテロはそれほど多くありませんが、2015年と2019年に起きています。テロを厳重に警戒する必要はありませんが、フランスではイスラム主義テロ集団によるテロの脅威が高いため、公共の場では基本的な警戒を怠らないよう、フランス政府は国民に警告しています。実際、人気の観光地周辺では、警察官や治安当局者が通りをパトロールしているのをよく見かけます。

リヨンの生活費

パリでの生活は憧れの的と思われがちですが、物価が高く、定住するには厳しいかもしれません。同じようなライフスタイルで、より手ごろな価格の選択肢をお探しなら、リヨンが次善の選択肢となるでしょう。一般的に、フランスは生活費が特に安い国ではありませんが、リヨンは一般的にパリより2割ほど物価が安いと言われています。

優れた医療

住む都市を選ぶとき、最も重要な要素の一つは、質の高い医療へのアクセスです。リヨンでは、すべての住民が優れた医療を受けることができ、利用しやすいのが特長です。診察や処方箋にかかる自己負担額は、総請求額の25%を超えることはありません。

穏やかな冬

フランスの他の地域が凍えるような寒さに見舞われるのに対し、リヨンは冬の間、比較的穏やかな気候に恵まれています。たまに雪が降ることもありますが、それほど多くはありません。11月から4月にかけては、最も寒く暗い時期ですが、航空券や宿泊施設のお得な情報を見つけるには最高の時期です。

限られた雇用機会

リヨンはフランスの金融とビジネスの中心地ですが、仕事は限られています。安定した職を求めるのであれば、リヨン以外の地域も視野に入れる必要があります。

言葉の壁

リヨンは国際的な都市ですが、言葉の壁があります。ほとんどの観光スポットには英語とフランス語の両方で説明がありますが、食料品の買い物や医者の診察といった日常的な仕事では、フランス語を話す必要があります。英語を話す地元の人はあまりいません。

フランス人は自国語に誇りを持っているので、旅行者は「ボンジュール(こんにちは)」「オ・ルボワール(さようなら)」「シルヴ・プレ(お願いします)」「メルシー(ありがとう)」などのあいさつを覚えておくといいでしょう。

リヨンで味わう映画の世界

リヨンは、豊かな歴史と文化的魅力から、様々なジャンルの映画の舞台となってきました。建築美や活気ある街並みは、映画製作者から高く評価されているロケーション地です。

リヨンを舞台にした代表作には、オリヴィエ・マルシャル監督の「そして友よ、静かに死ね」があり、リヨンの地元ギャングの物語が描かれています。クロード・シャブロル監督の「引き裂かれた女」は、テレビ局の女性スタッフを巡る複雑な恋愛模様が展開されます。

フランソワ・トリュフォー監督の「暗くなるまでこの恋を」は、カトリーヌ・ドヌーヴとジャン =ポール・ベルモンド共演で、リヨンの風光明媚な景色が印象的です。

歴史的な作品としては、1929年のサイレント映画「接吻」が1920年代当時のリヨンの街並みを映し出しています。第二次世界大戦中のフランス抵抗運動を描いた「抵抗(レジスタンス)」「影の軍隊」などの作品でも、リヨンのロケーションが使われています。

このように、リヨンはドラマ、恋愛映画、戦争映画、歴史作品など、様々なジャンルの映画に活用されてきました。豊かな文化遺産と独特の風情が、さまざまな物語の舞台として映し出されているのです。

リヨンは映画製作者から愛される名所であり、今後も多くの作品がこの街を舞台に映し出されていくことでしょう。

リヨン出身の有名人トップ10

フランス第3の都市リヨンは、スポーツ、芸術、科学など様々な分野で活躍する著名人を輩出してきた街です。ここでは、リヨン出身の有名人10人を紹介し、彼らの功績や魅力を簡単にまとめていきます。

1. カリム・ベンゼマ:世界屈指のストライカー

レアル・マドリードとフランス代表で活躍するサッカー選手。空中戦、運動量、パスセンス、得点力に優れ、世界最高のストライカーの一人として評価されています。

2. ダヴィッド・シャルベ:マルチタレント

フランスの歌手、俳優、モデル、タレント。『ベイウォッチ』や『メルローズ・プレイス』で有名です。

3. ジャン=ミシェル・ジャール:電子音楽のパイオニア

電子音楽、アンビエント、ニューエイジの先駆者。壮大な音楽とレーザーショー、大規模なプロジェクション、花火を組み合わせた野外スペクタクルで知られています。

4. アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ:作家・飛行家

小説「星の王子さま」で世界的に有名な作家。飛行家としても活躍し、第二次世界大戦中に戦死しました。

5. ポール・ボキューズ:美食家・料理人

ヌーヴェル・キュイジーヌの発展に貢献した料理人。自身のレストランでミシュラン三ツ星を獲得し、リヨンの食文化を世界に広めました。

6. アンドレ=マリー・アンペール:物理学者

電磁気学の創始者の一人。電流の単位「アンペール」は彼の名前にちなんでいます。

7. アベ・ピエール:カトリック司祭・人道主義者

第二次世界大戦中のレジスタンス活動家。戦後はエマオ運動を創設し、94歳までホームレス支援に尽力しました。

8. アレクサンドル・ラカゼット:プロサッカー選手

アーセナルFCとフランス代表で活躍するフォワード。ゴールを決める能力で知られています。

9. モーリス・ヘルツォーク:登山家

登山家で、8,000メートル峰の初登頂に成功したことで知られています。帰還後に『アンナプルナ』というベストセラーを書きました。

10. クロード・ベルナール:生理学者

消化器系と肝臓の機能研究に大きく貢献。実験医学の創始者の一人として知られています。

このように、リヨンは様々な分野で活躍する著名人を輩出してきた街です。彼らの功績は、リヨンを国内外で認知される都市に成長させました。

リヨンのYoutube動画

見どころの多いリヨンを1日で観光するのは不可能です。この魅惑的な街の魅力を知るには、リヨンに最低3日は滞在することをお勧めします。

リヨンの5日間の旅行プラン

この旅程では、リヨンの見どころ、グルメ体験、アウトドア・アドベンチャーを5日間にわたってご紹介します。

1日目: リヨン到着

リヨン到着後、市内観光を開始します:

宿泊施設にチェックイン。

ルネッサンス建築と狭い石畳の道で知られるユネスコ世界遺産のヴュー・リヨン(旧市街)を散策。ルネッサンス時代の建物や魅力的なショップが並ぶ狭い石畳の通りを散策しましょう。

フールヴィエールの丘(Fourvière Hill)までケーブルカーで登りましょう。ノートルダム・ド・フルヴィエール教会(Notre-Dame de Fourvière basilica)は、ネオ・ロマネスク様式の壮麗な教会で、素晴らしい街並みを眺めることができます。

午後は、ステンドグラスと天文時計が美しいゴシック様式のリヨン大聖堂(Cathédrale Saint-Jean-Baptiste de Lyon)で、リヨンのローマ時代の歴史に触れてみよう。

リヨネの伝統的なブションで夕食を楽しみ、クネル、ソーシソン、コック・オ・ヴァンなどの郷土料理を味わう。

2日目: リヨンの美味

リヨンの料理の素晴らしさを体験してください:

一日の始まりは、リヨン料理の最高峰を紹介するグルメ・フード・マーケット、レ・アール・ド・リヨン・ポール・ボキューズ(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)を訪れましょう。

料理教室に参加して、サラード・リヨネーズやブーダン・ノワールといったリヨンの伝統料理の作り方を学びましょう。

ミシュランの星付きレストランで、洗練されたフランス料理を堪能するグルメ・ランチ。

プレスクアイユの夜のグルメツアーに参加し、地元のおいしい料理を味わい、街の活気あるグルメシーンを探索します。

3日目: 文化探訪

リヨンの郊外にある中世の町ペルージュへ日帰り旅行に出かけましょう。木組みの家、城壁、ルネッサンス様式の邸宅が並ぶ魅力的な通りを散策しましょう。砂糖とチョコレートの歴史を紹介するペルージュ菓子博物館もお見逃しなく。

地元のビストロでランチを楽しみ、居心地の良い空間で地元の名物料理を味わう。

午後はリヨンに戻り、フランス最大級の美術館であるボザール美術館(Musée des Beaux-Arts)を訪れましょう。ルーベンス、レンブラント、ドラクロワなどヨーロッパの巨匠の作品を鑑賞しましょう。

リヨン・オペラ座では、世界一流のオペラやパフォーマンスをお楽しみください。

4日目: ボジョレー・ワイン地方への日帰り旅行

絵のように美しいボジョレー・ワインの産地へ、風光明媚な日帰り旅行に出かけましょう:

鮮やかなガメイワインと魅力的なブドウ畑で知られるボジョレーで、ワインテイスティングツアーに参加しましょう。

絵のように美しいブドウ畑やシャトーを訪れ、ワイン造りの工程やテロワールについて学びます。

地元のワイナリーでのんびりとランチを楽しみ、地元のワインとグルメな料理を組み合わせる。

保存状態の良い建築物とボジョレーの田園風景のパノラマで知られる中世の村オイントを散策します。

5日目: 野外アドベンチャーと出発

リヨンでの最終日は、リヨンのアウトドア・アトラクションをお楽しみください:

植物園、湖、動物園がある広大な都市公園、テット・ドール公園(Parc de la Tête d’Or)での朝のハイキングから1日が始まります。

11世紀に建てられたロマネスク様式の教会、サン・マルタン・ダイネ教会(La Basilique de Saint-Martin d’Ainay)を訪れましょう。

ブティックやショップが立ち並ぶリヨンのメイン・ショッピング・ストリート、レピュブリック通りでお土産や特産品をお買い求めください。

この魅惑的な街での5日間の冒険の大切な思い出を胸に、リヨンを出発。

結論

リヨンへの5日間の旅は、グルメ体験、文化探訪、アウトドア・アドベンチャー、そして周辺のワイン産地への風光明媚な日帰り旅行が完璧に融合した旅となります。この旅程に従えば、旅行者はリヨンの美食、歴史的建造物、自然の美しさに浸り、この活気あふれる街で忘れられない思い出を作ることができる。美食に舌鼓を打つもよし、美術館を巡るもよし、地元のワインを味わうもよし、リヨンは、このダイナミックなフランスの旅先の魅力と魅力を発見しようとする旅行者に、多様で豊かな旅行体験をお約束します。

基本情報

都市名 リヨン(Lyon)
州名 ローヌ=アルプ地方
言語 フランス語
ベストシーズン 9月と10月
空港 リヨン・サン・テグジュペリ空港
空港からのアクセス 市の中心部まで車で30分。タクシーだと50~100ユーロ
詳細 公式ホームページ

地図

パリから電車で2時間。

Lyon City Card(リヨン・シティカード)

リヨンとそのアトラクションを本格的に観光するなら、シティカードがお得です。有効期限は1~4日間で、バスや地下鉄、トラム、ケーブルカーなど、市内のすべての公共交通機関を利用できるほか、50以上のアトラクションに無料または割引料金で入場できます。

リヨン・シティカードは、大人24時間券が29ユーロからと、期間も料金も様々です。このカードは、たった2回の利用でお得になることが保証されており、利用者から高い評価を得ています。

カードに含まれるもの

リヨン・シティカードの特典に含まれる美術館の一部をご紹介します。

  • リヨン美術館
  • コンフリュアンス美術館
  • ガダーニュ美術館:世界の歴史と人形
  • ルグドゥヌム博物館とローマ劇場
  • 国際美食劇場
  • リュミエール美術館
  • 現代美術館(展覧会開催時は開館)
  • 現代美術研究所
  • 映画とミニチュア博物館
  • OLミュージアム(またはガイド付きグルパマ・スタジアムツアー)
  • フルヴィエール宗教美術館
  • 版画美術館
  • 抵抗と追放博物館
  • ECCLYキリスト教文化センター
  • ジャン・クティ博物館
  • ギニョール美術館
  • アーバン・トニー・ガルニエ博物館
  • 自動車博物館
  • サン・ロマン・アン・ガルのガロ・ロマン博物館
  • 電気博物館(アンペール)
  • メリュー博士博物館(マルシー・エトワール
  • シルク博物館ボネ・ジュジュリュー

これらの美術館・博物館は、リヨン・シティカードの優先利用または割引料金で入場できます。

無料ガイドツアー:

  • 観光局による徒歩でのガイドツアー(予約制)およびGroupamaスタジアム見学。
  • フルヴィエール大聖堂の屋上見学(3月から11月まで)。
  • レ・バトー・リヨネ(Les Bateaux Lyonnais)による川下り(3月~11月)。
  • リヨン市内バス:11月1日~3月31日の冬季に含まれます(クルーズ1回またはバスツアー1回から選択)。
  • シルク・ワークショップ メゾン・デ・カヌート&ソワリー・ヴィヴァンテ協会(Maison des Canuts & Association Soierie Vivante)。
  • オーディオガイドツアー – ストーリーの巻き戻し。
  • ル・ヴァポレット(タクシーボート): 乗り降り自由。

公共交通機関乗り放題:

  • バス、地下鉄、トラム、ケーブルカー(カード有効期間内)

特別割引:

リヨン・シティカード2023に含まれる割引、ショー、訪問リストは以下の通りです。

  • リヨン国立オペラ座:15%割引(年末年始を除く
  • リヨン国立オペラ座:15%割引(年末を除く)
  • リヨン劇場「セレスタン」:割引料金
  • ヌーベル・ジェネラシオン劇場:割引料金
  • 国立大衆劇場 大人5ユーロ、ジュニア2ユーロ割引
  • コンプレックス・デュ・リール(Complexe du rire)劇場:18ユーロ→12ユーロ(コメディウィーク、特別夜間、年末を除く
  • ホットクラブ・ジャズ
  • ギニョル・ド・リヨン劇場
  • ギニョル・パルク・テット・ドール劇場
  • グランド・オテル・デュー・ギニョル劇場
  • プラネタリウム
  • メゾン・ド・ギニョル
  • リヨンの孤独
  • エスパス・ジェルソン:16ユーロのところ14ユーロ(コメディ・ウィーク、例外的な夜、年末を除く)
  • L’Improvidence劇場:-25%(コメディーウィーク、例外的な夜、年末を除く)
  • コメディー・オデオン劇場:平日15.50ユーロ、週末18.50ユーロ(第1カテゴリー)、通常25ユーロ、さらにドリンク10%割引
  • ル・ノンブリル・デュ・モンド:17ユーロのところ13ユーロ
  • 訪問:観光
  • 観光局による徒歩ガイドツアー(予約制)+グルパマ・スタジアム見学
  • フルヴィエール大聖堂の屋上見学(3月~11月)
  • レ・バトー・リヨネによる川下り(3月~11月)
  • リヨン市内バスツアー(11月1日~3月31日の冬期のみ)(クルーズ1回またはバスツアー1回から選択
  • シルク・ワークショップ メゾン・デ・カヌート&ソワリー・ヴィヴァンテ協会
  • オーディオガイドツアー – リワインドストーリー
  • ル・ヴァポレット(タクシーボート):乗り放題

このカードは驚くほどコストパフォーマンスが高く、美術館やアトラクションを2~3回訪れるだけで元が取れてしまいます。このカードは、選択した連続した日数有効で、各美術館に1回限り入場できます。

リヨン・シティカードがあれば、リヨンの世界的な美術館や博物館、川やツアーでの観光、公共交通機関の便利な利用、豊富な割引など、便利なパスがすべて手に入ります。リヨンでの滞在を最大限に楽しむための、この上なく便利なパスをお見逃しなく!

カードを受け取るには、2つの方法があります。フランス首都圏にお住まいの方は、3.50ユーロの手数料で、ご自宅の住所にカードを発送することができます。海外にお住まいの方は6.50ユーロです。フランス国内への発送の場合は3~5営業日、海外への発送の場合は5~10営業日かかります。

直接受け取りを希望される場合は、ベルクール広場またはパート・デュー・モールの観光局で、有効な学生証またはその他の必要書類を提示の上、割引カードおよび学生カードをオンラインで購入し、受け取ることができます。

9.5 TOTAL SCORE

リヨン・シティカード

公式サイト

リヨン・シティカードは、リヨン観光に欠かせないパスです!1日券、2日券、3日券、4日券があり、27の美術館・博物館が入場でき、TCLネットワーク(地下鉄、トラム、バス、ケーブルカー)に乗り放題です。


お得度 10
満足度 10
有効期限 8
リピート率 10
良い点
  • 公共交通機関が乗り放題
  • 有効期間は1~4日間から選べる
  • 28の美術館入場料も無料
注意点
  • フランス語のみのツアーもあり
  • 最小で24時間、最大で96時間


関連記事

アンティークを最安値で購入するには?
骨董品やコレクターズアイテムの値引き交渉は、洗練されたプロセスです。年代、起源、希少性、状態などの情報を把握することは交渉を有利に進める上で不可欠です。店員とその品物の歴史について会話を交わし、購入の意志を明かさずに純粋な興味を示すことで、適正価格に達することができるかもしれません。 ここでは、どうすればアンティークを最安値で購入できるのか悩んでいる人に、覚えておいてほしいポイントをいくつか紹介します。 値切るのは失礼ではない 最初にお伝えしておきたいのは、値段交渉をすることは失礼ではありません。実際、一部の文化では単なる慣習なのです。値引き交渉なしではほとんど取引が行われないため、これは取引の重要な部分と考えられています。この台本では、美しいフローラ・ダニカの皿を見てあなたは、店員さんに話しかけます。 This ...
ルーブル美術館-Musée du Louvre
芸術と歴史が織りなす感動の体験 パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。 この投稿をInstagramで見る Musée ...
サン・トーバン蚤の市 / Marche aux puces de saint-aubin
サン・トーバン広場で開かれる蚤の市で、30年以上にわたってトゥールーズの名物となっています。特にアンティークやガラクタ好きにはたまらない場所です。 人々は、子供の頃の香りのする宝物や、家にビンテージの雰囲気を与えるレトロな品々を探しにここにやってきます。 [editorial-rating ...
ルエンネ蚤の市 / Puces Rouennaises
西フランス最大のアンティーク市場 展示会場の5つのホールを3日間かけて散策する展示会。フランス、ベルギー、オランダ各地から中古品ディーラーが集結。フランスで最も美しい蚤の市と称されています。約1万5000人が訪れる中古品好きにはたまらないイベントです。 [editorial-rating ...
値切り交渉で使える英会話5選
交渉に役立つ重要なフレーズ 商品をより安く買いたいなら、値引きをお願いするのが一番です。ある大きなアンティークショップの元スタッフは、私に「誰かが値引きを要求したら、10%引きにするように言われている」と教えてくれました。 イギリスでもアメリカでも、交渉の標準的なやり方はありません。イギリスの交渉は控えめでユーモアがあり、対立を避けるのが普通だといいます。世間話から始まり、隠された意味を持つフレーズに頼るそうです。 あなたの最初のセリフは、相手が何を望んでいるのかを知るための質問をすることかもしれません。売上高か、早く売りたいのか、大金を使ってくれる顧客を探しているのか、販売量か?会話を始めることで、ただ値切るよりも流動的で効果的な説得のチャンスを得ることができます。 この記事では、軽快な例を用いて、交渉のさまざまな段階と、典型的な交渉フレーズをご紹介します。 値段の交渉の余地は常にある 交渉を有利に進めるためには、希望よりも低い価格から始めることが一般的ですが、最初の提示額は妥当な範囲内に収めることが重要です。あまりに低すぎる金額は、売り手を侮辱し、交渉を悪化させる可能性があります。 最初の提示額は、商品の価値に対するあなたの理解を反映したものであり、一連の反論の余地を残しておくべきです。このアプローチは、売り手の仕事を尊重し、購入を真剣に考えていることが伝わります。 Good ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...
ニース・サレヤ広場の蚤の市 / Cours Saleya
世界中のコレクターが集まるホットスポット ニース旧市街のサレヤ広場で開催されるフリーマーケット。古い物やブロカントの雰囲気が好きな人には見逃せない場所です。 [editorial-rating ...