Your Cart

ヴェストカント・トルヴェット / Vestkanttorvet

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

オスロで一番好きな中古市場のひとつ

オスロ市内で最も古く、最も大きなフリーマーケット。高級住宅街フログネル(Frogner)地区にある小さな公園で開かれています。スパイスやフレンチオイルからアンティークや古着まで、わくわくするものがたくさんあります。

6.0 TOTAL SCORE

ヴェストカント・トルヴェット

インスタグラム

1989年以来、毎週土曜日にアンティーク、中古品、衣料品のマーケットを開催しています。中古のアンティークから洋服まで、ありとあらゆるものが見つかります。常設の露店だけでなく、常に新しい露店が登場し、買い物客は遠くからもやってきます。


出店数 1
満足度 8
滞在時間 6
お宝発見度 7
リピート率 8
良い点
  • 商品が高品質
  • 若者向けの服を売る露店がたくさんある
  • 古い家具は新品で買うよりも質が良いことが多い
注意点
  • vipps経由で支払うのがベスト
  • 良さそうな物は高価

 

ここでは、アンティークから高級デザイナー服まで、何でも買うことができます。ここでは、特にスカンジナビアの高級ブランドの服が非常にお買い得です。

GanniやLouis Vuittonといった人気ブランドもよく見かけます。どんな予算にも合う服があるので、学生など、いいものを安く手に入れられる若者がたくさんいます。

また、美しいクリスタルや新しい食器を探しているなら、ここがおすすめです。アルネ・クラウゼンスの有名な「ロータス」模様が描かれた皿やボウルなど、あらゆる種類のキッチン用品を売るために、土曜日になると人々がここに集まります。

1日に1万人もの人がこのマーケットを訪れるというから、出店者の多さがわかります。

特に人気があるのは、広場の中央にある露店で、10クローネで衣料品を買うことができます。すべてのベンダーが現金またはノルウェーのモバイル決済アプリ Vipps を受け付けているため、現金を用意した方がいいでしょう。

洋服を売る人が増え、骨董品を売る人が減っているようですが、これは周期的なもので、市場は常に変化しています。

また、ここではノルウェーの真髄ともいえるワッフルを食べることができます。地元の人はワッフルにサワークリームとジャムをのせたり、地元のブラウンチーズの一種である伝説的なブルーノストをかけたりします。

この広場はアマンダス・ニールセン広場と呼ばれています。風景画家アマルダス・ニールセンにちなんだもので、そこには彼の胸像があります。この画家は晩年、近くのベヴェルロッケンに住んでいました。戦時中、ヴェストカントトルゲットはドイツ占領軍の中継地点でした。

マーケットは3月から12月までの毎週土曜日に開かれています。今週末、何か楽しいことをお探しなら、土曜日にヴェストカント・トルヴェット(Vestkanttorvet)に行ってみよう。

一日を有意義に過ごしたいなら、近くのヴィーゲラン公園を訪れることをお勧めします。ここには、手入れの行き届いた緑の中に200以上の彫刻があります。

ヴェストカント・トルヴェットのYoutube動画

基本情報

名前 ヴェストカント・トルヴェット / Vestkanttorvet
開催日 毎週土曜日(3月〜12月)
時間 9 a.m. – 5 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 家具、磁器、ガラス、台所用品、衣類、銀製品、宝飾品、軍事用品、収集品、紡績パイプなど
住所 Amaldus Nielsens plass, Oslo, Norway
詳細 facebook

地図

場所はアマルダス・ニールセンス広場。マーケットはブリスケビーの中心部にあり、すぐ近くにはフログナー公園(Frognerparken)や居心地の良いカフェがたくさんあります。