Your Cart

主要ソーシャルメディア9選レビュー【2024年度版】

アメリカの南部担当 at フリーマーケット情報

バイヤーのつばさです。今やっている点と点が、いつかつながると信じて行動しています。

ソーシャルメディア・マーケティン完全ガイド

ソーシャルメディアは私たちの日常生活に欠かせないものとなり、企業はターゲットとなる見込み客とつながり、ブランドを促進するためにその力を活用しています。しかし、ソーシャルメディア向けに説得力のある効果的なコンテンツを作成するのは、大変な作業です。

ソーシャルメディアの長所と短所

ソーシャルメディアを最大限に活用するには、正しいアプローチが必要です。すでにソーシャルメディアのアカウントを持っているにもかかわらず、成功に至っていないのであれば、それは単に間違ったアプリを使っているだけかもしれません。

コミュニティの成長に活用できる人気のソーシャルメディアプラットフォームは以下の通りです。

名称MAUユーザー層会社名国名
Twitter4,500万人20~30代Xアメリカ
Facebook2,600万人30〜40代Metaアメリカ
YouTube7,120万人10~50代Alphabetアメリカ
Tiktok950万人10~20代ByteDance中国
Instagram6,600万人20〜30代Metaアメリカ
Pinterest870万人20~30代Pinterestアメリカ
LINE9,200万人20〜50代NAVER韓国
LinkedIn300万人20~30代LinkedInアメリカ
Threads非公開20~30代Metaアメリカ

最新のデータによると、世界中のソーシャルメディアユーザーは約49億5000万人。今後数年間で、ソーシャルメディアの利用はさらに増加すると予測されています。

月間アクティブユーザー(世界)
Facebook
30億7000万人
YouTube
20億人
Instagram
10億人
TikTok
10億人
LinkedIn
10億人
Pinterest
5億人
Twitter
3億4000万人
LINE
2億人
Threads
1億3000万人

ソーシャルメディアを席巻している現在のトレンドは、つながりが中心です。企業は、このニーズに応えると同時に、消費者が惹かれるトピックを中心としたニッチなコミュニティを作り、自社製品のプロモーションを行っています。

月間アクティブユーザー(日本)
LINE
9,200万人
YouTube
7,120万人
Instagram
6,600万人
Twitter
4,500万人
Facebook
2,600万人
TikTok
950万人
Pinterest
870万人
LinkedIn
300万人

この記事では、今最も人気のあるソーシャルメディアアプリと、それぞれの長所と短所を紹介します。

X(旧Twitter)

2023年4月にリブランディングされる前は「Twitter」だったXは、月間アクティブユーザー数4,500万人、20~30代のユーザーが多い、短文投稿型のSNSです。2006年にサービス開始以来、「公共の会話を促進し保護すること」を理念に、リアルタイムな情報発信と顧客との交流の場として、多くの企業に活用されています。

ディスカッション、エンターテインメント、ニュース、オピニオン、ビジネスの最新情報など、さまざまな情報を発信する場として、専門家、学者、団体、ジャーナリスト、そしてあらゆる有名人が集まる活動の拠点となっています。

Xの基本機能には、ツイートの投稿、他のユーザーのフォロー、「いいね!」、リツイート、返信によるエンゲージメントが含まれます。ハッシュタグやトレンド・トピックにより、ユーザーは幅広い会話に参加することができます。

Twitterのメリット

  • リアルタイム性と拡散力:Twitterは、短文でリアルタイムな情報発信ができるため、最新情報をすぐにユーザーに届けることができます。また、リツイート機能によって、投稿が拡散されやすく、多くの人に情報を届けることができます。
  • カジュアルな交流:Twitterでは、ユーザー同士が頻繁に議論や論争を始めます。この点で、クローズドなネットワークや友達だけのチャットに重きを置くフェイスブックのようなソーシャルメディアサイトとは一線を画しています。
  • エンゲージメント率の高さ:Twitterは、他のSNSと比べてユーザーのエンゲージメント率が高いと言われています。
  • 商品やサービスの宣伝:Twitterは製品やサービスを宣伝するのに最適な方法です。新製品を発表したり、割引を提供したり、サービスに関する情報を共有したりするのに使えます。
  • ブランド認知度を高める:あなたのツイートを見た人は、あなたのブランドと商品やサービスを結びつけて考えるようになります。
  • ウェブサイトへの新規訪問者の獲得:ウェブサイトへの訪問者を増やし、多くのコンバージョンを獲得することができます。

Twitterのデメリット

  • 目立つことが難しい:ペースが速いので、投稿するタイミングが重要です。見てもらえる投稿の寿命が短いため、頻繁に投稿しなければ、あなたのメッセージがツイートの海に埋もれてしまう可能性があります。また、文字数制限があるため、メッセージを効果的に伝えることが難しい場合もあります。
  • すぐに結果が出ない:ツイッターアカウントの管理には時間がかかります。毎日数百万人のアクティブユーザーがいるTwitterでさえ、フォロワーを増やすのが最も難しいプラットフォームの1つです。
  • 成果を測定するのが難しい:インプレッション、クリック、リツイートを追跡できるツールはいくつかありますが、これらの指標を売上やリードにどうつなげるかを判断するのは難しいでしょう。
  • 炎上リスク:Twitterは、匿名性の高いSNSであるため、炎上リスクがあります。人々はTwitterを、企業やその製品・サービスに対する不満を吐き出す場として使いたがる傾向があります。適切に対処しなければブランドの評判を損なう可能性があります。

運用時のポイント

  • ターゲット層に合わせた投稿:簡潔で魅力的、かつ記憶に残るようなメッセージを注意深く作り上げなければなりません。忠実なフォロワーを増やすには、一貫性が重要です。定期的に投稿することで、信頼感を確立し、オーディエンスの関心を維持することができます。
  • ハッシュタグの活用:ソーシャルメディア投稿の発見性を高める上で重要な役割を果たします。投稿に関連性の高いハッシュタグやキーワードを使用することで、より多くのオーディエンスにコンテンツを見てもらえる可能性が高まります。競合他社が使っているハッシュタグに注目し、自社の投稿に取り入れることを検討しましょう。
  • ユーザーとの交流:コメント、DM、メンションには時間をかけて返信しましょう。質問したり、投票を実施したり、インタラクティブなコンテンツを作成したりして、フォロワーに真の関心を示しましょう。信頼関係が高まれば高まるほど、彼らがあなたのコンテンツをシェアし、自分のフォロワーにあなたを推薦してくれる可能性は高まります。
  • 投稿制限:文字数は全角140文字・半角280文字まで。動画は2分20秒まで。写真は4枚まで投稿できます。
  • 売り込み過ぎない:ほとんどの買い物客は、「押しつけがましい」広告のあるブランドからは買わないことが明らかになっています。消費者は、コンテンツが売り込みであることを認識するようになり、マーケティングに関して一般的に賢くなっています。
  • 外部リンク:ツイートにリンクを追加すると、自動リンクプレビューが作成されます。Twitterのカルーセルやカードもぜひ活用してください。1つまたは複数の画像が含まれており、クリックすると外部のウェブページにリダイレクトされます。
  • 分析ツールを活用:ツイートのパフォーマンス、オーディエンスの属性、エンゲージメントレベルを把握することができます。

投稿寿命と投稿頻度

  • Twitterの投稿寿命は、15分程度と言われています。読者は毎日大量の新鮮なコンテンツに目を通します。たいていの場合、数日以上前の投稿は目に入りません。
  • Twitterの投稿頻度は、1日5~10回程度がおすすめです。量よりも質を重視し、フォロワーと純粋に関わることが重要です。

Twitterと相性がいい企業

  • リアルタイムな情報発信が重要な企業
  • 顧客との交流を重視する企業
  • キャンペーンやイベントを積極的に行う企業

毎日何百万人ものアクティブユーザーがいるTwitterは、認知度を高め、より多くの顧客層と関わりたいと考えている企業にとって強力なツールです。また、Twitter上の議論やフィードバックをモニターすることで、市場動向、顧客の嗜好、業界の発展に関する貴重な洞察を収集することができます。

Twitterの広告

Twitterには、さまざまな広告フォーマットがあります。

  • タイムライン広告:ユーザーのタイムラインに表示される広告
  • プロモツイート:通常のツイートよりも目立つように表示される広告
  • トレンド広告:トレンドワードに関連した広告

ツイッター広告は、インスタグラムやフェイスブック広告よりも割高です。広告は、動画の視聴、アプリのインストール、ウェブサイトへのトラフィックの誘導、フォロワーの増加、またはプロモーションツイートによる会話のきっかけ作りに使用されます。Twitter広告が強力なマーケティングツールである理由は、興味関心、トピック、フォロワーの類似性など、さまざまな方法で視聴者をターゲットにできることです。

補足

Xプレミアム・アカウントは、認証済みアカウントのチェックマーク、広告の削減、広告収益の分配などを受けることができます。

Twitterのまとめ

ツイッターは特定の属性や関心にターゲットを絞ることができるため、マーケティング担当者にとっては貴重なツールです。しかし、ツイッターの文字数制限により、複雑なメッセージやアイデアを伝えるのが難しくなることもあります。ツイッターの望む結果を得るためには有料プロモーションに投資する必要があるかもしれません。

またこのプラットフォームはテンポが速く、否定的な意見や反発がすぐに広まる可能性があります。全体として、Twitterをビジネスに利用する価値があるかどうかは、利用者の共感を得られる魅力的なコンテンツを作成できるかどうかにかかっています。

Facebook(フェイスブック)

Facebookは、月間アクティブユーザー数2,600万人、30~40代のユーザーが多い、テキスト、画像、動画を組み合わせて投稿できるSNSです。「人々にコミュニティを構築し、世界をより密接に結びつける力を与える」という理念をもとに、2006年にサービス開始以来、実名登録制と豊富なターゲティング機能により、企業のマーケティングツールとして活用されています。

当初は友人や同級生をつなぐために作られたフェイスブックは、その後、プロフェッショナルなネットワーキングや個人ブランド構築のためのツールへと変貌を遂げました。オンラインでの存在感を高めたい人にとって、手始めとして最適な場所です。

フェイスブックの多くのグループは、志を同じくする人々が集まる共同スペースを提供し、企業がターゲットを絞ったマーケティングやエンゲージメントに活用できるニッチなコミュニティを育成します。Facebookは、オンライン上の知名度を高め、顧客とつながり、ソーシャルメディアの中でブランドの成長を促進しようとする企業にとって、依然として強力な存在であり続けています。

Facebookのメリット

  • 信頼性が高い:Facebookは、実名登録制であるため、他のSNSと比べて信頼性が高いと言われています。
  • 顧客とのつながり:よくデザインされたFacebookページは、ブランド・ロイヤルティを築くのに役立ちます。
  • 幅広いターゲット:幅広い層に対応しているため、どのような企業でも、特定のターゲット層に向けて効率的にマーケティングを行うことができます。
  • 小規模な企業向けに設計:地域密着度が強く、中小企業にとって優れたソーシャルメディアネットワークとなっています。
  • 世界で最もアクティブユーザーが多い:Facebookは、世界で最もアクティブユーザー数が多いSNSです。

Facebookのデメリット

  • 作業時間:定期的な更新を投稿し、すべてのフォロワーと良好な関係を維持するためには、時間がかかります。
  • 若年層の利用率が低い:10代~20代のユーザーが少なく、他のSNSと比べて活発な交流が期待できない場合があります。
  • 投稿への反応が少ない:Facebookは、他のSNSと比べて投稿への反応が少ないと言われています。
  • アルゴリズム:近年、アルゴリズム変更の影響を受け、企業の投稿がユーザーのニュースフィードに表示される機会が減少しています。結果、フェイスブックはお金を払わないと最大限に活用できないプラットフォームになっています。
  • フィードバック:顧客がフィードバックを残すことができます。不満のある顧客が辛辣なレビューを残す可能性があることに留意する必要があります。
  • 頻繁にプライバシーが漏れる:個人情報保護の問題を抱えており、ユーザーのデータ流出などが懸念されています。

運用時のポイント

  • ターゲット層に合わせた投稿:ターゲット層の年齢層や興味・関心を考慮した投稿をしましょう。
  • ハッシュタグの活用:適切なハッシュタグを利用することで、より多くのユーザーに投稿を見てもらうことができます。
  • 広告の活用:Facebook広告は、ターゲティング精度が高いため、効率的に顧客を獲得することができます。
  • 分析ツールを活用:Facebookページの詳細な分析を提供し、ページのパフォーマンス、エンゲージメント、オーディエンスの属性を追跡することができます。
  • 外部リンク:キャプションに直接リンクを貼ると、クリック可能な画像付きのリンクプレビューが自動的に生成されます。さらに、Facebookのストーリーにリンクを含めることもできます。

投稿寿命と投稿頻度

  • フェイスブックの投稿寿命は、5時間程度と言われています。Facebookは、ユーザーが通常関わっているページの投稿をより多く表示します。「いいね!」の数によってコンテンツが優遇されます。
  • フェイスブックの投稿頻度は、1日1~2回程度がおすすめです。アルゴリズムは、同じ記事を1日に何度も投稿することを好みません。そのため、ここでは質の高い記事を少ない数だけ掲載するのがベストです。

Facebookと相性がいい企業

  • ターゲット層が30代~40代
  • 商品やサービスをしっかり説明したい
  • 既存顧客を大事にしていきたい
  • 海外に販路を拡大したい

専用のビジネスページを使えば、企業は自社の製品やサービスを紹介したり、顧客にコメントやダイレクトメッセージを送ったり、ターゲットを絞った広告を活用して特定の層にリーチしたりすることができます。Facebookページの訪問者と直接交流するためにメッセンジャー機能を使用することも検討する価値があります。

Facebook広告

Facebook広告は、100円~200円から利用できます。年配のオーディエンスにリーチしたいのであれば、Facebookページが向いています。

  • ターゲティング広告:年齢、性別、地域、興味関心など、詳細なターゲティング設定が可能です。
  • リマーケティング広告:一度サイト訪問したユーザーに広告を表示することができます。
  • コンバージョン広告:商品購入や資料請求などのコンバージョンを促進する広告です。

Facebookのまとめ

ソーシャル・ネットワーキングの中核であるフェイスブックは、魅力的なコンテンツの作成、ターゲットを絞った広告キャンペーンの実施、ビジネス専用ページの開設、グーグル広告とのシームレスな統合を可能にするさまざまなツールを提供しています。その汎用性は、B2BとB2Cの両方の領域に及んでいます。また、コミュニティを主催するのに最も適したソーシャル・プラットフォームです。

Youtubeを使ったマーケティング

YouTube(ユーチューブ)

YouTubeは、月間アクティブユーザー数7,120万人、10~50代の幅広い年齢層に利用されている動画共有プラットフォームです。「世界中の人々に情報、アイデア、声を共有し、つながりを生み出すこと」をミッションに、2007年サービス開始以来、世界中で最も利用されているSNSの一つとなっています。

年代別の特徴

年齢によって視聴傾向は異なります。視聴者は、「いいね!」やコメント、購読を通じてコンテンツに関与することができ、クリエイターと視聴者を取り巻くコミュニティ意識が醸成されます。

10代・20代 音楽、ゲーム、エンタメ系動画の視聴が中心。
30代・40代 情報収集、教育、ビジネス系など、実用的な動画を視聴する傾向があります。
50代・60代 健康、料理、旅行系など、生活に役立つ動画を視聴する傾向があります。
70代 家族との動画共有、懐かしの番組の視聴も増えています。

YouTubeの主な機能

  • ライブ配信機能:YouTubeでは、ライブ配信機能も利用できます。
  • チャンネルメンバーシップ:YouTubeでは、チャンネルメンバーシップという機能も利用できます。チャンネルメンバーシップに加入すると、限定動画や特典を視聴することができます。
  • 視聴動画と関連のあるものがおすすめに表示される:YouTubeでは、視聴動画と関連のあるものがおすすめに表示されます。そのため、潜在顧客にもアピールすることができます。
  • マス広告よりもコストを抑えられる:YouTube広告は、従来の広告とは異なり、明確な効果測定とターゲティングによって、無駄な配信を抑制し、効率的に成果を上げることができます。
  • コンテンツとして残るので、長期的な効果も狙える:YouTubeの動画は、コンテンツとして残るので、長期的な効果も狙うことができます。

YouTubeのメリット

  • 情報伝達量が多い:YouTubeの動画は、テキストや画像よりも情報量が多いため、視聴者に多くの情報を届けることができます。また、長尺動画はストーリーテリングの機会を増やし、視聴者との感情的なつながりをより強くすることができます。
  • 1度シェアを獲得すれば優位に立ちやすい:YouTubeでは、動画がバズると、多くの人に視聴されるようになります。そのため、チャンネル登録者数や動画の視聴回数が多いと、そのチャンネルの権威性が高まり、より多くの視聴者を獲得しやすくなります。
  • 投稿した動画は複数のプラットフォームで再投稿できる:YouTubeで投稿した動画は、他のプラットフォームでも再投稿することができます。そのため、より多くの人に動画を届けることができます。
  • ニッチを開拓し、視聴者を増やすのに適している:YouTubeでは、ニッチなジャンルの動画でも、多くの視聴者を獲得することができます。そのため、ニッチなジャンルでの集客に適しています。
  • 字幕や音声翻訳機能など、多言語対応が進んでいる:YouTubeは、字幕や音声翻訳機能など、多言語対応が進んでいます。そのため、海外のユーザーにも情報を届けることができます。
  • 最適化された動画はGoogleの検索結果に表示される可能性がある:GoogleがYouTubeを所有しているため、YouTubeへの投稿はSEOランキングに役立ちます。

YouTubeのデメリット

  • ひとつのことに集中している時間:長時間の動画は、視聴者の関心を最後まで維持するのに苦労するかもしれません。
  • 制作に一定の時間がかかる:動画を作成するだけでなく、編集し、アップロードし、最後に最適化する必要があります。タイトル、サムネイル、説明文、ハッシュタグは非常に重要で、キュレーションに時間がかかります。
  • 高画質の動画を制作するにはコストがかかる:撮影機材、編集ソフト、広告費用など、運用にはコストがかかります。人気チャンネルになると、スタッフの人件費なども発生します。収益化までに時間がかかる場合があり、初期投資が必要となります。
  • 競合チャンネルが多く差別化が難しい:YouTubeは、レッドオーシャンなので、登録者数や再生回数を伸ばすのは大変です。視聴者の目に留まるためには、質の高い動画を継続的に投稿する必要があります。
  • ネガティブなフィードバックを受ける可能性もある:視聴者とのトラブルは、精神的な負担になります。アンチコメントによる誹謗中傷、企業イメージの悪化による顧客離れを防ぐために、コメント欄などを定期的にチェックする必要があります。
  • 収益化までに数年かかる場合も:収益化できるチャンネルは全体のほんの一握りです。収益化までの道のりは長く、多くの努力が必要です。収益はチャンネル登録者数や再生回数に大きく左右されます。
  • YouTubeのアルゴリズムは定期的に変更される:アルゴリズム変更の影響で、視聴者数が減少したり、収益化に影響が出たりする可能性があります。
  • 著作権侵害のリスク:著作権侵害は、アカウント停止や訴訟などのリスクにつながります。

投稿寿命と投稿頻度

  • YouTubeの動画の投稿寿命は、30日程度と言われています。YouTubeは登録者数よりも登録者とのやり取りを重要視しています。コンテンツがどれだけの関心を生むかが全てです。
  • YouTubeの動画の投稿頻度は、週1回程度がおすすめです。

運用ポイント

  • BtoC企業に関しては相性が良い:YouTubeは、BtoC企業と相性が良いと言われています。
  • BtoB企業が自社のサービスや商品を訴求してもすぐに購買に結びつかないことも:BtoB企業がYouTubeを利用する場合は、自社のサービスや商品の認知拡大を目的とするのがおすすめです。
  • リーチを得るためには、動画に適切なタグを付ける必要がある:YouTubeでは、動画に適切なタグを付けることで、より多くの人に動画を届けることができます。
  • 外部リンク:動画のキャプション、動画中のポップアップ、動画終了画面にリンクを追加できます。

Youtubeと相性がいい企業

  • 情報発信や教育に力を入れている企業:Youtubeは、動画を通じて情報を分かりやすく伝えることができます。そのため、商品やサービスの使用方法、企業理念、社員インタビューなど、様々な情報を発信したい企業に適しています。
  • ブランドイメージを向上させたい企業:長編動画は、ブランドや製品をより深く紹介することができるため、ブランド認知度や信頼性の向上に役立ちます。
  • 顧客とのエンゲージメントを高めたい企業:長い動画はエンゲージメント率が高い傾向にあり、動画全体を見た視聴者がアクションを起こしたり、コメントを残す可能性が高くなります。
  • 新規顧客を獲得したい企業:Youtubeは、潜在顧客にアプローチするのに効果的なプラットフォームです。検索結果に動画が表示されるため、企業の認知度向上や新規顧客獲得に役立てることができます。
  • 商品やサービスを視覚的に訴求したい企業:Youtubeは、商品やサービスを視覚的に訴求することができます。製品紹介動画や使い方動画など、動画で商品やサービスの魅力を伝えることで、購買意欲を高めることができます。

YouTubeのインフルエンサー

トップのユーチューバーは、エンターテインメント、ファッション&美容、グルメ、旅行などのトピックでコンテンツを制作しています。

YouTubeのまとめ

近年では、企業による公式チャンネルも増え、企業PRや商品紹介、採用活動などに活用されています。日本のYouTubeは、多くの利点がある一方で、制作コストや運用コスト、競争の激しさなど、克服すべき課題も存在します。これらのデメリットを理解した上で、しっかりと戦略を立てて取り組むことが重要です。

Tiktokでブランディング

TikTok(ティックトック)

TikTokは、月間アクティブユーザー数950万人、10~20代のユーザーが多い、縦型・短時間の動画に特化したSNSです。2016年に中国で「Douyin(ドウイン)」としてリリースされました。アジアから人気に火がつき、今ではアメリカや西側諸国で定着しています。

サービス開始以来、「創造性を刺激し、喜びをもたらす」をミッションに世界中で展開。エンターテイメント性の高いコンテンツと独自のアルゴリズムによって、爆発的な拡散力を誇り、多くの企業のマーケティングツールとして活用されています。

TikTokの中核機能は、膨大なサウンドトラック、フィルター、エフェクトのライブラリを使って15秒から60秒の動画を作成できることです。機械学習によるプラットフォームのアルゴリズムは、コンテンツの発見力を高め、ユーザーの嗜好やエンゲージメント・パターンに基づいてパーソナライズされたフィードを表示します。

TikTokのメリット

  • 圧倒的なエンターテイメント性:TikTokは、音楽やダンス、コメディなど、エンターテイメント性の高いコンテンツが中心です。教育的で刺激的なコンテンツもたくさんあります。
  • 爆発的な拡散力:TikTok独自のアルゴリズムは、ユーザーの興味関心に基づいて動画を配信するため、爆発的な拡散力があります。新しいアカウントでも素早く拡散する可能性もあります。
  • 参入障壁の低さ:短編動画は長編動画よりも簡単で、より速く制作できます。
  • 低コストで始められる:TikTokは、広告費用を抑えて効果的なマーケティング活動を行うことができます。
  • エンゲージメント:通常60秒以下の短編動画は、視聴者の注意を素早く引くことができ、ブランドの認知度やエンゲージメントを高めるのに適しています。

TikTokのデメリット

  • ターゲット層が限定される:TikTokは、10~20代のユーザーが中心です。
  • プラットフォームの将来は不透明:TikTokは、中国企業ByteDanceが運営しています。中国政府の影響を受けている可能性があり、プライバシー問題への対応が課題となっています。
  • 限られた深さ: 時間が短いため、ストーリーを伝えたり、複雑で詳細な情報を伝えるのは難しくなります。
  • クリエイティブ性に大きく依存:TikTokで成果を出すには、ユーザーの目を引くクリエイティブな動画制作が必要です。
  • 限られたナビゲーション:TikTokの動画にWEBサイトのリンクを設定することはできません。

運用時のポイント

  • ターゲット層に合わせた動画制作:ターゲット層の年齢層や興味・関心を考慮した動画を制作しましょう。全世界の51億8000万人のインターネットユーザーのうち60%がモバイルでオンラインを利用し、トラフィックの80%を主に短編動画に費やしています。
  • トレンドを意識:TikTokは、トレンドが移り変わりが早いため、常に最新のトレンドを意識しましょう。TikTokは、コンテンツをテストし、何が定着するか、あるいは失敗するかを確認する場所です。定期的に投稿すればするほど、より多くの見込み客の目に留まり、何が効果的かを確認できる可能性が高くなります。
  • ハッシュタグ活用:適切なハッシュタグを利用することで、より多くのユーザーに動画を見てもらうことができます。
  • インフルエンサーマーケティング:TikTokには、多くのインフルエンサーが存在します。インフルエンサーマーケティングを活用することで、効率的にターゲット層にアプローチすることができます。
  • 外部リンク:広告費を支払わない限り、動画にクリック可能なリンクを追加することはできません。唯一可能性があるのは、自分のプロフィールにリンクを貼り、そこに人々をリダイレクトさせることです。

投稿寿命と投稿頻度

  • TikTokの動画の投稿寿命は、数秒程度と言われています。TikTokは、視聴時間、シェア、保存、コメント、「いいね!」など、多くのエンゲージメント指標に基づいてコンテンツを優先します。
  • TikTokの動画の投稿頻度は、2日に1回程度がおすすめです。TikTokでは1日1~4回の投稿を推奨していますが、すべての人にとってそれが現実的とは限りません。まだ始めたばかりなら、週3-5回から始めるのがいいでしょう。

TikTokと相性がいい企業

  • 10~20代のターゲット層にアプローチしたい企業。Z世代ユーザーにはInstagramよりも人気があります。
  • エンターテイメント性の高い商品やサービスを販売している企業
  • 低コストで効果的なマーケティング活動を行いたい企業

TikTokの広告

TikTokには、さまざまな広告フォーマットがあります。TikTokでは、よりカジュアルで低予算の広告が高いエンゲージメントを生み出しており、Z世代は派手な広告よりもリアルなコンテンツを求めています。

  • インフィード広告:ユーザーのフィードに表示される動画広告
  • トップバナー広告:アプリ起動時に表示される全画面広告
  • ブランドエフェクト:ユーザーが動画制作に利用できるエフェクト
  • ハッシュタグチャレンジ:企業がテーマを設定したハッシュタグチャレンジを開催

TikTokのインフルエンサー

アパレル・ファッション、美容、グルメ、旅行などの短編動画を作成しています。

TikTokのまとめ

短編動画コンテンツは、現在最も魅力的なメディアであり、ほとんどのブランドがそれを活用し始めています。TikTokは明らかに強力なB2Cプラットフォームですが、B2B企業も戦略を練り始めています。トレンドのハッシュタグに参加し、SEO戦略と同じハッシュタグでコンテンツをキュレートすることで、B2B企業は、情報提供、教育、雇用、そしてビジネスの向上を図るために、魅了された見込み客に迫っています。また、155の国と75の言語に対応しており、他のプラットフォームではリーチできないような人々にもリーチすることが可能です。

インスタグラムで集客

Instagram(インスタグラム)

2012年にフェイスブックに買収されたインスタグラムは、月間アクティブユーザー数6,600万人、20~30代のユーザーが多い画像・動画共有SNSです。「大切な人や大好きなことと、あなたを近づける」をミッションに、2010年にサービス開始以来、そのビジュアル訴求力の高さから、多くのブランド、企業、有名人、インフルエンサーに活用されています。

このアプリは、特にモバイルデバイスのために作成されたため、外出先でコンテンツを収集し、共有するのに最適です。

Instagramの特徴

  • 画像・動画で訴求:Instagramは、テキストよりも画像や動画で情報を伝えるSNSです。視覚的に訴求力のあるコンテンツが求められます。
  • 感度の高いユーザー:Instagramのユーザーは、新しいものや流行に敏感な層が多いです。主に自己宣伝や共有のために利用されます。
  • ハッシュタグ検索:Instagramでは、キーワード検索よりもハッシュタグ検索が主流です。適切なハッシュタグを活用することで、ターゲットユーザーにリーチできます。
  • インフルエンサーマーケティング:Instagramは、インフルエンサーマーケティングに適したプラットフォームです。多くのインフルエンサーが活動しており、ターゲット層に効果的にアプローチすることができます。
  • ストーリー機能:24時間後に消える画像や動画です。リアルタイムな情報発信や、キャンペーン告知などに活用できます。
  • フィルターと編集ツール:インスタグラムは、ユーザーが写真や動画の見栄えを良くするために使用できる様々なフィルターや編集ツールを提供しています。専門的な写真撮影能力がなくても、美的に魅力的な素材を簡単に作成することができます。

Instagramのメリット

  • 視覚的に訴求力のある商品やサービスに最適:ファッション、グルメ、旅行など、ビジュアル的に魅力的な商品やサービスは、Instagramで効果的に訴求できます。
  • ユーザーのアクティブ率が高い:Instagramのユーザーは、他のSNSと比べてアクティブ率が高いです。
  • 高いユーザーエンゲージメント:Instagramのユーザーは、他のSNSと比べてアクティブで、コメントやいいねなど積極的に反応する傾向があります。インスタグラムのエンゲージメント率はフェイスブックよりも約70%高いという調査もあります。
  • ユーザーとのコミュニケーションがしやすい:Instagramは、コメントやダイレクトメッセージを通じて、ユーザーと直接コミュニケーションを取ることができます。
  • 低コストで始められる:広告費用を抑えながら、効果的なマーケティング活動を行うことができます。

Instagramのデメリット

  • BtoB企業には不向き:Instagramは、BtoC向けのSNSです。テキスト情報が少なく、複雑な商材には向いていません。BtoB企業は、他のSNSの方が効果的かもしれません。
  • 目立つことが課題:インスタグラムにはたくさんのコンテンツがあるため、目立つことが難しくなってきています。優れたデザインだけでなく、卓越したデザインが求められています。
  • 視覚的でない商売には不向き:視覚的に訴求しにくい商品やサービスの場合は、Instagramで効果を出すのが難しい場合があります。

投稿寿命と投稿頻度

  • インスタグラムの投稿寿命は、48時間程度と言われています。「いいね!」の数によってコンテンツが優遇されます。
  • インスタグラムの投稿頻度は、週に3~5回程度、インスタグラムストーリーズ は1日2回の投稿がおすすめです。インスタグラムに頻繁に投稿することで、Exploreフィードに表示されたり、他のアカウントで紹介されたり、よく使うキーワードの検索結果の上位に表示されたりする可能性が高まります。

Instagramと相性がいい企業

  • ファッション、グルメ、旅行、美容、インテリアなど、ビジュアル的に魅力的な商品やサービスを提供する企業
  • 20~30代の女性をターゲットとする企業
  • ブランドイメージを重視する企業
  • ユーザーとのコミュニケーションを大切にする企業

運用ポイント

  • ビジュアルストーリーテリングに重点を置く:Instagramは、視覚的に訴求力のあるコンテンツが求められます。近年は動画投稿が重要になっており、ショート動画でユーザーを魅了しましょう。
  • 適切なハッシュタグを活用する:適切なハッシュタグを利用することで、より多くのユーザーに投稿を見てもらうことができます。
  • CVにつながる導線作り:プロフィールや投稿に、商品ページや問い合わせ先へのリンクを貼りましょう。
  • ストーリー機能を活用する:リアルタイムな情報発信や、キャンペーン告知などにストーリー機能を活用しましょう。
  • 検索ツール:競合分析を行うための無料のソーシャルメディア検索ツールとしても利用できます。
  • 外部リンク:ストーリーズでリンクステッカーを作成できます。また、フォロワーにあなたのプロフィールにあるリンクから詳細を見るように促すことができます。
  • 分析ツールを活用:どのキャンペーンが最も効果的か、どの投稿が最もパフォーマンスが高いか、どのストーリーが最もフォロワーのエンゲージメントにつながるかを判断することができます。

インスタグラム広告

Instagramには、様々な広告フォーマットがあります。

  • フィード広告:ユーザーのフィードに表示される広告
  • ストーリー広告:ユーザーのストーリーに表示される広告
  • リール広告:短い動画に表示される広告
  • エクスプローラー広告:ユーザーの興味関心に基づいて、エクスプローラータブに表示される広告

インスタグラム広告は広告のように感じず、ユーザーにとって関連性のあるコンテンツのように感じられるのが特徴です。

インスタグラムのインフルエンサー

アパレル・ファッション、美容、グルメ、フィットネス系を中心に「インスタグラマー」と呼ばれるインフルエンサーが活躍しています。

インスタグラムのアルゴリズム

インスタグラムの投稿表示は、利用者一人ひとりに合った情報を提供しています。当初、インスタグラムは画像を時系列に並べるだけでした。現在では、アプリの各部分(フィード、ストーリーズ、リール、エクスプローラー)が独自のアルゴリズムを使って人々のコンテンツを支援しています。

インスタグラムは、ユーザーを惹きつけるコンテンツを促進したいと考えています。より多くのユーザーを満足させ、プラットフォームをスワイプさせ続ければさせるほど、ビジネスにとって有利になります。

フォロワーがいいね!を押したり、閲覧したり、コメントしたりする内容はアルゴリズムに影響を与えます。しかし、同じくらい重要なのは、彼らが「いいね!」を押さないこと、見ないこと、コメントしないことです。すべての交流が、アルゴリズムへのシグナルとなります。

インスタグラムのまとめ

ターゲット顧客が40歳未満で、ライフスタイル、eコマース、ビジュアルを多用するビジネスを経営しているなら、コンテンツマーケティング戦略の中でインスタグラムを優先すべきです。

ピンタレストのマーケティング戦略

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterestはインスピレーションに焦点を当てたコンテンツキュレーションのプラットフォームです。世界中に870万人の月間アクティブユーザーを持ち、2013年に日本上陸を果たしました。「暮らしをさらに豊かにするひらめきの発見と実現をサポートすること」がミッションです。

ユーザーはボードを作成してピンを整理したり、他のユーザーやボードをフォローしてキュレーションされたコンテンツを楽しんだり、プラットフォームの検索機能を使って幅広いアイデアを探したりすることができます。ピンタレストの機能には、ユーザーの好みやエンゲージメント履歴に基づいてパーソナライズされたおすすめ情報を表示するインテリジェント・フィードが含まれます。

特に、25~34歳の女性ユーザーが多く、レシピ、家のインスピレーション、ファッションなどに関するアイデアを探すときに利用します。

Pinterestの特徴

Pinterestで目にするコンテンツの種類は「ピン」と呼ばれ、ボードに保存すると、好きなものの画像をボードにピン留めするようなものだ。97%のユーザーは、特に解決策を見つけるためにPinterestを利用しています。

  • 画像や動画をピンと呼ばれるブックマークとして保存。PinterestのピンはFacebookの「いいね!」よりも価値があるとも言われている
  • インスピレーションや芸術的創造性を求めて利用されることが多い
  • 検索可能なコンテンツに最適です。人々はPinterestを使って雑談をしたり、お互いの服装や休日の写真にコメントしたりはしません。
  • 85%のユーザーがモバイルアプリからアクセス

Pinterestの魅力

  • 高いエンゲージメント: ピンタレストのユーザーは、TwitterやFacebookと比較して、より多くの時間をこのプラットフォームに費やすことが知られています。
  • 費用対効果: 広告費用を抑えながら、効果的なプロモーション活動が行えます。
  • ブランド認知度向上: 世界のトップ100ブランドのうち93ブランドがPinterestにアカウントを持っています。
  • サイトトラフィック増加: Pinterestは、他のすべてのソーシャルネットワークの合計よりも多くのトラフィックを牽引します。
  • ピンの寿命が長い:投稿したピンは長期間にわたってユーザーに閲覧されます。

Pinterestのデメリット

  • 限られた操作性:写真が含まれていない限り、ピンタレストで情報を共有することはできません。また、あなたが望まない場所にコンテンツが拡散してしまう可能性もあります。
  • Googleアルゴリズムの影響を受けやすい:アルゴリズムの変更により、検索結果が変動する可能性があります。
  • ビジネスの広がり方:ソーシャルネットワーキング向けの柔軟性はほとんどありません。
  • 完全に自動化するのは難しい:事前にピンのスケジューリングをして時間を節約することは難しいといえます。
  • 日本企業の導入率が低い:まだ多くの企業がPinterestを活用できていない状況です。また、Pinterestのユーザーベースは主に女性であるため、男性オーディエンスをターゲットにしたビジネスのリーチが制限される可能性があります。

Pinterestの機能

  • ピン:画像や動画を保存するための単位です。
  • ボード:テーマごとにピンを整理できます。
  • ホームフィード:ユーザーの興味関心に基づいたピンが表示されます。
  • 写真に特化した検索エンジン:Pinterestでは、あなたのブランドやビジュアルに関連するキーワードがより大きな価値を持ちます。なぜなら、ユーザーは、ハッシュタグではなく、キーワードで検索するからです。

Pinterestの活用例

  • 商品画像や動画をピンして、商品詳細ページへ誘導
  • レシピやDIYなど、役立つ情報をピンして、ブログ記事への誘導
  • イベント情報やキャンペーン情報などをピンして、認知度向上

Pinterest運用におけるポイント

レシピのアイデア、インテリアのインスピレーション、DIYハック、メイクアップ、着こなしのスタイルなどを画像で検索していき、画像をクリックすると、関連するウェブサイトのページにリダイレクトされます。

  • ターゲット層に合わせたコンテンツ: Pinterestは、ブランドの個性を真に投影するのに最適なプラットフォームです。ピンタレストからの購入者は、ツイッターやフェイスブックからの購入者に比べ、1回の買い物で平均2.5倍多く消費しています。
  • 高品質な画像・動画: Pinterestはモバイルデバイスで利用されることが多いため、縦長のコンテンツを作成することが推奨されます。
  • キャプションにキーワードを入れる: 最適化されたタイトルを使えば、ユーザーは欲しいコンテンツを簡単に見つけることができ、ブランドはユーザーの特定の問題を解決するための信頼できる情報源として自らをアピールすることができます。
  • 定期的な投稿: Pinterestは一貫性がすべてです。オーディエンスに興味を持たせ、リピーターになってもらうためには、新しいコンテンツを頻繁に、ピンしましょう。ピンの説明とソースに、あなたのウェブサイトへのリンクをお忘れなく。
  • プロフィールを最適化する:Pinterestのプロフィールは、潜在顧客やフォロワーがあなたのブランドに抱く第一印象となります。経歴やボードの説明文に関連キーワードを使い検索に強いプロフィールにしましょう。

投稿寿命と投稿頻度

  • Pinterestの投稿寿命は、3ヶ月程度と言われています。すぐに結果が出るわけではありません。しかし、結果が出れば、トラフィックは急増し、その結果は長期にわたります。
  • 少なくとも週1回の投稿がおすすめです。Pinterestは、頻度よりも質と関連性が重要です。InstagramやTikTokのようなプラットフォームとは異なり、拡散がゴールではありません。

Pinterestと相性の良い企業

Pinterestはインスピレーションとクリエイティビティを重視するため、このニーズを満たすコンテンツを作成できる企業は、多くのエンゲージメントを獲得できるはずです。Instagramと似ていますが、Instagramより少し年齢層が高く、80%が女性です。

  • 小売店・オンラインショップ:商品画像や動画を投稿することで、購買意欲を高めることができます。
  • ファッション・美容・インテリア・食品などのブランド:視覚的に訴求力のある商品を扱うブランドに最適です。
  • 旅行ブランド・観光地:美しい風景や旅の思い出をピンで共有できます。
  • 健康ビジネス:健康的なレシピや運動方法などをピンで共有できます。

Pinterest広告

企業はビジネスプロフィールを作成し、製品をピン留めし、スポンサーピンや広告を通じてユーザーを惹きつけることができます。Pinterestでは、あなたが提供するものに全く興味のない人にコンテンツを見せることはありません。Pinterestのユーザーは特定の何かを探しているので、購入する準備ができています。

Pinterestの広告のコンバージョン率は、1.5%~8%と言われています。低いように見えるかもしれませんが、実際にはかなり高い方です。

企業公式アカウント作成

無料で作成でき、企業情報や商品情報を掲載できます。新しいランディングページを試したり、特定の何かを宣伝したい場合、簡単にテストすることができます。Pinterestから来る紹介トラフィックは、YouTubeやTwitterのようなサイトから来るトラフィックを上回っています。

Pinterestのまとめ

Pinterestは正しい使い方をすれば、非常に強力なマーケティングツールになります。Pinterestはショッピングのプラットフォームとして非常に人気があり、64%のPinnerがPinterestで買い物をすると答えています。また、統計によると、ピナーは自分がピンしたものを購入する可能性が7倍高く、ピンタレストのプレゼンス構築が企業にとっていかに価値があるかを示しています。もしあなたの主要顧客が45歳以下の女性であれば、あなたにぴったりかもしれません。

Lineのリピーター戦略

LINE(ライン)

月間アクティブユーザー9,200万人を誇るLINEは、日本の主要なSNSとして君臨し、20代から50代まで幅広い層に利用されています。「世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めること」をミッションに、2011年のサービス開始以来、知人同士のコミュニケーションツールとして確固たる地位を築き、多くのユーザーにとって欠かせない存在となっています。

LINEのメリット

  • 高い開封率とアクティブ率:LINEのメッセージ開封率は約84%と、他のSNSと比べて非常に高いです。また、ユーザーの1日平均起動回数は10回以上と、非常にアクティブなプラットフォームです。
  • 顧客との密接なコミュニケーション:リアルタイムなメッセージやアンケート機能で、顧客との双方向的なコミュニケーションを実現。
  • 顧客情報に基づいた精緻な情報配信:顧客属性や行動履歴に基づいて、最適な情報を届けることができます。
  • 多様な広告フォーマット:LINEは、テキストメッセージ、音声通話、ビデオ通話など、リアルタイムなコミュニケーションが可能です。

一方、LINEの弱みとして以下の点が挙げられます。

LINEのデメリット

  • 友だち追加が必須:多くの機能を利用するには、ユーザーとの友だち追加が必要となります。
  • 情報量の制限:メッセージの最大文字数は500文字と、長文の情報発信には不向きです。
  • 費用対効果:他のSNSと比べて費用がかかる場合があります。無料プランでは機能に制限があり、効果的な運用には費用がかかります。
  • 拡散力の弱さ:他のSNSと比べて、情報拡散の力は弱いとされています。
  • 情報漏洩リスク:LINEは、個人情報を含むメッセージがやり取りされるため、情報漏洩のリスクがあります。

投稿寿命と投稿頻度

  • LINEの投稿寿命は、短いと言われています。
  • LINEの投稿頻度は、月2〜4回程度がおすすめです。

LINEと相性がいい企業

  • リピーター獲得を目指す企業:顧客との直接コミュニケーションが可能なため、リピーター獲得に効果的なツールです。
  • 顧客との密接な関係構築を重視する企業:LINE公式アカウントを活用することで、顧客のニーズや声を直接聞くことができます。
  • 美容院、メーカー、中小企業:比較的費用を抑えながら、効果的なマーケティング活動を実施できます。LINE公式アカウントは無料で作成できますが、より多くの機能を利用するには有料プランへの加入が必要です。

広告に関しては、LINE広告やLINE公式アカウントを活用することで、より効果的なマーケティング活動を実施できます。

LINEのまとめ

LINEは、圧倒的なリーチ力と高い開封率を誇る、企業と顧客との密接な関係構築に最適なSNSプラットフォームです。 特定のユーザーにのみ公開されるクローズ型のSNSだと理解した上で、効果的な運用方法を検討してみましょう。

ビジネス特化型SNS

LinkedIn(リンクトイン)

LinkedInは、月間アクティブユーザー数300万人、20~30代のユーザーが多い、実名・顔出しを原則とするビジネス特化型のSNSです。「世界で働くすべての人のために、経済的なチャンスを作り出す」というビジョンをもとに、2003年にサービス開始以来、世界中のビジネスパーソンが人脈構築や情報収集、ビジネスチャンスの獲得に活用しています。

キャリア志向のつながりを促進することを目的としており、ユーザーは自分のスキルや実績を紹介するプロフェッショナルなプロフィールを作成することができます。ユーザーはグループに参加し、自分の業界や興味に関連するディスカッションに参加することで、ネットワークを強化することができます。

LinkedInのメリット

  • ビジネス特化型:特にキャリア志向の人たちや成長志向の人たちを対象としています。
  • 人脈構築:ユーザーは、自分の分野に関連する組織に参加したり、同僚、クライアント、ビジネスパートナーとつながることができます。企業ページでは、企業文化、製品、サービスを紹介することができます。
  • BtoBマーケティング: LinkedInは、BtoB企業にとって最適なマーケティングツールです。ターゲティング広告やコンテンツマーケティングなど、様々な方法で潜在顧客にアプローチできます。
  • 情報収集:業界ニュースや専門家による記事など、ビジネスに役立つ情報を収集できます。
  • 採用活動:優秀な人材を探すための有効な手段です。求人情報を掲載したり、ヘッドハンティングを行ったりすることができます。

LinkedInのデメリット

  • 日本での普及率:LinkedInは、日本ではまだ普及率が低いと言われています。
  • フォーマルな交流:LinkedInは、カジュアルな交流には向いていません。投稿を書く際は、他のソーシャルメディアよりもはるかにフォーマルな言葉遣いになります。
  • 拡散性がない:LinkedInは、他のSNSと比べて拡散力は低いと言われています。
  • 洞察は有料:他のプラットフォームとは異なり、ユーザーや潜在顧客に関する洞察は有料です。

運用時のポイント

  • プロフィール充実:あなたの経歴が明確であればあるほど、あなたの理想とする顧客の注意を引き、共鳴する可能性が高くなります。
  • ターゲット層に合わせた投稿:洞察力のある記事を作成し公開することで、自社ブランドをその分野のソートリーダーとして位置づけることができます。
  • グループ参加:業界や興味関心に関するグループに参加しましょう。世界200カ国に10億人以上の会員がおり、6,800万社以上の企業がLinkedInで存在感を示しています。
  • 積極的に交流:毎日ログインしているユーザーは16%に上ると推定されています。コメントやメッセージを通じて、人脈を広げることができます。
  • 外部リンク:キャプションに直接リンクを貼ると、クリック可能な画像付きのリンクプレビューが自動的に生成されます。キャプションからリンクを削除し、リンクプレビューだけを残すことができます。

投稿寿命と投稿頻度

  • LinkedInの投稿寿命は、14 日と言われています。LinkedInのコンテンツは、長い間ユーザーのフィードに表示されます。誰かがあなたの投稿につながろうとすると、その人のコネクションのニュースフィードに表示されるためです。
  • LinkedInの投稿頻度は、1日1回程度がおすすめです。ここでは量よりも質が重要なので、タイムリーで関連性のある、魅力的なコンテンツを作ることが重要です。

LinkedInと相性がいい企業

  • BtoB商材を扱っている企業
  • 採用活動を積極的に行っている企業
  • 海外市場への進出を検討している企業

LinkedIn広告

LinkedIn Adsプラットフォームでは、業種、職種などの条件に基づいて特定の層をターゲットにすることができます。

  • テキスト広告: 検索結果やニュースフィードに表示される広告
  • ディスプレイ広告: サイドバーや記事中に表示される広告
  • 動画広告: ユーザーのフィードに表示される動画広告
  • スポンサーメッセージ: 潜在顧客に直接メッセージを送信できる広告

リンクトインのまとめ

LinkedInは、リクルーターと求職者の両方に人気のあるウェブサイトです。求職者はリクルーターと交流することができ、雇用主は求人情報を掲載し、可能性のある見込み客を探すことができます。

全体として、LinkedInは他のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームと比べ、ビジネス向けの機能を備えているため際立っており、人脈作りやキャリアアップを目指す人々や組織にとって有益なリソースとなっています。

Threadsの特徴

Threads(スレッズ)

Metaが2023年7月にサービスを開始したThreads(スレッズ)は、Instagramの写真やビデオ共有機能をテキストに拡張し、ユーザーが創造的かつ積極的に自分のアイデアを表現できる場を提供するアプリです。Threadとは糸という意味のほか、投稿の集まりという意味もあります。

マーク・ザッカーバーグによると、スレッズはインスタグラムのチームによって作られた新しいアプリで、テキストのアップデートを共有したり、公共の会話に参加したりするためのものだそうです。

Threadsの特徴

  • 世界で1億3,000万人のアクティブユーザー: Threadsは多くのユーザーに利用されています。
  • テキストが中心のSNS: Threadsはテキストを重視したアプリで、簡潔なメッセージを投稿できます。リアルタイムの更新を目的として設計されているため、ニュースやイベント、最新情報をすぐにオーディエンスと共有したいビジネスにとって有益です。
  • 20代の割合が高い: 特に20代のユーザーが多く、流行に敏感な層が利用しています。
  • シンプルなインターフェース: スレッドは、長文のコンテンツを書く場所ではありません。短く、キャッチーで、考えや知恵を共有することで、オーディエンスの共感を得ることができます。
  • Instagramと連動: インスタグラムのユーザーネームを使い、スレッドでもインスタグラムと同じアカウントをフォローすることができます。
  • 有機的な会話: オーガニックな会話を推奨しているため、コミュニティとのエンゲージメントを高め、より深いつながりを構築しやすくなっています。コメントに返信したり、会話を始めたりすることで、エンゲージメントの高いオーディエンスを作り出すことができます。
  • ビジネスオーナー向け: ブランドを中心としたコミュニティを構築し、顧客とつながったり最新情報を共有したりできます。

Threadsができること

  • スレッドに「いいね!」する(ツイートと同等)
  • スレッドにコメントする
  • 位置情報の共有: Threadsユーザーは親しい友人と位置情報を共有できます。これは、待ち合わせを計画したりするのに便利です。
  • 消えるメッセージ: Threadsのユーザーは、既読後に自己削除される消えるメッセージを送ることができます。
  • スレッドを引用リポストする
  • 名前でアカウントを検索
  • ユーザーをフォローし、フォローしてもらう
  • フィードを時系列で表示する

Threadsができないこと

  • ハッシュタグなし
  • トレンドなし
  • ユーザー検索しかできない
  • スレッドには広告が表示されない
  • Instagramのアカウントがないと登録できない
  • 投稿後の内容変更
  • ライブ配信
  • ダイレクトメッセージを送る
  • 保存・ブックマーク
  • デスクトップでスレッドにアクセス
  • Instagramでブロックしたアカウントは、Threadsでも自動的にブロックされてしまう。

Threadsに参加するかどうかは、このプラットフォームが自社のビジネス・ゴールとどのように合致するか、また既存のマーケティング戦略を補完するかどうかを慎重に評価した上で決定すべきででしょう。

Threadsとツイッターの違い

  • Threadsは500文字までの投稿が可能で、考えや意見を共有するために設計されています。また、10枚までの写真と、5分以内の動画も投稿できます。

Threadsの運用方法

  • いいねやリツイートを増やす
  • フィードで見た投稿の数を増やす
  • 滞在時間を伸ばす
  • リプライを集める
  • プロフィールがクリックされた回数を増やす
  • Instagramのファンを増やす
  • フォロワーを獲得する

ツイッターの他の代替ツール

イーロン・マスクがツイッターを買収後、ツイッターの従業員は解雇され、技術的な問題が発生していました。ユーザーは、Mastodon、Bluesky、Truth Social、T2といった代替サービスを探していましたが、スレッドに比べると比較的小規模にとどまっています。

現在、Threadsに広告はありません。コンテンツが収益化されるのは、ユーザー数が10億人に達した後とされています。

Threadsのまとめ

ビジネス・オーナーにとってのThreads参加のメリットは、オンラインプレゼンスを拡大し、より多くの人々とつながりを持ちたいと考えている企業にとって、スレッドに参加することは画期的なことです。ビジュアルコンテンツにも重点を置いているため、企業は自社の製品やサービスを視覚的に魅力的かつ魅力的に紹介することができます。

特に登録する前に知っておくべきことは、Threadsは現在、既存のInstagramアカウントも削除した場合のみアカウントを削除できるということです。

今のところ、インスタグラム・スレッドには、X(旧ツイッター)にあるハッシュタグ、トレンドトピック、編集、アプリ内メッセージ機能はありません。また、Threadsではユーザー名とアカウント以外の検索はできません。Threadsのアルゴリズムはまだ進化中であり、これらの要素は時間の経過とともに変化するでしょう。

SNSの拡散性
X(Twitter)
10
TikTok
10
YouTube
3
Instagram
3
Facebook
2
LinkedIn
2
Pinterest
2
LINE
1

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。各プラットフォームには、コンテンツのフォーマット、投稿頻度、最適化のためのテクニックなど、独自のルールがあります。

まずは、ソーシャルメディアの取り組みを通じてあなたが何を達成したいかを明確にしてみてください。ソーシャルメディアにおける企業の一般的な目標には、次のようなものがあります。

SNS活用の目的
ブランド認知度の向上
68%
販売促進
59%
顧客エンゲージメント(信頼性)の向上
42%
見込み客の創出
26%
採用活動
20%
ウェブサイトへの誘導
14%

すべてのソーシャルメディアプラットフォームがすべてのビジネスに適しているわけではありません。各プラットフォームにはそれぞれ独自の特徴やユーザー層があるため、ターゲット顧客やビジネスの目的に沿った適切なプラットフォームを選ぶことが重要です。

SNS活用状況(業種別)
小売
69%
サービス
48%
卸売
41%
建設
35%
製造
33%
運輸・倉庫
29%
不動産
29%

また、各プラットフォームが提供するソーシャルメディア分析ツールを利用することで、データを取得し、トレンドやパターン、見込み客の共感を得るコンテンツの種類を特定することができます。

これらの洞察に基づいて、パフォーマンスの高いコンテンツに焦点を当て、投稿頻度を調整し、異なるフォーマットを試し、特定の見込み客のセグメントをターゲットにすることで、コンテンツ戦略を洗練させることができます。

ソーシャルメディアのプラットフォームは、常にアルゴリズムを更新し、新機能を追加し、つながりのルールを変えています。昨年うまくいったことが今年はうまくいかないかもしれないですし、今日うまくいったことが明日には時代遅れになるかもしれません。

私たちがどのようにあなたのブランドを構築を構築し、ビジネスを成長させることができるか、ぜひご相談ください。当社のエキスパート・チームがお手伝いします。

ソーシャルメディアの長所と短所