Your Cart

レドンダ広場の蚤の市 / Rastro de Plaza Redonda

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

約200年の歴史を持つバレンシアのレドンダ広場

毎週日曜日の朝には、レドンダ広場とメルカド・セントラルの周辺に露店が並び、いろいろなものを買うことができます。メルカド・セントラル周辺には、陶器、パエリア鍋、土産物などがたくさんあります。

3.6 TOTAL SCORE

レドンダ広場の蚤の市

インスタグラム

バレンシアらしい陶磁器がたくさんあります。ここで売られているのは、あらゆる種類の雑貨、特にアクセサリー類で、レンガ製品も多く、お土産物や奇抜なものもたくさんあります。


出店数 1
満足度 4
滞在時間 3
お宝発見度 5
リピート率 5
良い点
  • 主に衣料品や布地が取引される
  • 値段も安い
注意点
  • 混雑する
  • 規模は小さめ

 

もしあなたが、隠れた掘り出し物を探すのが好きで、中古品やお手頃価格のものが好きなら、ぜひバレンシアのラストロを訪れてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

police_villages(@police_villages)がシェアした投稿

バレンシアの多くの露店は、市営市場とともに運営されており、その建築様式と美しさは、観光名所であり、街の遺産でもあります。

1837年にサルバドール・エスクリグによって建設されたこの建物は4階建てで、1階は繊維製品や陶磁器の販売に使用され、上階にある他の3階は住居として使用されていました。

バレンシアの古い蚤の市です。直訳すると、レドンダ広場は「丸い広場」という意味で、噴水を囲むように店舗が立ち並び、通りすがりの人々がその輪をくぐって店舗にアクセスできることから、この名前が付きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emilio Oliver(@emilio_oliverb)がシェアした投稿

この広場は、円形の核を形成する様々な大きさの34の建物に囲まれています。レドンダ広場は、バレンシアの地元住民の間では主に「エル・クロット(穴)」と呼ばれています。これは、半分が屋根で覆われ、真ん中に丸い穴が開いているためです。レドンダ広場へは4つの通りから行くことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gemmatrial(@gemmatrial)がシェアした投稿

天井は金属製の幾何学的な形とカラフルな装飾で見事で、天井には美しいドームがあり、壁にはモザイク画が描かれています。

円形の広場で、陶器などの土産物を中心に、工芸品店、タパスバー、露店などが軒を連ね、毎日午後8時まで営業しています。しかし、日曜日には店は閉まり、レドンダ広場でラストロの蚤の市が開かれ、広場は活気づきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miguelmat(@miguelmatmnavarro)がシェアした投稿

また、狭い路地や通りは、音楽、絵画、本、皮革製品に加え、切手、コイン、コレクターズアイテムの露店で完全に埋め尽くされます。近代的なものはここにはなく、半世紀前の生活を忠実に反映しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toni Maties(@amaties06)がシェアした投稿

この広場は、港からクルーズ船でやってくる外国人が多い観光客や、レース作り、ボビンレース作り、刺繍などの講習会やワークショップに参加する地元の人たちの出会いの場となっています。掘り出し物を見つけるには、早めのスタートが必要でしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@anajorroがシェアした投稿

また、バレンシアならではの土産物や衣料品なども豊富に揃っています。活気ある雰囲気とフレンドリーな売り子で知られるこの市場は、散策やショッピングを楽しめる場所です。

脇道には、コーヒーや飲み物、日差しを浴びながらタパスを味わうこともできるバルやレストランがあります。

レドンダ広場ののYoutube動画

基本情報

名前 レドンダ広場の蚤の市 / Rastro de Plaza Redonda
開催日 毎週日曜日
時間 8 a.m. – 2 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 コレクターズブック、切手、コイン、ステッカー、アルバム、絶版や廃盤になったレコード、楽譜、ポスター、版画
住所 Plaza Mercado, 46001 Valencia
詳細 インスタグラム

地図

スペイン・バレンシアのエル・メルカート地区にあります。バレンシアの中心部に位置し、地元の人々にも観光客にもアクセスしやすいところです。メトロ・バレンシア(MetroValencia):4番線、7番線。電車:C-1号線、C-2号線。



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

フェリア通りの木曜市 / Mercadillo el Jueves sevilla
スペイン最古の露店市 セビージャの首都のフェリア通りで開かれるフリーマーケット。アラブ時代にも露店があり、それが通りの名前の由来になっています。あなたは骨董品屋さんや中古品を扱う露店を見て回るのが好きですか?もしそうなら、セビージャの有名な木曜市は見逃せません。 [editorial-rating ...
エルス エンカンツ / Els Encants, Barcelona
バルセロナ最大のフリーマーケット サグラダ・ファミリアから徒歩15分の必見スポット。週に約10万人が訪れます。骨董品、衣料品、テキスタイルに興味があるなら、絶好の場所です。 [editorial-rating ...
「MWC」スペインのバルセロナで開かれるモバイル見本市
新たなトレンドを定義する展示会 毎年、スペインのバルセロナで開かれるモバイル・ワールド・コングレス(MWC)は、技術通信・接続部門の業界団体であるGSMAが主催する国際的な業界イベントで、モバイル業界関係者が年に1度集まる5日間のイベントです。 [editorial-rating ...
ナバセラーダの蚤の市 / El Rastro de Navacerrada
マドリード・シエラを代表する蚤の市 マドリッドの喧騒から遠く離れたバザールで、村の入り口にある、山々の美しい景色を見渡せる大きな広場に、修復された家具から絵画、おもちゃ、ビニール、食器、時計など、あらゆる種類のものが100以上の露店に並びます。マドリード地方で、隠れたお宝を探すのが好きな方には、手頃な価格で手に入るので、お勧めのマーケットです。 [editorial-rating ...
アストゥリアス見本市 / Desembalaje Asturias
スペインで最高の蚤の市 毎年ヒホンで開催される見本市。スペインの様々な都市で開催される巡回見本市です。装飾品、収集品、アンティークの大規模な展示・販売フェアで、ヴィンテージやレトロの愛好家だけでなく、家族連れやあらゆる年齢層の来場者が楽しめます。 家具、装飾品、カメラ、本、切手、コインなど、少なくとも40年以上前の作品が5万点以上展示されます。 [editorial-rating ...
フエンヒローラ蚤の市 / El Rastro, Fuengirola
マラガ近郊で最大級の蚤の市 コスタ・デル・ソルの蚤の市。週に3回開かれますが、最も多くの中古品、ビンテージ品、アンティーク品が並ぶのは土曜日の開場です。掘り出し物が見つかることもあるので、一度覗いてみる価値はあります。 [editorial-rating ...
メルカンティック / Mercantic
バルセロナの郊外にある巨大な蚤の市 バルセロナ郊外のちょっとおしゃれな街、サンクガットにある蚤の市。火曜日から日曜日まで開かれる常設のマーケットで、アンティーク、芸術品など、多彩な品揃えで知られています。 地元の人々や観光客が入り混じるマーケットで、約15,000平方メートルの敷地に200以上の業者が出店。ナウ・セントラルとレ・カセテスの2つのエリアに分かれています。ナウ・セントラルは工業用ナウを修復したもので、レ・キャセテは様々な色に塗られた絵のように美しい木造の小屋で構成され、約100の商人が住んでいます。 この投稿をInstagramで見る Mercantic(@mercanticsantcugat)がシェアした投稿 この蚤の市は毎週日曜日(8月を除く)に開かれ、90の常設業者がビンテージの小物、アンティーク、家具、アートを販売しています。 [editorial-rating ...