Your Cart

上海で絶対に外せない観光スポット20選

上海の観光スポット20選

上海観光ガイド:歴史と未来が交差する20の必見スポット

中国最大の都市で、世界的な金融の中心地である上海は、近未来的なスカイラインと豊かな文化遺産が融合したユニークな街です。このダイナミックな大都市は現代中国の縮図であり、そびえ立つ高層ビルや賑やかな街並みと、古刹や静かな庭園が共存しています。

歴史愛好者にとっては、古い建築や博物館で中国の過去を感じ取ることができ、買い物好きにはナンキンロードや田子坊といったエリアで最新のファッションやユニークなアイテムを楽しむことができます。

さらに、グルメな方々には、世界各地の料理が楽しめるレストランや地元の美食が待っています。そんな活気溢れる上海を満喫するために、訪れるべきベスト20のスポットを厳選してご紹介します。

これらのスポットは、上海の魅力を余すことなく体験できる場所ばかりです。歴史と未来が交錯するこの街で、あなたの旅が素晴らしいものになるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MeetinShanghai(@meetinshanghai)がシェアした投稿

外灘(ワイタン)

上海を代表する観光地、外灘(ワイタン)。黄浦江沿いに広がる歴史的なウォーターフロントエリアは、古き良き時代の面影を残す建築物と現代的な洗練さが融合した、魅力あふれる場所です。

外灘は、新古典主義、ゴシック、バロック、アール・デコなど、様々な西洋建築様式を取り入れた52の歴史的建造物が立ち並ぶエリアです。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、上海が国際貿易の中心地として栄えた時代の面影を残しています。

代表的な建物としては、アジア・ビルディング、ユニオン・ビルディング、旧HSBCビルディングなどがあります。これらの重厚な建物は、上海の植民地時代の歴史と、国際金融都市としての発展を今に伝えています。

外灘は、上海のシンボルとして広く知られています。外灘の歴史的な建造物と、対岸の浦東にそびえ立つ近代的な高層ビル群の対比は、上海の伝統と現代が見事に融合した、圧巻の景観を生み出しています。

特に夜は、ライトアップされた外灘と浦東の夜景は、訪れる者を魅了してやまないでしょう。この象徴的な景色は、写真家にとっても人気撮影スポットとなっています。

外灘の魅力のひとつは、黄浦江沿いに整備されたリバーサイド・プロムナードです。ここから眺める黄浦江と浦東の景色は、まさに絶景です。

日中は、上海の活気あふれる街並みを眺めながら散策を楽しむことができます。夜はライトアップされた景色がロマンチックな雰囲気を醸し出し、カップルにも人気のスポットです。

外灘は、古くから上海の文化・社交の中心地として栄えてきました。1920年代から1930年代にかけては、社交場、ナイトクラブ、ジャズクラブなどが立ち並び、華やかな時代を過ごしました。

現在も、外灘には高級ホテル、レストラン、バーなどが軒を連ね、洗練された雰囲気を漂わせています。また、様々な文化イベントやフェスティバルも開催され、活気あふれる場所となっています。

外灘の歴史や建築について詳しく知りたい方には、ガイド付きツアーがおすすめです。ツアーでは、外灘橋から和平飯店、税関、上海浦東発展銀行の建物など、主要な建造物を巡りながら、それぞれの歴史や背景について解説してくれます。

歴史を感じながら散策することで、外灘の魅力をより深く味わうことができます。

外灘は、上海の中心部に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。また、周辺には南京路、豫園、上海博物館などの人気観光スポットも徒歩圏内にあり、観光拠点としても便利です。

外灘には、歴史的な建造物を改装したレストランやバー、高級ホテルなども立ち並んでいます。歴史を感じながら食事を楽しんだり、優雅な時間を過ごしたりすることもできます。

歴史、文化、建築、そして現代的な魅力が融合した外灘は、上海を訪れるならぜひ訪れたい場所です。

散策、観光、グルメ、ショッピングなど、様々な楽しみ方ができる外灘は、上海の魅力を凝縮した場所と言えるでしょう。

外灘を訪れて、上海の過去、現在、そして未来を感じてみてはいかがでしょうか。

豫園(よえん)

上海の中心部に位置する豫園(よえん)は、明代に造られた美しい庭園と周辺の活気あふれる商業施設が一体となった、上海屈指の人気観光スポットです。

1559年に明代の官僚であった潘允端によって造られた豫園は、その名が示すように「安らぎと慰め」の場として両親に贈られました。幾世紀にもわたる歴史の中で、太平天国の乱などの歴史的事件の舞台にもなってきた豫園は、中国の歴史と文化を肌で感じられる貴重な場所です。

豫園の庭園は、風水の原則に基づいて設計されており、非対称なレイアウトや自然と人工的な要素の調和が特徴です。装飾的なホール、精巧なパビリオン、きらびやかな池、ジグザグの橋、アーチ、印象的な岩屋など、細部までこだわった造りは、見る者を魅了します。

必見スポット

  • 玉玲瓏(ぎょくれいろん):重さ5トンもの巨大な奇岩。明朝の皇帝のために造られたと伝えられています。
  • 大假山(だいぎゃざん):高さ14メートルの大岩屋。庭園全体を見渡せる絶景スポットです。
  • 三水会館(さんすいかいかん):歴史的な儀式や集まりに使用されていたパビリオン。
  • 万華亭(ばんかてい):樹齢400年の銀杏の木が印象的なパビリオン。
  • 殿春堂(でんしゅんどう):小刀会の拠点として歴史的に重要な役割を果たした場所。

豫園周辺には、豫園商城と呼ばれる活気あふれる商業施設があります。宝石、絹織物、骨董品、地元の軽食などを扱う店が軒を連ね、ショッピングやグルメを楽しめます。また、豫園では、花展、書道展、絵画展など、様々な文化イベントも開催されています。

豫園は、上海地下鉄10号線や14号線などの公共交通機関で簡単にアクセスできます。外灘、南京路、城隍廟などの主要観光スポットにも近いことから、上海観光の拠点としても最適です。

豫園は、上海の喧騒から離れ、静寂の中で中国の伝統的な造園や建築を鑑賞できる貴重な場所です。美しい庭園を散策すれば、日頃の疲れを忘れ、心身ともにリフレッシュすることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇨🇳 CHINA 🇨🇳(@now.china)がシェアした投稿

上海タワー

上海タワーは、中国上海市に位置する超高層ビルで、高さ632メートルを誇ります。これは中国で最も高く、世界で2番目に高いビルです。その圧倒的な存在感と革新的な建築技術、多様な魅力から、上海を訪れる観光客にとって人気のスポットとなっています。

上海タワーは、中国の経済発展と技術革新の象徴として建設されました。その高さは、中国の誇りを示すだけでなく、世界中の建築関係者から注目を集める、まさにエンジニアリングと建築の偉業と言えるでしょう。

上海タワーの最大の魅力は、その眺望です。地上561.25メートルにある121階の展望台からは、上海の街並みを360度のパノラマビューで楽しむことができます。晴れた日には、遠く浦東の景色まで一望することができます。

上海タワーには、世界最速のエレベーターが設置されています。最高時速74キロメートルという驚異的な速度で、展望台まで一気に上昇することができます。エレベーター内からの景色もまた格別で、上海の街並みがみるみるうちに小さくなっていく様子を体感することができます。

上海タワーは、環境に配慮した設計が施されています。二重構造のガラスファサードや、雨水の収集システム、風力タービンなど、様々な工夫が取り入れられています。これらの取り組みは、高層ビルでありながら環境負荷を低減するという、持続可能な都市開発のモデルとして評価されています。

上海タワーは、単なる展望台ではありません。オフィス、ホテル、レストラン、ショップなど、様々な施設が複合的に設けられています。上海の最新文化や流行を発信するスポットとして、国内外の観光客から人気を集めています。

上海タワーは、上海と中国の経済発展と技術革新のシンボルとして、世界中から注目を集めています。その圧倒的な存在感は、上海の街のランドマークとして、多くの人々の記憶に残るでしょう。

上海タワーは、上海市中心部の陸家嘴金融貿易区に位置しています。地下鉄やバスなどの公共交通機関でアクセスすることができ、上海の他の主要観光スポットへの接続も良い便利な立地です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LACINESE(@lacineseatipica)がシェアした投稿

上海博物館

上海博物館は、中国上海市の人民広場に位置する、古代中国の芸術を展示する総合博物館です。1952年に設立され、1996年に現在の場所に移転しました。博物館の建物は「天円地方」(天は丸く、地は四角い)という古代中国の哲学を象徴する形状を持ち、五階建ての建物には11の常設ギャラリーと3つの特別展示ホールがあります。

上海博物館は、約120,000点の貴重な文化財を所蔵しており、その中には国家的重要文化財も含まれます。特に、古代中国の青銅器、陶磁器、書画、印章、家具、少数民族の工芸品などが展示されています。これらのコレクションは、中国の物質文化の全体像を示すものであり、訪れる人々に深い感動を与えます。

博物館には11の常設ギャラリーがあり、それぞれが異なるテーマに焦点を当てています。例えば、古代中国の青銅器ギャラリー、古代中国の彫刻ギャラリー、古代中国の陶磁器ギャラリー、古代中国の書画ギャラリーなどがあります。これらのギャラリーは、訪れる人々に中国の歴史と文化を深く理解させるための貴重な機会を提供します。

上海博物館は、特別展示ホールを通じて、世界中の美術品や新しい考古学的発見を展示しています。これにより、訪れる人々は中国文化だけでなく、他の文化との対話を楽しむことができます。また、博物館は国際的な文化交流を促進し、他の博物館とのコレクション共有プログラムを実施しています。

上海博物館は無料で入場できるため、多くの観光客にとって訪れやすい場所となっています。ただし、事前に予約が必要です。博物館は上海市の中心部に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスできます。

上海博物館は、1952年に設立され、当初は旧上海競馬場クラブハウスにありました。その後、1996年に現在の場所に移転し、再オープンしました。博物館の建物は、古代中国の哲学を象徴する形状を持ち、その設計は中国の伝統と現代の建築技術を融合させたものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lars Bäumann(@lars.baeumann)がシェアした投稿

東方明珠テレビ塔

上海市浦東新区にそびえ立つ東方明珠塔(トウホウメイジュデンシトウ)は、高さ468メートルを誇るテレビ塔です。1994年に完成以来、上海のランドマークとして多くの人々を魅了し続けています。

東方明珠塔は、大小11個の球体が連なるユニークな外観を持ち、そのデザインは唐代の詩人白居易の詩「琵琶行」からインスピレーションを得ています。夜になるとライトアップされ、さらに幻想的な雰囲気を醸し出します。

東方明珠塔には、地上90メートル、263メートル、350メートルの3つの展望台があります。特に、350メートルの「宇宙モジュール」からは、浦東の高層ビル群や黄浦江の景色を360度のパノラマビューで楽しむことができます。

267メートルの高さにある回転レストランは、上海の景色を楽しみながら食事をすることができる特別な空間です。レストランは2時間で一周し、360度のパノラマビューを眺めながら優雅なひとときを過ごすことができます。

東方明珠塔の中には、上海の歴史を紹介する博物館や、未来都市をテーマにした展示、科学館など、様々な施設があります。また、お土産店やレストランもあり、ショッピングやグルメも楽しめます。

夜になると、東方明珠塔は美しいライトアップで彩られます。特に、黄浦江沿いの外灘から眺める夜景は圧巻で、上海のロマンチックな雰囲気を存分に味わうことができます。

東方明珠塔は、地下鉄2号線「陸家嘴駅」から徒歩圏内にあり、アクセス抜群です。上海の中心部に位置しているため、観光の拠点としても非常に便利です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ShanghaiEye(@shanghaieye)がシェアした投稿

天子坊

上海市の中心部に位置する田子坊(Tianzifang)は、古き良き上海の雰囲気と現代的なアート&カルチャーが融合した、人気の観光スポットです。1930年代に建てられた石庫門(Shikumen)と呼ばれる伝統的な住宅群が残るこのエリアは、上海の急速な発展の中でも独特の魅力を保ち、多くの観光客を魅了しています。

石庫門と呼ばれる伝統的な住宅は、レンガ造りの壁と瓦屋根が特徴的な、上海の代表的な建築様式です。田子坊には、こうした石庫門が数多く残されており、古き良き上海の街並みを歩くことができます。一方で、近年はアートギャラリーやカフェなど、モダンな店舗も増え、伝統と現代が融合した独特な雰囲気が魅力です。

1998年に著名な画家陳逸飛がスタジオを構えたことをきっかけに、田子坊はアートとカルチャーの発信地として発展しました。現在では、国内外のアーティストやデザイナーが作品を展示・販売するギャラリーや、個性的なショップが立ち並び、訪れる人々に新しい発見とインスピレーションを与えています。

田子坊には、地元の工芸品やユニークなファッションアイテムを扱うショップ、世界各国の料理を楽しめるレストランやカフェが軒を連ねています。特に、おしゃれなカフェやバーは、休憩やデートに最適なスポットとして人気です。

夜になると、田子坊は美しいライトアップで彩られます。石畳の路地やレンガ造りの建物がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。特に、カップルや写真愛好家にとって、ロマンチックな時間を過ごすのに最適な場所です。

田子坊は観光地でありながら、地元の人々が実際に生活しているエリアでもあります。そのため、観光客は地元の生活を垣間見ることができ、よりリアルな上海の姿を体験することができます。

田子坊は、地下鉄9号線の打浦橋駅から徒歩圏内にあり、上海市の中心部から簡単にアクセスできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

San Mart(@escapadition)がシェアした投稿

静安寺

上海の賑やかな静安区に位置する静安寺は、7世紀に創建された上海最古の寺院(真言宗)の一つで、その豊かな歴史、美しい建築様式、重要な宗教工芸品、そして現代の都市生活との融合から、上海を訪れる観光客にとって非常に人気のあるスポットとなっています。

静安寺は247年に創建され、上海で最も古く、最も重要な寺院の一つです。長い歴史の中で、幾度となく移転と再建を繰り返し、その姿を変えてきました。文化大革命の際にはプラスチック工場として利用されたり、1972年には火災で全焼したりするなど、激動の時代を乗り越えてきた静安寺は、上海の魂とも言える存在です。

静安寺の建築様式は、伝統的な中国建築とチベット建築の影響が融合した独特なものです。寺院の複合施設には、金碧辉煌な大雄宝殿、威厳のある天王殿、そして上海最大の玉仏坐像が安置されている三聖殿など、見どころ満載です。複雑な木工細工、巨大なチーク材の柱、そして入念に彫られた梁が織りなす様式は、訪れる人々に圧倒的な美しさと精神的な高揚感を与えてくれます。

静安寺には、明代に鋳造された巨大な青銅製の鐘である洪武鐘や、高さ3.8メートルもある中国最大の玉仏坐像など、重要な宗教工芸品が数多く収蔵されています。また、樹齢千年のクスノキから彫られた木彫りの観音像や、その他にも数多くの像や遺物があり、参拝者や美術愛好家を魅了しています。

上海の喧噪の中にある静安寺は、心静かに過ごせる精神的な安らぎの場として、多くの上海市民や観光客に愛されています。瞑想や精神的な内省のための静かな環境を提供しており、都会の速いペースから解放されたい人々に最適な場所です。

静安寺は、上海で最も賑やかな商業街の一つである南京西路に位置しており、地下鉄やバスなどの公共交通機関で簡単にアクセスすることができます。また、寺院の周辺には、上海屈指のショッピングモールやレストランが立ち並んでいるため、観光やショッピングを同時に楽しむこともできます。

古刹である静安寺は、現代の都市生活とも見事に融合しています。寺院の複合施設にはショップやレストランがあり、最近のリノベーションでは、寺院の歴史的・文化的な価値を守りつつ、現代的な設備が追加されています。この新旧の融合により、静安寺は現代的な環境の中で中国の伝統文化を体験できるユニークな観光地となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leonard Kong 강건유(@leonutkong)がシェアした投稿

南京路

上海の中心部を東西に貫く南京路は、世界で最も賑やかで有名なショッピングストリートの一つです。1845年から続く歴史を持つこの通りは、600以上の店舗が軒を連ね、活気あふれるショッピング体験と、上海の息吹を感じられるエンターテイメントの宝庫として、世界中から観光客を魅了しています。

南京路は1845年に小さな路地として始まり、上海の歴史とともに歩んできました。かつては租界として外国人の支配下に置かれ、上海近代史の舞台ともなりました。現在も歴史を感じさせる建造物や老舗店が残っており、ショッピングを楽しみながら、上海の歴史を肌で感じることができます。

南京路は、巨大なショッピングモールから歴史あるデパート、路面店まで、600以上の店舗が立ち並ぶ、まさにショッピングパラダイスです。最新ファッションから伝統工芸品まで、あらゆるニーズに応える品揃えが魅力です。特に、南京東路は老舗デパートや伝統的な飲食店が立ち並ぶエリアとして有名で、上海ならではのお土産探しにも最適です。

南京路は、ショッピング以外にも、活気あふれるストリートライフを楽しむことができます。道行く人々、パフォーマンスを行うアーティスト、ネオン輝く看板など、上海のエネルギーを肌で感じられる空間が広がっています。特に、夜になるとさらに華やかさを増し、ナイトライフを楽しむこともできます。

南京路には、上海料理をはじめ、中国各地の料理を楽しめるレストランが数多くあります。老舗の上海料理店から、モダンなカフェまで、様々なスタイルのレストランが揃っているので、好みに合わせて選ぶことができます。また、上海名物の小吃(軽食)を味わえる屋台もたくさんあるので、食べ歩きを楽しむのもおすすめです。

南京路は、上海の主要な地下鉄路線やバス路線が乗り入れているため、アクセス抜群です。特に、地下鉄2号線と10号線が交差する南京東路駅や、地下鉄2号線、12号線、13号線が交差する南京西路駅が便利です。また、上海の中心部に位置しているので、観光の拠点としても非常に便利です。

南京路は、歴史的な建造物と現代的な商業施設が混在する、独特な雰囲気を持つエリアです。伝統的な上海を感じられる場所と、現代的な都市生活を満喫できる場所が融合しており、訪れる人に新鮮な驚きを与えてくれます。特に、南京東路の歩行者天国エリアは、2000年に再開発され、広々とした歩道と美しい街並みが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@aaron_sbがシェアした投稿

上海ディズニーリゾート

上海の浦東に位置する上海ディズニーリゾートは、2016年6月16日にオープンして以来、瞬く間に国内外の観光客が必ず訪れる上海で最も人気のある観光スポットの一つとなりました。

上海ディズニーリゾートは、「本物のディズニーであり、はっきりとした中国である」ようにデザインされています。このユニークな融合は、パーク内の至る所で見受けられます。例えば、赤い提灯や伝統的な中国建築を取り入れた装飾、アトラクションやエンターテイメントに中国文化の要素を取り入れたショーなどがあります。ディズニータウンでは、伝統的な石庫門建築が上海の独特な遺産を再現し、リウリガラスという伝統的な中国の芸術形式が取り入れられています。

リゾートには6つのテーマランドがあり、それぞれに様々なアトラクション、ショー、体験を楽しむことができます。注目すべきアトラクションには、「トロンライトサイクル・パワーラン」、「パイレーツ・オブ・カリビアン:バトル・フォー・ザ・サンクン・トレジャー」、世界最大のディズニーキャッスルである「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル」などがあります。また、花火、レーザー、プロジェクションを組み合わせた壮大なナイトショー「イグナイト・ザ・ドリーム」も人気です。

上海ディズニーリゾートは、家族連れを念頭に置いて設計されています。パーク内には、子供向けの乗り物やアクティビティが数多くあり、あらゆる年齢層の来場者が楽しめるようになっています。また、授乳やおむつ替えのための静かなプライベートな空間を提供するベビー・ケア・センターなど、小さなお子様専用の施設も充実しています。

リゾートには、上海ディズニーランドホテルとトイ・ストーリーホテルの2つのテーマホテルがあります。上海ディズニーランドホテルは、アールヌーボー様式の装飾、エレガントなレストラン、パークの素晴らしい眺望が特徴の豪華なホテルです。トイ・ストーリーホテルは、ピクサー・アニメーション映画「トイ・ストーリー」をテーマにした、子供から大人まで楽しめるカジュアルな雰囲気のホテルです。どちらのホテルも、家族向けのアクティビティやサービスが充実しており、滞在をより一層楽しいものにしてくれます。

上海ディズニーリゾートは、上海地下鉄11号線が直結しており、公共交通機関でのアクセスが容易です。また、浦東国際空港から車で約40分と、アクセスも良好です。リゾート内には、車やバス、タクシーでのアクセスも整っており、訪れる人々にとって非常に便利です。

リゾート内には、様々なレストランやショップがあります。パーク内のレストランでは、中国料理、洋食、軽食など、幅広い料理を楽しむことができます。特に、上海ディズニーランドホテルの「オーロラ」や、エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル内の「ロイヤル・バンケット・ホール」などの高級レストランは、特別な食事体験を提供します。また、ディズニー限定グッズやお土産を販売するショップも充実しており、訪れる人々にとってショッピングも楽しみの一つです。

上海ディズニーリゾートは、オープン以来、高いゲスト満足度を得ています。魔法のような思い出に残る体験を提供するというリゾートのコミットメントが来場者の共感を呼び、その人気は急速に高まっています。リゾートの革新的なアトラクション、ワールドクラスのエンターテイメント、そして卓越したゲストサービスは、業界団体からも高く評価されています。

上海科学技術博物館

上海市浦東新区に位置する上海科技館(Shanghai Science and Technology Museum)は、2001年12月18日に開館した大規模な科学博物館です。「自然・人間・技術」というテーマのもと、科学の普及を目的としており、国内外の観光客から非常に人気を集めています。

上海科技館の展示は、中国の伝統文化と最新の科学技術が巧みに融合したユニークなものが特徴です。例えば、「中国古代科学技術館」では、中国古代の発明品や科学技術を紹介する展示を見ることができます。一方、「宇宙博覧館」では、宇宙の神秘を探る最新の研究成果を体感することができます。

上海科技館には、単に展示を見るだけでなく、実際に体験できるアトラクションが数多くあります。「地震体験館」では、大地震の揺れをリアルに体感することができます。「4D影院」では、臨場感あふれる映像と立体的な音響効果で、映画の世界に入り込んだような体験ができます。また、IMAX 3DシアターやIMAXドームシアターなど、最新の映像技術を駆使したシアターもあり、訪れる人々に迫力ある映像体験を提供します。

上海科技館は、子供から大人まで楽しめる様々なプログラムを用意しています。「プラネタリウム」では、星空の美しさを満喫することができます。「科学ショー」では、科学の原理を分かりやすく解説したパフォーマンスを見ることができます。また、「子供の虹の国」や「デザイナーのゆりかご」など、子供たちが楽しみながら学べるエリアも多数あります。

上海科技館は、上海地下鉄2号線の「上海科技館駅」に直結しており、公共交通機関でのアクセスが非常に便利です。また、浦東国際空港からも車で約40分と、国内外からのアクセスも良好です。さらに、館内にはバス停もあり、複数のバス路線が利用可能です。

上海科技館には、レストランやカフェ、土産物店など、充実した施設が揃っています。また、多言語対応のスタッフも常駐しており、安心して利用することができます。訪問者は、科学関連の書籍やお土産を購入することもでき、食事や休憩を楽しむことができます。

上海科技館は、上海ディズニーランドや上海環球影城などの主要観光スポットから近く、上海観光の拠点としても最適です。これにより、観光客は一日中楽しむことができ、科学館を訪れた後も他の観光地を簡単に訪れることができます。

上海科技館は、科学への理解を深め、好奇心を刺激するのに最適な場所です。子供から大人まで、誰もが楽しめる科学博物館として、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。科学の魅力を伝えるための革新的な展示や、インタラクティブな体験が訪れる人々に深い印象を与えています。また、定期的に開催される特別展やイベントも、訪問者に新しい発見と学びの機会を提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MeetinShanghai(@meetinshanghai)がシェアした投稿

新天地

上海の中心部に位置する新天地(Xintiandi)は、歴史的な魅力とモダンなラグジュアリーが融合した、上海で最も人気のある観光地の一つです。19世紀半ばに建てられた伝統的な石庫門(Shikumen)建築が立ち並ぶこの地区は、1990年代後半から2000年代前半にかけて再開発され、今では洗練されたブティック、高級レストラン、活気あるアートギャラリーが立ち並ぶ、上海屈指のエンターテイメントエリアへと生まれ変わりました。

新天地の最大の魅力は、歴史的な石庫門建築と現代的なデザインがシームレスに融合していることです。南区には、ガラス張りの高層ビルが立ち並び、高級ショップやレストラン、娯楽施設が軒を連ねています。一方、北区は伝統的な石庫門建築が残り、アンティークな壁、タイル、石造りの門がノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。この新旧の融合が、新天地に独特な魅力を与えています。

新天地は、上海料理をはじめ、世界各国の料理を楽しめるグルメの宝庫です。小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)や、フレンチ、イタリアン、和食など、様々なジャンルのレストランが立ち並んでいます。活気あふれるバーやカフェ、クラブも点在し、夜になるとさらに華やかな雰囲気になります。

新天地には、数多くのブティック、ファッションショップ、アートギャラリーがあり、ショッピングやアート鑑賞に最適な場所となっています。上海発祥の高級ブランド「上海灘」や、伝統工芸品店、現代アートギャラリーなど、様々なショップが揃っています。特に、北区の石庫門建築内には、ユニークなインテリアとともに高級ブランドやアート作品が展示されています。

新天地は、上海の中心部に位置しており、地下鉄1号線(黄陂南路駅)や10号線(新天地駅)など、複数の路線が乗り入れています。また、タクシーやバスも利用可能です。外灘や南京路など、上海の主要な観光スポットにも近いため、観光拠点としても最適です。

新天地は、上海の喧騒から離れてリラックスできる洗練された都会のオアシスです。緑豊かな広場やテラス席のあるカフェ、屋外の彫刻などがあり、都会のオアシスとして多くの人々に愛されています。特に、南区のモダンな建築と北区の歴史的な建築が調和し、訪れる人々にリラックスした雰囲気を提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Isabel Kiefer(@femaleglobetrotter)がシェアした投稿

上海プロパガンダポスターアートセンター

上海市の旧フランス租界地区に位置する上海プロパガンダポスターアートセンター(Shanghai Propaganda Poster Art Centre)は、主に毛沢東時代のプロパガンダポスターを展示するユニークな博物館です。1999年にオープンして以来、国内外の観光客から高い人気を集めており、上海観光の新定番スポットとして注目されています。

展示されているポスターは、1949年から1990年までの中国の激動の時代を描いており、特に文化大革命期のポスターが多く含まれています。これらのポスターは、当時の政治的メッセージや社会的状況を反映しており、訪れる人々に深い歴史的洞察を与えます。

博物館には約6,000点のプロパガンダポスターが収蔵されており、その多くは非常に希少なものです。これらのポスターは、力強く鮮やかな色彩と精緻なデザインで描かれており、見る者を圧倒する迫力と美しさを持っています。

単なる展示物観覧にとどまらず、訪れる人々が実際に歴史を体感できるような工夫がされています。例えば、「プロパガンダポスター制作体験」では、実際にポスター作りに挑戦することができます。また、「上海の歴史を体感できるVRシアター」では、360度のパノラマ映像で当時の上海を体感することができます。

上海プロパガンダポスターアートセンターは、上海地下鉄2号線の「上海科技館駅」に直結しており、公共交通機関でのアクセスが非常に便利です。また、浦東国際空港からも車で約40分と、国内外からのアクセスも良好です。

館内には、レストランやカフェ、土産物店など、充実した施設が揃っています。また、多言語対応のスタッフも常駐しており、安心して利用することができます。訪問者は、科学関連の書籍やお土産を購入することもでき、食事や休憩を楽しむことができます。

上海プロパガンダポスターアートセンターは、上海ディズニーランドや上海環球影城などの主要観光スポットから近く、上海観光の拠点としても最適です。これにより、観光客は一日中楽しむことができ、科学館を訪れた後も他の観光地を簡単に訪れることができます。

上海プロパガンダポスターアートセンターは、上海の歴史と文化を理解するのに最適な場所です。子供から大人まで、誰もが楽しめる博物館として、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。科学の魅力を伝えるための革新的な展示や、インタラクティブな体験が訪れる人々に深い印象を与えています。また、定期的に開催される特別展やイベントも、訪問者に新しい発見と学びの機会を提供しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@connieya0がシェアした投稿

龍華寺

上海市徐匯区に位置する龍華寺(Longhua Temple)は、上海で最も古く、最も大きな寺院群として知られています。三国時代に建立されたこの仏教寺院は、豊かな歴史、伝統的な建築様式、美しい庭園を持ち、多くの観光客を魅了し続けています。

龍華寺の歴史は西暦242年にまで遡り、呉王国の孫権によって建立されたと伝えられています。その後、北宋時代や清朝など、様々な王朝を経て再建されながら、その歴史的な本質を守り続けてきました。特に、宋代様式の建築は、当時の中国の文化や芸術を色濃く反映しており、訪れる人々に古代中国の息吹を感じさせてくれます。

龍華寺の中でも特に有名なのが、高さ40.4メートルを誇る七重の塔「龍華塔」です。八角形の基壇に建てられたこの塔は、繊細な彫刻や美しい曲線で飾られており、まさに圧巻のスケールを誇ります。現在は一般公開されていませんが、寺院のシンボルとして多くの観光客の目を楽しませています。

龍華寺は、単なる観光スポットではなく、現在も多くの僧侶が修行する活きた仏教寺院です。境内には、弥勒菩薩を祀る弥勒殿、天王殿、大雄宝殿など、様々な仏教施設が立ち並び、訪れる人々に伝統的な仏教文化を体感させてくれます。また、定期的に開催される法要や行事には、多くの参拝者が訪れ、熱気あふれる雰囲気を味わえます。

龍華寺には、手入れの行き届いた美しい庭園が広がっています。特に、毎年3月下旬から4月上旬にかけて咲き誇る桃の花は圧巻で、多くの観光客を魅了しています。都会の喧騒を忘れて、静かな空間で心安らぐひとときを過ごしたい方におすすめです。

龍華寺は、上海地下鉄11号線または12号線の「龍華駅」から徒歩圏内に位置しており、アクセス抜群です。上海市内の中心部に位置するため、他の観光スポットへのアクセスも良好です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

May Bunyapha(@may.byp)がシェアした投稿

上海自然史博物館

上海市静安区に位置する上海自然博物館(Shanghai Natural History Museum)は、中国でも最大級の自然史博物館です。1958年に設立され、2015年に現在の場所に移転して以来、国内外の観光客から高い人気を集めています。その人気の理由は以下の通りです。

上海自然博物館は、28万点を超える収蔵物を誇り、その中でも恐竜展示は特に注目されています。特に、140万年前の恐竜「マメンチサウルス」の骨格標本は、高さ17メートル、全長35メートルという巨大さで、訪れる人々に圧倒的なスケール感を提供します。

博物館内には、訪れる人々が実際に触れて学ぶことができる体験型展示が充実しています。「起源の謎」では宇宙の誕生について学び、「生命の川」では現代および先史時代の生物を観察できます。また、「進化の道」や「次の波」では、恐竜や人類の祖先について学ぶことができ、産業化や都市化がもたらす脅威について考える機会も提供されています。

博物館の建物は、オウムガイの殻を模したユニークなデザインが特徴です。自然光を最大限に取り入れるためのガラス壁や、地熱システムを利用した温度調節機能など、環境に配慮した設計がされています。また、屋上庭園や中庭の池は、雨水の蒸発冷却効果を利用して館内の温度を調整しています。

「上海ストーリー」では、上海の街の歴史、文化、自然について学ぶことができます。かつての漁村から近代都市へと発展してきた上海の姿を、写真や資料を通して知ることができます。

「地球の宝物」では、自然界の金や銀、その他の鉱物を観察できます。また、「カラフルな生命」や「生存の知恵」では、極限の自然環境で生きる生物の適応戦略を学ぶことができます。

上海自然博物館は、上海地下鉄13号線の「上海自然博物館駅」から徒歩2分の場所に位置しており、公共交通機関でのアクセスが非常に便利です。また、静安区の中心部に位置しているため、他の観光スポットへのアクセスも良好です。

上海自然博物館は、科学教育と文化交流の重要なプラットフォームとして機能しています。子供から大人まで楽しめる様々な教育プログラムやワークショップが開催されており、訪れる人々に科学の魅力を伝えています。また、定期的に特別展やイベントが開催され、常に新しい発見と学びの機会を提供しています。

地球の歴史と生命の神秘を探求する旅を提供するこの博物館は、子供から大人まで全ての方にオススメできる場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SmartShanghai(@smartshanghai)がシェアした投稿

朱家角水郷

上海市青浦区にある朱家角水郷(Zhujiajiao Water Town)は、「上海のベニス」とも呼ばれる風光明媚な古代の水郷です。1700年以上の歴史を持つこの町は、運河、石橋、伝統的な建物が並び、中国の伝統的な生活を垣間見ることができます。

朱家角の歴史は新石器時代まで遡り、明朝と清朝時代に最も栄えました。現在も当時の面影を残す街並みが残っており、まるでタイムスリップしたような感覚を味わえます。古代の米屋、銀行、香辛料店、清朝の郵便局など、数々の史跡を巡ることで、当時の暮らしぶりを想像することができます。

朱家角は、美しい水路と36の古代の石橋で有名です。特に有名なのが、1571年に架けられた方正橋です。町で最も長く、大きく、高い石橋であるこの橋からは、運河の見事な景色を眺めることができ、写真撮影の人気スポットとなっています。その他にも、この町唯一の木造橋である琅橋や、複雑な彫刻で飾られた龍門石橋など、様々な橋梁を楽しむことができます。

朱家角には、明朝や清朝時代の建築物が1万棟以上も残っています。白壁に黒い瓦屋根の伝統的な建築様式は、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。柯子園は馬家園とも呼ばれ、この町で最も大きく美しい庭園のひとつです。回廊、人工の丘、朱家角で最も高い建造物である月見亭などがあり、静かな環境と精緻な設計により、この庭園は必ず訪れるべき観光スポットとなっています。

朱家角には、元真仏教寺院や成光寺など、文化・宗教遺産が豊富です。これらの寺院は、町の歴史と文化を知る上で重要な場所であり、静寂の中で心の安らぎを見つけることができます。

朱家角を体験する最も良い方法の一つは、静かな運河沿いの遊覧船に乗ることです。伝統的な運河沿いの船は、のんびりと町の名所を巡り、のどかな雰囲気を楽しむことができます。古代の橋や伝統的な家屋、水路に生い茂る緑など、独特な景観を楽しむことができます。

朱家角で最も保存状態の良い北街には、歴史的建造物やショップ、カフェが軒を連ねています。観光客は、この絵のように美しい通りを散策したり、地元の軽食を味わったり、お土産を買ったりすることができます。西湖街にある清朝時代の郵便局も人気の観光スポットで、アンティークの絵葉書や竹に書かれた手紙が展示されており、中国の郵便の歴史を垣間見ることができます。

朱家角は上海市街地から約47キロという便利な場所にあり、公共交通機関でのアクセスも容易です。上海地下鉄17号線で朱家角駅まで行くか、バスやタクシーを利用することができます。上海の喧騒を離れ、静かで歴史的な雰囲気に浸ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bubee Varenithi Kanpaibool(@bubee_k)がシェアした投稿

復興公園

上海の中心部に位置する復興公園(Fuxing Park)は、歴史、文化、自然が融合したオアシスのような空間として、多くの観光客を魅了し続けています。

復興公園の歴史は古く、明朝時代にまで遡ります。かつてフランス租界の一部だったこの公園は、1909年にフランス風の庭園として造営されました。第二次世界大戦中には日本軍の占領を経て、1945年に中国政府によって復興公園と改名されました。現在も当時の面影を残すフランス式庭園は、上海の歴史を語る貴重な遺産となっています。

左右対称に配置された花壇、噴水、パビリオン、そして美しい湖は、フランス式庭園の典型的な美しさを見せてくれます。特に、春には色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる人々を魅了します。都会の喧騒を忘れて、ゆったりと散策を楽しむのに最適な場所です。

早朝の復興公園は、まさに上海市民の憩いの場です。太極拳、社交ダンス、トランプ、麻雀など、様々なアクティビティを楽しむ人々で活気にあふれています。この活気あふれる雰囲気は、上海のローカルな文化を肌で感じることができる貴重な機会です。

公園内には、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの像が設置されています。これは、1985年にエンゲルスの没後90年を記念して建てられたもので、公園の歴史と文化を象徴する重要なモニュメントです。また、「マットレス」花壇、バラ園、ツバキ花壇、ツツジ花壇など、季節ごとに美しい花々が咲き誇る花壇も見どころの一つです。

復興公園は、上海地下鉄10号線の新天地駅から徒歩圏内に位置しており、アクセス抜群です。また、バス路線も多数乗り入れています。上海の中心部に位置するため、周辺には孫文旧居や共産党第一回全国代表大会会場、淮海路ショッピングストリートなど、様々な観光スポットがあります。

園内には、子供向けの遊具やバンパーカー、メリーゴーランドなどがあり、家族連れでも楽しめるようになっています。また、レストランやカフェも充実しており、休憩や食事にも困りません。清潔なトイレも完備されているので、安心して一日を過ごすことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

David Chiat(@welby1961)がシェアした投稿

上海大劇院(シャンハイ・グランド・シアター)

上海の中心部、人民広場に位置する上海大劇院は、オペラ、バレエ、シンフォニー、ミュージカル、中国歌劇など、世界トップクラスの公演を数多く開催する舞台芸術の殿堂であり、上海を代表する観光スポットの一つです。1998年にオープンして以来、上海大劇院は、その卓越したパフォーマンス、美しい建築デザイン、そして文化的な重要性から、国内外から多くの観客を魅了し続けています。

上海大劇院は、世界トップクラスのアーティストによる質の高い公演を常に提供しています。過去には、スリー・テノール、マリインスキー・バレエ、プラシド・ドミンゴやルチアーノ・パヴァロッティのような著名なソリストなど、数多くの国際的なアーティストがこの舞台に立っています。オペラ、バレエ、シンフォニー、ミュージカル、中国歌劇など、幅広いジャンルの公演が開催されているため、芸術・音楽愛好家にとってまさに夢のような場所と言えるでしょう。

フランス人建築家ジャン=マリー・シャルパンティエ氏によって設計された上海大劇院は、西洋と中国のデザイン要素を融合させた美しい建築物です。白いアーチ型の丸天井とガラスカーテンウォールは、クリスタルパレスのような外観を作り出し、特に夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出します。このデザインは「天は丸く、地は四角い」という中国の概念を象徴しており、上海の街並みに見事に調和しています。

上海大劇院には、大小様々な3つのパフォーマンススペースがあります。1,800人を収容できる大劇場は、オペラやバレエのような大規模な公演に最適です。600席を超える中劇場は、小規模な公演や会議に利用できます。また、約300席の小劇場は、ファッションショーや実験的な演劇など、様々な用途に活用されています。

上海大劇院は、単なる公演会場ではなく、上海の文化的発展を象徴する重要な存在です。中国初の近代的な公演会場の一つであり、中国における劇場建設における新時代の幕開けを告げました。また、上海国際芸術節の開催や世界的な舞台芸術機関との交流などを通して、国際的な文化交流の促進にも貢献しています。

上海大劇院には、来場者の快適性を追求した豪華な設備が整っています。1,600平方メートルの洋食レストラン、VIPホール、カフェ、広い駐車場など、様々な施設が用意されています。特に、ギリシャ風の白い大理石と大型のクリスタル・シャンデリアで飾られたレクリエーション・ホールは、来場者に優雅さと安らぎのひとときを提供しています。

上海大劇院は、上海市黄浦区人民大道300号に位置しており、公共交通機関でのアクセスも良好です。複数のバス路線と地下鉄1号線、2号線、8号線が乗り入れており、観光客にとっても便利です。また、外灘(バンド)、豫園(ユーユェン)、上海博物館など、上海の主要な観光スポットにも近く、上海観光の拠点としても最適です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maki Li(@maki_mmmx)がシェアした投稿

上海海洋水族館

上海浦東の陸家嘴金融地区に位置する上海海洋水族館は、世界最長の水中トンネルや、450種を超える15,000点以上の海洋生物展示など、様々な魅力を持つ人気観光スポットです。

上海海洋水族館の目玉は、全長155メートル(510フィート)の世界最長の水中トンネルです。このトンネルを歩けば、まるで海の中を散歩しているような感覚を味わえます。沿岸のサンゴ礁、外洋、ケルプの洞窟、サメの入り江、サンゴ礁など、様々な海の生息地を間近に観察することができます。

水族館では、世界中の海から450種を超える15,000点以上の海洋生物を展示しています。サメ、エイ、ウミガメ、クラゲ、タツノオトシゴ、シードラゴンなど、様々な海の生き物を見ることができます。特に、「中国ゾーン」では、チョウザメ、ワニ、オオサンショウウオなど、長江流域の希少種や絶滅危惧種も展示されています。

上海海洋水族館は、単なる観光スポットではなく、教育プラットフォームとしての役割も果たしています。海洋生物や環境保護の重要性に対する意識を高めるために、様々な教育プログラム、ツアー、体験型アクティビティを提供しています。水族館は、環境教育を推進するための継続的な取り組みが評価され、上海市教育基地に認定されています。

水族館は、インタラクティブな展示、タッチプール、魅力的なディスプレイにより、家族連れや子供たちに人気のある場所です。あらゆる年齢層の来館者が楽しみながら学べるので、家族でのお出かけや学校の遠足に最適です。

陸家嘴金融地区に位置する水族館は、地下鉄2号線「陸家嘴駅」から徒歩圏内にあり、アクセス抜群です。また、東方明珠塔や上海環球金融中心など、上海の他の人気観光スポットにも近いため、上海を訪れる観光客にとって便利な場所となっています。

水族館は、360度のパノラマ展望トンネル、インタラクティブなタッチプール、マルチメディアディスプレイなど、最先端の設備と展示を誇っています。これらの近代的で魅力的な展示物は、来館者の全体的な没入体験に貢献しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

S̶Y̶L̶V̶I̶Λ̶(@sylviahct)がシェアした投稿

人民広場

上海の中心部に位置する人民広場は、上海の鼓動を感じられる活気あふれる広場です。歴史的建造物、美しい景観、地元の文化が融合したこの場所は、上海を訪れる観光客にとって必見のスポットとなっています。

人民広場は、20世紀初頭から上海の歴史と発展を共にしてきた場所です。かつては上海競馬場として知られ、「極東No.1の競馬場」として栄えました。しかし、1949年の中華人民共和国成立後、競馬場は人民広場と人民公園へと姿を変え、市民が憩える公共空間に生まれ変わりました。この変遷は、植民地時代の象徴から、すべての人が楽しめる空間への大きな転換を象徴しています。

人民広場は、上海の地理的な中心に位置しており、地下鉄1号線、2号線、8号線が乗り入れる人民広場駅が最寄り駅です。また、南京路、淮海路、西蔵路といった主要道路にも面しており、バス路線も充実しているため、アクセス抜群です。市内観光の出発点としても最適な場所と言えるでしょう。

人民広場周辺には、上海博物館、上海大劇院、上海都市計画展覧館、上海美術館など、上海を代表する文化施設が数多く集まっています。上海博物館は、中国美術品や工芸品の膨大なコレクションを誇り、中国の歴史と文化を肌で感じることができます。上海大劇院では、世界トップクラスのパフォーマンスを楽しむことができ、上海の芸術文化の中心地として知られています。

人民広場は、美しく整備された庭園、噴水、グリーンベルトが特徴的な、洗練されたオープンスペースです。中央広場には円形の音楽噴水があり、夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気を演出します。また、人民公園を含む周辺の緑地は、並木道、フラワーテラス、彫刻などがあり、都会の喧騒から離れてリラックスできる空間を提供しています。

人民広場は、特に早朝や週末になると、地元の人々の活気に満ち溢れます。太極拳、社交ダンス、トランプなど、中国の伝統的な活動を見学したり、参加したりすることができます。また、結婚相手を見つけるために親が子供のプロフィールを展示する「結婚市場」は、上海独特の文化を象徴するユニークな光景です。

人民広場は、外灘(バンド)、南京路ショッピングストリート、豫園など、上海の主要観光スポットにも近いため、観光の拠点としても最適です。地下鉄やバスを利用すれば、短時間で様々な観光地を巡ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto_Kubota(@makoto_emofac)がシェアした投稿

上海サーカスワールド

上海の静安区に位置する上海サーカスワールドは、世界屈指のアクロバットパフォーマンスと革新的なショーで知られるエンターテイメントの殿堂です。1999年のオープン以来、上海サーカスワールドは、その名高い「ERA-時の交差点」をはじめ、様々なプログラムを通して、国内外の観客を魅了し続けています。

上海サーカスワールドの代名詞ともいえるのが、華麗なアクロバットパフォーマンスです。中でも、「ERA-時の交差点」は、中国の伝統的なアクロバットと現代テクノロジーを融合させた壮大なスペクタクルショーで、観客を圧倒します。ボウル・バランシング、フープ・ダイビング、ジャー・ジャグリングなど、驚異的な技の数々が繰り広げられ、特に回転する車輪の上で行われるスリル満点の「ホイール・オブ・ライフ」は、見る者を息を呑ませます。

「ERA-時の交差点」は、ただのサーカスショーではありません。アクロバット、武術、ダンス、マルチメディアを融合させた革新的なエンターテイメント作品です。最先端の照明、音響効果、ウォータースクリーンなどの特殊効果を駆使し、中国の古代から未来への進化を壮大なスケールで表現します。この斬新なアプローチにより、あらゆる年齢層の観客が楽しめる、奥深い魅力を持ったショーとなっています。

「ERA-時の交差点」以外にも、上海サーカスワールドでは、家族連れに人気の「ハッピー・サーカス」など、様々なプログラムを提供しています。「ハッピー・サーカス」では、動物のパフォーマンス、ピエロ、空中アクロバットなど、コミカルで楽しい演目が盛りだくさん。子供から大人まで、笑顔あふれるひとときを過ごすことができます。

上海サーカスワールドは、回転舞台、コンピューター制御照明、鏡張りのケージなど、最新の設備を備えています。メイン会場となるアクロバット・フィールドは1,638席の客席を擁し、最新鋭の照明と音響システムを完備。観客はどこからでも迫力満点のパフォーマンスを楽しむことができます。また、モダンな建築デザインも魅力の一つです。

1950年代に前身となる上海雑技団が設立されて以来、上海サーカスは、中国のアクロバット芸術の発展に大きく貢献してきました。上海サーカスワールドは、その伝統を受け継ぎながら、革新的なショーで新たな文化発信拠点として確立しています。数々の国際的なサーカスコンクールで金賞を受賞するなど、その高い評価は世界からも認められています。

上海サーカスワールドは、地下鉄1号線の上海サーカスワールド駅に直結しており、アクセス抜群です。また、静安区の中心部に位置し、周辺には上海博物館や南京路などの人気観光スポットも多数あります。市内観光の合間に気軽に立ち寄ることができるのも魅力です。

まとめ

上海はあらゆる興味に応えてくれる都市です。歴史好きな人は古代の寺院に驚嘆し、アドレナリンを求める人は上海タワーの高さに挑戦してみては?

このリストでは、上海で最も人気のあるアトラクションをいくつかご紹介しましたが、一般的な観光コースから外れてみるのも同じように楽しいものです。天子坊(Tianzifang)の隠れた路地を探検してみましょう。南京路の活気あるストリートライフに浸ったり、上海宣伝ポスター芸術センターで中国の魅力的な政治史に触れてみましょう。

上海のグルメシーンを堪能せずして上海の旅は終われません。ミシュランの星を獲得したレストランから賑やかな屋台まで、上海の味覚の宝庫です。 繊細な味わいの上海料理や、火の通った四川料理、中国各地の名物料理など、さまざまな味をお楽しみください。

上海のエネルギーは日中だけではありません。日が沈むと、街はまばゆいネオンの光景に変わります。街並みを一望できる屋上でのディナー、上海大劇院での魅惑的なパフォーマンス、活気あふれるナイトライフをお楽しみください。

上海は、他の魅力的な観光地へのゲートウェイとしても機能しています。朱家角水郷の魅力的な運河への日帰り旅行や、”東洋のベニス “と称される蘇州の歴史的遺産を探索するのもお勧めです。

上海は印象に残る都市です。過去、現在、未来がぶつかり合い、ダイナミックで進化し続ける風景を作り出しています。歴史的な壮大さに魅了された方、近代的な驚きに心を奪われた方、あるいはただ上海のエネルギーに押し流された方、上海は出発後もずっと心に残る忘れられない体験になるでしょう。

さあ、荷物をまとめて冒険の旅に出かけ、上海の魅力の虜になる準備をしましょう!



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

西安古玩城(朱雀路古玩城)/ 陝西省の蚤の市
西安は、古代中国文明の最も重要で凝縮された発祥の地のひとつで、中国北西部最大の都市です。 ...
琉璃厂古玩市場 / 北京市にある中国屈指の古董市場
清朝時代に詩人や学者が集まっていた場所 琉璃厂古玩市場は、約200軒の店舗が軒を連ねる、北京最大級の古董市場です。明代以前は宮殿建築の瑠璃瓦を焼いていた琉璃廠があった場所で、街の名前の由来にもなっています。 [editorial-rating ...
北京潘家園古物市場 / 中国最大級のフリーマーケット
中国最大のヤードセール「潘家園」 中国最大の骨董市である潘家園骨董市は、北京の骨董市の代名詞ともいえる場所です。 ...
中国茶の魅力を徹底解剖!6つの種類の特徴と選び方
中国茶の6つの種類!奥深い世界への扉を開く お茶の文化が3000年以上続く中国。中国茶は、その長い歴史と文化の中で育まれた、奥深い魅力を持つ飲み物です。世界中で愛される中国茶には、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶という6つの種類があります。それぞれが持つ独特な香り、味わい、そして効能は、まさに中国茶の多様性を表しています。 緑茶は爽やかな香り、白茶は繊細な香り、黄茶は独特な香り、青茶は幅広い味わい、紅茶は華麗な香り、黒茶は深遠な香り。それぞれの個性を知り、奥深い中国茶の世界を存分に楽しみましょう。この記事では、6つの中国茶それぞれの個性にスポットを当て、それぞれの魅力を深く掘り下げていきます。   この投稿をInstagramで見る   中国茶 ...
報国寺文化市場 / 敷居が低い北京の蚤の市
書籍、切手、硬貨を主に扱う蚤の市 北京報国寺は、遼朝初期に建てられた千年の歴史を持つ寺院で、現在は北京で有名な骨董・文化市場の一つとなっています。 この市場は、アンティーク陶磁器、宝飾品、ダイヤモンド、アンティーク家具、アンティーク絨毯、中国と外国の書画、アンティーク時計、玉骨彫刻、絨毯の錆、古書を交換販売する場所として知られています。 [editorial-rating ...