Your Cart

モナスティラキ・フリーマーケット / Monastiraki Flea Market

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

アテネで最も有名で賑やかな場所

アテネのアビシニアス広場で開かれるフリーマーケット。蚤の市というよりは、曲がりくねった路地や小さな通りがたくさんある美しいショッピング街です。日曜日には、掘り出し物を求めて多くの買い物客で賑わいます。

6.2 TOTAL SCORE

モナスティラキ・フリーマーケット

インスタグラム

賑やかなモナスティラキ広場とその周辺の通りには、常設のショップがずらり。アドリアヌ通りでは、雑貨や宝石、アンティークのお店が並んでいます。


出店数 3
満足度 7
滞在時間 6
お宝発見度 7
リピート率 8
良い点
  • バザールのような雰囲気
  • 値段は常に交渉可能
  • 売り手は押し付けがましくない
注意点
  • 観光客向けで価格は少し高い
  • 似た商品を扱っているお店がたくさんある
  • とても混雑している

 

モナスティラキ蚤の市は毎日開催されていますが、活気にあふれる日曜日の午前中が一番の見どころです。蚤の市は主に小さなブロカントショップで構成されていますが、アンドリアヌ通りや地下鉄のティセイオ駅周辺には露天商が集まっています。

端から歩いていくと、土産物や地元で作られた製品、洋服が並び、進むにつれて、家具やランプ、楽器、ちょっとした小物など、ビンテージやアンティークを見つけることができるようになっています。ちょっとオリエンタルなバザールを連想させるかもしれません。

古いものと新しいもの、安いものと豪華なもの、風変わりなもの、地元で作られたものなど、完璧なバランスで並んでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Salty(@saltpot)がシェアした投稿

迷路のような通りに足を踏み入れると、衣類、宝石、Tシャツ、大理石のギリシャ像、ポストカードなどの安いお土産から、手作りのサンダル、貴重なアンティーク、ビンテージ家具、古代ギリシャの衣服のレプリカ、ギリシャの伝統製品、楽器、革製品などの質の高いお土産まで、ほとんどすべてのものを購入することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Verdoorn(@globetrotextra)がシェアした投稿

このマーケットには、観光客向けの商品だけでなく、手工芸品やアンティーク、家具、手描きの箪笥や額縁、ミニチュアや小物もたくさん売られています。雑貨の中に高級品がたくさん混じっていますが、質の高いものを見つけるのに多くの時間が必要です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andy Donald(@trickyandy)がシェアした投稿

ほとんどのベンダーは英語を話します。値段はさまざまで、交渉は常に必要です。売り手の滑らかな声と満面の笑みに魅了されないようにして下さい。最初に一周して価格と品質を比較することをお勧めします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Charlotte Prince(@princessofcharl)がシェアした投稿

プラカ地区を通るアドリアヌ通りは、観光客向けの店が多くあります。ヘファエスタス通りという小さな歩行者天国では、高価な服や靴から古本や中古の電子機器まで、ほとんどのものが手に入ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marina Ioannou 🦁(@marina.i15)がシェアした投稿

周辺の通りには、伝統的なカフェやレストランがひしめいており、その多くはアゴラ (美しい歴史的建造物) とアクロポリスを眺めることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Virginia Michail(@virgogreece)がシェアした投稿

活気あふれるモナスティラキは、ハドリアヌスの図書館跡、古代アゴラ、再建されたアッタロスのストアなどの象徴的なランドマークで知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Russian(@love_.travel01)がシェアした投稿

広場の片側には正教会の聖母マリア・パンタナッサ教会があり、もう片側には18世紀に建てられたオスマン帝国時代のツィスタラキスのモスクがあります。その建築物の多様性だけでも、ギリシャの激動の歴史を象徴しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

stelo viaggi(@viaggistelo)がシェアした投稿

モナスティラキの名は、かつてアテネ中心部のこの広場にあったパナギア・パンタナッサ教会に由来します。かつてこの教会は、メガ・モナスティリと呼ばれる、広場全体に広がる大きな修道院に属していました。

修道院が崩壊した後、教会だけが残り、この広場はモナスティリの短縮形であるモナスティラキと呼ばれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Renata Zybura(@renata.zybura)がシェアした投稿

午前11時ごろにはかなり混雑し、広場周辺のカフェも満席になるのが普通です。日曜日はなるべく早めに蚤の市に行くことをお勧めします。

モナスティラキ・フリーマーケットのYoutube動画

早朝や夜、お店が閉まっている時間帯は、店先がストリートアートで埋め尽くされ、一見の価値があります。古いコインやジュエリーをお探しなら、間違いなくぴったりの場所です。

基本情報

名前 モナスティラキ・フリーマーケット / Monastiraki Flea Market
開催日 月~土曜日(日曜日は一部販売店が営業)
時間 7 a.m. – 3 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 洋服、古本、切手、コイン、家具、小物、ポストカード、記念品、装飾品
住所 Ifestou 2, Athina 105 55, Greece
詳細 ホームページ

地図

公共交通機関:地下鉄グリーンライン1号線、ブルーライン3号線、モナスティラキ駅経由



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック