Your Cart

リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市 / L’Isle-sur-la-Sorgue

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランスのアンティークの首都

プロヴァンス地方にある小さな町で、毎週日曜日、巨大な屋外アンティーク市が開かれます。食品市場、蚤の市、骨董市がひとつになったもので、オリーブから美術品まで何でもここで買うことができます。パリ以外でフランスのアンティークの品揃えが豊富な町で、アンティーク愛好家にとっては夢のような街です。

5.8 TOTAL SCORE

リル・シュル・ラ・ソルグ蚤の市

ホームページ

おそらくフランスで最もよく知られたイベントで、世界中から掘り出し物ハンターがやってきます。絵のように美しいソルグ川沿いを歩きながら、食品から骨董品、古着、美術品、切り花、農家から仕入れた新鮮な果物、野菜、チーズなどあらゆるものを買うことができます。


出店数 3
満足度 7
滞在時間 6
お宝発見度 5
リピート率 8
良い点
  • 300の露店が並ぶ
  • アンティークの品揃えが豊富
  • 専門家も常駐
注意点
  • ほとんど現金しか受け付けない

 

40年近くにわたり、毎週開催される蚤の市のブロカントは約300の露店が並び、この中規模の町が多くの観光ツアーに組み込まれているのも不思議ではありません。現在では、家具、美術品、タペストリー、銀食器など、7つのアンティーク村に点在するお店を巡ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michaël Flamée(@michaelflamee)がシェアした投稿

この町で最も有名な場所のひとつは、リル・オ・ブロカント(L’Ile aux Brocantes)です。このアンティーク村には、約40軒のアンティークショップが集まっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marie-Pierre Bayle(@rocherondeluberon)がシェアした投稿

年2回、イースターの週末と8月15日に開催される骨董市は、500以上の露店が並び、毎週開催される日曜市を凌駕する規模です。

この2つのイベントは、フードマーケット、フリーマーケット、アンティークフェアを組み合わせたもので、銀食器、プロヴァンスの壺、陶器から、古いブールセット、アンティークのリネンの山まで、あらゆるものが販売されます。プロの業者も大勢出店しており、価格は決して安くはありません。

ソルグ川を挟んで広がるこの町は、「プロヴァンスのベニス」とも呼ばれ、水車がリズミカルに回っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marie Chassain(@marie_chassain)がシェアした投稿

詩人ルネ・シャル生誕の地であるこの町には、多くのギャラリーや展覧会もあります。

マーケットは毎週木曜日と日曜日に開かれていますが、品揃えが一番良いのは日曜日です。

アンティーク・ブロカントの売り場は、川の南側、アヴェニュー・デ・キャトル・オタージュ沿いにあります。多くの業者が、古い写本や本からとった美しい版画を売っています。額に入れれば、世界にひとつだけのお土産になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marie Chassain(@marie_chassain)がシェアした投稿

段はきちんと表示されていることが多いので、フランス語が話せなくても、売り手に値段を聞くことなく買い物ができるでしょう。

同じ商品や似たような商品でも、業者によって値段に大きな差があります。閉店間際が一番安いので、家に帰る前に買い物を済ませることができます。

人口22,000人のこの小さな村には、世界でも有数のアンティークショップやリサイクルショップが密集しています。

売り手とうまくやっていくために重要なことは、フランス語を少し知っていることです。値段を聞きたいときは、”c’est combine? “と言えばOK。

食料品や農産物を売る業者は通常、お昼頃に片付けを始めるので、食料品の買い物をしたい場合は午前中に到着することをお勧めします。

町とマーケットをゆっくり楽しむために、半日くらいは滞在することをお勧めします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clara Cstle(@claracstle)がシェアした投稿

橋や運河、たくさんの水が流れるヴェニスのような静かな雰囲気のこの素敵な町は、それだけでも訪れる価値がありますが、このプロヴァンスの町には他にも見どころがたくさんあります。川沿いを歩いて巨大な水車を眺めたり、18世紀の邸宅で現代アート作品を鑑賞できるカンプレドン美術館を訪れのもおすすめです。

リル・シュル・ラ・ソルグのYoutube動画

基本情報

名前 リル・シュル・ラ・ソルグ / L’Isle-sur-la-Sorgue
開催日 木、日
時間 8 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、アクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所 84800 L’Isle-sur-la-Sorgue, France
詳細 公式ホームページ

地図

アヴィニョンにはリル・シュル・ソルグ行きの直通列車があり、わずか36分で到着します。

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

カルパントラの蚤の市 / Puces Brocante Carpentras
プロヴァンスで最高の蚤の市 カルパントラの「蚤の市」は2000年から毎週日曜日、町の中心部にあるプラタナスの木の駐車場で開かれています。1日平均180の出展者と、多くのバイヤー、バーゲンハンター、コレクター、観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
クリニャンクール蚤の市(サント・オーエン)
アンティークジュエリー、家具、古本、レコード、古着など、あらゆるものを扱う世界最大級の蚤の市で、週末には20万人近くが訪れます。 [editorial-rating ...
ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
アミアンのグランド・レデリー蚤の市 / Grande Rederie Amiens
北フランスで2番目に大きな蚤の市 グランド・レデリー・アミアンは、フランスのピカルディ地方に位置するアミアンの町の重要なイベントです。このマーケットには、プロ・非プロを問わず約2,000の出展者が参加し、アンティークから自動車のスペアパーツまで幅広い品目を展示します。 [editorial-rating ...
フランスで人気のフリーマーケット30選
世界有数のアンティーク・マーケット 毎年、フランス全土で、裏庭で開催されるガレージセールから町全体を巻き込むような大規模な蚤の市まで、毎年15,000ものブロカントが開催されています。 「ある人のゴミは別の人の宝物」という考え方は、フランスでも確かに当てはまります。 ...
リニュロネーズ蚤の市 / Les puces ligneronnaises
フランス西部最大級の蚤の市 ヴァンデ地方最大の野外蚤の市は、過去40年間、7月と8月に1度、サン・クリストフ・デュ・リニュロン(シャランから9km)で開かれます。 [editorial-rating ...
ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...