Your Cart

ペゼナス・アンティーク・フェア / Grande Foire à la brocante de Pézenas

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

ビンテージや蚤の市が好きな人なら必見

モリエールの町の中心で、1キロに渡って繰り広げられる蚤の市。5月の第1日曜日と10月の第2日曜日には、国道113号線沿いの約1キロにわたってアンティークフェア「グラン・デバラージュ」が開催されます。200以上の専門業者が終日出店。世界中からバイヤーたちが、貴重な宝物や不思議を発掘するためにここにやってきます。

4.8 TOTAL SCORE

ペゼナス・アンティーク・フェア

facebook

年に2回、ペゼナ骨董アンティーク協会(A.B.A.P.)主催の大規模な骨董市と蚤の市が開催されます。アンティーク通り(Route des Antiquaires)(ペゼナス交差点)および年中無休の店舗で、150のプロのアンティークおよび中古品ディーラーによる大規模な見本市が開催されます。


出店数 2
満足度 6
滞在時間 4
お宝発見度 5
リピート率 7
良い点
  • 100~200社の出展者
  • 通路の雰囲気は和やかでフレンドリー
注意点
  • 子供向けの商品はあまり見かけない
  • 年2回のみ

 

他の蚤の市に比べると規模は小さいですが、週末には、町の商店、レストラン、ホテルはすべて満員になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cynthia Farenden(@cynthiafarenden)がシェアした投稿

1日に2万人ほどの来場者があり、朝10時ごろに到着すると、通りはすでに人でごった返します。

ここでは、アンティーク、宝石、食器、リネン、家具、古銭、古着、調理器具、家庭用品、絵画など、ありとあらゆるものが手に入ります。探し続ければ、何か特別なものが見つかるに違いありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Broc Fanfreluches(@brocfanfreluches)がシェアした投稿

骨董品や中古品の販売業者については、年間を通じてこの町に店を構えている50軒ほどの定置業者に加え、150軒が出展します。

年配の人々は、古いゲームや揺り木馬など、昔を彷彿とさせるものを前にして、子供心を再発見するでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Broc Fanfreluches(@brocfanfreluches)がシェアした投稿

ペゼナスの骨董屋に加え、オクシタニー地方各地からプロの古物商がやってきます。一日の大半をそこで過ごすつもりで、大きなカゴや車輪のついた小さな台車を持って、掘り出し物を仕入れましょう。

アンティークのペゼナ

ペゼナ(Pézenas)は、バ・ラングドック(Bas-Languedoc)のビーチとエロー(Hérault)の内陸部の交差点に位置し、ブロカント・エ・デ・アンティーク協会(Association des Brocanteurs et des Antiquaires)が店を構えています。

ラングドック地方エローの町ペゼナスは、海から数キロのところにあり、壮麗なグラン・セーユ建築が自慢の町です。45のアンティーク・ディーラーが軒を連ね、8,000平方メートルを超えるスペースで、ディーラーや個人向けにアンティークを販売しています。

ペゼナスのこれらの古物商では、中古品、アンティーク、銀製品、宝石、古書、ポスター、リネン、ガラス製品、絵画、家具、アフリカンアート、プリミティブアート、庭の装飾品などを見つけることができます。

基本情報

名前 ペゼナス・アンティーク・フェア
Grande Foire à la brocante de Pézenas
開催日 毎年5月の第1日曜日と10月の第2日曜日
時間  8 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 家具、アンティーク・リネン、宝石、食器、銀食器、アンティーク武器、古楽器、絵画
住所 17 avenue de Verdun 34120 Pézenas, France
詳細 ホームページ

地図

フランスで人気のフリーマーケット



関連記事

ベランジェ大通りの蚤の市 / Brocante sur le Boulevard Béranger
トゥールでは欠かせない蚤の市 毎月第4日曜日、トゥールのベランジェ大通りで開かれるフリーマーケット。大きなオテル・ド・ヴィル広場から台地へと、背の高い木々と美しい建物の間に広がります。 [editorial-rating ...
ピュース・ド・モントルイユの蚤の市 / Puces de Montreuil
アンティーク愛好家が集まる場所 パリ20区、パリとモントルイユを結ぶ環状道路の端にあるポルト・ド・モントルイユの蚤の市は、本物のアンティークを求める人々が集まる場所です。土曜、日曜、月曜の週3日だけで、20万人もの人々がこのマーケットにやってきます。1885年にオープンし、パリで最も古い蚤の市の一つです。 [editorial-rating ...
ルーブル美術館-Musée du Louvre
芸術と歴史が織りなす感動の体験 パリを代表する世界最大級の博物館で、1793年に開館しました。元々は王宮であった建物を使用しており、その天井はそれだけで芸術作品といえます。一度に展示されるのは10分の1程度。約7万3000平方メートルの広さを誇り、年間約1000万人が訪れるルーブル美術館は、世界最大であるだけでなく、世界で最も多くの人が訪れる美術館でもあります。 この投稿をInstagramで見る Musée ...
ジョセフィーヌ・ボナパルトが歩んだ波乱万丈な人生
美貌と気品でナポレオンを虜にしたカリブの宝石 フランス革命の波乱万丈な時代を駆け抜け、皇帝ナポレオンの心を射止めたジョゼフィーヌ・ボナパルト。 類稀なる美貌と洗練された社交術、そして政治的野望を兼ね備えた彼女は、どのようにして皇后の座に上り詰めたのか?この記事では、ジョゼフィーヌの波乱に満ちた人生と、その魅力を紐解いていきます。 歴史ファン、女性史に興味のある方、そして人間ドラマに心を奪われる方におすすめの記事です。 魅惑的な肖像画、華麗な宮廷生活、そして知られざる素顔 ナポレオン・ボナパルトの最初の妻ジョゼフィーヌ・ボナパルトは、驚くべき魅力と気品を備えた女性でした。比較的質素な生い立ちにもかかわらず、魅惑的な存在感を放ち、夫だけでなく当時の宮廷や社交界をも魅了しました。 ジョセフィーヌ・ボナパルトは、美貌、優雅さ、そして洗練された魅力で人々を魅了した女性でした。また、自然を愛し、園芸に情熱を注いだ人物としても知られています。ナポレオンとの波乱に満ちた恋愛関係は、歴史上最も有名なロマンスの一つとして語り継がれています。   この投稿をInstagramで見る   Hilario ...
シャンボール蚤の市 / Grande Brocante de Chambord
フランス最大級の蚤の市 16世紀初頭にフランス王フランソワ1世によって建てられたシャンボール城の芝生で開催されるフリーマーケット。1995年から開催されているこのイベントは、フランス最大の蚤の市のひとつとなっています。 [editorial-rating ...
ヨーロッパ最大のフリーマーケット「ブラッドリー・ドゥ・リール」Braderie de Lille
フランスの北部のリールで行われるヨーロッパ最大のフリーマーケット。毎年9月の第一週末に開催されます。その歴史は12世紀にまで遡ります。ブラデリーは単なる市場ではなく、音楽演奏、大道芸人、その他の文化的イベントも含まれるお祭り騒ぎで、地元の人々にとっても観光客にとっても賑やかな週末となります。 [editorial-rating ...
レ・ピュス・デュ・カナル / Les Puces du Canal
フランスで2番目に大きな蚤の市 ヴィルアルバンヌ市(リヨンの隣)にあるこのフリーマーケットは、フランスで2番目に大きな蚤の市です。8ヘクタール(5000m²)に及ぶ巨大な蚤の市で、何千ものアンティーク品、家具、骨董品に出会えます。 [editorial-rating ...