Your Cart

シャウメイカイ&リンドリー通りのフリーマーケット

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

フランクフルトの蚤の市は、毎週土曜日(祝日を除く)に開催されています。年間12,000以上の業者が出店しているので、きっとあなたの好みに合ったものが見つかるはずです。

5.8 TOTAL SCORE

シャウメイカイ&リンドリーストリートの蚤の市

Buy Now

フランクフルトの土曜日は、ザクセンハウゼンのマイン河畔で蚤の市が開催されるのが恒例となっています。アンティーク、本、レコード、洋服、テクノロジーなど、さまざまなものが山積みにされた露店を、散策してみてはいかがでしょうか。


出店数 2
満足度 7
滞在時間 5
お宝発見度 7
リピート率 8
良い点
  • 400以上のベンダー
  • 豊富な雛ぞろえ
注意点
  • 駐車場に限りがある

 

開催場所は「シャウマインカイ」と「オストハーフェン アン デア リンドレー通り」の2ヶ所です。

多くのディーラーはパビリオンの下に長いテーブルを置いたり、床にカラフルなブランケットを敷いて商品を並べていて、街と触れ合う場所となっています。例えば、良い磁器はいつもすぐに売れてしまいます。

シャウマインカイとリンドレー通りのオストハーフェンの間で週ごとに変更されます。どちらの会場も街の中心部に近く、徒歩、自転車、公共交通機関、車でアクセスできます。ただし、近隣の駐車場は限られています。

 

シャウマインカイ(Schaumainkai)蚤の市

ザクセンハウゼンのマイン川沿いのシャウマインカイ蚤の市は、150~300の業者が商品を並べ、ユニークなアートやクラフトを探す地元の人々や、観光客でにぎわいます。

この蚤の市は、フランクフルトの街並みを一望でき陽気な雰囲気が漂っています。型破りなものから奇妙なものまで、ジャンク品や骨董品、古着、小物を扱う露店があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Denise Brook(@denisebrookstudio)がシェアした投稿

シャウマインカイは、マイン川のほとりに9つの博物館が並んでおり、蚤の市と博物館をセットで楽しむことができます。また、近くには多くのカフェやビストロ、小さなレストランもあります。

オストハーフェン(Osthafen)蚤の市

一方、オストハーフェン(Osthafen)は、本物の港の魅力でまったく違う一面を見せてくれます。リンドレー通りはシュヴェードラー湖と平行して走っており、フランクフルトの市街地を美しく見渡すことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

michael von ostend.(@pupille1968)がシェアした投稿

ここでは、本やレコードなどの典型的な蚤の市の商品だけでなく、磁器や美術工芸品も販売されています。個人の蚤の市もあれば、プロの蚤の市もあり、中には高品質のアンティーク家具や装飾品もあります。

また、蚤の市では、主に生活用品や道具、CDなどの新商品を扱う店もあります。その結果、誰もが楽しめるバラエティに富んだ内容となっています。

会場周辺には、スナックやカフェ、ビストロが多数あり、休憩にも最適です。

基本情報

名前 シャウメイカイ&リンドリーストリートのフリーマーケット
Flohmarkt am Schaumainkai & der Lindleystraße
開催日 毎週土曜日(祝日を除く)
時間  9 a.m. – 2 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 古着、家具、ダイニングテーブル、大型調理器具、アクセサリー、ヘアアクセサリー、ジュエリー、骨董品/工芸品
住所
Schaumainkai 13, Frankfurt am Main, Germany, 60594

Flohmarkt Osthafen, Lindleystraße 60314 Frankfurt am Main,Germany

詳細 公式ホームページ

地図

シャウマインカイ(Schaumainkai)蚤の市

場所:アイゼルネム・シュテッグとホルベインシュテッグの間

シャウマインカイへの行き方:U1、U2、U3、U8で「Schweizer Platz」駅まで行き、Schweizer Straßeに沿ってシャウマインカイまで歩いてください。

オストハーフェン(Osthafen)蚤の市

リンドレーシュトラーセへの行き方:U6で「Ostbahnhof」まで行くか、ドイツ鉄道のローカル線で「Frankfurt (Main) Ost」まで行きます。その後、Hanauer LandstraßeをOsthafenplatzまで歩くと、Lindleystraßeに到着します。

ドイツで人気のフリーマーケット



使って良かったおすすめのホテル予約サイト

  • 10泊すると1泊無料
  • 30%以上割引
  • 安心のエクスペディア・グループ
10万軒以上のホテルをチェック

関連記事

デュッセルドルフのウルメンマルクト / Ulmenmarkt
毎週第2土曜日に、ブルメン・グロースマルクトの敷地内で開催されるフリーマーケット。上質な生鮮食品で来場者を魅了します。ウルメンマーケットは、多くのデュッセルドルフ市民にとって、週末の待ち合わせ場所として人気があります。 [editorial-rating ...
デュッセルドルフのP1蚤の市 / Trödel- & Sammlermarkt Düsseldorf P1
ドイツでも有数の蚤の市 デュッセルドルフのP1見本市駐車場で開かれるフリーマーケット。ドイツでも有数の蚤の市で、その規模の大きさと品揃えの豊富さで知られています。1992年に設立されたこの蚤の市は、今では国内最大級の規模に成長しました。 このマーケットは、蚤の市愛好家やアンティーク・コレクターにとってのパラダイスであり、ドイツの効率性、整理整頓、清潔さの典型を体現したような、巨大でありながら驚くほどよく整理された、整然とした広大なショッピングを体験できます。 [editorial-rating ...
フロージン蚤の市 / FlohZinn
毎月第一日曜日、ハンブルクで最も和やかな蚤の市が、ヴィルヘルムスブルクのジンヴェルケ周辺で開催され、コレクターの心を躍らせます。 [editorial-rating ...
ブレーメン・ヴェーザー蚤の市 / Bremer Weserflohmarkt
毎週土曜日にヴェーザー川のほとりで開かれるアンティーク・フリーマーケット。ブレーメンで最も有名な蚤の市のひとつです。衣料品、ゲーム、書籍、電化製品、宝飾品、食器、装飾品など、あらゆる種類のガラクタがここで見つかります。4月初旬から10月末までの毎週土曜日、8時から14時まで、天候に左右されることなく並びます。 [editorial-rating ...
ファインコスト・フローマルクト / Feinkost Flohmarkt
ライプツィヒのスュードヴォルシュタット(Südvorstadt)地区の蚤の市。かつてビール工場があった場所で開催されています。日用品から珍しいもの、美術品や工芸品など、幅広い品揃えが魅力です。 [editorial-rating ...
トレンペルマルクト・ニュルンベルク / Trempelmarkt Nuremberg
ドイツ最大の屋台フリーマーケット ニュルンベルクのフリーマーケット。ドイツで最も規模が大きいことで知られています。トレンペル・マルクトはショッピングだけでなく、地域が一体となる文化的なイベントでもあります。屋台や生演奏がお祭りの雰囲気を盛り上げ、家族連れからお年寄りまで楽しめます。 [editorial-rating ...
アーヘナー・プラッツの蚤の市 / Trödelmarkt am Aachener Platz
デュッセルドルフ・ビルクで開かれるフリーマーケット。絨毯やシャンデリア、油絵をお探しでしたら、パリジェンヌのセンスとメイドインジャーマニーの魅力がミックスされた雰囲気に惚れ込むでしょう。 [editorial-rating ...