Your Cart

オーストリアの首都ウィーンの観光名所20選

ウィーンの必見スポット

ウィーンの魅力を解き明かす

オーストリアの首都ウィーンは、その豊かな歴史、華麗な宮殿、ワールドクラスの美術館、そして活気ある文化シーンで訪れる人々を魅了します。この都市は、帝政時代の壮麗さと現代的な魅力が融合した独特の雰囲気を誇り、カフェではモーツァルトの旋律が流れ、淹れたてのコーヒーの香りが漂うなど、まるで時を超えたかのような体験が楽しめます。

このガイドでは、何世紀もの歴史と芸術が交差するウィーンのベストスポット20を紹介します。ハプスブルク王朝の夏の離宮であるシェーンブルン宮殿や、壮麗なシュテファン大聖堂の尖塔など、ウィーンの建築美に息をのむことでしょう。

美術愛好家なら、美術史美術館やアルベルティーナ美術館のコレクションに感嘆し、音楽ファンならウィーン国立歌劇場の素晴らしさを体験できるはずです。ウィーン動物園や自然史博物館では、自然界の驚異に触れ、フンデルトヴァッサーハウスのユニークな建築を散策する楽しさも味わえます。

ホーフブルク王宮やスペイン乗馬学校、ホロコースト記念館では、ウィーンの豊かな文化遺産を堪能してください。ドナウトゥルムからのパノラマビューに驚嘆し、聖カレル教会のバロック様式の美しさに心を癒され、ジークムント・フロイト博物館で彼の精神世界を探訪することもできます。

歴史、芸術、音楽、文化が見事に融合するウィーンのトップアトラクションを巡る忘れられない旅に出かけましょう。ウィーンの魅力にとりつかれ、この街が世界中の旅行者を引きつける理由を発見してください。

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿は、その歴史的・文化的価値、美しい建築と庭園から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

シェーンブルン宮殿は、ヨーロッパで最も美しいバロック様式の宮殿の一つです。18世紀に建てられたこの宮殿は、豪華なファサードや内装が特徴で、1,441もの部屋があります。大ギャラリーやミリオンの間など、見どころがたくさんあります。

シェーンブルン宮殿は、広大な庭園と公園も魅力の一つです。バロック様式の庭園には、噴水や彫像、グロリエッテなどの美しい建造物が点在しています。庭園を散策しながら、宮殿の美しい姿を眺めることができます。

シェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家の夏の離宮として使用されていました。皇帝の居室やマリア・テレジア女帝の部屋などを見学することで、当時の暮らしぶりを垣間見ることができます。宮殿の歴史を知ると、より深くその魅力を理解できます。

シェーンブルン宮殿は、ユネスコ世界遺産に登録されています。その歴史的、建築的、文化的価値が認められ、1996年に世界遺産に登録されました。世界遺産であることから、世界中から多くの観光客が訪れています。

シェーンブルン宮殿には、様々なアトラクションがあります。馬車博物館、子供博物館、マリオネット劇場、パームハウスなど、大人から子供まで楽しめる施設が充実しています。宮殿見学だけでなく、様々な体験ができるのも魅力です。

ウィーンを訪れる際は、ぜひシェーンブルン宮殿に足を運んで、その壮大なスケールと美しさを体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vienna 🇦🇹(@vienna_austria)がシェアした投稿

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂は、その歴史的・文化的意義、美しい建築から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

シュテファン大聖堂は、ウィーンのシンボルとも言える象徴的な建物です。高さ136メートルの南塔は、ウィーンの街並みを一望できる絶景ポイントとして人気があります。晴れた日には、遠くの山々まで見渡せる素晴らしい景色を楽しめます。

シュテファン大聖堂は、12世紀に建設が始まり、長い歴史を持っています。モーツァルトの結婚式や葬儀が行われた場所としても知られており、ウィーンの歴史において重要な役割を果たしてきました。大聖堂の地下には、ハプスブルク家の人々の墓があるカタコンベがあり、歴史を感じることができます。

シュテファン大聖堂は、ゴシック建築の傑作です。複雑な装飾が施された外観や、荘厳な雰囲気の内装は、訪れる人々を圧倒します。ステンドグラスや彫刻、絵画など、見どころがたくさんあります。

シュテファン大聖堂では、年間を通して様々なイベントが開催されています。ミサやコンサート、展覧会など、様々なイベントを通して、オーストリアの文化に触れることができます。特に、クリスマスの時期には、クリスマスマーケットが開催され、多くの人々で賑わいます。

シュテファン大聖堂は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。地下鉄やトラムの駅から徒歩圏内であり、周辺にはレストランやショップもたくさんあります。ウィーン観光の拠点としても、非常に便利な場所です。

ぜひウィーンを訪れる際は、シュテファン大聖堂に足を運んで、その荘厳な雰囲気を体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gooson Joe(@gooson_)がシェアした投稿

ホーフブルク王宮

ホーフブルク王宮は、壮大な建築、貴重なコレクションから、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

ホーフブルク王宮は、600年以上にわたりハプスブルク家の居城として使用され、ヨーロッパの歴史において重要な役割を果たしてきました。広大な帝国の政治の中心地として機能し、その歴史的価値は計り知れません。例えば、皇帝の居室では、当時の皇帝たちの豪華な暮らしぶりを垣間見ることができます。

ホーフブルク王宮は、様々な建築様式が融合した美しい建物です。ゴシック様式からバロック様式まで、様々な時代の建築様式が取り入れられており、その美しい姿は訪れる人々を魅了します。特に、バロック様式のレドゥーテンゼーレの間や、ルネサンス建築のインペリアル・チャペルは必見です。

ホーフブルク王宮には、貴重なコレクションが収蔵されています。インペリアル・シルバー・コレクションでは、豪華な食器を見ることができますし、インペリアル・トレジャリーでは、神聖ローマ帝国の王冠の宝石や遺物を鑑賞できます。これらのコレクションは、ハプスブルク家の栄華を物語る貴重な資料です。

ホーフブルク王宮には、スペイン乗馬学校があります。16世紀から続く伝統を持つスペイン乗馬学校では、美しいリピッツァーナー種の馬の演技を見ることができます。馬術に興味がある方はもちろん、そうでない方も楽しめるショーです。

ホーフブルク王宮は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。地下鉄やトラムの駅から徒歩圏内であり、周辺にはレストランやショップもたくさんあります。ウィーン観光の拠点としても、非常に便利な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Withall(@dannyboywonder1)がシェアした投稿

美術史美術館

ウィーン美術史美術館は、世界的に有名な美術コレクションから、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

ウィーン美術史美術館は、古代から19世紀までの幅広い美術コレクションを所蔵しています。ラファエロ、フェルメール、ルーベンスなど、著名な画家の傑作を鑑賞できます。特に、ブリューゲルのコレクションは世界最大規模です。美術愛好家にとっては、見逃せない美術館と言えるでしょう。

ウィーン美術史美術館は、建物自体も芸術作品です。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の命により、20年の歳月をかけて建設されたこの美術館は、ネオ・ルネッサンス様式の壮大な建築が特徴です。大理石の階段や豪華な内装は、まるで宮殿にいるかのような気分を味わえます。

ウィーン美術史美術館は、絵画だけでなく、様々なコレクションを所蔵しています。古代エジプトや中東の美術品、工芸品、コインなど、多岐にわたるコレクションを見ることができます。美術史だけでなく、古代文明や文化に興味がある方にもおすすめです。

また、ウィーン美術史美術館では、ガイドツアーやオーディオガイドを利用できます。専門家による解説を聞きながら作品を鑑賞することで、より深く理解することができます。日本語のオーディオガイドも用意されているので、言葉の心配もありません。

ウィーン美術史美術館では、特別展やイベントも開催されています。定期的に開催される特別展では、普段は見ることのできない貴重な作品が展示されることもあります。美術史美術館のウェブサイトで、最新のイベント情報をチェックしてみてください。

ウィーン美術史美術館は、美術に興味がある方はもちろん、そうでない方でも楽しめる場所です。ぜひウィーンを訪れる際は、美術史美術館に足を運んで、その魅力を体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Kobold(@martinkoboldhh)がシェアした投稿

ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿は、その美しいバロック建築、世界的に有名な美術コレクション、そして魅力的な庭園から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

ベルヴェデーレ宮殿は、18世紀に建てられたバロック様式の宮殿で、その美しい建築が魅力です。著名な建築家ヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントによって設計され、エレガントなファサードや豪華な内装が特徴です。宮殿内には、鏡の回廊やマリア・テレジア女帝の居室など、見どころがたくさんあります。

ベルヴェデーレ宮殿は、世界最大のグスタフ・クリムトのコレクションを所蔵しています。クリムトの代表作「接吻」をはじめ、多くの作品を鑑賞できます。クリムトファンにとっては、必見の場所と言えるでしょう。

ベルヴェデーレ宮殿には、中世から現代までのオーストリア美術のコレクションも展示されています。エゴン・シーレやオスカー・ココシュカなど、オーストリアを代表する画家の作品を見ることができます。美術に興味がある方は、ぜひ訪れてみてください。

ベルヴェデーレ宮殿には、美しいバロック庭園があります。フランス式庭園の要素を取り入れた庭園は、左右対称の花壇や噴水、彫刻などが美しく配置されています。庭園を散策しながら、宮殿の美しい姿を眺めることができます。

ベルヴェデーレ宮殿は、オーストリアの歴史においても重要な役割を果たしてきました。1955年には、オーストリア国家条約がここで調印され、オーストリアの独立が回復しました。宮殿の歴史を知ると、その存在意義をより深く理解することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vienna | Wien 🇦🇹(@insta.vienna)がシェアした投稿

ウィーン動物園 (シェーンブルン庭園)

ウィーン動物園は、1752年に設立された世界最古の動物園です。270年以上の歴史を持ち、かつてはハプスブルク家の宮廷動物園として利用されていました。動物園の歴史に興味がある方は、当時の様子を伝える展示を見ることができます。

ウィーン動物園は、ユネスコ世界遺産に登録されているシェーンブルン宮殿の敷地内にあります。美しい宮殿と庭園に囲まれた動物園は、まるで別世界のような雰囲気です。宮殿見学と合わせて動物園を訪れることで、より充実した時間を過ごせます。

ウィーン動物園には、700種以上の動物が飼育されています。ジャイアントパンダ、オランウータン、ゾウなど、世界中から集められた様々な動物を見ることができます。特に、ジャイアントパンダの繁殖に成功していることは、動物園の大きな魅力の一つです。

ウィーン動物園は、動物たちの自然な生息環境を再現した展示が特徴です。熱帯雨林ハウスやホッキョクグマの世界など、動物たちが快適に過ごせるように工夫された展示は、見応えがあります。動物たちの生き生きとした姿を観察することができます。

ウィーン動物園は、絶滅危惧種の保護や研究にも力を入れています。様々な保護プロジェクトや研究イニシアティブに参加しており、動物福祉と自然保護に貢献しています。動物園の活動を通して、環境問題について考えるきっかけにもなるでしょう。

ウィーン動物園は、動物好きの方だけでなく、家族連れやカップルにもおすすめです。ぜひウィーンを訪れる際は、ウィーン動物園に足を運んで、その魅力を体感してみてください。

アルベルティーナ美術館

アルベルティーナ美術館は、その世界的に有名な美術コレクション、多様な展示から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

アルベルティーナ美術館は、印象派から現代美術までの幅広いコレクションを誇ります。モネ、ピカソ、シャガールなど、著名な画家の傑作を鑑賞できます。特に、デューラーの水彩画「若いウサギ」は必見です。美術愛好家にとっては、見逃せない美術館と言えるでしょう。

アルベルティーナ美術館は、絵画だけでなく、素描や版画、写真など、様々な作品を所蔵しています。約65,000点の素描や100万点の版画など、膨大なコレクションは、美術史を学ぶ上で貴重な資料となっています。美術に興味がある方はもちろん、そうでない方でも、その多様なコレクションに圧倒されることでしょう。

アルベルティーナ美術館では、定期的に特別展が開催されています。過去には、デューラーやムンク、ゴッホなどの特別展が開催され、いずれも大盛況でした。特別展の情報は、美術館のウェブサイトで確認できます。

アルベルティーナ美術館は、ハプスブルク家の旧居を改装した建物で、その建築も魅力的です。豪華な内装や、建築家ハンス・ホラインによる特徴的な翼型の屋根は、一見の価値があります。美術館を訪れる際は、建物の外観や内装にも注目してみてください。

アルベルティーナ美術館は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。地下鉄やトラムの駅から近く、他の観光スポットへのアクセスも容易です。ウィーン観光の拠点として、非常に便利な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

René Kuhn(@renekuhn70)がシェアした投稿

ウィーンの大観覧車(リーゼンラート)

ウィーンの大観覧車は、ウィーンを象徴するランドマークです。1897年に建てられたこの観覧車は、ウィーンのスカイラインを彩るシンボルとして、遠くからでもその姿を見ることができます。その特徴的な赤いゴンドラは、ウィーンの風景に欠かせない存在となっています。

大観覧車からは、ウィーンの街並みを一望できます。約65メートルの高さから、ウィーンの歴史的な建造物やドナウ川、周辺の景色を360度見渡すことができます。晴れた日には、遠くの山々まで見渡せる絶景が広がります。

大観覧車は、100年以上の歴史を持つ、ウィーンの文化遺産でもあります。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の即位50周年を記念して建設され、以来、ウィーンの人々に愛されてきました。観覧車に乗ることで、ウィーンの歴史と文化を感じることができます。

大観覧車では、様々な体験ができます。通常の乗車だけでなく、キャンドルライトディナーやカクテルレセプションなど、特別なプランも用意されています。

ロマンチックな雰囲気の中で、特別な時間を過ごしたい方におすすめです。大観覧車は、映画「第三の男」など、数々の映画の舞台にもなっています。映画ファンにとっては、聖地巡礼のような場所と言えるでしょう。映画のシーンを思い出しながら、観覧車からの景色を楽しむことができます。

ウィーンの大観覧車は、歴史、文化、景色、そしてエンターテイメントが融合した、ウィーンの魅力が詰まった場所です。ウィーンを訪れる際は、ぜひ大観覧車に乗って、その素晴らしい景色を堪能してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seal Commander(@sealcommander)がシェアした投稿

ミュージアムクォーター

ウィーンのミュージアムクォーター(MQ)は、その多様な文化施設、歴史とモダンが融合した建築から、観光客に人気のスポットです。

MQには、レオポルド美術館やMUMOK(近代美術館)など、世界的に有名な美術館が集まっています。これらの美術館では、エゴン・シーレやグスタフ・クリムトなど、オーストリアを代表する芸術家の作品をはじめ、幅広いジャンルの現代美術を鑑賞できます。美術愛好家にとっては、一日中いても飽きない場所と言えるでしょう。

MQの建物は、18~19世紀の歴史的建造物と現代建築が融合したユニークな空間です。バロック様式の旧帝国厩舎と、ガラス張りのモダンな美術館が共存する風景は、訪れる人々に新鮮な驚きを与えます。建築に興味がある方は、建物のデザインや素材にも注目してみてください。

MQの中庭は、都会のオアシスとして、地元の人々や観光客に人気の憩いの場です。カフェやレストラン、ショップが並び、ゆったりとくつろげる空間が広がっています。夏には、屋外でのイベントや展示会も開催され、多くの人々で賑わいます。

MQでは、年間を通して様々な文化イベントが開催されています。アート、音楽、ダンス、ファッションなど、幅広いジャンルのイベントが楽しめます。イベント情報は、MQのウェブサイトで確認できます。

MQは、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。地下鉄やトラムの駅から徒歩圏内であり、他の観光スポットへのアクセスも容易です。ウィーン観光の拠点としても、非常に便利な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MQ – MuseumsQuartier Wien(@mqwien)がシェアした投稿

プラーター遊園地

プラーター遊園地は、多様なアトラクション、手頃な価格、そして独特の雰囲気から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

プラーター遊園地は、1766年に開園した歴史ある遊園地です。250年以上の歴史を持ち、ウィーンの文化と歴史に深く根付いています。園内には、1895年に設立されたヴルステルプラーター遊園地エリアがあり、当時のアトラクションの多くが今も残っています。

プラーター遊園地には、象徴的な大観覧車「ウィーン・リーゼンラート」があります。1897年に建てられたこの観覧車は、ウィーンのシンボルとして親しまれており、映画「第三の男」にも登場しました。観覧車からは、ウィーンの街並みを一望できます。

プラーター遊園地には、250以上のアトラクションがあります。古典的なメリーゴーランドから最新の絶叫マシンまで、子供から大人まで楽しめるアトラクションが揃っています。世界一高い回転木馬やミニ鉄道、マダム・タッソー蝋人形館など、見どころ満載です。

プラーター遊園地は、入場無料です。アトラクションごとにチケットを購入するシステムなので、予算に合わせて楽しめます。家族連れやグループ旅行でも、気軽に利用できます。

プラーター遊園地は、広大な公園の中にあります。遊園地エリアだけでなく、緑豊かな公園や遊歩道もあり、リラックスして過ごすことができます。遊園地で遊んだ後は、公園でピクニックをするのもおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wiener Prater(@wien_prater)がシェアした投稿

フンデルトヴァッサーハウス

フンデルトヴァッサーハウスは、そのユニークな建築、芸術的価値、そしてウィーンの創造性を象徴する存在として、観光客に人気のスポットです。

フンデルトヴァッサーハウスは、その独特でカラフルな外観が特徴です。オーストリアの芸術家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーによって設計されたこの建物は、直線を排した有機的なフォルムと鮮やかな色彩が目を引きます。例えば、建物には、波打つような壁やカラフルなタイル、木々が生い茂るバルコニーなど、自然をモチーフにしたデザインが施されています。

フンデルトヴァッサーハウスは、フンデルトヴァッサーの芸術的ビジョンと哲学を体現した建物です。彼は、自然との調和を重視し、人間と自然が共存できる建築を目指しました。例えば、屋上庭園や不規則な形の窓など、自然の要素を建物に取り入れることで、人間と自然の調和を表現しています。

フンデルトヴァッサーハウスは、写真映えするスポットとしても人気です。そのカラフルで個性的な外観は、SNS映えすること間違いなしです。多くの観光客が、様々な角度から写真を撮って楽しんでいます。

フンデルトヴァッサーハウスは、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。地下鉄やトラムの駅から徒歩圏内にあるため、気軽に訪れることができます。ウィーン国立歌劇場やシュテファン大聖堂など、他の観光スポットへのアクセスも良好です。

フンデルトヴァッサーハウスは、ウィーンの芸術精神を象徴する存在です。型にはまらない自由な発想と、自然との調和を重視する姿勢は、ウィーンの芸術文化を象徴しています。フンデルトヴァッサーハウスを訪れることで、ウィーンの創造的なエネルギーを感じることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beyza Celik(@6eyza)がシェアした投稿

ウィーン国立歌劇場

ウィーン国立歌劇場は、その世界的な名声、美しい建築、そして手頃な価格の公演から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

ウィーン国立歌劇場は、世界有数のオペラハウスとして知られています。グスタフ・マーラーやリヒャルト・シュトラウスなど、著名な作曲家や指揮者が活躍した歴史があり、現在も年間50~60ものオペラ作品を上演しています。ほぼ毎日異なるオペラが上演されているため、訪れるたびに新しい発見があります。

ウィーン国立歌劇場は、ネオ・ルネサンス様式の美しい建築が特徴です。第二次世界大戦で被害を受けながらも再建された建物は、豪華な内装や装飾が施されており、訪れる人々を魅了します。大階段やフレスコ画のあるシュヴィンド・ホワイエ、マーブル・ホールなど、見どころがたくさんあります。

ウィーン国立歌劇場は、1869年の設立以来、ウィーンの音楽文化の中心地として重要な役割を果たしてきました。数々の有名なオペラの初演が行われた場所であり、多くの音楽家や観客に愛されてきました。ウィーン国立歌劇場の歴史を知ることで、オペラ鑑賞がより一層楽しめるでしょう。

ウィーン国立歌劇場では、手頃な価格でオペラを楽しめます。立見席のチケットは4ユーロから購入でき、オペラ座の外で無料でライブ上映される公演もあります。気軽にオペラを楽しめる機会を提供していることは、観光客にとって大きな魅力です。

ウィーン国立歌劇場は、ウィーンの音楽遺産を語る上で欠かせない存在です。モーツァルトやベートーヴェンなど、多くの著名な作曲家が活躍したウィーンは、「音楽の都」として知られています。ウィーン国立歌劇場は、その音楽的伝統を今に伝える重要な場所であり、音楽愛好家にとっては聖地とも言えるでしょう。

ウィーン国立歌劇場は、音楽、歴史、建築が融合した、ウィーンの魅力が詰まった場所です。ぜひウィーンを訪れる際は、ウィーン国立歌劇場で、世界最高峰のオペラを体験してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wiener Staatsoper(@wienerstaatsoper)がシェアした投稿

ウィーン自然史博物館

ウィーン自然史博物館は、その豊富なコレクション、貴重な展示品から、観光客に人気のスポットです。

ウィーン自然史博物館は、3000万点を超える膨大なコレクションを誇ります。鉱物、隕石、化石、恐竜、先史時代の遺物など、自然史に関する様々な分野の展示が充実しています。世界最大級の隕石コレクションや、貴重な恐竜の骨格標本は、見逃せません。

ウィーン自然史博物館には、世界的に有名な展示品が数多くあります。「ヴィレンドルフのヴィーナス」やステラー海牛の遺骨など、教科書で見たことのあるような貴重な展示品を間近で見ることができます。これらの展示品は、人類の歴史や進化について考えるきっかけを与えてくれます。

ウィーン自然史博物館は、歴史的な建物の中にあります。19世紀末に建てられたネオ・ルネッサンス様式の建物は、それ自体が芸術作品と言えるほどの美しさです。豪華な内装や装飾は、訪れる人々を魅了します。

ウィーン自然史博物館は、最新の展示方法を取り入れています。デジタルプラネタリウムやマルチメディアステーション、実物そっくりの恐竜の模型など、子供から大人まで楽しめる展示が充実しています。楽しみながら自然科学について学ぶことができます。

ウィーン自然史博物館は、最先端の研究機関でもあります。約60名の科学者が、地球科学、生命科学、人間科学などの研究を行っています。博物館の展示や教育プログラムは、最新の研究成果に基づいており、信頼性の高い情報を得ることができます。

ウィーン自然史博物館は、自然科学に興味がある方はもちろん、そうでない方でも楽しめる場所です。ぜひウィーンを訪れる際は、自然史博物館に足を運んで、その魅力を体感してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wien | Vienna(@vienna)がシェアした投稿

ウィーン市庁舎

ウィーン市庁舎は、その美しい建築、ウィーンの象徴としての地位から、観光客に人気のスポットです。

ウィーン市庁舎は、ネオ・ゴシック様式の壮麗な建築が特徴です。高い塔や精巧な装飾が施された外観は、見る者を圧倒します。特に、市庁舎のシンボルである「ラートハウスマン」像は、写真撮影スポットとしても人気です。

ウィーン市庁舎は、1世紀以上にわたり、ウィーンの政治と文化の中心地として重要な役割を果たしてきました。ハプスブルク時代に建てられたこの建物は、ウィーンの歴史を語る上で欠かせない存在です。無料のガイドツアーに参加すれば、市庁舎の歴史や機能について詳しく知ることができます。

ウィーン市庁舎前の広場では、年間を通して様々なイベントが開催されます。クリスマス・マーケットやアイススケートイベント、映画祭など、季節ごとに異なるイベントが楽しめます。特に、冬のクリスマスマーケットは、幻想的な雰囲気で多くの人々を魅了します。

ウィーン市庁舎は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。周辺には、ブルク劇場や市庁舎公園など、他の観光スポットもたくさんあります。ウィーン観光の拠点としても、非常に便利な場所です。

ウィーン市庁舎は、ウィーンのシンボルとして、多くの人々に愛されています。その美しい姿は、ウィーンの街並みに欠かせない存在となっています。ポストカードやマグカップなど、ウィーン市庁舎をモチーフにしたお土産も人気です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BernieB(@berniebernadette27)がシェアした投稿

スペイン乗馬学校

スペイン乗馬学校は、その長い歴史、美しい馬術、そして伝統的な雰囲気から、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

スペイン乗馬学校は、450年以上の歴史を持つ世界最古の乗馬学校です。ルネサンス期から続く古典的な馬術の伝統を守り続けており、その技術はユネスコ無形文化遺産にも登録されています。例えば、学校で飼育されているリピッツァーナー種は、16世紀にスペインから輸入された馬を起源とする、優雅で高貴な白馬です。

スペイン乗馬学校では、リピッツァーナー種による華麗な馬術を見ることができます。騎手と馬が一体となって繰り広げる高度な馬術は、見る者を魅了します。バロック様式の美しいホールで、クリスタルのシャンデリアの光の下で行われるショーは、まさに圧巻です。

スペイン乗馬学校では、朝のトレーニングを見学することもできます。「モルゲナーバイト」と呼ばれるトレーニングでは、騎手と馬が何年もかけて練習を重ねる様子を見ることができます。馬術の技術だけでなく、馬と騎手の絆の深さを感じることができます。

スペイン乗馬学校は、伝統と格式を重んじる場所です。騎手の正装や馬の丁寧に編まれたたてがみなど、細部までこだわりが感じられます。ショーの冒頭には、皇帝シャルル6世の肖像画に敬礼する儀式が行われ、厳粛な雰囲気に包まれます。

スペイン乗馬学校は、ウィーン中心部のホーフブルク王宮内にあります。アクセスも良く、ウィーン観光の際に気軽に立ち寄ることができます。王宮内の他の施設と合わせて見学するのもおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex M-W(@a.munslowwood)がシェアした投稿

聖ペーター教会 

聖ペーター教会は、18世紀に建てられたバロック建築の傑作です。バチカンのサン・ピエトロ大聖堂をモデルにした外観は、荘厳なドームが特徴です。内部には、豪華な装飾やフレスコ画、彫刻が施されており、その美しさは訪れる人々を魅了します。

聖ペーター教会は、4世紀後半から続く長い歴史を持っています。現在の教会は18世紀に建てられたものですが、その歴史はさらに古く、ウィーンの宗教的・文化的遺産を物語る場所です。教会の歴史について詳しく知りたい方は、無料のガイドツアーに参加するのがおすすめです。

聖ペーター教会は、ウィーン中心部の歩行者天国に位置しており、アクセスも便利です。グラーベンという歩行者天国からすぐの場所にあり、観光の途中で気軽に立ち寄ることができます。周辺には、カフェやレストラン、ショップなどもあるので、休憩にも便利です。

聖ペーター教会では、定期的にオルガンリサイタルやコンサートが開催されています。1751年に建てられたバロック様式のオルガンは、その美しい音色で人々を魅了します。教会の荘厳な雰囲気の中で聴く音楽は、特別な体験となるでしょう。

聖ペーター教会は、静かで落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと過ごせる場所です。祈りを捧げたり、美しい内装を鑑賞したり、思い思いの時間を過ごすことができます。都会の喧騒を離れて、心穏やかな時間を過ごしたい方におすすめです。

聖ペーター教会は、建築、歴史、音楽、そして静寂が調和した、ウィーンの魅力が詰まった場所です。ウィーンを訪れる際は、ぜひ聖ペーター教会に足を運んで、その荘厳な雰囲気を体感してみてください。

ドナウタワー

ドナウタワーは、ウィーンの街並みを一望できる絶景スポットで、その魅力的な特徴から観光客に人気の場所です。

ドナウタワーは、オーストリアで最も高い建造物であり、展望台からは360度のパノラマビューを楽しめます。高さ252メートルの展望台からは、ウィーン市街地はもちろん、遠くの山々やドナウ川まで見渡すことができます。晴れた日には、スロバキアのブラチスラヴァまで見えることもあるそうです。

ドナウタワーには、回転式のレストランとカフェがあります。食事をしながら景色が変わるので、飽きることなく楽しめます。特に夜景は美しく、ロマンチックなディナーにぴったりです。

ドナウタワーは、ウィーン中心部からのアクセスも便利です。地下鉄U1線で簡単に行くことができ、周辺にはドナウパークという広大な公園もあります。公園でピクニックをした後、ドナウタワーに登って景色を楽しむのも良いでしょう。

ドナウタワーは、ウィーンの近代的なランドマークとして親しまれています。1964年のウィーン国際園芸博覧会のために建設され、その特徴的なシルエットは、ウィーンの街並みに欠かせない存在となっています。夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出します。

ドナウタワーは、歴史的にも重要な場所です。1983年にはローマ法王ヨハネ・パウロ2世が訪れ、ミサを行いました。また、2001年には保護歴史建造物に指定されました。ドナウタワーの歴史を知ると、その存在意義をより深く理解できます。

ぜひウィーンを訪れる際は、ドナウタワーに登って、その素晴らしい景色を堪能してみてください。

カールス教会(聖カレル教会)

カールス教会は、その美しいバロック建築、豊かな歴史などから、ウィーンを訪れる観光客に人気のスポットです。

カールス教会は、バロック建築の傑作として知られています。ギリシャ風ポルティコ、ローマ時代の円柱、ドームなど、様々な建築様式が融合したユニークな外観が特徴です。教会内部も豪華な装飾で彩られており、その美しさは訪れる人々を魅了します。

カールス教会は、18世紀初頭のペスト大流行の際に、皇帝カール6世が聖カレル・ボッロメオに捧げた教会です。教会の建設は、キリスト教の中心地としてのウィーンの地位を高める目的もありました。教会の歴史を知ると、その存在意義をより深く理解することができます。

カールス教会のドームからは、ウィーンの街並みを一望できます。高さ約32メートルのドームには、パノラマエレベーターで登ることができ、そこから見える景色は絶景です。展望台からは、カールスプラッツやレッセル公園など、周辺の美しい景色を一望できます。

カールス教会では、定期的にクラシックコンサートが開催されています。モーツァルトやヴィヴァルディなどの名曲が演奏され、教会の荘厳な雰囲気の中で音楽を楽しむことができます。音楽好きの方には、ぜひコンサート情報をチェックして訪れていただきたいスポットです。

カールス教会は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも便利です。カールスプラッツという広場に面しており、地下鉄やトラムの駅からも近いため、気軽に訪れることができます。周辺には、ウィーン博物館や楽友協会など、他の観光スポットもたくさんあるので、合わせて訪れるのもおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Irina Binder(@irina_binder)がシェアした投稿

ユーデンプラッツ・ホロコースト記念館

ユダヤ広場ホロコースト記念碑は、ホロコーストの記憶を後世に伝えるとともに、平和の大切さを訴えかける場所です。

この記念碑は、独特で印象的なデザインが特徴です。著名なアーティスト、レイチェル・ホワイトリードによって設計されたこの記念碑は、逆さまの本が並ぶ図書館のような形をしており、ホロコーストの悲劇を象徴しています。閉ざされた扉や読めない本は、犠牲者の語られざる物語や失われた命を表現しています。

この記念碑は、ホロコーストの犠牲者を追悼する場所です。ナチスによって殺害された6万5千人のオーストリア系ユダヤ人の名前が刻まれており、その歴史的意義は計り知れません。訪れる人々は、この記念碑の前で犠牲者を悼み、歴史の教訓を心に刻みます。

この記念碑は、ユダヤ人の歴史と文化の中心地であるユダヤ広場に位置しています。広場には、中世のシナゴーグ跡やユダヤ博物館があり、ユダヤ人の歴史や文化について学ぶことができます。記念碑と合わせてこれらの場所を訪れることで、ホロコーストの歴史的背景をより深く理解することができます。

この記念碑は、訪れる人々に深い感情的な影響を与えます。その荒涼としたデザインと、それが象徴する悲劇的な出来事は、見る者に深い悲しみと哀悼の念を抱かせます。記念碑の前では、多くの人々が静かに祈りを捧げたり、涙を流したりする姿が見られます。

この記念碑は、ウィーンの中心部に位置しており、アクセスも容易です。年中無休で一般公開されており、入場も無料です。ウィーン観光の際に、気軽に立ち寄ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

David M. Merlo(@merlodm)がシェアした投稿

ジークムント・フロイト博物館

ジークムント・フロイト博物館は、精神分析やフロイトの生涯に興味がある方はもちろん、そうでない方にとっても、興味深い展示や美しい建物が楽しめる場所です。

ジークムント・フロイト博物館は、精神分析が生まれた場所です。フロイトは、ここで47年間暮らし、精神分析の理論を確立しました。彼の診療室や書斎など、当時の様子を再現した展示を見ることができます。

ジークムント・フロイト博物館では、フロイトの生涯や研究について詳しく知ることができます。フロイトの私物や写真、著作の初版本などが展示されています。彼の家族や友人との関係、精神分析理論の変遷などを知ることができます。

ジークムント・フロイト博物館には、フロイトが実際に使用していた部屋が保存されています。待合室や診療室など、当時の雰囲気がそのまま残されています。これらの部屋を見学することで、フロイトの生活や仕事の様子を垣間見ることができます。

ジークムント・フロイト博物館では、特別展やイベントも開催されています。フロイトの芸術や文化への影響など、様々なテーマの展示や講演会が行われています。最新の研究成果や、フロイトの新たな側面を発見できるかもしれません。

ジークムント・フロイト博物館には、ヨーロッパ最大の精神分析研究図書館があります。35,000冊以上の蔵書があり、研究者や学生にとって貴重な資料となっています。図書館は一般公開されており、誰でも利用することができます。

まとめ

歴史と文化、そして建築の壮麗さに彩られた都市ウィーンは、まさに旅行者の心を魅了する体験の宝庫です。この記事で紹介した20の見どころは、ウィーンの壮麗さと魅力を体験するためのほんの始まりに過ぎません。

シェーンブルン宮殿やシュテファン大聖堂など、ウィーンの建築物は見る者すべてを圧倒します。美術史博物館やアルベルティーナ美術館では、ウィーンの芸術遺産が生き生きと蘇り、ウィーン国立歌劇場では不朽のクラシック音楽が響き渡ります。

さらに、ウィーンの中心部から少し足を伸ばせば、フンデルトヴァッサーハウスの気まぐれな世界や、静寂に包まれたウィーン動物園など、魅力的な発見がたくさんあります。

ウィーンの旅を振り返ると、その魅力的な街並み、壮麗な宮殿、温かいもてなしの心など、大切な思い出が心に刻まれることでしょう。帝政時代の面影、活気あふれる文化シーン、素晴らしい自然景観など、ウィーンにはどなたにもお楽しみいただける魅力がたくさんあります。

ウィーンに別れを告げるとき、その魅力的な街並み、壮麗な宮殿、温かいもてなしの心に、大切な思い出を刻むことでしょう。

ウィーン観光のYoutube動画



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ナッシュマルクトの蚤の市 / Flohmarkt am Naschmarkt
ウィーンにある文化的な蚤の市 ウィーンのナッシュマルクトで開かれるフリーマーケット。1820年以来、ウィーンの名物市場として知られるナッシュマルクトに隣接しています。ここはヨーロッパで最も優れた蚤の市のひとつとされています。地元の人々にとっても観光客にとっても週末の定番のアクティビティとなっています。 ナッシュマルクトそのものが文化のるつぼであり、数多くの露店や飲食店で様々な国の料理を楽しむことができます。 [editorial-rating ...
ノイバウガッセ蚤の市 / Flaniermarkt Neubaugasse
ウィーンで人気の屋外マーケット 年に2回、5月と9月にノイバウガッセ一帯で開かれるオーストリア最大のマーケット。300以上の中古品ベンダーが全長約2kmの遊歩道に家具、古書、古着などの商品を並べます。特にビンテージファンの方々は、胸が高鳴ることでしょう。 [editorial-rating ...
アム・ホーフ・アート&アンティークマーケット / Kunst-und Antikmarkt Am Hof
オーストリア・ウィーンのアムホフ教会向かいの広場で毎週開催されている質の高い蚤の市です。アールヌーボーの額縁、高級磁器の置物、花瓶、繊細なカットのグラスなど、アンティーク美術品に興味のある人は一見の価値があります。 [editorial-rating ...
ヴィーナーベルク蚤の市 / Riesen-Flohmarkt Wienerberg
ジャンク品や古着好きにおすすめ あまり観光客に知られていないウィーン郊外の12区にあるフリーマーケットです。主催者はこのフリーマーケットを「本物の」フリーマーケットと表現しており、古着、本、家具など、あらゆるものがここに集まっています。 [editorial-rating ...
ウィーン美術史美術館 / Kunsthistorisches Museum
世界有数のブリューゲルコレクションは必見 オーストリア・ハプスブルク家の膨大なコレクションが所蔵されている美術館。膨大な数の著名な作品と世界最大のピーテル・ブリューゲルコレクションにより、世界で最も著名な美術館のひとつとされています。16世紀フランドルを代表する画家ブリューゲルは、農民の生活や見事な風景を精緻に描いた作品で知られています。 ネオ・ルネサンス様式の建物も美しく、吹き抜けがある大階段や大理石の柱など見ごたえがあります。ブリューゲルの「雪中の狩人」や「バベルの塔」が有名で、フェルメール、ルーベンス、ブリューゲルの作品なども人気です。 音声ガイドを使うと、その時代の背景が見えてきます。世界一美しいと言われるカフェは美しいドームの下にあり、ずっと座っていたくなるような空間です。   主な見どころ クリムトの壁画 1891年、グスタフ・クリムトとその画家たちは、美術館の壮麗な階段のアーチと柱の間に、40枚の「ツヴィッケルと柱間絵画」を制作しました。 階段には、グスタフ・クリムトが弟のエルンストと共通の学生フラン ...