Your Cart

一度は食べたい!本場ドイツの絶品ソーセージ15選

ドイツの代表的なソーセージ15選

ドイツの多彩なソーセージの世界

ドイツといえば、ビールとソーセージ。そう連想する方も多いのではないでしょうか?

実は、ドイツには1500種類以上ものソーセージが存在すると言われています。一口にソーセージと言っても、その味わいは千差万別。地域によって使われるお肉の種類やスパイス、製法が異なり、それぞれの土地ならではの個性豊かなソーセージが楽しめます。

パリッとした歯ごたえ、ジューシーな肉汁、そして食欲をそそるスパイスの香り・・・。一口食べれば、まるでドイツの街角にトリップしたかのような気分を味わえます。本記事では、そんなドイツを代表するソーセージの魅力を余すところなくご紹介します。

定番のブラートヴルストから、地元で愛される知る人ぞ知るソーセージまで、その奥深い世界をご堪能ください。さらに、ソーセージをより美味しく味わうための方法や、おすすめの食べ方、そしてソーセージにまつわる歴史や文化についても解説していきます。

この記事を読めば、きっとあなたもドイツソーセージの虜になること間違いなし!さあ、食欲を刺激するドイツソーセージの世界へ、一緒に旅立ちましょう。

ドイツソーセージの美味しさの秘密

ドイツのソーセージは、地域ごとに個性豊かな味が楽しめます。その魅力を支えるのは、高品質な原材料、伝統的な製法、そして熟練の職人技です。

例えば、ブナの木で焼かれ、マジョラムの香りが特徴のニュルンベルクの小さな焼きソーセージ「ニュルンベルガー・ロストブラートヴルスト」や、子牛肉と豚肉の背脂を使用し、パセリ、レモン、メースなどで風味付けされたミュンヘン名物の白いソーセージ「ヴァイスヴルスト」、蒸して揚げたソーセージにカレー風味のケチャップをかけて食べる、ベルリンのB級グルメ「カレーヴルスト」など、その土地ならではのソーセージに出会えるのも魅力の一つです。

これらのソーセージは、地元産の新鮮な豚肉、牛肉、子牛肉を厳選し、地域特有のスパイスやハーブで丁寧に味付けされています。また、天然のケーシングに肉を詰めることで、独特の食感と風味を生み出しています。さらに、燻製や熟成などの伝統的な製法も、ドイツソーセージの深い味わいを作り出す秘訣です。

そして、忘れてはならないのが「ヴルストマッハー」と呼ばれる熟練の職人たちの存在です。彼らは、長年受け継がれてきたレシピと技術を守りながら、日々最高のソーセージを作り続けています。彼らの情熱とこだわりが、ドイツソーセージの品質と美味しさを支えているのです。

このように、ドイツソーセージは、単なる食べ物ではなく、歴史と文化が詰まった逸品です。その背景にあるストーリーを知れば、さらに味わい深く感じられることでしょう。

代表的な15種類のソーセージ

ここでは代表的な15種類のソーセージについて、その特徴と歴史をご紹介します。

1. ブラートヴルスト(Bratwurst)

ブラートヴルスト(Bratwurst)は、ドイツで最も愛されているソーセージの一つで、その歴史は古く、1313年のニュルンベルクの記録にまで遡ります。「ブラート」は「細かく刻んだ肉」、「ヴルスト」は「ソーセージ」を意味し、その名の通り、細かく挽いた肉をケーシングに詰めたシンプルなソーセージです。

ドイツ全土で愛されているブラートヴルストですが、その種類はなんと40以上!地域によって使われる肉の種類やスパイス、製法が異なり、それぞれに個性的な味わいが楽しめます。例えば、

  • ニュルンベルガー・ブラートヴルスト(Nürnberger Bratwurst): ニュルンベルク発祥の、小指ほどの細長いソーセージ。豚肉をベースに、マジョラムなどのスパイスで味付けされ、独特の風味があります。
  • チューリンガー・ブラートヴルスト(Thüringer Bratwurst): テューリンゲン州の名物で、ニュルンベルガーよりも大きく、粗挽き肉を使用しています。こちらもマジョラムが特徴的なスパイスですが、ニンニクやキャラウェイシードなども加えられ、より複雑な味わいです。
  • シュヴァーベン・ブラートヴルスト(Schwäbische Bratwurst): シュヴァーベン地方で愛される、太くて短いソーセージ。豚肉と牛肉を混ぜて作られ、パセリやナツメグで風味付けされています。

ブラートヴルストは、グリルやフライパンで焼いて食べるのが一般的です。外はパリッと香ばしく、中はジューシーで、肉汁が口の中に広がります。

付け合わせには、マスタードやザワークラウトが定番です。マスタードは、辛さや風味によって様々な種類があり、自分好みのものを探すのも楽しみの一つです。ザワークラウトは、キャベツを発酵させたもので、ソーセージの脂っこさをさっぱりとさせてくれます。

また、地域によっては、パンに挟んで食べる「ブラートヴルストゼンメル(Bratwurstsemmel)」や、カレー粉とケチャップで味付けした「カリーヴルスト(Currywurst)」など、様々なバリエーションがあります。

ドイツ各地には、美味しいブラートヴルストを提供するお店がたくさんあります。地元の人々に愛される老舗の肉屋や、観光客にも人気のビアガーデンなど、様々な場所で本場の味を堪能できます。

もしドイツを訪れる機会があれば、ぜひ色々な種類のブラートヴルストを試してみてください。きっと、あなたのお気に入りの一品が見つかるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@struppikochtがシェアした投稿

2. ヴァイスヴルスト(Weißwurst)

ヴァイスヴルスト(Weißwurst)は、ドイツ・バイエルン州、特にミュンヘンを代表する白いソーセージです。その歴史は比較的新しく、1857年にミュンヘンの肉屋、ゼップ・モーザー(Sepp Moser)によって偶然に作られたとされています。

ヴァイスヴルストの特徴は、その名の通り白い色をしています。これは、燻製や加熱処理をせず、生の状態で提供されるためです。主な材料は、仔牛肉と豚肉のミンチで、パセリ、レモン、玉ねぎ、生姜、カルダモンなどのハーブやスパイスで風味付けされています。

この独特の配合により、ヴァイスヴルストは繊細でまろやかな味わいが特徴です。プリッとした食感と、ハーブやスパイスの香りが口の中に広がり、一度食べたら忘れられない美味しさです。

ヴァイスヴルストは、バイエルン地方では伝統的に午前中に食べる習慣があります。これは、保存料を使用せずに作られるため、日持ちがしないことが理由の一つです。

食べ方は、皮を剥いて中身だけを食べます。皮を剥く方法はいくつかありますが、最も一般的なのは、フォークとナイフを使って縦に切り込みを入れ、そこから皮を剥がす方法です。

付け合わせには、甘いバイエルン風マスタードと、プレッツェルが定番です。マスタードの甘さとソーセージの風味が絶妙にマッチし、プレッツェルの塩気がアクセントになります。

ミュンヘンには、美味しいヴァイスヴルストを提供するお店がたくさんあります。老舗のビアホールやビアガーデン、カジュアルなレストランなど、様々な場所で楽しめます。特におすすめなのは、

  • ホフブロイハウス(Hofbräuhaus):世界的に有名なビアホールで、本場の雰囲気の中でヴァイスヴルストを味わえます。
  • アウグスティナー・ケラー(Augustiner-Keller):広々としたビアガーデンで、美味しいビールと一緒にヴァイスヴルストを楽しめます。
  • シュナイダー・ブロイハウス(Schneider Bräuhaus ):伝統的なバイエルン料理を提供するレストランで、本格的なヴァイスヴルストを堪能できます。

これらの名店を訪れれば、きっと本場のヴァイスヴルストの美味しさを実感できるはずです。

ヴァイスヴルストを楽しむポイント

  • 午前中に食べるのがおすすめ: 伝統的な食べ方に倣って、午前中に食べるのがおすすめです。
  • 皮を剥いて食べる: 皮は食べずに、中身だけを楽しみましょう。
  • 甘いマスタードとプレッツェルを添える: 本場の味を再現するために、甘いマスタードとプレッツェルを忘れずに。

ヴァイスヴルストは、ドイツ・バイエルン地方の食文化を代表する一品です。その独特の風味と伝統的な食べ方を、ぜひ一度体験してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver Jusczyk(@papaliebtfleisch)がシェアした投稿

3. カレーヴルスト(Currywurst)

カレーヴルスト(Currywurst)は、ドイツの国民食と称されるほど愛されているソウルフードです。その誕生は1949年、第二次世界大戦後のベルリンに遡ります。当時、食糧不足が深刻な中、ヘルタ・ホイヴァー(Herta Heuwer)という女性が、イギリス兵から入手したケチャップとカレー粉を混ぜ合わせ、焼いたソーセージにかけて提供したのが始まりとされています。

カレーヴルストは、一見すると非常にシンプルな料理です。焼いたソーセージ(主にブラートヴルスト)を一口大にカットし、ケチャップベースのカレーソースをかけ、さらにカレー粉を振りかけるのが基本的なスタイルです。

しかし、その味わいは奥深く、シンプルながらも中毒性があります。カレーソースは、ケチャップにカレー粉だけでなく、ウスターソースや様々なスパイスを加えて、お店ごとに独自のレシピで作られています。そのため、お店によって味が異なり、食べ比べも楽しめます。

ソーセージの種類も、ノーマルなものから、皮なし、ハーブ入り、スパイシーなものまで様々です。また、付け合わせも、フライドポテトやパンなど、お店によって異なります。

カレーヴルストは、ベルリン発祥の料理ですが、現在ではドイツ全土で愛されています。特にベルリンでは、街の至る所にカレーヴルストの専門店や屋台があり、地元の人々や観光客で賑わっています。

ベルリンっ子にとって、カレーヴルストは単なる食べ物ではなく、ソウルフードとも言える存在です。手軽に食べられるファストフードでありながら、どこか懐かしさを感じさせる味わいは、多くの人々に愛され続けています。

カレーヴルストを楽しむポイント

  • お店選び:ベルリンには数多くのカレーヴルスト店がありますが、それぞれ味が異なります。有名店から穴場店まで、自分好みの味を探してみてください。
  • 辛さ:カレーソースの辛さもお店によって異なります。辛いものが苦手な方は、注文時に確認しましょう。
  • 付け合わせ:フライパンで炒めたフライドポテトと一緒に食べるのが一般的ですが、パンを添えるお店もあります。
  • 食べ方:フォークとナイフで食べるのが一般的ですが、屋台などでは紙皿に盛り付けられ、手で食べることもあります。

カレーヴルストは、ドイツの食文化を語る上で欠かせない存在です。ぜひ、本場の味を体験して、その魅力を味わってみてください。

4. チューリンガー・ロストブラートヴルスト(Thüringer Rostbratwurst)

チューリンガー・ロストブラートヴルストは、ドイツ中部テューリンゲン州の誇る伝統的なソーセージです。その歴史は古く、なんと1404年の文献に初めて登場するほど。ドイツ国内でも特に人気が高く、2003年にはEUの原産地名称保護制度により、その名が保護されています。

テューリンガー・ロストブラートヴルストは、豚肉を主原料とし、そこに細かく刻んだ牛肉を加えることもあります。特徴的なのは、そのスパイス使い。ニンニク、キャラウェイ、マジョラムなどのスパイスが絶妙なバランスで配合され、独特の風味と香りを生み出します。

このソーセージは、生の状態で販売されることが一般的です。家庭や屋台では、炭火でじっくりと焼き上げます。焼き上がったソーセージは、外はパリッと香ばしく、中はジューシーで、スパイスの香りが食欲をそそります。

テューリンゲン州では、このソーセージをロストブレートル(Rostbrätl)と呼ばれる長いパンに挟んで食べるのが定番です。パンには、マスタードを塗るのが一般的ですが、ケチャップを好む人もいます。また、地域によっては、ザワークラウトやジャガイモサラダを添えて食べることもあります。

テューリンガー・ロストブラートヴルストは、テューリンゲン州の人々にとって、単なる食べ物ではありません。それは、州の誇りであり、アイデンティティの一部です。州内には、このソーセージを専門に扱うレストランや屋台が数多くあり、地元の人々や観光客で賑わっています。

テューリンゲン州を訪れる際には、ぜひ本場のテューリンガー・ロストブラートヴルストを味わってみてください。州都エアフルトや、古都ヴァイマールなど、各地で美味しいソーセージに出会えます。

また、テューリンゲン州には、ソーセージ作り体験ができる工房や、ソーセージの歴史を学べる博物館もあります。ソーセージ好きなら、ぜひ訪れてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

GRILLEN | BBQ | KOCHEN(@maik_and_bbq)がシェアした投稿

5. ニュルンベルガー・ロストブラートヴルスト(Nürnberger Rostbratwurst)

ニュルンベルガー・ロストブラートヴルスト(Nürnberger Rostbratwurst)は、ドイツ・バイエルン州の都市ニュルンベルク発祥の焼きソーセージです。その歴史は古く、1313年の文献に初めてその存在が記録されています。ニュルンベルクの人々にとって、このソーセージは単なる食べ物ではなく、街の誇りであり、アイデンティティの一部と言えるでしょう。

ニュルンベルガー・ロストブラートヴルストは、他のブラートヴルストと比べて小ぶりで細長いのが特徴です。大きさは、大人の小指ほどのサイズで、長さは約7~9cmほど。この可愛らしいサイズ感が、地元の人々や観光客に愛されています。

主な材料は豚肉で、そこにマジョラム、塩、胡椒、ナツメグなどのスパイスを加えて作られます。マジョラムの香りが特徴的で、他のブラートヴルストとは一線を画す風味を生み出しています。

伝統的な製法では、ブナの木材でじっくりと焼き上げます。これにより、外はパリッと香ばしく、中はジューシーな仕上がりに。肉の旨味とスパイスの香りが口の中に広がり、食欲をそそります。

ニュルンベルクでは、このソーセージを3本、6本、12本といった単位で注文するのが一般的です。

  • ドライ・イム・ヴェグラ(3 im Weggla):小さなパンに3本のソーセージを挟んだもの。手軽に食べられるので、街歩きのお供に最適です。
  • ズィッツ・アウフ・クラウト(6 auf Kraut):ザワークラウトの上に6本のソーセージを乗せたもの。ザワークラウトの酸味がソーセージの脂っこさを中和し、絶妙なハーモニーを生み出します。
  • ツヴェルフ・ミット・ザウアークラウト・ウント・ブロート(12 mit Sauerkraut und Brot):ザワークラウトとパンと一緒に12本のソーセージを楽しむ、最もボリュームのある食べ方。お腹を空かせて挑戦しましょう。

ニュルンベルガー・ロストブラートヴルストは、EUの原産地名称保護制度により、その名が保護されています。つまり、「ニュルンベルガー・ロストブラートヴルスト」と名乗れるのは、ニュルンベルク市内で伝統的なレシピと製法で作られたものだけです。

ニュルンベルクには、このソーセージを提供する専門店や屋台が数多くあります。中でも有名なのが、ブラートヴルストホイスレ・バイ・ゼント・ゼーバルト(Bratwursthäusle bei St. Sebald)というお店です。1313年から続く歴史を持ち、世界で最も古いソーセージ専門店のひとつとして知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Claudi Eisele(@claudi.eis)がシェアした投稿

6. ボックヴルスト(Bockwurst)

ボックヴルスト(Bockwurst)は、フランクフルト発祥の、ドイツで広く愛されているソーセージです。その歴史は1889年にまで遡り、ベルリンの居酒屋でボックビールと一緒に提供されたことから、その名がついたとされています。

ボックヴルストは、主に子牛と豚肉のミンチを混ぜて作られます。牛肉が使われることもあり、地域やメーカーによって配合は異なります。特徴的なのは、そのシンプルな味付けで、塩、胡椒、パプリカのみで調味されることが多いです。

ボックヴルストは、生の状態で販売されることもありますが、一般的には加熱処理されています。伝統的な製法では、ブナの木で燻製にすることで、独特のスモーキーな香りと風味をプラスします。

ボックヴルストは、その名の由来となったボックビールとの相性が抜群です。ボックビールは、アルコール度数が高く、麦芽の風味が豊かなビールで、ボックヴルストのジューシーな味わいとスモーキーな香りを引き立てます。

ボックビールとボックヴルストの組み合わせは、ドイツの伝統的な食文化の一つであり、特に秋から冬にかけて、各地の居酒屋やビアガーデンで楽しまれています。

ボックヴルストは、ボックビールと一緒に楽しむだけでなく、様々な食べ方で親しまれています。

  • 茹でる:最もシンプルな食べ方で、熱湯で数分茹でるだけで、手軽に楽しめます。
  • 焼く:グリルやフライパンで焼くと、表面が香ばしくなり、また違った味わいが楽しめます。
  • ホットドッグ:パンに挟んで、マスタードやケチャップ、ピクルスなどを添えて、ホットドッグとして食べるのも人気です。
  • スープに入れる:ポテトスープやレンズ豆のスープなど、様々なスープの具材として使われます。

ボックヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で手軽に購入できます。また、レストランや屋台でも広く提供されており、特にフランクフルトでは、多くの場所で本場のボックヴルストを味わうことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thomas Grill(@grilltom27)がシェアした投稿

7. ナックヴルスト(Knackwurst)

ナックヴルスト (Knackwurst)は、ドイツ北部で特に人気のあるソーセージで、その名の由来は、噛んだ時に「パキッ」と音が鳴ることから来ています。ドイツ語でクナッケン(Knacken)は「パキッと割れる」という意味です。

ナックヴルストは、太くて短い形状が特徴で、長さは約10~15cm、太さは3~4cmほどです。主な材料は、粗挽きの豚肉と牛肉で、そこに塩、胡椒、ナツメグなどのスパイスが加えられます。

製造過程では、ケーシングに詰めた後、数時間燻製にすることで、独特のスモーキーな香りと風味が生まれます。また、燻製によって保存性も高まり、長期間楽しむことができます。

ナックヴルストの最大の特徴は、その独特の食感です。パリッとした皮を噛むと、中からジューシーな肉汁が溢れ出し、粗挽き肉の旨味とスパイスの香りが口の中に広がります。この食感と味わいは、まさにビールとの相性抜群で、ドイツの人々に愛される理由の一つとなっています。

ナックヴルストは、様々な方法で楽しむことができます。

  • 焼く:グリルやフライパンで焼くと、皮がさらにパリッとなり、香ばしさが増します。
  • 茹でる:熱湯で数分茹でるだけで、手軽に食べられます。
  • パンに挟む:ザワークラウトやマスタードと一緒にパンに挟めば、ボリューム満点の軽食になります。
  • サラダに添える:スライスしたナックヴルストをサラダにトッピングすると、風味と食感がアクセントになります。

ナックヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で手軽に購入できます。また、レストランやビアホール、屋台などでも広く提供されており、特にドイツ北部では、様々な場所で本場の味を堪能できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny Prime™(@johnnyprimecc)がシェアした投稿

8. レーバーケーゼ(Leberkäse)

レーバーケーゼ (Leberkäse)は、ドイツ、特にバイエルン州やバーデン=ヴュルテンベルク州で広く愛されている、ミートローフに似た形状のソーセージです。その名前は「レバー(Leber)」と「チーズ(Käse)」を意味しますが、実はどちらの材料も含まれていないという、少し不思議な食べ物です。

レーバーケーゼは、主に細かく挽いた豚肉と牛肉、そして玉ねぎを混ぜ合わせて作られます。スパイスには、マジョラム、塩、胡椒などが使われ、地域やお店によって独自の配合があります。

この肉だねを型に入れ、オーブンでじっくりと焼き上げます。焼き上がったレーバーケーゼは、外側は香ばしく、中はしっとりとした食感で、肉の旨味がぎゅっと詰まっています。

レーバーケーゼという名前の由来には諸説ありますが、有力な説としては、かつてはレバーやチーズが使われていた名残であるという説や、バイエルン地方の方言で「残りの肉」を意味するライバーカス(Laibakas)が転訛したという説があります。

レーバーケーゼは、温かいままでも冷めても美味しくいただけます。

  • 温かいまま:厚切りにして、マスタードやケチャップを添えて食べるのが一般的です。付け合わせには、ポテトサラダやザワークラウトがよく合います。
  • 冷めてから:薄切りにして、パンに挟んでサンドイッチにしたり、サラダのトッピングにしたりと、様々なアレンジが楽しめます。

レーバーケーゼは、ドイツの多くの肉屋やスーパーマーケットで販売されています。また、レストランやビアホールでも、定番メニューとして提供されています。特に、バイエルン地方では、屋台でも気軽に味わうことができます。

レーバーケーゼのバリエーション

  • ケーゼレバーケーゼ(Käseleberkäse): チーズを混ぜ込んだレーバーケーゼ。チーズの濃厚な風味が加わり、よりリッチでクリーミーな味わいが楽しめます。チーズの塩気がレーバーケーゼの旨味を引き立てます。
  • ピッツァレバーケーゼ(Pizzaleberkäse): トマトソースやチーズ、サラミなどをトッピングした、ピザ風のレーバーケーゼ。ピザのような味わいが楽しめ、トマトソースの酸味とサラミのスパイシーさが、レーバーケーゼのしっとりとした食感と相性抜群です。
  • オーバーランダー レバーケーゼ(Oberländer Leberkäse): バイエルン州オーバーラント地方の伝統的なレーバーケーゼで、より粗挽きの肉を使用し、ハーブやスパイスが効いています。粗挽きの肉の食感が楽しめ、ハーブやスパイスの香りが豊かで、しっかりとした味わいがあります。地域ならではの風味が魅力です。

9. ブルートヴルスト(Blutwurst)

ブルートヴルスト(Blutwurst)は、豚の血を主原料とする、ドイツの伝統的なソーセージです。その歴史は古く、古代ローマ時代から食されていたとされています。ドイツ語で「Blut」は「血」、「Wurst」は「ソーセージ」を意味し、その名の通り、豚の血をふんだんに使った独特の風味が特徴です。

ブルートヴルストの主な材料は、豚の血、脂肪、そして様々なスパイスやハーブです。地域やレシピによって、オートミール、ライ麦、玉ねぎ、牛乳などが加えられることもあります。

作り方は、まず豚の血を凝固させないように丁寧に混ぜながら加熱し、そこに他の材料を加えてさらに加熱します。その後、ケーシングに詰めて茹でるか、蒸し上げることで完成します。

ブルートヴルストは、その色や風味から、好き嫌いが分かれるソーセージでもあります。しかし、一度その魅力にハマると、その独特の味わいが忘れられなくなる人も多いようです。

ブルートヴルストには、地域によって様々な種類があります。

  • ツンゲンヴルスト(Zungenwurst):豚の血と舌を使ったソーセージ。
  • シュヴァルツザウアー(Schwarzwälder Blutwurst):黒い森地方のブルートヴルストで、燻製にするのが特徴です。
  • プファルツァー・ブラウンスザウアー (Pfälzer Braunsauer):プファルツ地方のブルートヴルストで、馬の血を使うこともあります。

ブルートヴルストは、温かいままでも冷めても美味しくいただけます。

  • 温かいブルートヴルスト:薄切りにして、フライパンで軽く焼いたり、スープに入れたりして食べます。付け合わせには、マッシュポテトやザワークラウトがおすすめです。
  • 冷たいブルートヴルスト:薄切りにしてパンに挟んだり、サラダに混ぜたりして食べます。

ブルートヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で手軽に購入できます。また、レストランやビアホールでも、伝統的なドイツ料理として提供されています。

ブルートヴルストを楽しむポイント

  • 初めての方は、まずは少量から:ブルートヴルストは独特の風味がありますので、初めての方は少量から試してみるのがおすすめです。
  • 色々な種類を試してみる:地域によって味が異なりますので、色々なブルートヴルストを食べ比べて、お気に入りを見つけてみましょう。
  • 相性の良い食材と組み合わせる:マッシュポテト、ザワークラウト、玉ねぎ、リンゴなど、ブルートヴルストと相性の良い食材と一緒に楽しんでみましょう。

ブルートヴルストは、ドイツの食文化を語る上で欠かせない存在です。その独特の風味と歴史を、ぜひ体験してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fabio Vianna(@0biofa)がシェアした投稿

10. ランドイェーガー(Landjäger)

ランドイェーガー(Landjäger))は、南ドイツ、オーストリア、スイスで広く愛されている伝統的な乾燥ソーセージです。その名前は「Land(田舎)」と「Jäger(狩人)」を組み合わせたもので、かつて狩人が携帯食として持ち歩いていたことに由来します。

ランドイェーガーは、牛肉と豚肉のミンチを混ぜ、塩、胡椒、キャラウェイなどのスパイスで味付けして作られます。特徴的なのは、その長方形の形状で、これはかつて狩人が持ち運びやすいように工夫されたものです。

製造過程では、ケーシングに詰められたソーセージを数週間かけて乾燥させます。この乾燥プロセスにより、水分が抜けて硬くなり、長期保存が可能になります。また、乾燥によって旨味が凝縮され、独特の風味と食感が生まれます。

ランドイェーガーは、その保存性の高さから、ハイキングや登山などのアウトドア活動のお供として重宝されています。また、スナックとしても人気があり、ビールやワインとの相性も抜群です。

ランドイェーガーは、そのままスライスして食べるのが一般的です。硬めの食感と濃厚な肉の旨味が特徴で、噛めば噛むほど味わいが深まります。

また、薄切りにしてパンに挟んだり、チーズと一緒に盛り合わせたり、サラダのトッピングにしたりと、様々なアレンジも楽しめます。

ランドイェーガーは、ドイツ、オーストリア、スイスのスーパーマーケットや精肉店で手軽に購入できます。また、オンラインショップでも取り扱いがあります。

ランドイェーガーを選ぶポイント

  • 乾燥度合い:乾燥度合いによって、硬さや風味が異なります。好みの硬さのものを見つけましょう。
  • スパイス:キャラウェイの香りが強いものや、胡椒が効いたものなど、様々なスパイスの組み合わせがあります。
  • 産地:各地域で独自のレシピで作られているため、産地によって味の違いを楽しめます。

11. レーバーヴルスト(Leberwurst)

レーバーヴルスト(Leberwurst)は、豚レバーを主原料とした、ドイツの伝統的なソーセージです。レバー特有の風味と滑らかな舌触りが特徴で、パンに塗ったり、料理のアクセントとして幅広く活用されています。

レーバーヴルストは、豚レバーを細かく挽き、豚の背脂や玉ねぎ、スパイスと混ぜ合わせて作られます。スパイスには、マジョラム、ナツメグ、胡椒などがよく使われ、地域やレシピによって様々なバリエーションがあります。

レバーヴルストは、加熱済みの状態で販売されているため、そのまま食べることができます。滑らかなペースト状のものから、粗挽き肉がゴロゴロと入ったものまで、その種類は多岐にわたります。

伝統的な食べ方

  • パンに塗る: 薄切りにしてライ麦パンやクラッカーに塗るのが最もポピュラーな食べ方です。マスタードやピクルスを添えると、より一層美味しくいただけます。
  • 前菜として: スライスしてオニオンやピクルスを添えれば、シンプルながらも味わい深い前菜になります。
  • 料理のアクセントに: スープやシチュー、パスタソースなどに加えると、コクと深みが増します。

レーバーヴルストには、以下のような様々なバリエーションがあります。

  • グロベ・レーバーヴルスト (Grobe Leberwurst):粗挽き肉がたっぷり入った、食べ応えのあるレーバーヴルスト。
  • バイエリッシェ・レーバーヴルスト(Bayerische Leberwurst):バイエルン地方の伝統的なレーバーヴルストで、マジョラムの香りが特徴です。
  • カントリー風レーバーヴルスト:ハーブやスパイスを効かせた、素朴な味わいのレーバーヴルスト。

レーバーヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で購入できます。また、デリカテッセンやオンラインショップでも取り扱っています。

レーバーヴルストを選ぶポイント

  • レバーの割合:レバーの割合が多いほど、濃厚な味わいになります。
  • スパイス:マジョラム、ナツメグ、胡椒など、好みのスパイスが使われているものを選びましょう。
  • 食感:滑らかなペースト状のものから、粗挽き肉が入ったものまで、食感も様々です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Büttner(@db30858)がシェアした投稿

12. メットヴルスト(Mettwurst)

メットヴルスト(Mettwurst)は、ドイツ北部発祥の、生の豚挽肉を主原料とするソーセージです。ドイツ語で「Mett」は「挽肉」、「Wurst」は「ソーセージ」を意味し、その名の通り、生の状態の豚挽肉をケーシングに詰めたものが基本となります。

メットヴルストは、生の豚挽肉に塩、胡椒、パプリカなどのスパイスやハーブを加えて作られます。地域やレシピによって、ニンニク、キャラウェイ、コリアンダーなどのスパイスも使用されます。

メットヴルストは、大きく分けて2つの種類があります。

  1. ロェー・メットヴルスト(Rohe Mettwurst):生のまま食べられるメットヴルスト。
  2. ゲブルュテ・メットヴルスト(Geräucherte Mettwurst):燻製にされたメットヴルスト。

ロェー・メットヴルストは、新鮮な豚挽肉を使用し、短期間で消費されることが前提となっています。一方、ゲブルュテ・メットヴルストは、燻製によって保存性が高められ、長期間楽しむことができます。

メットヴルストは、その独特の風味と食感が特徴です。

  • ロェー・メットヴルスト:薄切りにして、パンに塗ったり、玉ねぎのみじん切りと一緒に食べるのが一般的です。
  • ゲブルュテ・メットヴルスト:スライスして、パンやクラッカーに乗せたり、チーズやピクルスと一緒に食べます。
  • その他:サラダのトッピングや、温野菜に添えるなど、様々なアレンジも楽しめます。

ロェー・メットヴルストは生肉を使用しているため、衛生管理には十分注意が必要です。購入後は早めに消費し、保存する場合は冷蔵庫で保管しましょう。

メットヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で手軽に購入できます。また、レストランやビアホールでも、前菜として提供されることがあります。

メットヴルストを楽しむポイント

  • 新鮮なものを選ぶ:ロェー・メットヴルストは特に、新鮮なものを選ぶことが重要です。
  • スパイスの風味を楽しむ:地域やお店によってスパイスの配合が異なるため、食べ比べて好みの味を見つけましょう。
  • 様々な食べ方で試す:パンに塗るだけでなく、サラダや温野菜に添えるなど、色々な食べ方で楽しんでみましょう。

メットヴルストは、ドイツの食文化を代表する、個性豊かなソーセージです。その独特の風味と食感を、ぜひ体験してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tina73(@tina.lla)がシェアした投稿

13. テーヴルスト(Teewurst)

テーヴルスト(Teewurst)は、19世紀半ばにドイツのポメラニア地方(現在のポーランド西部)で生まれた、独特の柔らかいスプレッドタイプのソーセージです。その名の由来は、ドイツ語で「Tee(お茶)」と「Wurst(ソーセージ)」を組み合わせたもので、かつては午後のティータイムにパンに塗って楽しまれていたことに由来します。

テーヴルストは、細かく挽いた豚肉とベーコンを主原料とし、そこに塩、胡椒、パプリカなどのスパイスを加えて作られます。特徴的なのは、その高い脂肪分と滑らかな舌触りです。

製造過程では、ケーシングに詰めずに、型に入れて加熱することで、ペースト状の滑らかな食感が生まれます。また、燻製されることもありますが、基本的には加熱処理済みの状態で販売されるため、そのまま食べることができます。

テーヴルストは、その滑らかな食感を活かして、様々な方法で楽しまれています。

  • パンに塗る:薄くスライスしたパンやクラッカーに塗るのが最もポピュラーな食べ方です。バターやクリームチーズを一緒に塗るのもおすすめです。
  • カナッペとして:クラッカーやパンの上にテーヴルストを塗り、キュウリやトマトなどの野菜をトッピングすれば、おしゃれなカナッペになります。
  • ディップとして:スティック状にカットした野菜やプレッツェルにディップして食べるのもおすすめです。
  • 料理のアクセントに:スクランブルエッグやオムレツに混ぜたり、パスタソースに加えたりすることで、コクと風味をプラスできます。

テーヴルストは、ドイツ全土のスーパーマーケットや精肉店で購入できます。また、デリカテッセンやオンラインショップでも取り扱っています。

テーヴルストを選ぶポイント

  • 脂肪分:テーヴルストは脂肪分が多いのが特徴ですが、その割合は商品によって異なります。好みに合わせて選びましょう。
  • スパイス:塩、胡椒、パプリカ以外にも、様々なスパイスが使われているものがあります。
  • 燻製の有無:燻製されたテーヴルストは、よりスモーキーな風味が楽しめます。

14. アーレ・ヴルスト(Ahle Wurst)

アーレ・ヴルスト(Ahle Wurst)は、ドイツ中央部のヘッセン州北部で伝統的に作られているハードタイプのソーセージです。その名前は、ヘッセン地方の方言で「古いソーセージ」を意味し、長期間の熟成を経ることで独特の風味と食感が生まれることに由来します。

アーレ・ヴルストは、粗挽きの豚肉と脂肪分の多いベーコンを混ぜ合わせ、塩、胡椒でシンプルに味付けして作られます。地域や作り手によっては、ナツメグ、クローブ、砂糖、ニンニク、クミン、ラム酒、ブランデーなどが加えられることもあります。

このソーセージの特徴は、その長い熟成期間にあります。伝統的な製法では、数ヶ月から数年もの間、風通しの良い屋根裏部屋などで吊るして乾燥・熟成させます。この間に、乳酸菌やカビが作用し、独特の酸味と香りが生まれます。

アーレ・ヴルストは、熟成期間が長くなるほど、酸味と香りが強くなります。また、食感も硬くなり、噛めば噛むほど旨味が広がります。その独特の風味と食感は、他のソーセージとは一線を画すもので、一度食べたら忘れられない味わいです。

アーレ・ヴルストは、薄くスライスして、パンやチーズと一緒に食べるのが一般的です。ライ麦パンとの相性が良く、マスタードや玉ねぎを添えるのもおすすめです。

また、地元ヘッセン州では、「Wurstplatte(ヴルストプラッテ)」と呼ばれるソーセージの盛り合わせに欠かせない存在です。様々な種類のソーセージやチーズ、パンと一緒に楽しむのが定番です。

アーレ・ヴルストは、ヘッセン州を中心とした地域のスーパーマーケットや精肉店で購入できます。また、オンラインショップでも取り扱っているお店があります。

アーレ・ヴルストを選ぶポイント

  • 熟成期間:熟成期間が長いほど、酸味と香りが強くなります。好みの熟成度合いを選びましょう。
  • スパイス:塩、胡椒以外のスパイスが使われている場合は、その風味も考慮して選びましょう。
  • 形状:細長い「Stracke (シュトラッケ)」と丸い「Runde (ルンデ)」の2種類があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Timber Jack(@imber006)がシェアした投稿

15. ヴォルヴルスト (Wollwurst)

ヴォルヴルスト(Wollwurst)は、南ドイツ、特にバイエルン地方で愛されている、ケーシング(腸詰めの皮)を使わずに作られるソーセージです。その名前は、ドイツ語で「Wolle(ウール)」と「Wurst(ソーセージ)」を組み合わせたもので、加熱すると表面が毛羽立ち、まるで毛糸のような見た目になることに由来します。

ヴォルヴルストは、主に仔牛肉と豚肉を細かく挽き、背脂や氷を加えて練り合わせます。スパイスには、パセリ、レモン、ナツメグ、玉ねぎ、生姜などが使われ、ヴァイスヴルスト(Weißwurst)に似た風味を持っています。

ケーシングを使わないため、一般的なソーセージとは異なる独特の形状をしています。通常、長さは15~20cmほどで、太さは2~3cmほど。表面は滑らかで、色は白っぽいのが特徴です。

製造過程では、ケーシングの代わりに、肉だねを直接熱湯で茹でます。この時、肉のタンパク質が凝固し、表面が毛羽立ったような状態になります。これが、ヴォルヴルストの名前の由来となっています。

ヴォルヴルストは、茹でた状態で提供されることが一般的です。

  • 皮ごと食べる:ヴァイスヴルストとは異なり、ヴォルヴルストは皮ごと食べられます。皮の部分は柔らかく、中身との一体感が楽しめます。
  • 甘いマスタードとプレッツェルを添える:バイエルン地方では、甘いマスタードとプレッツェルを添えて食べるのが定番です。マスタードの甘さとソーセージの風味が絶妙にマッチします。
  • スープに入れる:ヴォルヴルストをスープの具材として使うこともあります。特に、レンズ豆のスープとの相性が良いです。

ヴォルヴルストは、バイエルン地方のレストランやビアホール、屋台などで広く提供されています。ミュンヘンを訪れた際には、ぜひ本場のヴォルヴルストを味わってみてください。

ヴォルヴルストを楽しむポイント

  • 皮ごと味わう:ヴォルヴルストは皮ごと食べるのが醍醐味です。独特の食感を楽しみましょう。
  • 甘いマスタードとプレッツェルを添える:バイエルン地方の伝統的な食べ方で、ヴォルヴルストの美味しさを引き立てます。
  • スープに入れても美味しい:ヴォルヴルストは、スープの具材としても楽しめます。

ヴォルヴルストは、バイエルン地方の食文化を代表する、個性豊かなソーセージです。その独特の見た目と食感、そして優しい味わいを、ぜひ一度体験してみてください。

これらのソーセージは、ドイツの食文化を語る上で欠かせない存在です。ぜひ、様々な種類を試して、お気に入りのソーセージを見つけてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

864bbq(@864bbq)がシェアした投稿

まとめ

ドイツソーセージの世界、堪能していただけましたでしょうか?

一口にソーセージと言っても、その種類は実に多種多様。それぞれのソーセージには、長い歴史と伝統、そして作り手の情熱が詰まっていることを感じていただけたのではないでしょうか。

パリッとした皮の食感、肉汁の旨み、そしてスパイスの香りが織りなすハーモニーは、まさに至福のひととき。ビールとの相性も抜群で、ドイツの人々が愛してやまないのも納得です。

本場の味を体験したい方は、ぜひドイツを訪れてみてください。各地の名店やビアガーデンで、ここでしか味わえない絶品ソーセージに出会えるはずです。

もちろん、日本でも美味しいドイツソーセージは手に入ります。スーパーマーケットやオンラインショップで気軽に購入できるので、ぜひご家庭でも本場の味を楽しんでみてください。

ソーセージの種類によって、おすすめの調理法や食べ方も異なります。グリルで焼いたり、ボイルしたり、パンに挟んだり、スープに入れたり。色々な食べ方を試して、自分好みのスタイルを見つけるのも楽しみの一つです。

ドイツソーセージは、奥深い食文化を垣間見ることができる、まさに食の宝庫。その魅力をもっと深く知りたい方は、ぜひドイツソーセージの歴史や製造方法についても調べてみてください。きっと、さらにソーセージへの愛着が深まるはずです。

さあ、あなたも今日からドイツソーセージの世界へ足を踏み入れてみませんか?

ドイツのソーセージのYouTube動画



この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ニッペの蚤の市 / Flohmarkt in Nippes
ケルン・ニッペの中心部では、月一回蚤の市が開かれ、プロの業者だけでなく、個人でも約150のベンダーが集まっています。 [editorial-rating ...
ヨーロッパの磁器発祥の地、マイセンの魅力を解き明かす旅
マイセン磁器の歴史と職人技に魅せられる旅 マイセン磁器工場見学の魅力をご紹介します。マイセンは世界で最も有名で影響力のある磁器ブランドのひとつで、その歴史は300年以上にさかのぼります。ヨーロッパ磁器発祥の地を訪れ、その遺産を肌で感じてください。 東京の喧騒から、歴史と芸術、そして穏やかな風景が織りなす魅力的な町、マイセンへの旅に出かけましょう。最高級の磁器で知られるマイセンは、その長い歴史と現在を探求する旅へとあなたを誘います。経済的な予算を守りつつ、夏の一週間を最大限に楽しむためのガイドです。 東京から時を越えた芸術の町マイセンへ マイセンは、ドイツ東部ザクセン州に位置する都市です。あなたの冒険は、東京からドレスデンへのフライトで始まります。 ドレスデンはマイセンに最も近い大都市です。マイセンの人口は約3万人で、ドレスデンから約25km離れています。着陸後、絶景の中を走る電車の旅が、石畳の街並みとバロック建築が待つザクセンの中心地へとあなたを運びます。 経済的なフライトと早期予約で最良の取引を得ることを忘れずに、夏の旅行によくある季節割引もチェックしてください。 マイセン磁器製造所:芸術と職人技の出会い マイセン磁器工房は、1710年にポーランド王でザクセン選帝侯のアウグスト2世「強王」によって創設された豊かな歴史を持ち、ヨーロッパ最古の磁器製造の世界を垣間見ることができる場所です。ここでは、何世紀にもわたる職人技、芸術性、革新性が息づく文化遺産として、訪れる人々を魅了しています。 ...
ハノーファーの蚤の市 / Flohmarkt Hannover
ホーエ・ウーファーにある旧市街の蚤の市 1970年代からハノーファーの蚤の市として親しまれています。55年もの間、鉄道駅近くで開催され、多くの人々を魅了し続けています。 [editorial-rating ...
ビュルガーヴァイデとハンザカレの蚤の市
ブレーメンの人気のフリーマーケット ブレーメンは街の音楽隊で知られているだけでなく、蚤の市も大変な人気です。10万平方メートルの敷地で開催されるこのマーケットは、ブレーメン市民に人気の娯楽であるだけでなく、ルール地方、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン、オランダからも多くの商人や観光客が訪れています。 [editorial-rating ...
テレージエンヴィーゼの蚤の市 / Flohmarkt auf der Theresienwiese
毎年4月、ミュンヘン郊外にあるテレージエンヴィーゼで開催される大規模な蚤の市。本や洋服、アンティーク家具やジュエリーなど、バーゲンハンターやヴィンテージ好きにはたまらないイベントです。 [editorial-rating ...