Your Cart

ランウェイ・マンデー / Runway Monday

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

毎年6回開催されるイベントで、イギリス、アイルランド、そして北欧の近隣諸国から600以上の業者が集まり、一日限りのマーケットを開催します。

8.4 TOTAL SCORE

ランウェイ・マンデー

公式facebook

何百人ものコレクター、ビンテージ愛好家、ディーラーが参加するこのイベントでは、あらゆるニーズに合ったアンティーク、ビンテージ、コレクターズアイテムを見つけることができます。


出店数 6
満足度 9
滞在時間 9
お宝発見度 8
リピート率 10
良い点
  • 600以上のベンダー
  • 豊富な品揃え
注意点
  • 店仕舞いが早い
  • 雨天決行

 

中には、ドイツ、フランス、オランダまで、このフェアのために巨大なトラックやトレーラーに満載してやってくるディーラーもいます。

このフェアでは、アンティークやビンテージのシックな雰囲気がふんだんに味わえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Antiques News & Fairs(@antiqnewsfairs)がシェアした投稿

ニューアークのランウェイマンデー・アンティーク&コレクターズフェアは、ニューアーク航空博物館とニューアーク&ノッティンガムシャー・ショーグラウンドに隣接するWinthorpeの滑走路だった場所で開催されることから、この名前がつきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

IACF(@iacfantiquesfairs)がシェアした投稿

本物のアンティークとビンテージが豊富に揃うこのフェアは、家具、テキスタイル、照明、衣類、陶磁器、ジュエリーなど、あらゆるものを提供する数百のベンダーが出店する人気のイベントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dixon&Co(@dixonandcoantiques)がシェアした投稿

ビンテージのカーテンやアンティーク照明、ロイヤルドルトン、ベアテクーン、ジョングリック、エレン・ション、キャロル・ロング、ヴィクトール・スピンスキーなどの人気メーカーのアンティークオーナメントなどがよく出品されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simon Woodthorpe(@jumbletique)がシェアした投稿

アンティークのテキスタイルは、インテリアデザインにおいてますます人気が高まっており、信頼できるプロの販売店から購入することができるので安心です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Crocker & Crocker(@crockerandcrocker)がシェアした投稿

インテリアデザイナーや家具デザイナーにとって、自分のデザインに使えるユニークで装飾的なテキスタイルを見つけるのに理想的な場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Crocker & Crocker(@crockerandcrocker)がシェアした投稿

アンティークやビンテージの掘り出し物を探している方や、希少なものを探しているコレクターなど、すべての人におすすめです。家具のような大きなアイテムの取引も簡単にできるように工夫されていて、売り手はバンの横に出店し、買い手は近くに駐車することができます。

チケットは、当日券とオンラインで購入することができます。また、メーリングリストに参加すれば、ランウェイマンデーアンティークフェアの最新情報を入手することができますので、ぜひチェックしてみてください。

基本情報

名前 ランウェイ・マンデー・ニューアーク(アンティークス&コレクターズ・フェア)
Runway Monday at Newark – Antiques & Collectors Fair
開催日 月曜日(年6回)
時間 8 a.m. – 3 p.m.
入場料  £10:Early Buyers (8 am-10 am)
£6:Public Buyers 10 a.m.
取り扱い商品 家具、テキスタイル、照明、衣類、陶器、ジュエリー
住所 Runway Monday at Newark – IACF, Runway, Coddington, Newark NG24 2NY イギリス
詳細 公式ホームページ

地図

車でのアクセス:バーミンガムから1時間半。ロンドンから2時間半。
電車でのアクセス:ロンドンから3時間。バーミンガムから4時間。

 



関連記事

大英博物館 / British Museum
ロンドン旅行の定番スポット ロンドンを訪れたら必ず訪れる国立の博物館。世界中の遺産が展示されています。入館料は無料です。1階から3階のフロアに分かれています。展示品は貯蔵品の10%以下しかありませんが、あまりの広さに1日ではとても回りきれません。 古代エジプト文明やギリシャ文明の工芸品や、ロゼッタストーン、ラムセス二世の像など、教科書に出てくるコレクションの実物を見ながら歴史の重みを感じることができます。写真撮影は、ほとんどの展示室でOKです。大英博物館では無料と有料のガイドツアー(英語)もあります。 主な見どころ ロゼッタストーン この投稿をInstagramで見る British ...
ニューアーク・アンティーク・フェア / Newark Antiques Fair
イギリスのノッティンガムシャー州ニューアークで、年に6回開催されるヨーロッパ最大級のアンティークフェア。1回の開催で2500を超える出店があります。 [editorial-rating ...
イギリスで人気のフリーマーケット15選
世界中から集められたアイテムを手に入れよう どんな旅行先でも、その土地やそこに住む人々のアイデンティティに触れるには、マーケットを訪れるのが一番です。 節約志向の買い物客やインテリア愛好家が、自宅を装飾したりスタイリングしたりするために、フリーマーケットは、イギリスでますます人気が高まっています。主に若い世代、特に「ミレニアル世代」が、ビンテージ品や中古品のオリジナリティを低価格で求めているようです。 イギリスには多種多様な蚤の市があり、それぞれに違った個性や魅力があります。骨董市で宝探しの一日を楽しむのに、ベテランのディーラーである必要はありません。 中古の家具、レトロなランプ、キッチン用品、キルト、おもちゃ、洋服、ジュエリー、食器などを探すのに最適なスポットをご紹介します。探索のスリルを味わいながら、アンティークの名所の歴史と文化に浸ってみてください。   この投稿をInstagramで見る   @portobello_road_marketがシェアした投稿 サンベリー・アンティーク・マーケット ...
ポートベロー・マーケット / Portobello Road Market
ロンドンで最も賑わう観光スポット ロンドンでも最大級のフリーマーケット。アンティークから生鮮食品まで、1000軒以上の店が軒を連ねています。ロンドンで最も古いマーケットのひとつで、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが主演した1999年の映画「ノッティングヒル」の舞台にもなりました。 [editorial-rating ...
ソー・ラストセンチュリー・ヴィンテージ・フェア / So Last Century vintage fair
トップクオリティでありながら手頃な価格 2日間にわたって開催されるフェアで、50の厳選されたビンテージ・トレーダーが勢ぞろい。屋外には、バリスタ・コーヒー・バン、チョコレート・ブラウニー屋台、クレープ屋台が出店し、週末を楽しく過ごすことができます。 [editorial-rating ...
アーサー・スワロー・アンティークス&ホームショー / Arthur Swallow Antiques & Home Show
イギリスのリンカーンシャーで開催されるフリーマーケット。リンカーンシャー州のリンカーンに、まるで村のようにたくさんの露店が並び、世界中から業者が集まり、その品揃えの多様さは他に類を見ないほどです。 [editorial-rating ...
ロンドン・ナショナル・ギャラリー -The National Gallery, London
 ロンドンで最も有名な美術館の1つです。市民による市民のための美術館として1824年にロンドンで開館されました。中世から印象派までの絵画コレクションは圧巻で、所蔵されている作品の価値は、パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵します。 フェルメールの作品は2点あります。レオナルドダヴィンチ、レンブラント、エルグレコ、ゴッホ、ルノワールの名画など同じ作家でも年代ごとに作風の変化が楽しめ、美術史がよくわかる配置になっています。長椅子もたくさん置いてあるので、気に入った絵画の前でスケッチをしたり、作品やアーティストの詳細を調べたりしながら、ゆっくり鑑賞できます。 コレクションの基礎となったのは、ロイズ保険組合の発展に寄与したロシアの銀行家ジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画。その後、何世紀にもわたって収集した2300点の名作を展示しています。これらが無料で見れるのは圧巻です。 大英博物館ほど混んでいません。館内は広いので急ぎ足で回っても3時間はかかります。数日足を運んでゆっくり見て下さい。 カフェも落ち着いていてアフタヌーンティーを楽しめます。絵画の撮影も自由です。宗教画が多いですが、芸術や美術史が好きなら、インスピレーションを得るために一見の価値がある美術館です。 見どころ ・ゴッホの「ひまわり」   この投稿をInstagramで見る   SunYu(@wangsunyu)がシェアした投稿 ・フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」   この投稿をInstagramで見る   Duncan ...