Your Cart

アム・ホーフ・アート&アンティークマーケット / Kunst-und Antikmarkt Am Hof

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

オーストリア・ウィーンのアムホフ教会向かいの広場で毎週開催されている質の高い蚤の市です。アールヌーボーの額縁、高級磁器の置物、花瓶、繊細なカットのグラスなど、アンティーク美術品に興味のある人は一見の価値があります。

4.0 TOTAL SCORE

アム・ホーフ・アート&アンティークマーケット

facebook

アート&アンティークマーケットは、昔も今も3月から11月までの毎週金曜日と土曜日に開催されています。埃の下に、思いがけない貴重な宝物が隠されているかもしれません。


出店数 1
満足度 7
滞在時間 2
お宝発見度 4
リピート率 6
良い点
  • 高級感あふれる雰囲気
  • 30年以上の歴史
  • 40以上のベンダー
注意点
  • 規模は小さめ
  • 非常に混雑している

 

この骨董市は、ウィーン旧市街の入り口に位置するのどかな場所にあります。

30年以上前から、40軒以上のアンティーク・ディーラーが、マリエンセーレの前に露店を出し、油絵、額縁、本、原稿、コイン、磁器、楽譜、ブリキのおもちゃなど、さまざまなものが販売しています。また、恐竜の骨やサメの歯、アンモナイトなどの化石も見つけることができます。他の場所にあるようなガラクタはあまりありません。

販売されている商品は、アールデコのキャンドルホルダーや抽象画、ビール瓶の時計、ステンドグラスの猫、木工芸品など芸術性の高いものが多いので、ユニークなお土産をお探しの方にはおすすめです。

食べ物や飲み物も充実しています。新鮮な農産物を扱う屋台もあります。巨大なパン、ジューシーなベーコン、絞りたてのジュース、巨大なドーナツなど、思わず立ち止まってつまんでしまいます。

アム・ホーフは「宮廷」を意味し、ウィーン市内にある広場の中で最も大きく、最も美しい広場の一つです。12世紀、当時の支配王朝であったバベンベルク家の居城がここにあったことが、この名前の由来となっています。

バロック様式で設計されたアム・ホーフ教会(Kirche am Hof)の白いファサードが広場の主役で、広場の中央には、矢で刺されたドラゴンを持聖母マリアの柱「マリエンセーレ」があります。

これは、カトリックとプロテスタントが戦った30年戦争で、オーストリアがスウェーデンに対して勝利したことを記念して、1667年に建てられたバロック様式のモニュメントです。

カルロ・カルローネとカルロ・カネヴェールの設計によるこのモニュメントでは、4人の天使が人類の4つの災い(ペストはバジリスク、異端は蛇、戦争はライオン、飢餓はドラゴン)と戦っている姿も見ることができます。

その歴史はローマ時代に遡り、この場所に守備隊が置かれたことに始まります。何世紀にもわたって、12世紀の城の敷地、馬上槍試合のための中庭、そして最近では市場広場としてさまざまな用途に使われてきました。

また、毎年12月に開催されるウィーンのクリスマスマーケットの会場にもなっています。

11月下旬から12月にかけて、この広場ではとても華やかなWeihnachtsmarkt Am Hof(アドベント・クリスマスマーケット)が開催され、活気づきます。この時期、スタンドは、手作りのアート&クラフト、クリスマスオーナメントやお土産、職人の手による宝飾品など、通常20軒あまりの「美術工芸品」を売る小屋が並びます。

ソーセージがずらりと並ぶ伝統的なスタンドは、このマーケットの一角に中世の雰囲気を醸し出しています。

近隣には見どころもたくさんあります。旧市街を通る際にはぜひ立ち寄ってみてください。

基本情報

名前 アム・ホーフ・アート&アンティークマーケット / Kunst-und Antikmarkt Am Hof
開催日 毎週金 – 土(3月から11月)
時間 10 a.m. – 6 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 アンティーク、コイン、アート、装飾品、ジュエリー、土産用磁器、アールヌーボー絵画、花瓶、水晶
住所 Am Hof, 1010 Wien, Austria
詳細 公式ホームページ

地図

U-Bahn線U3駅から1-2分です。アム・ホーフは有名な「グラベン」通りから5-10分のところにあります。



関連記事

ウィーンのメタマルクト / METAMarkt
ウィーンで質の高いフリーマーケット ウィーン22区で開催されるフリーマーケット。街の中心から外れているため、混雑はしていません。隠れた逸品や宝物を見つけるのに最適な場所です。 [editorial-rating ...
ナッシュマルクトの蚤の市 / Flohmarkt am Naschmarkt
ウィーンにある文化的な蚤の市 ウィーンのナッシュマルクトで開かれるフリーマーケット。1820年以来、ウィーンの名物市場として知られるナッシュマルクトに隣接しています。ここはヨーロッパで最も優れた蚤の市のひとつとされています。地元の人々にとっても観光客にとっても週末の定番のアクティビティとなっています。 ナッシュマルクトそのものが文化のるつぼであり、数多くの露店や飲食店で様々な国の料理を楽しむことができます。 [editorial-rating ...
ウィーン美術史美術館 / Kunsthistorisches Museum
世界有数のブリューゲルコレクションは必見 オーストリア・ハプスブルク家の膨大なコレクションが所蔵されている美術館。膨大な数の著名な作品と世界最大のピーテル・ブリューゲルコレクションにより、世界で最も著名な美術館のひとつとされています。16世紀フランドルを代表する画家ブリューゲルは、農民の生活や見事な風景を精緻に描いた作品で知られています。 ネオ・ルネサンス様式の建物も美しく、吹き抜けがある大階段や大理石の柱など見ごたえがあります。ブリューゲルの「雪中の狩人」や「バベルの塔」が有名で、フェルメール、ルーベンス、ブリューゲルの作品なども人気です。 音声ガイドを使うと、その時代の背景が見えてきます。世界一美しいと言われるカフェは美しいドームの下にあり、ずっと座っていたくなるような空間です。   主な見どころ クリムトの壁画 1891年、グスタフ・クリムトとその画家たちは、美術館の壮麗な階段のアーチと柱の間に、40枚の「ツヴィッケルと柱間絵画」を制作しました。 階段には、グスタフ・クリムトが弟のエルンストと共通の学生フラン ...
ヴィーナーベルク蚤の市 / Riesen-Flohmarkt Wienerberg
ジャンク品や古着好きにおすすめ あまり観光客に知られていないウィーン郊外の12区にあるフリーマーケットです。主催者はこのフリーマーケットを「本物の」フリーマーケットと表現しており、古着、本、家具など、あらゆるものがここに集まっています。 [editorial-rating ...
ノイバウガッセ蚤の市 / Flaniermarkt Neubaugasse
ウィーンで人気の屋外マーケット 年に2回、5月と9月にノイバウガッセ一帯で開かれるオーストリア最大のマーケット。300以上の中古品ベンダーが全長約2kmの遊歩道に家具、古書、古着などの商品を並べます。特にビンテージファンの方々は、胸が高鳴ることでしょう。 [editorial-rating ...