Your Cart

ペータース広場のフリーマーケット / Flohmarkt Petersplatz

EMEAの欧州担当 at フリーマーケット情報

アンティークバイヤーのみさきです。好きな言葉は「百聞は一見に如かず」

バーゼル市内最大の蚤の市

バーゼルのペータース広場で開催される蚤の市。中古品が好きな人なら誰もが集まる土曜の人気スポットです。

5.2 TOTAL SCORE

ペータース広場のフリーマーケット

インスタグラム

アンティークからキッチン用品、日常生活に必要な衣料品まで、あらゆるものが揃い、中古品愛好家に人気の場所となっています。観光客だけでなく地元の人々にも人気のイベントとなっています。


出店数 1
満足度 7
滞在時間 5
お宝発見度 6
リピート率 7
良い点
  • 幅広い品揃え
  • アンティークなら何でもある
  • リーズナブルな値段
注意点
  • ガラクタもある
  • 新品はなく食べ物もない

 

ヴィンテージのハンドバッグ、古いマニュアルカメラ、銀食器、陶器の皿、古着、子供のおもちゃなど、掘り出し物を探すには絶好の場所です。また、ハンドメイドのアートやデザインも販売されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Isa Stettler(@like_cool_but_cool)がシェアした投稿

値段はお手頃で、フレンドリーな出店者たちは、喜んで質問に答えてくれます。値段もスイスの基準からすれば納得のいくもので、交渉も可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amber Eve(@ambereve_official)がシェアした投稿

プロの売り手もいれば、古いものを処分したいだけの家族連れもいます。また、フランスやドイツからの出店者も多くいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Basler Märkte(@baslermaerkte)がシェアした投稿

ちょっとした運と十分な時間があれば、掘り出し物を見つけることができるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thailand Smileland(@swissthai)がシェアした投稿

ジャンク品を扱うディーラーはいません。多くの人が訪れますが、雰囲気はとてもフレンドリーでリラックスしています。

子供向けのコーナーもある

特別なのは、子供向けのフリーマーケットです。2012年以来、会場中央のエリアは子供専用となっています。4歳から14歳までの子どもたちは、親に付き添われることなく、ここに出店することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nicole Husak(@nicilicious.ch)がシェアした投稿

毎週土曜日に開催されますが、祝日と10月と11月の数週間はオータムフェア(Herbstmesse)となります。

晴れた日ににぎやかな雑踏の中を散策するのは特に気持ちがいいので、天気の良い日には行く価値があります。蚤の市が好きなら、ぜひ訪れてみてほしい場所です。

基本情報

名前 ペータース広場のフリーマーケット / Flohmarkt Petersplatz
開催日 毎週土曜日(祝日を除く)
時間  7 a.m. – 4 p.m.
入場料 無料
取り扱い商品 洋服、CD、小さな家具、宝飾品、食器など
住所 Petersplatz, 4051 Basel, Schweiz
詳細 ホームページ

地図

ペータース広場のバーゼル大学本館のすぐ隣にあります。



関連記事

ミセス・ゲロルドの蚤の市 / Markt bei Frau Gerold
スタンドがガーデン一帯を埋め尽くす フラウ・ゲロルド・ガルテン(Frau ...
コンスタンス&クロイツリンゲンの蚤の市
ボーデン湖最大の蚤の市 毎年春になると、隣接するドイツのコンスタンツとスイスのクロイツリンゲンで、国境を越えた24時間のフリーマーケットが開催されます。 [editorial-rating ...
億万長者や富裕層がスイスに移住する理由
富裕層を惹きつけるスイスの魅力 グローバル化が進む中、世界の富裕層は、政治的混乱や社会不安に対する「ヘッジ」を行うため、セカンド・レジデンスや市民権を求めています。絵のように美しい風景と申し分のない生活の質で有名なスイスは、世界中の大富豪や富裕層の憧れの地となっています。 様々な要因が重なり、スイスは富裕層の移住先として注目を集め、世界有数の富裕層が住居を構える一等地となっています。比類のない安全性と政治的中立性、有利な税制、プライバシーの尊重など、スイスは、財産の保全と拡大を目指す人々の心に深く響く魅力的な提案を提供しています。 経済的な魅力だけでなく、スイスの卓越した生活水準、世界トップクラスの医療制度、教育機関、繁栄するビジネス環境は、スイスを一流の富の中心地としての地位を確固たるものにしています。世界情勢が不安定な中、スイスは安定を保っているため、安全な避難所としての評判がさらに高まり、富裕層は自然のままのアルプスの隠れ家へと誘われているのです。 年を追うごとに、経済的繁栄、社会的調和、自然の素晴らしさが融合したスイスに惹かれ、スイスを故郷とする億万長者や億万長者が増えています。この記事では、スイスが21世紀の富の移動の中心地となった要因を探りながら、スイスの魅力の背後にある多面的な理由を探っていきます。   この投稿をInstagramで見る   Elisabeth ...
ブロカント・フェスティバル / Fête de la Brocante
1973年以来、ル・ランデロンで開催されている「フェット・ド・ラ・ブロカント」は、スイス最大の屋外アンティークフェアとなっています。 [editorial-rating ...
ストランドガット・フリーマーケット / Strandgut im Neubad Luzern
毎月第3日曜日、ノイバド・ルツェルン(Neubad ...
グロッセ・ハレ蚤の市 / Grosse Halle der Reitschule
スイス最大級の蚤の市 毎月第一日曜日には、ベルンで大規模なフリーマーケットが開催されます。中央駅近くの便利な場所にあるこの蚤の市は、スイス全土でも最大級の規模を誇ります。 [editorial-rating ...